韓流研究室

ARTICLE PAGE

赤旗さん、桜に罪はございません・・・

★きょうの潮流
 しんぶん赤旗 2015年3月30日(月) 
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-30/2015033001_07_0.html 
 桜の季節が巡ってきました。
桜の名所、東京・目黒川のほとりの
郷(さと)さくら美術館では、第3回桜花賞展が
開催されています。
若手日本画家30人が描いた、それぞれの桜

▼爛漫(らんまん)と咲く桜、散りしきる桜、
 どの作品も、どこか痛みを感じさせます。
 桜には、過ぎ去って帰らないもの、
 失われてしまったものの面影が二重写しに
 なるのかもしれません

▼古代の桜は山深くひっそりと咲いていたのでしょうか。
 『万葉集』には
 〈阿保山(あほやま)の桜の花は今日もかも
  散り乱ふらむ見る人無しに〉(詠人(よみびと)しらず)
 と歌われています。
 『古今和歌集』の平安時代には
 〈見渡せば柳桜をこきまぜて
  都ぞ春の錦なりける〉(素性(そせい)法師)と、
 都の町並みを彩る花へ

▼そしていつしか、満開の豊かさよりも、
 吹雪のように一斉に散る風情が注目され始めます。
 赤穂浪士(あこうろうし)のあだ討ち事件
 題材とした江戸時代中期『仮名手本忠臣蔵』には、
 「花は桜木、人は武士…」という決め台詞(ぜりふ)
 があります。
 桜は散り際が美しいもの、武士もまた死に際が
 潔いのが美しい、とする死生観の投影です


▼桜が「祖国と天皇のために潔く散れ」と、
 兵士を死に追いやる軍国の花にされたのは明治時代。
 太平洋戦争敗戦直前には特攻隊のシンボルと
 なりました。
 〈散る桜残る桜も散る桜 九段の華の清き散り際〉
 ―知覧特別攻撃隊となってわずか17歳で戦死した
 宮内秀治氏の辞世の歌です

▼桜を愛する心情を利用して、若者たちの命を奪った
 日本の軍国主義。決して逆戻りしてはいけない。
 桜を見ながら思います。



「花は桜木、人は武士…」

これは元々、一休さんでお馴染みの
室町時代中期の臨済宗の禅僧・一休宗純が
残した言葉と言われています。

sakuragi.png

「花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、
 小袖はもみじ、花はみよし野」


当時の日本人の美意識を並べたのだと・・・

★花は桜木、人は武士
 http://e-your-life.jugem.jp/?eid=1341


★人は武士
 http://longivy.cocolog-nifty.com/zassi/2006/08/post_fd60.html



仮名手本『忠臣蔵』の台詞はというと

★天河屋の義平は男でござるぞ
 ~「忠臣蔵」をかぶき的心情で読む:
 その4「天河屋義平」

 http://www5b.biglobe.ne.jp/~kabusk/sakuhin39.htm
(引用開始)
1)試されているのは義士の方である

「忠臣蔵・十段目」は近年はとんと舞台に
かかりませんが、かつては
「天河屋義平は男でござる」という科白は
巷でよく知られていました。
それが上演されなくなったのは、「十段目」が
仇討ちの本筋からは離れていて外伝めいていること
武士である由良助が町人を脅してその本心を試す
という趣向があまり気持ち良く見えないせいかも
知れません。
(中略)
しかし、大阪商人である義平が塩冶浪士の義挙の
陰の功労者であったということで、
観客は義平に加担するような気分で芝居を見たのに
違いありません。
由良助は義平に対し平伏して、
花は桜木、人は武士と申せども
 いっかな武士も及ばぬ御所存。
 百万騎の強敵は防ぐとも、
 さほどに性根は据わらぬもの。
 貴公の一心を借り受け、我が手本とし、
 敵師直を討つならば、
 たとえ岩石のなかに篭もり鉄洞のうちに
 隠るるともやはか仕損じ申すべき」

と言います。これは「最大級の賛辞」というよりも、
大阪商人の心意気を武士にも優ると賞賛している
わけですから、これを見た大阪の観客は大いに
気を良くしたに違いありません。
(中略)
2)大阪商人の義侠心は武士にも優る

このことは、いろいろなことを考えさせます。
武士道・あるいは侍道という、本来は武士の道徳
であり気風であったものが、次第に町人の世界へ
浸透していって義理・体面といった道徳律を生み出して
いったということは、これまで何回か論じてきました。
町人の世界においても武家社会の道徳律をモデルとした
かたちで町人の道徳律が自然と育っていきます。
また、「太平記読み」の流行のなかで、
赤穂義士の仇討ちは正成の再来として、
忠義ある武士の鑑と見なされ賛美されたのでした。
町人にとっても赤穂義士は
理想の人間であったのです。


しかし「仮名手本忠臣蔵」の初演された寛延元年
というのは、赤穂浪士の討ち入り(元禄15年)から
見るとじつに四十七年もの月日が経過しています。
この年月の間に町人にとってモデルであるべき
武士の世界がだんだんと変質していきます。
というより、町人の経済力が増大していくについれて、
武士のモラル・モチベーションが相対的に下がっていった
ということが言えましょう。
この時代においては、大阪商人の経済力はピークに達し、
むしろ武家社会よりも町人社会の方が
むしろ厳格な道徳律を守っていたと言えるのでは
ないでしょうか。
討入当時の元禄の世においても、
討ち入りはこのような気骨ある武士がこの世にいたのか、
というような驚きを以って見られたようですが、
寛延の世においては言うまでもありません。
町人たちから見て本当に武士らしい武士は
この時代にはもはや見あたらなかった
ということかも知れません。

「十段目」において
大阪商人である義平に由良助は平伏して、
「花は桜木、人は武士と申せども、
 いっかな武士も及ばぬ御所存。」
と言い、
「一国の政道を任せたとしても惜しからぬ器量。
 ここに並ぶ同志の面々のつぶれた眼を開かせる
 妙薬名医の心魂、有り難し」

と言います。もちろん史実ならばこういう場面は
ありえなかったでしょう。
しかし、芝居ではあの由良助(=内蔵助)に
大阪商人に頭を下げさせ、その義侠心・忠義心
我々の手本であるとまで言わせているのです。
大阪の観客は
「俺たち大阪の商人が天下を支えているんだぜ」
という気概を想ったのではないか、と思います。

(全文はリンク先で)



・・・と、いう訳で
「花は桜木、人は武士」というセリフは
武士の死生観が桜に投影されたのではなく

美しく咲き誇った後、一瞬の風で散り行く桜・・・
忠義を重んじる武家社会の道徳律・・・
これって良いよねという美意識、人生観。
一国を任されるお武家さんが、
賄賂だ権力闘争だのやっていないで
昔のような「義を重んじる気概」を忘れるなよ!
この国の経済を支えている大阪商人が
お武家さんの目を開かせてやったぜ・・・という
台詞なのでしょうか?

赤穂浪士の四十七士が、
ご公儀に逆らってまで討ち入りを果たす。
仇討ちをした直後に切腹したのではなく
(それでは自爆テロと同じになってしまう・・・)
ちゃんとご公儀の裁きを受けて切腹を申し付かる。
切腹が美しいのではなく、
自分の行動に責任を持ち、最後まで全うする。
言い訳をしない。
例え理不尽な裁きであってもジタバタしない。
生き延びようと、見苦しく策略を巡らしたり
保身のために相手を貶めたりせず
潔く裁きを受け入れるという道徳律
民衆に清き魂と称賛されたのだと思うのね。


維新後、
明治政府の廃城令(明治6年・1873年)によって
多くの城が取り壊しの危機に見舞われた。
壊された後の城址は荒れ果て、見る影もなくなる。
日本全国の城址で、
元藩士達による桜の植樹が行われ、現在の
桜の名所が生まれた・・・

★弘前城の桜の美しさの秘密
 http://japan-web-magazine.com/japanese/aomori/hirosaki-castle/index.html
(引用開始)
弘前城の桜は、津軽藩士が正徳5年(1715年)、
カスミザクラなど25本の苗木を京都から持ち込み
城内に植えたのが始まりと言われる。
明治維新の後、全国に吹き荒れた廃城の気運は
弘前城にも及び、城内は廃れ、
桜もまた心無い人々に伐採されたりしていた。
それに心を痛めた元藩士を中心に
1000本ものソメイヨシノが植えられたのが、
明治15年(1882年)。
(引用ここまで)


★高遠のさくらとは?
 http://takato-inacity.jp/h26/16-2
天下第一の桜

かつて馬の姿が桜の花に埋もれて
隠れたという高遠藩の桜の馬場
明治8年、荒れたままになっていた高遠城址を
何とかしようと、旧藩士達が馬場の桜を
城址に移植したのが公園の桜の始まりです。
(引用ここまで)

明治4(1871)年廃藩置県、翌5年、高遠城の
建物は民間に払い下げとなる。
明治9(1876)年、公園となり、
旧藩士達は元の高遠藩の「桜の馬場」から
桜を移植した。
本丸の老樹はこのとき植えられたもの。
高遠城跡のコヒガンザクラは、
樹齢130年が20本もあるそうだ。



★さくら
 http://platypus.s14.xrea.com/museum/sakura.html
(引用開始)
という字には、まとう、めぐらす、とりまく、
という意味があるそうで、
中国ではサクラの花が木をとりまいて咲く
全体像を見て、「櫻」の文字が出来上がったといいます。
日本の語源について代表的なものは、
古事記に出てくる「木花開邪姫(このはなさくやひめ)」
という説。他にも、皮が裂けやすいので「裂くる」、
麗らかに咲くという意味の「咲麗(さきうら)」、
「さ」は早苗、早乙女、五月のさと同じく穀物の御霊を
意味する言葉、そして農事などを司る山の神を表わす古語で、
「くら」は神が鎮座する場所を示し、「さ」神のいる場所が
「サクラ」というもの。
そのため田植え前に豊作を祈願した神事が
花見の起源
ともいわれてます。
花見というのも、手相見、人相見というように、占いを
見るというのに由来するという説もあります。
西暦8世紀以前に、最も古代と考えられる山の神
『サ神』に対する信仰から発生したと考えられ、
かつて日本の田んぼの「あぜ道」には、必ずと言って
いいくらい桜の木があり、
農耕の開始を知らせる桜は神木であり、
桜には稲の神が宿り、そして、桜が咲くと人々は
花の咲き具合から、
苗代や田その年の実りを占いました。


(引用ここまで) 


★さくらさく この花の起源
 http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-0dce.html


★浮世絵でお花見
 http://www.syukado.jp/jp/tokusyu/02_sakura.html



軍歌といっても、政府が創った歌ではなく
人々の共感が創り上げた歌がある・・・
 
★二輪の桜
 http://blog.goo.ne.jp/ginga7788/e/220ed5e1778a540710a56cb320b9ea92



シンシアリーさんによると、
全斗煥大統領の訪日の時(1984年)、
韓国側は天皇陛下の謝罪を要求し、
その謝罪の「お言葉」に、痛切な反省を入れるよう
細かいガイドラインまでいちいち干渉したらしい・・・

★韓国、
 84年に天皇の謝罪を要求し、
 謝罪のガイドラインまで
 日本側に伝達

 http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12008010112.html#cbox

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆
終戦後と、朝鮮戦争休戦後・・・
韓国の人々は(燃料不足もあるだろうが)
「日帝の植えた桜なんか切ってしまえ!」
狂ったように大規模な桜伐採運動が行われた。
愛着も無いから当然だろうが・・・
何の躊躇もなく、多くの桜の木を切り倒していった。
この時、全斗煥は
その国民運動が軍事政権への反動にならぬよう
(おそらく、桜伐採運動を扇動している者の中に
 北と繋がる共産主義者の反政府運動を感じたのか)

「ソメイヨシノは、済州島の王桜が起源nida」
というキャンペーンを国策で行った。
国民を騙すことで、
桜伐採運動が反政府運動に変化しないよう
日本よりも優位であるという、
韓国民の心をくすぐるデマで、運動を沈静化した。
これは、朝鮮の独立運動家・申采浩の手法と同じく
併合後の朝鮮で
貧富の差、老若男女の差無く愛国啓蒙を訴えるには
「歴史を利用すべし」
兄の国・朝鮮が、
文化を教えてやった弟の国・日本なんぞに
植民地にされるのは許すまじ、独立すべし

歴史を利用して朝鮮民族の独立を煽ったのだが
全斗煥も、この手法を真似たのだろう・・・
これが、
韓国での『桜は韓国起源』の始まり・・・

だから、毎年毎年
メディアが国民に刷り込まなければならない。
こんなを付いてまで洗脳している・・・
 sakura41af42a6.jpg

昨今は、
中国の観光業者がその経済効果に目を付け
『桜は中国起源』キャンペーンに乗り出した。
http://chinareaction.com/blog-entry-1797.html

これから、中国に「桜文化」を広めるらしい・・・
但し、中国植物学会理事は
桜の起源は中国であり、
 日本で更に発展したのであって、
 韓国とは特別な関係はない

と、バッサリ切り捨てたそうだ。
http://oboega-01.blog.jp/archives/1023107626.html



「伝統とは長い時代を通し、吾々の祖先たちが、
 様々な経験によって積み重ねてきた文化の
 脈を指すのであります。
 そこには思想もあり、風習もあり、智慧もあり、
 技術もあり、言語もあるわけであります。
 それは個人のものではなく、
 国民全体の所持するものであります。
 いわば歴史的なまた社会的な性質を帯びます。
 かかる伝統はその国固有のものでありますから、
 国家的な財産と見なしてよいでありましょう。」

柳宗悦「手仕事の日本」より

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

美しく咲き誇ったかと思えば
一陣の風にさえ花びらを散らす「儚さ」と、
花を散らしてまで人の心を楽しませてくれる
日本人の、桜への愛着・・・

世の中に 絶えて桜のなかりせば
春の心はのどけからまし 

 (在原業平)
 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n717

映ろう季節に、花弁散らす「儚さ」を愛し
無常観に浸る・・・
 宵桜201420036

そして
今日からしばらく続くという春の長雨に、
耐え忍ぶ桜の花に思いを馳せる・・・

 春雨の 降るは涙か桜花 
 散るを惜しまぬ 人しなければ

 (大友黒主)

私は
長い長い年月を経た一本桜の老木が
命を振り絞るかのように咲かせる花が好き・・・
 sakura_20150401024757d5e.png

 桜ばな
 いのち一ぱいに咲くからに
 生命かけてわが眺めたり

 (岡本かの子)

桜の花がいい加減な気持ちで咲いている
 というのであれば、どうして日本人は
 それを古来より愛し、眺めることをしたであろうか。
 桜の花が古来より愛され、鑑賞されてきたのは、
 桜の花も人間と同じく、
 精一杯に命をかけて咲いているからだ。
 私もそれが分かるから、眺めるのだ・・・





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

敦子

(緊急拡散)駐日本国米国大使、日本国政府、日本国外務省、自民党本部、次世代の党本部へ諸国家グループ化変更要求をお願いします!

(緊急拡散)駐日本国米国大使、日本国政府、日本国外務省、自民党本部、次世代の党本部へ諸国家グループ化変更要求をお願いします!

日本人(モンゴルブリヤート=フィンウゴル族)

韓国人(ペルシャ北ツングース系エヴェンキワイ族)
共産シナ人(ペルシャ系)

生物学gm細胞上=民族上全く異なり兄弟でないわ

米国[特に民主党と国務省(ポーランド系チェコ系米国ユダヤ人)]が
生物学gm細胞上=民族上全く異なるのに
モンゴル・台湾国を無視し日本国・韓国・北朝鮮・共産シナを「東アジア」とグループ化したことが大混乱の原因だわ

海洋アジア=日本国・台湾国・東南アジア諸国
モンゴルブリヤートアジア=日本国・モンゴル国・ロシア連邦ブリヤート共和国

特ア=韓国・北朝鮮・共産シナ
のようにグールプ化を変更すべきだわ

宝塚保守ラーガー

2015-04-01 (Wed) 09:04 | EDIT | REPLY |   

F.Y

韓国の春の花は

チョウセンレンギョウとツツジだそうです。(by シンシアリーさん)
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11814582792.html

レンギョウの黄色とツツジの赤(ピンク)が派手だけど韓国らしくて好き、とおっしゃるシンシアリーさんは真の愛国者ですよね。

2015-04-02 (Thu) 10:33 | EDIT | REPLY |   

報せ鳥

【済南・通州両事件殉難者慰霊祭】

【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】からのお知らせ〜!

超拡散希望【済南・通州両事件殉難者慰霊祭】が本年8月1日(土曜日)午後1時から靖国神社で執り行われることが決まりました
2015年04月02日 09:50

ttp://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1967.html

2015-04-02 (Thu) 11:35 | EDIT | REPLY |   

青山節炸裂!

青山繁晴が2時間生放送番組出演!

■青山繁晴が「虎ノ門ニュース8時入り!」(CS放送)にレギュラー参加(出演)致します。

これは、毎週木曜日の朝8時ちょうどから10時までの2時間たっぷり生放送で、青山とMCが基本はふたりだけで話します。
ニコニコ生放送とYouTubeにも、同時に無料配信されます。
http://i.ytimg.com/vi/iIHEy3tLlOc/maxresdefault.jpg


■虎ノ門ニュース 8時入り! 4/2木曜日 青山繁晴・居島一平
https://www.youtube.com/watch?v=iIHEy3tLlOc

■シアター・テレビジョン - 『虎ノ門ニュース!8時入り』
http://www.dhctheater.com/movie/12529

2015-04-02 (Thu) 15:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply