韓流研究室

ARTICLE PAGE

慰安婦の真実知って!父・麻生軍医の証言を伝える天児都さんの講演

★慰安婦の真実知って 
 天児さん講演、
 軍医・父の証言伝え

 佐賀新聞 2015年03月27日 12時09分
 
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/170803

  
SAG2015032799000086_id1_20150327121021.jpg
 軍医として慰安婦を診察した父が残した
 資料や証言を伝えようと講演する
 産婦人科医の天児都さん=佐賀市のアバンセ

 アジア・太平洋戦争期の慰安婦についての
講演会が21日、佐賀市のアバンセであった。
福岡市の産婦人科医・天児都(あまこくに)さん(80)が、
軍医として慰安婦を診察した父の論文や写真が
恣意(しい)的に利用されたとして
「『従軍慰安婦』というフィクションが作り上げられた」
と主張。
「子どもや孫に正しい歴史を伝え、
 これからの国づくりにつなげてほしい」と訴えた。

 天児さんの父・麻生徹男軍医
日中戦争さなかの1938年、中国・上海で
日本から渡ってきた慰安婦を診察
その事実をもって麻生さんを「従軍慰安婦の責任者」
とする著作が公表された。
天児さんは、本の公表後、国内や韓国から次々と
人が訪れては謝罪を要求されたと紹介。
この経験から、父が残した随筆と写真をまとめた本
の出版や、講演活動を始めたと語った。

 天児さんは
「公職追放やプレスコードなど、
 戦後占領期にGHQがかつてない
 思想弾圧を行う中で、
 日本を悪者扱いする東京裁判史観が
 “史実”として定着したのは残念」
と話した。

 講演会は市民有志でつくる
戦争と女性問題を学ぶ講演会実行委員会が主催、
70人が参加した。発起人代表の太田記代子さんは
「国を守るために死んでいった兵士の
 名誉のためにも、多くの人に知ってほしい事実」

と話した。

(引用ここまで)



天児都さんは、お父上の遺した資料を
エセ作家や韓国に利用捏造されて
長い間、闘ってきたお一人。

★慰安婦問題の
 問いかけているもの

 天児都
 http://www.tokibo.co.jp/vitalite/pdf/no32/v32p05view.pdf
(引用開始)
私はこの10年ほど慰安婦問題とかかわり、
どなたとも違った経験をしてきました。
それは千田夏光という作家に、父が慰安婦制度
を考案した責任者のようにほのめかされ
書かれたため
、平成3('91)年頃から、
民族の恨みを晴らすためとか責任者の娘として
どう思うかなどと様々な人が連絡してきて、
ある時は押しかけて来て、それらと対応してきた
ことです。
千田氏はこの著述が誤りであり、今後誤解をまねく
記述はしないと平成8('96)年4月15日消印の手紙で
謝ってきましたので、三一書房と講談社に改訂を
申し入れましたが、2社とも現在もそのままで出版を
続けています。

私は、慰安婦問題は千田夏光の誤りを何ら検証せず、
事実として平成3,4年頃出版した人たちが誤りを
再生産して日本中に広め、それが海外へ流出して
不幸な日本叩きの材料とされた事件だと思っています。

――慰安婦とのかかわり――
 平成元('89)年7月11日に亡くなった父、
麻生徹男が昭和12('37)年から16('41)年にかけて
日本軍の軍医として中国戦線にあり、この間に
慰安婦と慰安所の写真資料10点と慰安婦に関する論文
一篇の第一級資料を残しました。
 この資料は昭和12('37)年12月の南京陥落前後の
日本軍の行動が国際問題となってきたので、
婦女暴行の対策に主に北九州地区で支度金1000円を
払って急據集められ上海へ行った女性たちと、
日本軍が昭和13('38)年2月に上海に開設した軍直営と
民営の慰安所の両方の写真です。

 父の死の直後に、
強制連行のことを調べているという作家が、
母の所から父の資料を持ち出して返却しなかったので、
法的手段をとってそれらが使えぬようにして
それ以来私が父の資料の管理者となりました。
(中略)
最初に慰安婦問題が取りあげられたのは
昭和40年代後半から50年代前半の頃です。
作家の伊藤桂一や千田夏光の本の出版、テレビ放映、
映画制作があり、千田氏の本は当時ベストセラーとなり、
今に続くロングセラーです。
次は湾岸戦争をきっかけとして、平成3('91)年に
韓国人らが強制連行の補償を求めて提訴した頃から
現在に及んでいます。

(中略)
――千田夏光著『従軍慰安婦』正・続篇の誤り――
 昭和48('73)年出版の<正篇>には63ヶ所􀀀
<続篇>には23ヶ所問題のある記述があります。
この本の取材記事では具体的に慰安婦が商行為
であることが述べられているのですが、論文での
考察に当たる部分に事実の裏づけがなく矛盾が
多くみられます。
現在ならノンフィクションのジャンルにはとても
入れられないものを、最近の作家たちが事実を検証
せずにマゴ引きをして誤りを拡大してしまいました。

(中略)
――ジョージ・ヒックス著『慰安婦』の誤り――
 平成7('95)年10月にヒックス著の日本語版
三一書房より出版され、その中には父のことを述べた
部分は少ないのですが、2月出版のオーストラリア版と
8月出版のアメリカ版には7ヶ所ドクター・アソウの名が
出てきます。
ヒックスは日本語はできないと言い、
この本はゴーストライターの韓国人Hye Kyung Lee
書いたと言いますが、私はこの人の取材を受けた
ことはありません。

文献が沢山並んでいて索引もついて立派な学術書
のようですが、文献は千田夏光の本とそれを
マゴ引きした著書のものばかりです。

 7ヶ所のうち8ページには
「おそらく後の最も健康な慰安婦供給源への
 基礎をおくのに手助けした」として父を紹介し、
138ページには「上海の慰安所の主唱者」とまで
書かれています。
 またオーストラリア版、アメリカ版と日本版に
父の写真が無断使用されていて、
英語版では版権者がDong-A-Daily
(東亜日報という韓国新聞)となっていた
ので、
手紙を送って返事を待っている時に
国連人権委員会でクマラスワミ報告がtake noteと
なったニュースを聞いて驚きました。
クマラスワミ報告の事実関係の供述は
ヒックス著書によるものと知ったからです。

無断写真使用には著者と出版社に国際弁護士
事務所を通じて再度手紙を送りましたが
返事をよこさないので催促してもらうように
弁護士に頼みましたが、
これ以上すると裁判になり
慰安婦問題に立ち入り、
日弁連はあなたと立場が違うから
弁護できない
と言われました。

東亜日報に抗議した分は東京支社長の 
イ・ヘンジュン氏が電話で謝罪してきました。

(全文はリンク先で)



★千田夏光
  ci140783179403224430228.png
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E7%94%B0%E5%A4%8F%E5%85%89




恐ろしい話です・・・
中国大連生まれの元毎日新聞・千田夏光によって
創作された『従軍慰安婦』という言葉。
  b85778003324239226b02b39a07642cd6.jpg
双葉社から昭和48年(1973年)に出版された
本の帯には
─衝撃の追跡ルポ 最前線の”性” 
 彼女たちには勲章も墓標も無い。
 己れの肉体を将兵に捧げることが"お国の為”
 と固く信じていた日本女性! 
 一方“挺身隊”の美名のもとに狩り出された
 朝鮮女性! ドキュメント従軍慰安婦─


長年、天児さんが抗議してこられたの記述
「麻生徹男元軍医が初めて検診をしたという
 日本陸軍“慰安婦”第一号が昭和13年初め、
 あたふたと華中戦線に集められ活躍することに
 なるのだが…」


しかも、
挺身隊という美名のもとに狩り出されたという文章は

『挺身隊』という名のもとに
 彼女らは集められたのである。
 (中略)
 総計二十万人(韓国側の推計)が集められたうち
 『慰安婦』にされたのは
 『五万人ないし七万人』とされている


この根拠を調べた在日朝鮮人運動史研究者の
金英達(キム・ヨンダル)によると、
以下のソウル新聞の記事を千田夏光が誤読して
典拠したとされている。
1970年8月14日にソウル新聞記事は

1943年から1945年まで、
 挺身隊に動員された韓・日の2つの国の女性は
 全部でおよそ20万人。
 そのうち韓国女性は5〜7万人と推算されている


このソウル新聞記事における「5〜7万」の推算の根拠は
不明で、確実な資料から判断すると半島の女子挺身隊は
多く見積もっても4000人ほど・・・

根拠の無い数字、出典の怪しい資料
証言者と記載されている人との架空インタビュー
そして、麻生徹男軍医に対する嘘の記述・・・
千田の「衝撃の追跡ルポ」というのが
果たして、誤読や誤りの記載だっただろうか???
毎日新聞を退職してフリーの作家になった彼が
吉田清治の与太話同様に、
注目を浴びたい一心の「売らんかな」本だったのでは?
でなきゃ、
面会してもいない証言者とのインタビュー記事を根拠に
慰安所について詳しく書けないよね・・・

しかし
千田本人が誤りを認め、当事者に謝罪しても
出版社はそれを直すことなく販売し続ける。
そして、クマラスワミ報告の事実関係の供述の
資料とされたのが、
ゴーストライターの韓国人Hye Kyung Leeが書いた
ジョージ・ヒックス著『慰安婦』。
その本の英語版の版権者は、韓国の東亜日報。


しかも、嘘を記載されて抗議しても
裁判を起こしても、日弁連は弁護しないと言われる・・・



★【目覚めよ日本】
 占領の呪縛を断ち切り
 歴史認識を改めよ
 ヘンリー・S・ストークス
氏 (1/2ページ)
 ZAKZAK 2015.03.28
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150328/dms1503281000005-n1.htm


★元ニューヨークタイムズ東京支局長、
 ヘンリー・ストークス氏
 「河野談話はプロパガンダに利用」&
 「日本はアジアの希望の光」
 
 【新報道2001】 2014年3月 4日 (火) 
 テレビにだまされないぞぉⅡ
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-0a44.html 




★英国人記者が見た
 連合国戦勝史観の虚妄

 (祥伝社新書) 新書 – 2013/12/2
 ヘンリー・S・ストークス
 http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E8%A8%98%E8%80%85%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%9F%E9%80%A3%E5%90%88%E5%9B%BD%E6%88%A6%E5%8B%9D%E5%8F%B2%E8%A6%B3%E3%81%AE%E8%99%9A%E5%A6%84-%E7%A5%A5%E4%BC%9D%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/439611351X
最も参考になったカスタマーレビュー

2014年5月9日に、共同通信社発の報道で、
本書は翻訳者の意志によって著者として名前が
挙がっているストークス氏の意図とは異なる
捏造が記載されているという報道
を確認しました。

良い本だと思いましたし、多くの方もそのように
考えているということを投票状況によって理解して
いました。しかし、著者として名前を出している方への
直接の取材によってそのような断定がなされて
捏造が含まれている
と認定された以上、どんなに良い
内容であっても推薦することはできないと考えて
レビューを取り下げました。

ところが、本日、祥伝社のWEBに、
日本語(翻訳文)と英文(ストークス氏自身のもの)で
ストークス自身による署名付きのメッセージとして、
実はこの共同通信社の報道の方が
誤りであることを確認
しましたので、
本レビューも再掲載いたします。

尚、本書のレビューからは離れますが、
このようなことがあったのでひとこと書きます。
今回の報道とストークス氏自身の発表を照合して
確認する限り、以前からいろいろ言われているように、
共同通信社の一部記者はマスメディアとしての
責務を担うべき適切な資質を本当に有しているのか、
強い疑念を抱きます。

思想や言論の自由のある国ですから、右だろうと
左だろうと、自らが正しいと思うことがあれば
きちんと堂々と主張すればよいのですが、
世間の報道機関への信頼を逆手にとった
このようなやり方には賛同できません。

(引用ここまで)


恐ろしいですね・・・
ヘンリー・S・ストークス氏が書いた本
 f417cdb047d372a311bf39f86d1fc7f0.jpg

共同通信は、
「翻訳者の意志によって
 ストークス氏の意図とは異なる
 捏造が記載されている」

という捏造報道をしたのです!

この国の恐ろしさは、
真実を歪め続ける狂信的なサヨク
ペンを武器にジャーナリストを名乗っている事・・・

報道の自由度ランキングが
韓国よりも下にあるのは、当然です。
堂々と捏造報道を繰り返し
真実を伝える自由が無い国。
言論統制をしているのは、政府ではなく言論人。

その目的は
左巻き政治屋も、エセ知識人も、自称人権運動家も
自称フェミニストも、自称芸術家も、自称ジャーナリストも・・・
中韓によると「良識ある日本人」という怪しげな集団が
慰安婦問題を利用して
戦争は男の論理→
天皇の軍隊が女性の尊厳を毀損した
国家の暴力─男系社会が悪い!
天皇制による女性への暴力だ…天皇制が悪い。
だから、
 sayoku37045160_201503281646482a8.jpg
 t20050212102853.jpg
 tb0722964.jpg
 t6497465.jpg
 (反天連のデモ隊の光景)

「9条を守れ!」という自称護憲派
一番、日本国憲法を無視している現実・・・ 
 timg_1.png
雁屋哲「日本人と天皇」(講談社プラスアルファ 文庫) 
 http://blogs.yahoo.co.jp/watch_compass/11707506.html



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 5

IVY

◎慰安婦問題マグロウヒル米教科書「慰安婦」・・・
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1426646654/l50

(概略)
○ 旧日本軍慰安婦強制連行など、事実無根の内容が
記載されている米教科書の出版社に(日本側が)訂正を要求。
   ↓
○ 米国の歴史学者が日本政府の訂正要求を拒否。
 
この記事、米国側にとっては、かなりのモノなのか?
(訂正要求を拒否ってノミの心臓なのか?)
数日前にこのニュースを検索したところ素早く削除されていて、
今のところこれのみ。
大方日本人なら、相手を騙した上にその人を責めることなど
出来ないはずなのに、

それであっても「違う、違う、絶対違う!」
と言える○○ がウヨウヨ…

2015-03-28 (Sat) 19:07 | EDIT | REPLY |   

UME

なぜ1938年

当時の日本の法律では、芸者・娼婦・酌婦(朝鮮では酌婦が売春婦だったため)は、週に一度の検梅と月に一度の健康診断を義務付けていた。戦争中で適当な民間病院がなければ、軍医が検査するのは当たり前だと思うけど。そうしないと法律違反になっちゃいますし。
明治以来法制化されている検梅・健康診断を、1938年に麻生徹男軍医が検査したからと言って、なぜ「従軍慰安婦の責任者」などと言うのか理解できない。

(注 支那の売春婦は俳優を自称していたが、検梅・健康診断から逃げ回って拒否したため、日本領事館は支那娼婦への検梅・健康診断を断念。支那売春婦には注意するよう通達していた。)

2015-03-29 (Sun) 07:05 | EDIT | REPLY |   

敦子

韓国が帰化未帰化在日韓国人宗教団体の統一教会経由で拉致した日本人女性約7000名を韓国から救出かつ奪還することを徹底要求しましょう。

韓国が帰化未帰化在日韓国人宗教団体の統一教会経由で拉致した日本人女性約7000名を韓国から救出かつ奪還することを徹底要求しましょう。
-----
【ものすごく緊急の情報拡散と協力のお願い】その51

-----
在日朝鮮人の皆さんは自国に帰ってね 様 Twitter H24.11.1 [加筆済み]
日本人女性約7000名が韓国での統一教会の合同結婚式に参加した後韓国で行方不明中。

侍JP 様 Twitter H24.11.1 [加筆済み]
これらの日本人女性約7000名って、この後どうなったの?マスゴミは報道しませんね。被害者家族は、「韓国で統一協会の合同結婚式に参加した後行方不明になった日本人女性約7000名の行方を捜査して!」と訴えている。

日韓国交断絶、経済制裁を!! 様 Twitter H25.3.4 [加筆済み]
統一教会の文鮮明教祖死去したが、統一教会に洗脳されて韓国人と結婚させられて韓国で行方不明になっている日本人女性は、約7000名いる。韓国の日本人女性拉致は、北朝鮮の日本人拉致よりも酷い状況であり、日本国政府は、韓国へも調査するように強く交渉すべきだ。

平成の万葉集へ君の氏名を連ねよ!!!! 様 コメント H25.3.8 [加筆済み]
「韓国で日本人女性約7000名行方不明」で検索すれば、韓国へ怖くて行けまい。そうでなくても、韓国人は、韓国式捏造歴史などに基づき、日本人を敵として激しくと憎悪している。韓国旅行は、猛獣の中へ行くみたいなもんだ。知人や友人が韓国へ行くと言ったら、韓国へ行くことを止めるよう、知人や友人へ説明の上言ってあげよう!!
-----

[葉書、FAX、メール、テンプレ、ツィート、電話などなど]

2015-03-29 (Sun) 15:20 | EDIT | REPLY |   

弓取り

真実を語り継ぐ人を尊重します。真実が特定秘密扱いされてきた戦後日本がおかしい。
真実が常識になりますように。抵抗勢力が、でかい顔をして商売しながらまかりとおりすぎている。選挙に行こう。

2015-03-30 (Mon) 00:16 | EDIT | REPLY |   

白珠

昨年アサヒる新聞が捏造を認めた事とか、いろいろな事実がバレちゃって、反日連中が詰んでる事がモロ分かりで笑いが止まりませんw

交代し負債を擁護する連中や愛子サマを天皇にと必死な連中も、
構成成分に特アのお仲間な反日連中を含んでる訳なのに、
「日本国憲法 第一章 天皇」の第一条目を反日お仲間の護憲派(笑)
に否定されてるんじゃ、これまたブーメランじゃないですかぁw

2015-04-25 (Sat) 10:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply