韓流研究室

ARTICLE PAGE

アメリカで魚名偽装集団訴訟に備え韓人和食業協会結成・・・

★「魚の名前訴訟」に対応・・・
 韓人の和食店が団結

 米州協会発足
 米州中央日報(韓国語) 2015/03/20
 
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=3246569
韓人(コリアンの和食店を対象に提起された
『魚の名前表記公益訴訟』
に対応するため、
事業主が団結した。

南カリフォルニア地域の韓人和食事業主60数人は
米州韓人和食業協会(仮名/会長=ジミー・コ)』
を発足して、来る21日の『魚の名前表記共益訴訟』
に対する法的対応策を準備するために集まる事にした。

韓人和食業協会のジミー・コ初代会長は、
「去る12月からLA地域の和食レストラン事業主を
 対象に訴訟を予告して、巨額の補償を要求する
 書簡が飛び交っている。
 これに対応するため韓人事業主60数人が集まった」とし、
「今まで協会や組織がなくて個別に行動していたが、
 今後は協会とともに共同対応策を用意して
 組織的に行動しようと思う」と明らかにした。

今回の事件は昨年末からロングビーチ地域の
某他人種の弁護士が、
韓人和食レストランが
『エスカラー(Escolar=アブラソコムツ)』を
『ホワイトツナ(White Tuna)』と誤って表記したとし、
巨額の補償を要求する損害賠償請求訴訟を
提起した事が発端となった。


訴状によれば原告人は、
「昨年和食レストランを訪問してホワイトツナを
 注文すると、自分の食べた魚はエスカラーだった」とし、
「レストランが消費者保護法を違反した。
 これは消費者の知る権利と食後に発生しうる
 問題
を考慮していない表記だ」
と主張している。

エスカラーとはサバの一種で、
和食レストランでは一般的に
ホワイトツナと呼ばれている。


コ会長は、
「訴訟脅迫の書簡を受けた韓人は
 100数社と推定されている」
とし、
「今回の事件は共益訴訟を悪用した
 悪意的な訴訟である。
 現在、カリフォルニア州検察にも
 この問題を提起した状況」
と伝えた。

一方、韓人和食業協会は21日の午後10時、
アナハイムの土器職人(Potter's)教会で集会を行い、
グレース・チョ顧問弁護士とともに法的対応案に関して
論議する予定である。

(引用ここまで)



関連記事

★米国で韓国人が経営する
 日本食レストラン50店が
 集団訴訟の危機

厳選!韓国情報 2015年02月06日
 http://gensen2ch.com/archives/22136782.html



アメリカに蔓延している
Korean Japanese Restaurant

sIMG_5601-747504.jpg
Santa-Clara-CA-El-Camino-Norbu-Korean-Japanese-Restaurant-2-590x394.jpg
 snikko-japanese-korean-restaurant_5.jpg
 sushiyoshee_logo11_230110111_std_medium.png

  thLWB2WSCZ.jpg
 Sushiにはキムチnida!

店内も偽装・・・
sArisu.jpg

フードコートでも・・・
KJ Sushi & Korean BBQ
 sl.jpg


居酒屋までパクリ・・・
 sl-6.jpg

恐ろしいメニュー
ビビンパ寿司・・・マジェマジェするnida!
 s160d2e09b31b5744c9916406bc996bd4.jpg




★「WhiteTuna」ってなんだ?
 http://blogs.yahoo.co.jp/paipaiyale/1896383.html
(引用開始)
米国で寿司レストランに行くと、
「White Tuna」というネタがある。
辞書的にはAlbacore(ビンナガマグロ)を指している。

ところが、ビンナガ以外にもWhite Tunaと称して
提供されている魚種が2種類ある。
ひとつはSea Bass(スズキ)だ。
そして、もうひとつはEscolar(アブラソコムツ:
学名Lepidocybium flavobrunneum)という
名前の深海魚だ。

アブラソコムツは筋肉の2割程度が脂質で
構成されており、その脂はWax esterと呼ばれる
ロウと同様の成分なのだそうだ。

人間はその物質を消化する酵素を
持っていないため、食べると
腹痛や頭痛を引き起こす。


日本では厚生労働省が食用を避けるように
との通知を出しているため、
市場には流通していない。
欧州の一部の国も食用を禁止している。

ここ米国では、Wax esterへの感受性が
人によってだいぶ異なるという理由から、
許容摂取量を設定せず、
食用は禁止されていないのだ。


ここに典型的な日米の差異が出ている気がする。
つまり、日本では、
「おなかをこわす人が出てしまうかもしれない」ので、
一律に規制しようとし、
一方米国では、
「すべての人がおなかをこわす訳ではない」ので、
規制はせず、個々人の判断に任せる

(続きはリンク先で)



「すべての人がおなかをこわす訳ではない」ので、
規制はせず、個々人の判断に任せる
これが、韓国人経営の和食店が集団訴訟を
起こされた要因の一つである

>食後に発生しうる
 問題を考慮していない


提供を禁止してはいないが
食べると腹痛や頭痛を引き起こすエスカラーを
エスカラーかビンナガマグロかスズキか
解らなければ、消費者は判断が出来ない!

エスカラーはビンナガマグロとは全くの別物。
White Tunaではない!
「魚の名前を偽るな」と警告の書面が届いた
和食レストランの事業主が全員韓人・・・




因みに、
ベトナム人の父子、Nha and David Leさんが
経営している寿司バーでは
http://flyingfishsushibar.com/sashimi.php
ビンナガマグロがwhite tuna!
エスカラーは、エスカラー!
と、正しい表記で提供しています。

 ■Albacore (white tuna)
   thumb_albacore.jpg

 ■Escolar (butterfish)
  thumb_escolar.jpg



何が、韓人和食業協会だ!
何が、悪質な訴訟脅迫だ!
何が、
エスカラーとはサバの一種で、
和食レストランでは一般的に
ホワイトツナと呼ばれているだ!


そんな悪質な偽装メニューを出しているのは
韓国人経営の”和食店”だけなのでしょう???

アメリカの日本大使館は
米メディアやフェイスブックなどを活用して
大々的に”世界遺産登録の和食”を守るべき!

「本物の和食は、
 おもてなしをするお客様の健康を考え
 食あたりする可能性のあるエスカラーは
 一切使用しておりません。
 また、エスカラーを
 White Tuna(ビンナガマグロ)と偽装する事は
 絶対に有り得ません!」
と・・・


★さしみ食べて食中毒、コーヒーに洗剤 
 韓国人経営レストランで相次ぐトラブル
 …アメリカ

  2013年05月27日
 http://www.kimasoku.com/archives/7140332.html




  


★なぜ韓国人は移民先で
 日本料理の店を開くのか

 http://diamond.jp/articles/-/26897?page=5



政治 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comments 3

名無しさん

774

やはり、日本の公的機関が絡んだ、寿司職人の認証制度が必要ですねぇ。スシ・ポリスと俗称された企画が、在日の手によって葬られていますから、復活させ、世界に広めるべきでしょう。

2015-03-24 (Tue) 04:57 | EDIT | REPLY |   

オール大嫌韓

アブラソコムツだけど、『とくに多量に摂食するなど重症の場合、下痢による脱水症状やそれに伴い昏睡状態に陥る症例も報告されているので注意を要する。』だって…。

韓国人って何故、トラブルが起これば起こるほど、自分のみならず民族全体が不利益を被る事に気が付かないんだろうね…。

あ、悪い事する時は、日本人のフリしてるからかw

2015-03-24 (Tue) 11:19 | EDIT | REPLY |   

弓取り

簡単3分レシピ偽装和食の店

強制連行されて創氏改名させられて、むりやり寿司職人修行をやらされたにだ。ほうとうは見よう見まねにだ。間に合わせで作れば創作和食と言い張るニダよ。店員は、さらにど素人でーす。

宇多田ひかるのツイッターは呑気すぎる。アメリカ生活にリッチに精通しすぎてて麻痺してんじゃないの。いいかげん、疑問を感じてほしい。
それとも、レシピが和食用なら誰がつくっても「和食」ができるという理屈かな。これなんか、国内の反日勢力がディベートで言いそう。
でも、和食どころか世界のプロの料理職人をなめた理屈。区別と質を土台から無視した理屈なんだよね。

2015-03-24 (Tue) 11:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply