韓流研究室

ARTICLE PAGE

沖縄プロ市民団体がFacebookで、威力業務妨害の”イタ電”を呼びかけ

★「わったー島を守るために」と
 Facebookで市民の会が
 ”イタ電”を呼びかけ…

 2015/03/18
米軍普天間飛行場の移設をめぐる問題で、
わんから市民の会という団体が
Facebookで公開した
『わったー島を守るために』とした文章。

内容には、
「現場に行けなくともできることはある」とした上で、
「一言♡電話アクション」などとワンコールを
勧めるような内容を記載している。

連絡先には、
沖縄の防衛局や県警、海保や
領事館の電話番号を載せており、

丁寧に例まで添えた。

”ワンコール抗議作戦”との電話例には、

「辺野古に新基地を造らないで下さい(造るな)」(ガチャン)
 「ジュゴンを殺さないでください(殺すな)」(ガチャン)

などの例文が14項目書かれている。

※「わったー」とは沖縄でよく使われる方言で、
 俺達・私達の意味。
 また、「わん」は俺・私の意味で、男性が主に使う。

「わんから市民の会」の情報には、
”わったー(私たちの)島を守るため
 わんから(私から)行動しようというグループです。”
と記載されている。

■Facebookページ
 
https://www.facebook.com/pages/%E3%82%8F%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%89%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A/319580744905832

【現場に行けなくても】

わじわじーしても現場に行けなくても
ふとぅふとぅしてないですか?

そんなときはコチラ。
『一言♡電活アクション』

電話番号を知られたくないって方は
184(いやよ)をプッシュしてから
相手の電話番号を♪
お名前も、名乗る必要はないんですー(*^^*)

「抗議の電話を掛けたいけど、
 なに言って良いかわからないし
 緊張するわけさー…」
そんなリクエストにお応えして、
例文もありますよー( v^-゜)♪

一歩踏み出すまではドッキドキ。
だからこそ、
台本を読むように役者になった気持ちで、
一言だけ言って『ガチャン。』。


ふぅー、わじわじーもふとぅふとぅ
も少しスッキリするさぁ(*^^*)

実は電話抗議って、
件数をカウントしていたりするので、
結構プレッシャーを与えるものだったりします。


お試しあれー♪

 w7fd295df.jpg

 w3d03ef28-s.jpg
 

■ネットでは批判殺到

”イタ電”を教唆する内容にFacebookコメント欄や
ネット上では批判が殺到している。

(引用ここまで)


毎日新聞や琉球新報が堂々と
このプロ市民団体の広告媒体になっている・・・
ご丁寧に、送迎バスの発着所・時間をお知らせ。
県庁や市役所の駐車場も、送迎バスの停車に
利用させている・・・

★辺野古警備:「市民の会」、
 19日に海保抗議集会

 毎日新聞 2015年03月17日
 http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20150317rky00m040004000c.html
 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市
辺野古での基地建設をめぐり、
「わんから市民の会」は19日午前10時半から、
沖縄市海邦町の中城海上保安部前で
大浦湾の海上保安庁の警備に抗議する
「海保の暴力止める!3・19大行動」を開く。
海保に対し大浦湾からの撤退を求める
要請文も提出する。
16日、県庁で記者会見を開いた市民の会の
長堂登志子代表は、
現在の海上保安庁警備について
本来の職務とはいえない」と批判
「海を守るという本来の仕事をしてほしい」
と語った。

 市民の会は、19日午前9時半に
宜野湾市役所前を出発する送迎バス2台を
出す予定。人数に応じて増便も検討する。
バス利用には1000円が必要。

「沖縄『建白書』を実現し未来を拓(ひら)く
 島ぐるみ会議」も、19日は那覇市の県庁前から
午前10時出発のバスの行程を変更し、
辺野古へ向かう前に沖縄市での大行動に参加
するよう調整している。
大行動についての問い合わせは
わんから市民の会(電話)090(8291)8436。

(琉球新報)



左翼メディアの圧倒的支持で、
県外からの参加者も送迎バスに乗る事ができる。
そんな事ができる「「わんから市民の会」代表の
長堂登志子という女性は何者だろう???

★文科省は撤回を 
 「地方自治を蹂りん」

 八重山毎日新聞 2014年03月19日
 http://www.y-mainichi.co.jp/news/24587/
竹富町教委への是正要求 2団体会見
w24587.jpg
 文科省に竹富町への是正要求撤回を求める
 長堂登志子代表(中央)ら

【那覇】
沖縄県民間教育研究所(長堂登志子代表)
命どぅ宝を継承する会(宮城千恵代表)は
18日午後、県庁で会見し、八重山教科書問題
竹富町教育委員会へ強権的な是正要求をした
文部科学省に対し、撤回を求める声明を発表した。
声明文は下村博文文科相に宛て送付する。

 会見で長堂代表は
「文科省は是正要求に応じなければ、
 違法確認訴訟を起こすと脅している。
 これはまさに政府による中央統制の強化と、
 地方自治の強権的じゅうりんにほかならない」
と強調し、撤回を求めた。

 声明は
「文科省は無償措置法の違反から
 育鵬社版の採択を求めているが、
 竹富町教委は、各教育委員会に採択権
 がある地方教育行政法に基づき
 東京書籍版を採択し、違法性はない」と指摘。

 文科省に対し
「矛盾する二つの法律を長年放置してきた
 責任を取るべきであり、法律自体が
 矛盾している状況の中で一方だけを指導し、
 特定の教科書を押し付けることは
 国の不当な支配であり、政治介入である」
と抗議している。

同研究所は1990年に立ち上げ、
教師元教師、保護者ら65人で
組織されている。

(引用ここまで)



長堂登志子さんは、小学校教諭だったようですね。
http://kodomoshien.blogspot.jp/2013/06/20131.html

沖縄県教職員組合(沖教組)でしょうか???

ビンゴ!
http://www2.ocn.ne.jp/~memi/special-pic.htm
沖教組那覇支部委員長 
 長堂登志子さん


 長堂さんは不登校の子どもたちのことを
 真剣に考え、また子育てに悩む
 お父さんお母さん方を組織し
 学校教育のみならず、日夜、「国民が主人公」の
 世の中をつくる
ために頑張っている方です。”

日夜、
「国民が主人公」の世の中をつくるため・・・

現役時代はこんな活動も!

★新聞全教(2000年9月5日より)
 7/20 2万7千人の「人間の鎖」
 沖縄の“基地を拒否する”怒りが
 国内外の共同広げ
 名護に新基地はつくらせない

 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20000905.html
*新聞全教とは,全日本教職員組合
 出版している機関誌です

サミット前日の7月20日.午後2時2万1800人,
2時半には2万3500人,そして3度目3時には
2万7000人の「人間の鎖」によって
米軍嘉手納基地が完全に包囲されました.
組織の違いをこえ広範な労働組合や平和,民主,
市民団体の参加に加えて家族そろっての参加や
マイクからの呼びかけに応えて通行中の市民も
加わりました.
沖縄県民の基地を拒否する
マグマのような怒りが示されたのでした.
沖縄の地元2紙は「一からやり直せ」と社説をかかげ,
海外マスコミも戦後50年,ソ連が崩壊した後も続く
沖縄の異常な現状に注目し外信しました.

 全国教職員学習交流会で
長堂登志子沖縄組那覇支部委員長

「7月21日付沖縄タイムスに
 『私たちアメリカ国民は,沖縄のみなさんと
  連帯し,米国基地,軍事施設を
  沖縄から引き上げることを要求する』
 との意見広告を1600人を越える市民の
 賛同を得て掲載したジョセフ・ガーソンさんから
 『アメリカでも大きく報道された』と成功を祝う
 メールが送られてきた」と報告しました.

日本政府は,沖縄・名護でのサミット開催で
「平和は軍事力で維持されている」との立場で,
根強い沖縄県民の「反基地」の意識と運動を封じ込め,
「基地との共存を」を認めさせようとしましたが
その意図は完全に打ち破られたのでした.
これからも政府は,執拗に辺野古への新基地建設を
強行してくるでしょうが,沖縄県民は国内外の共同を広げ,
その目的をうち砕くことでしょう.

九九九より 
びっくりしたのが,全教新聞に写っているの写真.
「長野高教組」の幟が見える.
その奥には「全労連」また,別の写真の横断幕の下には
「東京・・・」と書いてある.
この「人間の鎖」運動.沖縄県民が自ら起こした運動
ではない事がはっきりと読みとれるのです.

 このような動員は,どのような手順で行なわれるのか,
復習(前に,別のページで書いたような気がするので)
しておきましょう.
まず,全教(中央組織)から,県教組に動員が
割り振られます.
県教組は各県の支部に,支部は学校分会に
割り振られていきます.
当然,沖縄教組が一番多いでしょうが,
全国の「左翼思想の持ち主」が集結するのです.


 ある時は沖縄,ある時は広島,またある時は
国会議事堂前と,左翼が集まることの出来るのは,
中央から「旅費と日当」が出ているからなのです.
つまり,
沖縄観光旅行の旅費を「全教」が
出してくれるのです.

こんな「おいしい話」はありません.
集結した「同士」は県教組の幟を立て,
「長野県から来てるんだぞ.
 ちゃんと,旅費もらったお礼に幟立てて
 PRしたからな!」
となるわけです.
「沖縄県民が基地を拒否しているから,
 俺たちは手伝いに来たんだぞ」
という,
本来の目的を脱線し,

全教等の左翼勢力が
 基地を拒否しているんだから,
 沖縄県民も手伝え
という,
本末転倒の運動に成り下がってしまっているのです.

親切にも
「組織の違いをこえ広範な労働組合や
 平和,民主,市民団体」が集結した
と書いてあります.当然ながら,全教と同じように,
動員されてきた「同士」なのでしょう.
中には,カンパを募って旅費を捻出してきた団体
もあるでしょうが
決して「個人個人」が「自分の意志」で参加した
わけではないのです.
(引用ここまで)



沖縄基地ハンタ~イ!だけでなく
全国一斉学力テストもハンタ~イ!!

★学力テストに苦しむ
 子ども・親・教師たち
 教育のつどい 分科会始まる

 しんぶん赤旗 2014年8月18日(月)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-18/2014081801_02_1.html
高松市内で開かれている
「みんなで21世紀の未来をひらく教育のつどい
 ―教育研究全国集会2014」は17日、
28分科会で討論を開始しました。

「学校づくりへの子どもの参加、
 父母・教職員・地域の共同」分科会では、
全国いっせい学力テストをめぐる実態や
願いを出し合いました。

 沖縄県民間教育研究所所長の
長堂登志子さん(64)は、県教育長が
悲願の最下位脱出をめざすとして、
小学校30位台などの目標を掲げた
「学力向上」策の実態とその影響を報告しました。
学校行事を少なくして、春休み中の補習、
月1回の県独自の学力テストを中心にすえた
教育課程づくりとなり、1~3月はテスト対策期間
となっていると批判。
「子どもたちが非常にイライラしている」
とのべました。
(引用ここまで)

子供たちの学力低下は、
教師の教え方や怠慢も問題だと思いますがね。
以前、フィンランドの教育大臣だったかな
「子供達を、教育という船に
 誰一人、乗り遅れさせてはならない」
として
教師達が、授業内で理解できなかった生徒
放課後に個別補習をしてケアする事例
紹介していましたが・・・

「教育の成功は社会の発展につながる」
学力向上の秘訣の一つに「教師の質の向上」
(フィンランドでは教師は大卒ではなく大学院卒)
を挙げていましたが・・・
教師は、人間としての資質の向上も大切です。
「子どもに最善を尽くす」

しかし日本の活動家達は、「教師」ではなく
「教育労働者」ですから、時間外勤務はお断り?
放課後は、基地反対!日の丸君が代強制反対!
日夜「国民が主人公」の世の中をつくるための
勉強会やら反政府闘争などのサヨク活動が忙しく
子供一人一人を見守って最善を尽くしているかな?
子供達の「学力向上」策なんて
やってる暇はないのかしら???



FacebookにUPされた写真の1枚目は
明らかに女性の手書き文字です。
とても、手書きのプリント作成に手慣れた感じ・・・

教師や元教師が中心の市民団体
ワンコール”イタ電”を呼びかけるとは・・・
こんなんで、よくもまあ
海上保安庁警備について
「本来の職務とはいえない」と批判できるよな・・・

「わんからの会」は、
アメリカの沖縄領事館前でも
抗議活動をしています。

日本語と英語と中国語で記事が書かれる
ピース・フィロソフィー・センター
(カナダ・バンクーバー 2007年設立)HPより

★辺野古基地建設を即時中止せよ! 
 沖縄市民が米国総領事館前で行動

 Friday, February 27, 2015
 http://peacephilosophy.blogspot.jp/2015/02/no-to-henoko-base-people-of-okinawa.html
26日、沖縄の米国総領事館前での
行動がありました。琉球新報の報道はこちら。

「新基地建設許さない」 
70人が在沖米総領事館前で抗議

【わんから市民の会】

*「わんから」というのは「自分から」
 という意味の琉球の言葉です。

本日、
米国領事館前で抗議アクションを行いました。...

何と75人も参加して下さいました。
(中略)
市民のリレートークあり、歌あり、
声明文の読み上げ(英語&日本語)あり、
今までのスタイルと全く違ったユニークな
シュプレヒコールあり。
第一回目のアクションとしては
大成功だったねとみんなで話しました。

今まで大人数が米国領事館前で
このようなアクションを起こすことは
なかったとのこと。


米国は、長年辺野古の新基地建設については、
日本政府と沖縄の問題だと知らんふりを
決め込んでいます。

冗談じゃない。

米国は1995年の少女の尊厳を奪った事件の
あったずっと以前から、既に辺野古に軍事要塞施設
を造ることを目論んでいたことは米国公文書でも
明らかです。

自国では決して出来ない沖縄に対する
このような暴挙に対する県民の怒りは、
もはや、収まりません。

  wan1・jpg



「わんからの会」が
アメリカ領事館の電話番号も載せて
業務威力妨害の抗議電話を推奨って・・・

>実は電話抗議って、
 件数をカウントしていたりするので、
 結構プレッシャーを与えるものだったりします。
 お試しあれー♪


まさか、これ・・・
★「ケネディ駐日大使を殺害する」、
 在日米大使館に脅迫電話―台湾紙

 2015年3月18日
 http://news.livedoor.com/article/detail/9903908/
台湾紙・自由時報は18日、
日本の複数メディアの報道として、
東京都内の米国大使館に先月、
キャロライン・ケネディ駐日大使や
アルフレッド・マグルビー駐沖縄米国総領事を
「殺害する」という脅迫電話が複数回あった

と報じた。


脅迫電話はいずれも
英語を使った男の声だったという。
日本メディアが警視庁関係者の話として
報じたところによると、米国大使館に先月、
「ケネディ大使を殺害する」という内容の
電話が複数回あったほか、
同じ時期に沖縄県浦添市にある
米国総領事館にも
「マグルビー総領事を殺害する」という
電話が複数回あった。


米国大使館から通報を受けた警視庁が、
同一人物によるものだとして捜査を進めている。
米国大使を狙った襲撃事件が今月初めに
韓国で発生し、米韓関係にマイナスの影響を
与えたほか、18日にはミシェル・オバマ大統領夫人
が訪日することから、警察は慎重を期して17日まで
公表を控えていたという。

(編集翻訳 小豆沢紀子)



朝日新聞の記事よりも
http://www.asahi.com/articles/ASH3K42CXH3KUTIL00Y.html?iref=com_rnavi_arank_nr03

台湾の自由時報の記事の方が詳しい・・・
おかしな話ですねぇ。

そういえば、
朝日新聞が火付け役の
「アンネンの日記切り裂き事件」の時も
あんなに大騒ぎしたのに、犯人が発覚した途端
急にダンマリを決め込んだり、
先日の民主・岡田代表の
「メルケル首相慰安婦謝罪要求」発言も
朝日新聞以下、サヨク新聞は大騒ぎしたのに
ドイツ政府報道官から完全否定されたら
ピタッと報道しない・・・

本当に、日本のマスゴミは異常だわ・・・


★沖縄ヤバい!
 オスプレイ反対運動活動家の
 正体と沖教組の闇

 2013年4月 9日
 http://www.toychan.net/archives/2013/04/09_1130.php


★画像で見る沖縄基地問題
 http://tokiy.jugem.jp/?eid=747




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

トマト

教育者が犯罪を煽ってどうするんだよ!左翼もいくとこまで来てるみたいですね。公安には頑張ってもらいたいです。崩壊のカウントダウンが始まってるみたいですから

2015-03-19 (Thu) 03:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply