韓流研究室

ARTICLE PAGE

大阪弁護士会、遺産着服・横領罪で公判中の梁弁護士を除名処分

★遺産着服、横領罪で公判中の
 弁護士を除名処分 大阪弁護士会

 産経WEST  2015.3.11 12:10
 
http://www.sankei.com/west/news/150311/wst1503110033-n1.html
 大阪弁護士会は10日、依頼者から預かった
相続遺産を着服したとして業務上横領容疑で逮捕、
同罪で起訴された同会所属の弁護士、
梁英哲被告(41)=韓国籍、公判中=
同日付で除名処分にしたと発表した。
同会の調査に着服を認め、事務所経費などに
流用したと説明しているという。

 同会によると、梁被告は平成24~25年、
死亡した母親の遺産分割の依頼を受けた相続人4人から
預かっていた遺産約2900万円を着服した。
同会は
「横領額が大きく、一切の被害回復措置も
 講じられていない」
とし、懲戒処分で最も重い
除名が相当と判断した。

(引用ここまで)



関連記事

★横領容疑で弁護士逮捕 
 預かり財産2千万円、大阪

 2014年05月09日
 http://blog.goo.ne.jp/toki_1/e/8dae194964aa506e8774e7a8a40d3966
弁護士業務で依頼者から預かっていた
相続財産のうち現金2千万円を着服したとして、
大阪府警南署は8日、業務上横領の疑いで、
大阪弁護士会に所属する弁護士で
韓国籍の梁英哲(リャン・ヨンチュル)容疑者(40)
=大阪市西区=を逮捕した。
 
南署によると、
「(自分の)弁護士と相談する」と供述し、
認否を明らかにしていない。
 
逮捕容疑は2012年11月、
大阪府八尾市の男性(59)とその親族から預かった
相続財産約2300万円のうち
2千万円を着服した疑い。

 
男性らから財産を預かった直後に
自分の口座に移し替えたとみられる。
13年9月、財産の分割作業が進まないことを
不審に思った男性らが南署に相談した。

 zc1f16d2a365434d3ec5000fc53df416f0.jpg
 zc9293db62ebe2c9e39cfeb8aec49a3254.jpg
 zc9c11530df1c1a57b62dc295991cf983.jpg

【プロフィール】

1974年 大阪市生まれ
1992年 大阪府立住吉高等学校卒業
1992年 同志社大学法学部入学
1996年 同志社大学法学部卒業
1998年 司法試験合格
1999年 最高裁判所司法研修所入所(第53期)
2000年 大阪弁護士会登録 空野佳弘法律事務所にて勤務
2004年 なんば国際法律事務所開設
     zc3bd0f2e5464f201f4161a1328d8bb3de.jpg

(引用ここまで)

★弁護士がまた着服か
 大阪 梁英哲弁護士

 http://n-seikei.jp/2014/05/post-21793.html
(引用開始)
なんば国際法律事務所 
代表:梁英哲弁護士
大阪市中央区難波2-3-11 ナンバ八千代ビル4階
2000年大阪弁護士会登録

弁護士稼業もピンキリ、
先生先生と呼ばれるものの、
稼げない弁護士は悲惨なようだ。
有名弁護士になると顧問料だけで御殿を
建てるが・・・。

事務所費・事務員費・生活のための自らの
報酬など、積もれば瞬く間に数百円、壱千万円
になってしまう。
大手企業などは、上級検事や上級裁判官、
学校人脈や大手事務所の暖簾分けなどにより
顧問を獲得しているが、有名な弁護士事務所や
こうした極一部の弁護士に牛耳られており、
世間が思うほど楽な商売ではない。
そのため、こうした着服事件が年に数件
全国で発生している。生活のため。

(引用ここまで)


在日外国人の国際相続ともなると
相続の手続きが更に難しい・・・
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=20&newsid=14618
だから、彼のように日韓の法律業務ができる
法律事務所はある程度の顧客が見込まれる
と思うのだが・・・

複雑な相続税法ゆえに、こんな事件も起きてしまう。
★パチンコやサウナ経営の
 在日韓国人が韓国不正送金で
 相続財産130億円の申告漏れ

 2014年04月25日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3018.html




それにしても、
近年、弁護士による事件が多すぎますね。
酷いものです・・・

弁護士の懲戒処分検索サイト
★弁護士と闘う!
 http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii

上記のサイトは、
一弁の弁護士さんに名誉毀損で
訴えられているそうですが、3月だけでも
弁護士達の遺産預り金横領、示談強要、飲酒運転等々
そりゃあもう・・・酷いものです!



日頃「我こそは正義なり!」とばかりに
選挙活動や反政府デモにご熱心な日弁連の皆様。
本来の業務で、所属の弁護士達が不祥事だらけとは
如何なものかと思います。

このような事件が起きる度に
もしこれらの被疑事実が真実であるとすれば、
 弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、
 由々しき事態であると厳粛に受け止めております。
 当会は、本件を契機にこれまで以上に会員の
 職業倫理の向上に努め、
 今後も弁護士に対する市民の信頼確保のために
 全力で取り組んでいく所存です。

などと声明を出してはいるものの、
でっ・・・
その「会員の職業倫理の向上」はどうなのよ????




さて、今回大阪弁護士会から除名処分を受けた
梁英哲被告・・・彼の経歴を見ると
最初に勤務した空野佳弘法律事務所
聞き覚えがあるなぁ~と思ったら・・・やはり
この事件に係っていた弁護士でした。

★在留資格認定53人 
 中国人生活保護大量申請、
 受給目的入国は否定

 産経新聞 2010.7.7 08:29 [貧困ビジネス]
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110119/crm11011920180336-n1.htm

★中国人48人生活保護申請
 に絡む”電波”な人々

 2010/07/06
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-528.html

★中国人生活保護打ち切りへ
 2010.7.23
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-568.html




★弁護士の不祥事 
 横領事件の「多発」をどのように見るか

 猪野 亨 2013年12月24日
 http://blogos.com/article/76526/
 最近では、弁護士の不祥事も
珍しくなくなった感があります。
特に目につくのは預かり金の横領です。
弁護士の場合、後見人や管財人として
他人の財産を預かったり管理する場合が
ありますが、それが結構な資産だったり
することから被害額も大きくなるという
傾向があります。
(中略)
本来であれば、1円たりとも預かり金に
手をつけてはいけないのは当然のことです。
例え、目先に必要とする支出があったとしても
手をつけてはいけない、
このようなことは弁護士でなくても
誰でもわかっていることです。

 それ故に預かり金に手をつけてしまう弁護士は、
その人の属性というものが占める割合は大きい
とは思います。
 また、そのような局面だからこそ、
その人の属性が表れてしまうということでもあります。

 これに対する対策ですが、
弁護士会が不祥事を起こした弁護士に厳しく懲戒処分
を下せば足りるというものではありません。
処分は当然ですが、
被害回復には結びつかないからです。
また抑止にもなりません。
やっていること自体が横領行為という犯罪であり、
懲戒処分以上の制裁が待っていることは
当然に認識していることだからです。

(中略)

 実際にはこれだけ多くの不祥事が起きている
のであれば、個別の人の属性の問題だけに
原因を求めて良いのかが問われなければなりません。
 このままでは間違いなく法曹という制度自体が
崩壊してしまうからです。
 研修や教育で何とかなる問題でもありません。
法科大学院におけるご自慢のプロセス教育の中に
法曹倫理科目がありますが、
「人のお金に手をつけてはいけません」
などという教育をやってみたとしても全く無意味
だということです。
(そのような低レベルのことは
 実際にもやっていないと思いますが)

(中略)
特に若手による不祥事の場合には、
弁護士人口の激増により、資格そのものが
ビジネス資格に変質を来たし、
本来の公的性格を歪めてきたことが
背景事情としてあります。

 司法修習生に対する給費制の廃止も
弁護士資格のビジネス化に拍車を掛けています。
 借金の増大(法科大学院に対する高学費、
奨学金と司法修習生に対する貸与)は、
最初から新人弁護士を貧困状態にさせている
だけでなく、自分のカネで資格を取得したという
受益者思想が色濃く反映しやすいものに
なっているのです。
 ビジネス資格化とあいまって
弁護士によるビジネス思考は、弁護士という職業の
社会的責任というものを急速に希薄化させていること、
これこそが横領行為という犯罪を産み出しやすい
背景事情です。

(中略)
一括りに弁護士の不祥事というだけでは足りず、
どの層がどのような事情の元でかかる犯罪に
手を出したのかということが重要です。
 日弁連がすべきことは、
このような視点から個別の事例について事例集
として作成するなどして会員間の認識を高めて
いく必要があります。

(引用ここまで)



札幌の弁護士さんのご意見なのですが・・・
どこの業界も過当競争は厳しいモノです。
確かに、
国選弁護人などビジネスとは無縁のお仕事も
背負っていただかなくてはならない職業。

だからって、
生活が苦しい・・・事務所経費が掛かり過ぎる、と
「人のカネに手を付けて」
”仕方ない部分”なんて無い!

手っ取り早く有名になるために
政治的な裁判に積極的に絡んだり
タレント活動に勤しんだりと
ビジネス優先型も困り者だけれどね・・・

資格があるからと特権階級のように
「我々は特別」という意識を持ち過ぎでは?

この問題は
弁護士だけじゃないのよね・・・

★大阪の行政書士、
 相続財産預かり1200万円
 横領容疑で逮捕

 2011年11月8日
 http://www.pc-holmes.com/index.php?%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%81%AE%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%9B%B8%E5%A3%AB%E3%80%81%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E8%B2%A1%E7%94%A3%E9%A0%90%E3%81%8B%E3%82%8A%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%B8%87%E5%86%86%E6%A8%AA%E9%A0%98%E5%AE%B9%E7%96%91%E3%81%A7%E9%80%AE%E6%8D%95
 逮捕容疑は、昨年1月、
岡山県備前市内の女性(69)から亡くなった姉の
遺産相続手続きの依頼を受け、相続財産として
預かった死亡保険金や預金など約4990万円を
管理用の口座に保管。同5月~6月、
この口座から無断で自分名義の口座に現金を送金し、
計1200万円を着服したとしている。
昨年8月以降、女性が椎葉容疑者に預金の
引き渡しを求めたが応じず、「投資に使った」などと
説明したため今年6月に女性が同署に告訴した。
預金の大半が返却されていないことから、
流用された可能性があるとみて、同署が捜査している。

(引用ここまで)



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

たわわと実る禁断の果実

しっかりとした子供の教育が必要と言われているけど、大人の教育の方が実は必要じゃないかと思えてくる。
善よりも悪が美徳と思わせるような内容の作りのメディアによる刷り込みも一役買ってるのかしらねぇ…。
ズルい連中による社会構造の改悪も何とかしなくちゃね。
悪い事に対する正しい罰則を果たさない世の中なんて、もう嫌だわ。

2015-03-12 (Thu) 09:32 | EDIT | REPLY |   

ぺこ

もっと汚い弁護士

弁護士の不正は、韓国籍だから、というわけではないです。
この弁護士は、日本人だと思いますが、横領を事務員のせいにして、逮捕を免れ、弁護士会の処分も比較的軽くすませています。
もっとも汚い弁護士です。
1億円余りを分割で返し、その他にも2000万円顧問先から借入をしてその返済もあるでしょうから、いずれ破綻するのは目に見えていますが(弁護士数もかつての5~6名から、そのボスと超若手の2人だけです。上記の返済資金を稼げるわけがないです)。

2015-04-10 (Fri) 13:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply