韓流研究室

ARTICLE PAGE

台湾が新導入の韓国鉄道車両、専門家は「悪夢の再演」と懸念

★台湾が新導入の韓国鉄道車両、
 当局は「主要部品は日本製」と説明
 専門家は「悪夢の再演」と懸念
 ―台湾メディア

 レコードチャイナ 2015年3月4日(水)
 
http://www.recordchina.co.jp/a103544.html
2015年3月3日、台湾鉄路管理局が
来年新たに導入する新車両を韓国メーカーが
落札したことに、懸念の声が聞かれている。

台湾メディア・中時電子報が伝えた、

新たに導入を予定しているのは、
ディーゼル式のけん引車。
現行のけん引車は30年以上使用されており、
老朽化が進んでいる。
24両を新たに導入するため2014年に公開入札した結果、
韓国メーカーが旧正月(今年は2月19日)前に落札した。
入札額は4億台湾ドル(約15億円)程度と見られていたが、
韓国メーカーは2億9000万台湾ドル(約11億円)という
低価格で落札した。

低すぎる落札額に加え、
現在運行している韓国製の通勤・通学用の列車、
EMU500型と600型はトラブルが続発しているため

専門家らは悪夢の再演
韓国メーカーの導入を懸念している。

台湾・聯合新聞網によると、
韓国メーカーの落札に台湾鉄路管理局は、
「関連法により、韓国の入札を拒否することはできない」とし、
「けん引車のため、乗客は乗せない」と
乗客に影響はないと説明。

さらに、
「今回落札した韓国メーカーの車両の
 エンジンや変速機は日本製で、
 ブレーキはドイツ製と3大主要部品は
 韓国製ではない。

 トラブルを防止するため、最低でも10年の
 メンテナンスを提供するよう求めている」

と紹介した。韓国メーカーの車両は、早ければ
2016年7月から順次導入されるという。
(翻訳・編集/内山)



>今回落札した韓国メーカーの車両の
 エンジンや変速機は日本製で、
 ブレーキはドイツ製と3大主要部品は
 韓国製ではない。


バカだなぁ・・・信じてるの???

★韓国高速鉄道のトラブル多発、
 「原因は中国製部品のせい?」=韓国

 サーチナ 2011/05/27(金)
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0527&f=national_0527_111.shtml
安全性が確認されていない中国製の鉄道部品を
国産(韓国製)と偽り
、鉄道会社に納品したとして、
ソウル地方警察庁は26日、特定経済犯罪加重
処罰法違反の疑いで、鉄道部品業者を逮捕した
と発表した。複数の韓国メディアが伝えた。

  業者は2010年4月から1年間、中国製のコイル
スプリングクリップ36万個を、国産の部品8万個に混ぜ、
計44万個を韓国鉄道公社(KORAIL)などに納品して
10億ウォン(約7500万円)相当を不当に得ていた。

 コイルスプリングクリップは、列車の脱線を防ぐ
ために線路と枕木を固定する部品
で、
本来は安全検査に合格した国産の部品だけが使われる。
業者は、見た目で国産かどうか判断しにくいことを悪用し、
中国・上海の業者に依頼し部品を生産していた。

 中国製のコイルスプリングクリップは、韓国鉄道公社、
韓国鉄道施設公団、地方自治体が発注した湖南高速鉄道、
ソウル地下鉄7号線、軍専用鉄道、観光列車など
全国17カ所の鉄道線路新設・保守工事に使われていた。

 高速鉄道(KTX)では最近、故障が相次いでいることから、
メディアは
「頻発(ひんぱつ)する故障KTX、中国製部品のせい?」、
「KTX事故なぜ頻発するのかと思ったら…中国製部品使用」
などと報じた。
(引用ここまで)



★韓国、偽造部品だらけの高速鉄道
 「他人の安全よりわが利得」 
 室谷克実氏が考察 (1/2ページ)

 ZAKZAK 2014.05.08
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140508/frn1405081140001-n1.htm
韓国・珍島(チンド)沖での旅客船「セウォル号」
沈没事故の救出作業が続くなか、ソウルで2日、
地下鉄追突事故が発生した。
韓国の一部メディアは、地下鉄事故と、
同国が誇る高速鉄道(KTX)の列車ブレーキ納品不正
との関係を報じた。
ジャーナリストの室谷克実氏が考察した。

 ソウルの地下鉄追突事故は死者が出なかった
ことが、せめてもの救いだ。しかし、地下鉄事故に
関連して、どうにも気になるニュースを思い出した。

韓国高速鉄道(KTX)のブレーキ系統に使う部品に、
大量の不良品が納入されていたというニュースだ
(韓国日報、2013年10月15日)。


通関書類や、検査機関の認証書を偽造して、
基準に達しない韓国製部品を
「フランス製純正部品」と偽り
韓国鉄道公社に納入していた。

もちろん、公社の側にも、ワイロをもらって
偽造部品であることを知りながら納品を認めていた
幹部がいた。

 構図は、同国の原子力発電所への
偽造部品納入汚職
とまったく同じだ。

 KTXブレーキ系統への偽造部品は、
29種1万7000個に及ぶ。
しかも、部品台帳がしっかり記載されていないため、
どの車両のどこに偽造部品が使われているのか、
把握できない
というのだった
(原発の場合も、部品台帳の記載不備があった)。


(続きはリンク先で)



★ウクライナで韓国製の列車が故障続き
 2013年11月23日
 http://cooljapon.seesaa.net/article/380965249.html


★ウクライナ:
 韓国製列車は二度とお断り!

 2014/2/14(金)
 http://blogs.yahoo.co.jp/x_men_go_go/33495052.html


★中国高速鉄道事故に青ざめる
 韓国鉄道関係者
 世界普及狙ったKTXは事故・故障続出

 2011.07.29(金)
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/16791


★【なんと車両が韓国製‥】
 日本企業がトルコに作った
 大陸間横断鉄道、トラブル続発

 2013年10月31日
 http://www.moeruasia.net/archives/33643582.html
トルコと日本の合弁プロジェクト
ボスポラス海峡(BC1契約

大成建設(日本
ガマ・ヌロル(トルコ

車両供給(CR2契約
ヒュンダイ・ロテム(韓国

通信・信号・電力・車両基地(CR3契約
OHL・Dimetronics(スペイン


注)トンネル工事は大成建設が請け負い
  車両はヒョンダイ、電気系統はスペイン企業と
  コスト削減したら・・・
  運行初日にトンネルシステムで停電

★日本企業がトルコに作った
 大陸間横断鉄道、トラブル続発 
 【車両が韓国製www】 またか!

 2013年11月06日
 http://matome.naver.jp/odai/2138329230091274301
トルコで開通の大陸間横断鉄道、
初日からトラブル続出!
韓国製を導入したのは間違いだったと大統領が発言
今後は韓国製は導入しないことに決定した。




安物買いの銭失い!

★韓国鉄道公社、
 「KTX山川」欠陥57件を知っていた…

 中央日報 2012年04月28日
 http://japanese.joins.com/article/250/151250.html


★韓国の高速鉄道が逆走事故、
 中国「逆走とはでたらめな事件」

 サーチナ 2012/01/05(木)
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0105&f=national_0105_022.shtml


★韓国地下鉄事故、
 「1日550本」の通過列車が・・・
 「事故発生区間」で危険に晒されていた
 =中国メディア

 サーチナ 2014-05-07
 http://news.searchina.net/id/1531571


★たった4年で
 KTX山川388両に欠陥...
 公社「しらない」
 
 破損、不良、欠陥など
 「脱線、転覆などの大事故のおそれ」…
 労組、対策作り要求

 レイバーネット 2014.06.23
 http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2014/1403550475086Staff
導入されて4年になるKTX山川の車両から
約4百件にのぼる破損、不良、欠陥などがあった

ことが明らかになり、 大事故につながりかねない
という恐れが高まっている。
労働組合は鉄道公社側にこうした問題を
何回も知らせたが、知らんふりを続けているとし、
即刻対策を取るよう要求した。

全国鉄道労働組合(委員長キム・ミョンファン、
鉄道労組)は6月23日午前11時、
民主労総の大会議室で記者会見を行い、
KTX山川の台車の欠陥を提示、
公社側に解決方案を要求した。
朴洙賢(パク・スヒョン)新政治民主連合議員が
鉄道公社から提供された資料によれば、
導入から4年でKTX山川の388両から欠陥などが
発生していることが明らかになった。

労組は
現在、KTX山川の台車は
 ほとんどすべての車両で
 全体的に 亀裂、車輪の異常摩耗現象、
 車軸の酸化、テロテックスの破損、
 ブレーキディスクの亀裂、減速装置不良、
 動力伝達装置不良、牽引電動機不良
 などの欠陥が現れ続けている

と明らかにした。

鉄道車両用の台車の主な機能は、走行と制動だ。
車体の荷重をレールに伝え、車体を支持する役割
を果たす。 車体の荷重を受け、レールの摩耗を
最小にする役割もある。
もし列車運行中に台車に問題が発生すれば、
ブレーキ機能を失いかねず、 大事故に連結する
可能性も高い。

だが労組によれば、
ブレーキディスクなどにより車両を止める重要な要素
である車軸の一部に酸化や欠陥が発生していることが
明らかになった。
車軸の酸化を防ぐためにコーティング処理をした
テロテックスの欠陥も多数発見された。
鉄道車両を止める装置で、台車の車軸に設置されている
ブレーキディスクの亀裂も発生したという。
ブレーキディスクが破損すれば、脱線、転覆などの
危険がある。


(引用ここまで)



悪夢の再演・・・

トラブルを防止するため、最低でも10年の
 メンテナンスを提供するよう求めている


台湾鉄道局は、忘れちゃったのでしょうかねぇ?

★【台湾】「韓国製列車にはコリゴリ。
 入札禁止だ」

 2005/07/08(金)
 http://whhh.fc2web.com/logs2ch/rail/1120826729.html
台湾政府は6日、韓国企業から購入した
セマウル号型の列車の故障が頻繁なうえ
アフターサービスもロクに行なわれなかった
という理由で、今後は全ての韓国企業を
列車入札から締め出すことを明らかにした。

7日の台湾日刊紙「中国時報」によると、
林陵三交通部長は前日の会議で、
韓国の該当企業の実質的な改善策提示と実践が
あるまでは、韓国企業に対して鉄道関連の
全事業の入札参加を禁止すると明らかにした。

台湾鉄道局の徐達文局長は、
「該当企業は最初、新製品ではなく
 返品された20個の牽引用モーターを
 台湾鉄道局に無償提供し、6ヶ月以内に
 動力システムの補修に必要な物品を提供して、
 18ヶ月以内に不安定な設計部分を改善する
 と約束したが、 その後何の返事もない

と述べた。

徐局長は、
「セマウル号型の列車の頻繁な故障で
 サービスに蹉跌を来たした。
 故障点検のため、今月22日からこの列車の
 運行を平日は4本、週末は8本ずつ取りやめる」
と明らかにした。
(引用ここまで)


その後  

★住友商事と日本車両が
 台湾から通勤電車を受注

 2011-01-19
 http://ameblo.jp/tort-ise/entry-10772837064.html



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

Alicia

国民党政権である限り韓国のゴリ押しは続く台湾

哀しいかな。
国民党政権である限り、国民の税金を湯水のように使い、上前をハネまくり私腹を肥やすのは目に見ていますから、おそらく今回の入札も何等かの根回しがあったのでしょう。
そうでもなければ台湾でも故障続き・メンテや保障の無い韓国製は「入札禁止!」と激怒したにも関わらず続けられているということに矛盾が生じますから。
入札という制度も問題ありそうですし、台湾の場合。国民党政権では「結果ありき」の入札が当たり前です。

台湾、道を走る「曲がったH」の車の多いこと!公共のバスは「KIA」でしたよ…信じられません。

それだけ国民は貧窮して安い商品に手を出してしまう傾向にあり、かつまるで麻薬のようにどのチャンネルを回しても「韓国ドラマ・バラエティ・音楽・通販商品」が蔓延していて韓国が心理的に刷り込まれていく日常もあります。
認知心理学が何かで「毎日接すれば接するほど親近感・好感度が増す」ということが、現実におきているということ。

日本より末期ですよ、台湾は。

2015-03-04 (Wed) 18:48 | EDIT | REPLY |   

kenkankun

駐韓米国大使襲撃!!!(2015/03/05)

おもしろくなってまいりましたwkwk

マーク・リッパート駐韓米国大使が5日午前暴漢の攻撃を受けて大きく負傷したと伝えられた。
リッパート大使はこの日午前、ソウル世宗文化会館世宗ホールで開かれた民和協主催の朝食講演会に出席した道に暴漢の攻撃を受けた。
リッパート大使は大きく血を流したまま病院に搬送された

http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/13050109.html
http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/13050138.html

2015-03-05 (Thu) 09:43 | EDIT | REPLY |   

騙し上手、騙され上手。

台湾も散々韓国人に痛い目見せられてきたのに、幾ら親日国だからって、そんなとこまで日本に習っちゃダメだよ。
人身事故に繋がらなきゃいいけど…。

2015-03-05 (Thu) 09:59 | EDIT | REPLY |   

弓取り

台湾頑張れ

国の重要なインフラの入札に外国企業を入れざるを得ない、というのは辛いことでしょう。

その点、日本にはいろいろな分野で自国企業同士で製品を競わせるだけの産業の幅と裾野と質があるんですね。入札も、あたりまえに日本企業が中心。
これって、実は世界でもごくわずかな国でしかできていない凄いこと。

2015-03-05 (Thu) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply