韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国、元徴用工ら千人が提訴へ・・・1人に付き1千万円寄こせ!

★韓国、元徴用工ら千人が提訴へ 
 日本企業百社相手に

 西日本新聞 2015年02月23日23時48分
 
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/147501
【ソウル共同】
日本の植民地支配時代に日本の企業で働いた
韓国人の元徴用工や遺族の約千人が、
日本企業約100社を相手取った大規模な
損害賠償請求の訴訟を韓国内で起こす準備を
していることが23日、分かった。
関係者が明らかにした。

 元徴用工らでつくる団体
「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」が中心となった
原告団が一両日中にもソウル中央地裁に提訴する
可能性がある。関係者によると、
原告は1人当たり1億ウォン(約1072万円)
計約千億ウォンを請求する方針。

 
原告団のうち約2割は元徴用工で、
残りは遺族。


(引用ここまで)



1人当たり1億ウォン(約1072万円)、
 計約千億ウォンを請求
 原告団のうち約2割は元徴用工で、
 残りは遺族


はああああ?
これじゃ、原告団ではなく
「何が何でも金クレクレ団」でしょ!
遺族が・・・1人に付き1千万寄こせ???
日本のサヨクが彼らを煽るからって、
ここまでくると、ヤクザもびっくりの恫喝団だわ。



★太平洋戦争犠牲者遺族会
 反日はどこからくるの
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/33679080.html
韓国・遺族会 裁判経過
1990  韓国・太平洋戦争犠牲者遺族会が
    日本に補償請求の提訴(代理人なし)。
    弁護士、日本の戦後責任をハッキリさせる会
    の支援を受ける

1991  12.6 
   東京地裁に国を相手に補償請求の集団提訴
   (原告35人、うち金學順ら元「慰安婦」3人)、
  92年5人の元「慰安婦」追加提訴。のち1人離脱)

1992  
 韓国・太平洋戦争犠牲者遺族会が政府により
 社団法人認可 。
 韓国政府の「給付」を受けるが、
 国家財政困難により停止されている


2001  3.26 東京地裁で判決 棄却
2001  4.6 東京高裁に控訴
2002     靖国公式参拝違憲訴訟原告に
2003 7.22 東京高裁判決 棄却
2004 11.26 最高裁判決 棄却
2005 4.26 靖国訴訟 東京地裁判決

韓国・太平洋戦争犠牲者遺族会の裁判
2000年1月31日結審

 韓国・太平洋戦争犠牲者遺族会が提訴した
「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件」
の裁判が1月31日に結審、その後の判決も早まる
見通しになった。
東京地裁で開かれたこの第33回口頭弁論では、
判決日は指定されなかった。

 この裁判は、同遺族会による元「慰安婦」、元軍人・
軍属、遺族(原告40人)の戦後補償請求民事訴訟 。
1991年12月6日に東京地方裁判所に提訴、
訴訟原告代理人・
高木健一弁護士、林和男弁護士、福島瑞穂弁護士ら11人。

 金学順(キム・ハクスン、1997年12月17日死亡)さんら
元「慰安婦」提訴の最初であり、元日本軍人・軍属、
それらの遺族の大規模な戦後補償裁判として
問題をひろめた。提訴から30回以上の口頭弁論
(法廷)が行われ、9年におよぶ裁判となった。

日本の弁護士たち、
そして戦後補償活動グループの
日本の戦後責任をハッキリさせる会
(ハッキリ会・臼杵敬子代表)が支援してきた。

 ハッキリ会では、その滞在費、行動費などのため
カンパ、募金を呼びかけている。

(中略)
1月31日夜、集会
「遺族会裁判の意義と今後の展開」
日本キリスト教会館


韓国・太平洋戦争犠牲者遺族会と日本の戦後責任を
ハッキリさせる会は、結審の法廷の開かれる
1月31日の夜、集会を開いた。
 ▽「韓国・遺族会裁判の意義と今後の展開」
 ▽2000年1月31日18時30分~21時
 ▽日本キリスト教会館6階 A・B室
 ▽発言 遺族会金鍾大会長、梁順任名誉会長、
 原告たち、弁護士、ハッキリ会、平和遺族会連絡会
 など支援グループほか

(続きはリンク先で)



元朝日新聞記者・植村隆の義母
韓国従軍慰安婦活動家、
太平洋戦争犠牲者遺族会会長の梁順任。
 yan17.png
 
日本弁護士会の
高木健一、林和男、福島瑞穂ら

そしてお馴染み、
早稲田に巣食う日本キリスト教団。


反日を煽り、支援と捏造を繰り返してきた連中。
日本の戦後韓国巨額支援金を
ハッキリさせたいのはこっちの方ですよ!

あの東日本大震災があった2011年でも
東北の被災者が、哀しみと困窮の最中でも
原発事故で故郷を追われ、逃げ惑う人々を
心配するフリをしながら
彼らは韓国反日プロ市民と共闘して
元徴用者の戦後補償などについての会合を
堂々と行っていた。
マスゴミは一切報道しなかった・・・



★韓日議員で過去清算促す共同声明、
 民主党議員が推進

 2010年8月28日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-564.html


★「請求権協定、
  日帝被害補償は不十分」
 …韓日弁護士協会がきょう共同宣言

 2010年12月13日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-828.html


★韓国強制徴用被害者への補償、
 韓日官民の共同解決を推進

 2011年2月28日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-976.html


★民主・土肥議員は
 卑怯で大嘘吐きなクリスチャン!

 2011年3月10日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-998.html
(引用開始)
日本の領土で韓国も領有権を主張している
竹島をめぐり、民主党の土肥隆一衆院議員が、
韓国の議員とともに、
日本政府に竹島の領有権主張を中止するよう
求める共同宣言に名前を連ね、
共同記者会見を行っていたことがわかった。

(略)
韓国・ソウルで2月27日、
ハンナラ党のファン・ウヨ議員は
「日本政府は、歴史教科書の歪曲(わいきょく)と
 独島(竹島)の領有権の主張など、
 間違った歴史を教えるのを即刻中断せよ」
などと述べた。

韓国の与党議員が読み上げたのは、
日本政府に対し、竹島の領有権主張を
即刻やめるよう求める宣言。
ここまでならよくある光景だが、
この日、大きく違っていたのは、ファン・ウヨ議員が
このあと読み上げた
「2011年2月27日、
 日韓キリスト教連盟
 韓国側会長、キム・ヨンジン議員。
 日本側会長・土肥隆一議員」

という内容だった。
(中略)
さて、この共同宣言で彼らは
「日本は恥ずかしい過去に対し、
 言葉だけでない責任ある行動を通じて
 過去の歴史の真相を糾明して
 被害者に対する実質的な賠償措置を
 しなければならない」
と主張して
「現在においても、日本軍慰安婦、
 サハリン強制徴用被害者など歴史の被害者らは
 苦痛と傷をそれでも抱いたまま亡くなっている」
と言っている。

もう一度、
共同宣言をする土肥議員の写真を見てみよう。
 doi42b836c04a1003c94de2aa02c56a14_2015022403200290f.jpg

向かって右端で、暢気に耳をほじくっている爺さん・・・
 itou3419e713.jpg

「韓国強制併合100年共同行動」
日本委員会共同代表で、9条連代表でもある
伊藤成彦さんじゃ、ありませんか!!!
(続きはリンク先で)


★赤旗「日韓の市民が共闘し
 朝鮮人強制労働被害者補償立法
 実現させる!」

 2013年6月12日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2494.html



戦後70年、平和とか戦争反対とか格差是正とか
貧困対策とか綺麗事を言い続けてきた人達に
すっかり騙されてデモ行進している若者は、
本当に解っているのかねぇ・・・
あの連中が本当に権力を手中に納めたら
格差是正どころか、日本人の血税が特亜に流れ
貧困層を保護するどころか財政破綻
骨の髄まで、特亜の皆様に搾り取られるって事を・・・
福島瑞穂さんのように
事実婚夫婦で2億円の資産を貯め込みながら
ご自分の資産はしっかり守りつつ
「日本の戦後賠償は足りない!
 もっともっと払え!」
だなんて、活動しているのですからwww

何が、格差是正、富の分配だよ!

そんなにお金を払いたければ
まずは、自分の資産を全て差し出したら?



★元朝日新聞記者の植村隆が
 西岡力氏をいきなり提訴したわけ

 テレビにだまされないぞぉⅡ 
 2015年1月10日 (土) 
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-34b3.html




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

未来志向のゆすりたかり 反日寄生虫商売

過去の清算やら戦後責任やら、たかりネタにしかなっていないよね。

>>「韓国強制併合100年共同行動」日本委員会共同代表で、9条連代表でもある伊藤成彦さんじゃ、ありませんか!!!

あぶりだされた背後関係者の腐ったハラワタが臭ってきそうですね。
この臭さに気づけば、もはや騙されるヒトはいないでしょう。

2015-02-25 (Wed) 00:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply