韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国のLS産電、日本最大のメガソーラー完工。太陽光バブルでウハウハnida

★韓国のLS産電 
 日本最大のメガソーラー完工

 聯合ニュース 2015/02/08 11:09
 
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/02/08/0500000000AJP20150208000200882.HTML
【ソウル聯合ニュース】
韓国のLS産電は8日、日本から受注した
4万キロワット級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)
を19カ月ぶりに完工したと発表した。
同発電所は日本で稼働されている
太陽光発電所のうち最大規模という。

 LS産電は、2013年にジャパン・リニューアブル・
エナジー(JRE)から受注した茨城県水戸市の
太陽光発電所
「水戸ニュータウン・メガソーラーパーク」
の工事を
完了した。同発電所は5日に営業運転を開始した。

JREは米金融大手ゴールドマン・サックス・グループが
日本の再生可能エネルギー市場進出に向け
設立した再生可能エネルギー事業の運営会社。


 水戸ニュータウンメガソーラーパークは
50万平方メートルの敷地に3万9210キロワット
(15万6840枚)の太陽電池モジュールや
電力開閉装置、変圧器など関連装備を備えている。
発電容量は3万キロワットで日本で最大規模

(引用ここまで)



関連記事
★退陣条件、2次補正と再生エネルギー、
 特例公債法の成立=菅首相

 ロイター 2011年 06月 28日
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21909920110627


★菅直人元首相が残したデタラメ「負の遺産」 
 苦しむ再生エネ買い取り制度委員たち
 「私たちは被告か」

 産経新聞 2014.12.25  
 http://www.sankei.com/premium/news/141225/prm1412250006-n1.html
再生可能エネルギーを電力会社が高値
買い取る国の制度で、太陽光の発電事業者が
大量参入する“太陽光バブル”を招いた波紋が
尾を引いている。
この固定価格買い取り制度(FIT)は2年前、
民主党政権下で形づくられた。
経済産業省は有識者会議での議論をもとに、
12月18日、電力会社が買い取りを保留している
問題の収拾策を取りまとめたが、
それまでの会議では委員から
「(当時の)国会に最大の責任がある」
「制度設計に失敗した」などと本音が噴出。
民主党政権の“置き土産”に恨み節が相次いだ。
(続きはリンク先で)


★経産省の再生エネ政策、実質破綻 
 途方もない消費者負担前提、
 不透明な制度の欠陥露呈

 Business Journal 2015.02.03
 http://biz-journal.jp/2015/02/post_8795.html
制度発足から3年目を迎えた再生可能エネルギー
固定価格買取制度(FIT:Feed-in Tariff)が、
破綻の様相を見せている。

 発足前から指摘されていたFITの制度的欠陥問題
が表面化したのは、昨年9月下旬のこと。
九州電力など大手5電力が相次いで
「受け入れ能力を上回る」と、再生エネ発電の
送電網新規接続申し込みを一時保留(拒否)すると発表。
その影響をもろに受ける太陽光発電事業関係者に
衝撃を与えた。問題の大きさに驚いた経産省も急遽、
FITの見直しに乗り出す騒ぎに発展した。

 エネルギー業界で「5電力9月の乱」と呼ばれる騒ぎ
の背景は、再生エネ発電量の98%をも占める
太陽光発電の電源的不安定さにある。
雨天時と夜は発電できず、晴天時も曇れば
発電量は半分以下に低下する。
逆に晴天続きで発電量が増加すると、
今度は送電線を流れる電流が乱れ、
停電発生要因になる。

この太陽光発電の異常な増加をもたらした原因が、
FITにほかならない。

 12年7月から実施されたFITは、
民主党政権の主導で11年8月に成立した
「再生可能エネルギー特別措置法」により生まれた
再生エネ普及制度。

再生エネにより発電された電気を20年間
(地熱発電は15年)にわたり、大手電力会社が
固定価格で全量買い取ることを義務付けている。
加えて、大手電力会社がFITにより買い取った
電力費は電気料金に上乗せする仕組み
なっている。

 その結果、風力発電や地熱発電に比べ
事業化が容易な太陽光発電に人気が集まり、
FITで売り上げが保証されているので、
 参入すれば必ず儲かる

太陽光発電事業者が激増、瞬く間に
太陽光発電バブルが発生した。

制度発足から昨年8月末までのわずか2年余で、
原発12基分に相当する1232万kW(設備容量ベース)
もの太陽光発電施設が新規建設された。
また、同期間中に経産省がFIT適用を認定した
再生エネ発電施設の設備容量は7237万kW。
うち太陽光発電が6943万kWを占めている。
つまり、太陽発電既存設備の5.6倍分が稼働待ち状態。
エネルギー業界関係者の間で「太陽光発電バブル」
と呼ばれるのも当然といえる。

 それだけではない。
経産省の試算では、昨年6月末現在の認定分7178万kW
の設備がすべて稼働した場合、
FITに基づく再生エネ買取額は年間約2兆7000億円。
これが20年間続くので総額は約54兆円になる。

一方、毎月の電気代に上乗せされる
「再エネ発電賦課金」(再生エネ料金)は
標準家庭1世帯当たり935円。

14年度(225円)の4.2倍に膨れ上がる計算だ。
電力消費者は、この上乗せ料金を
20年間払い続けなければならない。
(続きはリンク先で)


★韓国のLS産電 日本でメガソーラー設備を受注
 2013/05/30
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2013/05/30/0500000000AJP20130530001300882.HTML

★ハンファ、大分県で太陽光発電所を稼働
 2015年01月16日
 http://japanese.joins.com/article/403/195403.html

★中国系メガソーラーが日本占領
 http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20130501/1367408104

★中国系メガソーラー、続々と東北進出 
 国産後退、エネルギー安保に影

 2013/05/01
 http://warabinews.liblo.jp/archives/26338901.html

★中国系企業、
 北海道でメガソーラー事業拡大

 日本経済新聞 2013/4/13
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC1200H_S3A410C1L41000/

★中国系企業、メガソーラー建設へ
 南さつま市と協定
 
 共同通信 2012/07/25
 http://www.47news.jp/localnews/kagoshima/2012/07/post_20120726005011.html



★自然エネルギーの不都合な真実
 アゴラ 2011年07月14日
 http://agora-web.jp/archives/1357379.html
ソフトバンクの孫正義氏が大々的に推進するなど、
最近では自然エネルギーへの注目が集まっている。
しかし、マスコミではイメージが先行し、
その可能性と限界を正しく理解している人は少ない
ように、筆者は感じている。
そこで、今日は自然エネルギー推進派のひとりとして、
自然エネルギーに関わる不都合な真実も公平に論じたい。
(中略)

不都合な真実1
 自然エネルギーも環境破壊する


自然エネルギーは環境にやさしい、
と思われがちだが、残念ながらいくつかの
環境破壊を引き起こしてしまう。
風力発電では、低周波や太陽光を風車が周期的に遮る
ストロボ効果による周辺住民への健康被害、
野鳥を殺してしまうバードストライクなどがよく知られている。

ソーラーも環境破壊とは無縁ではない。
菅直人首相が国際公約してきた日本のソーラー
1000万戸計画
だが、
有毒物質を多数含む蓄電池を、管理の行き届かない
1000万戸もの一般家庭に取り付けるなど、
寿命がきたときや、故障したときの
産業廃棄物処理の観点からいえば、完全に悪夢である。
またソーラーパネル自体は、
現在、シリコン系とカドミウム・テルル系の二種類が
主流だが、いずれにしても寿命が来れば
大量の産業廃棄物を生み出す。
特にカドミウムは、日本の四大公害のひとつである
イタイイタイ病の原因物質であり、非常に毒性が強い。


また、大気からエネルギーを搾り取る風力や、
太陽光を遮る太陽光パネルは、当然、周辺の
生態系に影響を与える。

(続きはリンク先で)



中国や韓国の太陽光パネルの寿命が
どれ位か、不透明だ。
壊れたメガソーラーの大量のパネルは
その内、日本列島を悩ませる産業廃棄物となる。
産廃業者に引き取られた太陽光パネルは
違法に埋め立てられて、カドミウムが流れだし
河川や近海の汚染につながるのだろうか?
そのまま放置され、外資系の会社は逃げ出すかも・・・
ボロボロになった醜いメガソーラーの景観が
誘致した地元の悩みの種になるだろう。

しかも、
電気量に上乗せされた、高い買い取り価格を
我々は延々と払い続けなければならない。
年間約2兆7000億円。
これが20年間続くので総額は約54兆円


菅直人が、震災後のどさくさで法案提出前に
孫正義に呼び出され、ホテルの一室で指南された
再生可能エネルギーの固定価格買取制度
民主党政権は積極的に外資参入を呼びかけた。

★ハンファ 日本・丸紅に
 太陽光モジュール供給へ

 2012/08/02
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/08/02/0200000000AJP20120802003300882.HTML
【ソウル聯合ニュース】
ハンファグループ日本法人のハンファ・ジャパンは
2日、総合商社の丸紅が建設を計画している
日本全域の太陽光発電所に、向こう4年間で
約50万キロワット分の太陽光モジュールを
供給することで丸紅側と合意したと明らかにした。
近く本契約を締結する。

 供給されるモジュールは全て
ハンファソーラーワンの製品で、
売上額は6000億ウォン(約416億円)に達する
と見込まれる。

 日本への太陽光モジュールの供給が
本格化したのは、東日本大震災が発生した
昨年3月以降だ。

 ハンファグループは震災後、
鳩山由紀夫元首相の支援要請に応じて
太陽光発電システムなど10億ウォン相当の
支援を実施。
これを機に金升淵(キム・スンヨン)グループ会長が
日本を訪れ、野田佳彦首相や丸紅の朝田照男社長
と面会し、太陽光発電事業での提携を協議した。
(引用ここまで)



今回の茨城県水戸市の太陽光発電所
「水戸ニュータウン・メガソーラーパーク」
韓国のLS産電は約35億7000万円で受注。
建設を請け負った鹿島建設の受注金額は解らないが
米金融大手ゴールドマン・サックス・グループには
それを上回る大金が、20年間懐に入ると見込んで
参入したのだろう。
LS産電はLGグループから独立した企業
モジュールはシリコン系
産業用太陽光発電システムの損害保障は10年。

★太陽光発電の耐用年数・寿命
 http://standard-project.net/solar/jyumyo.html
(引用開始)
太陽光発電システムの導入が盛んになった
のはここ数年のこと。最も古いと言われる実用の
住宅用太陽光発電もやっと20年を迎えたばかりと、
寿命を語るにはまだまだ実例が少ないような状況です。
一般には期待寿命として、ソーラーパネル20~30年、
パワーコンディショナー10~15年と言われます
(中略)
大規模な産業用太陽光発電施設で
設置費用を抑えるために使用される事が
多いアモルファスシリコン系のパネルは
経年劣化が最も激しいことがわかります。

例えば住宅などの開発区域で一時的に
発電事業を行う場合など、
一定期間後の設備撤退があらかじめ分かって
いるような場合などには適していると言えます。

(引用ここまで)

★経年劣化激しい中国製ソーラーパネル 
 10年後に出力50%にも

 http://news.livedoor.com/article/detail/7023488/

★大手の中国大陸製
 太陽光パネルの欠陥品の割合は
 平均25.2%!!

 2013年11月12日
 http://www.solarooya.com/?p=745



さて、市民ゲリラの菅直人に
「向こう10年は総理大臣をやってもらいたい!」
豪語した孫正義は・・・
2013年にはティファニー銀座ビルを300億円強で購入
シリコンバレーに約108億円の豪邸も購入
無一文で密航して九州に隠れ住み
パチンコで財を成した孫一族はウハウハ人生ですね。

★現在、「脱原発利権」なるものが
 生まれつつある。孫正義・小泉純一郎・
 細川護煕・菅直人の動きに注意。

 http://rapt.sub.jp/?p=14033



「原発利権」と「脱原発利権」

昨今増え続ける
 産業用の太陽光発電事業ですが、
 20年の固定価格買取期間終了後は
 メンテナンス費を考えてさっさと撤退するべき
 という考えは、採算上効率的とは言えても
 社会的には必ずしも評価されるとは限りません。

と、太陽光パネルの寿命に関するサイトは指摘するが
中国系企業が
20年の固定価格買取期間終了後に
新しいパネルを設置するメンテナンスを
大金を掛けて行うと思う???
日本での社会的評価を気にすると思う???
20年後、外資系メガソーラーが一斉に撤退したら
どうするのかなあ???

20年後・・・一体どうなっているだろう・・・



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

もう3年くらい前にドイツは買い取り価格の見直し期間を短縮し、見直しは下げ方向だ、としましたね。
その後、今度は電気料金が数十%だか倍だか?アップして、契約電力会社を見直せ!と政府が号令をかけていました。ドイツは売買分離しています。
安いと供給電力が不安定で停電とかあるとのこと。
BS1でリアルタイムでドイツのニュース見てました。
今、ほらやっぱりと思います。
現在のドイツはどうなっているのかな?国民は再生エネルギーを支持して、電気料金高くてもいいという世論。 日本人はそんな覚悟ないですよね。

イメージのいいきれいな仕事して善人の主役しかしてない成功した芸能人がきれいな事言っていますが、とことん勉強してから発言してほしいわ。

電力自由化始まるのですよね。よく検討しないと。孫さん、怒涛の割引作戦かな?体力(お金)あるし。

2015-02-09 (Mon) 07:52 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

ブログ更新お疲れ様です(^O^)

ソーラー事業に韓国や中国がこれだけ関わっているとは・・

日本マスコミは本当にくずですね、全く報道しないし。

安倍総理は批判されても、強引にでもマスコミ改革してほしいですね
特にメディアを解体して、新しい国益になるメディアを作って欲しい。国民も賛成すると思うけどね。

2015-02-11 (Wed) 14:58 | EDIT | REPLY |   

No title

これは反対です。百害あって一利なしです。日本にある会社は、日本人の意見を聞いて行動してほしいです。

2016-04-25 (Mon) 15:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply