韓流研究室

ARTICLE PAGE

東京消防庁出初式で舛添知事が韓国語であいさつ ・・・韓国「日本の首相になってほしい」

★東京消防庁出初式、
 舛添知事が韓国語であいさつ
 韓国ネット
 「日本が変わってきている」
 「韓国が強くなればなるほど…」

 Record China 1月7日(水)19時38分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150107-00000036-rcdc-cn
2015年1月6日、韓国メディアは、
東京・江東区で
新春恒例の「消防出初式」が行われたと伝えた。

「出初式」には東京消防庁職員や
地域の消防団員ら約2700人が参加。
また今回は、
日韓国交正常化50周年を記念するために
韓国の隊員らも参加
し、
東京消防庁の隊員らと連携して、
車に閉じ込められた人を救出するための訓練を行った。
韓国隊員らに招待状を送った
東京都の舛添知事は

訓練に参加してくださってありがとうございます
などと韓国語であいさつをしたという。

これを受け、韓国のネットユーザーは
以下のようなコメントを寄せている。

「良心のある都知事を歓迎する」
舛添知事が日本の首相になってほしい。
 首相に就任した次の日に韓国を訪問し、
 慰安婦のあばあさんたちに謝罪してくれそう


「こんな素晴らしい日本人がいたんだね」
「舛添知事が日本の首相だったら、
 日米韓の間には何の問題もないだろう」

「日本が少しずつ変わってきている」
「韓国人も、日本と聞いたら
 すぐに文句を言う癖を直さなけれなばらない」
韓国の国力が強くなればなるほど、
 舛添知事のように韓国にこびを売る人が増える。
 日本人とはそういう生き物」

(翻訳・編集/篠田)



関連記事

★【韓国の反応】
 東京消防庁の新年出征式で
 舛添知事が韓国語で挨拶
 「カムサハムニダ」

 みずきの女子知韓宣言 2015年01月07日 
 http://oboega-01.blog.jp/archives/1017104636.html
東京で特別な消防訓練が行われました。

地震が起きれば韓国の消防隊員が
直接韓国人を救出して戻ってくるというシナリオですが。


韓国好きで有名な東京都知事が、
下手な韓国語で
我が国の隊員を迎えました。

 a98d968f-s.png

◀レポート▶ 
日本の東京都の舛添知事が
合同訓練のために訪れた韓国消防士に、
下手な韓国語で挨拶の言葉をかけています。
 0a0cfabe-s.png

◀舛添/日本東京都知事▶
「ソウル チェナン ポンブ ヨロブン フルリョネ
 チャムガヘ チュショソ カムサハムニダ
 (ソウル災害本部の皆さん、
  訓練に参加していただきありがとうございます。)」


招待状を出した舛添東京都知事は、
日本の右翼たちに集中攻撃を受けている
代表的な親韓派政治家です。
 d293142a-s.png

今日の韓国メディアとのインタビューでも、
嫌韓デモ根絶と共に、昨年韓国を訪問して
朴槿恵大統領と約束した東京韓国学校の
敷地の選定もまもなく発表するという意向を
あらわしました。

 d81ba7e1b-s.png

◀舛添/日本東京都知事▶
 d6cbbaebb-s.png
「良い結果が出れば、
 (朴槿恵)大統領に
 伝えることができます。」

(続きはリンク先で)



舛添は韓国大統領の子分か?

だから、嫌なんだよ!
日本の伝統も文化も軽視して
ぶち壊そうとする下劣な媚韓政治屋は・・・

何も
新春恒例の「出初式」に招待する必要なんかない。
合同訓練をしたけりゃ、別の機会が有るだろう。

de136751_video.jpg
わざわざ、
伝統ある行事にカムサハムニダとは・・・

★消防出初式の移り変わり
 東京消防庁
 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/libr/qa/qa_25.htm
今日、新春行事の一つになっている
消防出初式の起源は、
遠く万治2(1659)年にさかのぼります。
明暦3(1657)年の大火を契機として、
万治2(1659)年1月4日、時の老中稲葉伊予守正則が、
定火消総勢4隊を率いて、上野東照宮前で出初を行って
気勢をあげたことが、
当時焦土の中にあって苦しい復興作業に
ややもすれば絶望的な状態にあった江戸市民に、
大きな希望と信頼を与えました。


このことが契機となって定火消の「出初」は、
毎年1月4日上野東照宮で行われることとなり、
次第に儀式化され、恒例行事となって
今日の出初式に受け継がれています。

 また、定火消の誕生から約60年後の
享保3(1718)年に設置された町火消にも、
定火消の「出初」をまねる習わしが伝わり、
定火消のそれと区別して初出と称し、
1月4日に木遣歌を歌い、はしご乗りなどを、
それぞれの組の町内で行っていました。

 明治時代に入ってから、町火消以外の
江戸消防はすべて廃止となり、町火消もまた
消防組と名称が改められました。
明治8(1875)年1月4日、
東京警視庁(現在の警視庁)は、東京市内の
すべての消防組を丸の内の旧東京都庁舎付近にあった
東京警視庁練兵場に集め、
第1回東京警視庁消防出初式を挙行しました。
これにより明治維新以来中断していた出初式は
復活しました。
(引用ここまで)

 de0209886_14592389.jpg
 東京名所八代洲町
 警視庁火消出初梯子乗之図
(部分)、
 歌川広重(3代目)、
 明治8年(1875年)の出初式を描いた錦絵

 《安藤広重は、1797年に江戸八代洲河岸
  (現在、明治生命ビルがある丸の内2丁目2番地)の
  定火消(じょうびけし)屋敷にて
  定火消し同心の安藤源右衛門の長男として誕生》



★歌川芳綱「子供遊春の出初」
 http://www.tamagawa.ac.jp/museum/archive/2008/196.html
 一登斎(歌川)芳綱
 大判錦絵3枚続 36.3×74.4㎝
  嘉永5(1852)年

新春恒例の消防出初(でぞめ)式のはじまりは、
4代将軍家綱の時代にさかのぼる。
明暦3(1657)年の大火の後、
万治2(1659)年1月4日、老中稲葉伊予守正則が、
定火消(じょうひけし)4隊を率いて、
上野東照宮前で出初(でぞめ)を行って気勢をあげた。
また享保年間に設置された「いろは48組」と
本所・深川の16組を合わせた64組の町火消も、
定火消と同様に出初(町火消の場合初出といった)を行い、
木遣(きやり)歌や梯子(はしご)乗りを各町内で披露した。



★江戸の三火消と消防技術
 http://www.gakken.co.jp/kagakusouken/spread/oedo/06/kaisetsu1.html

★絵から見る江戸、明治~町火消しの誕生
 http://www.tokyustay.co.jp/hotel/HIG/topics/2013/12/post_32.html
江戸時代、1717年(享保2年)、
徳川吉宗は、大岡越前守忠相を江戸町奉行に
起用します。町奉行になった大岡忠相は、
防火対策の強化を図り、町火消を創設し
確立に努めます。

町民に積極的な消火活動を促すように触書を出し、
現場への駆けつけを義務化し、少ない参加には
罰則もあったそうです。
そして触書を出した5ヵ月後には町々の名主を集め、
火消組合を作らせ、ここに「町火消」が誕生しました。


★鳶頭政五郎覚書
 消防防災博物館
 http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=R101&ac2=R10104&ac3=2122&Page=hpd_view
6. 階子乗り
 de6_02.jpg



★東京消防庁の出初め式 
 隊員が高度な技を披露

 チャイナネット
 http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2015-01/07/content_34498441.htm
 de001ec949fb1b161710cb24.jpg



中国網日本語版は、出初式の華である
伝統の「梯子乗り」を、消防隊員が行っていると
間違った報道をしている。
いや、日本のマスゴミの報道をそのまま報じている。

あれはね、
江戸消防記念会の皆さんが、練習を積み重ね
木遣りと共に、江戸火消しの伝統文化を守っている。
だから、新春恒例の『出初式』のニュースに
彼らを取り上げない日本のマスゴミは最低だわ。
  
フジTV
「今年は海外の消防隊が初参加」
ソウル消防災難本部救助隊の4人しか
参加していないのだから、「韓国の」と言えばいいのに。



 de0.jpg

★一般社団法人【江戸消防記念会】
 http://www.edosyoubou.jp/
 ■梯子乗り
 もともと鳶職人は、はしごを使用して
作業を行っていました。
また、彼らは高所で危険な作業をするため
常に機敏さと慎重さ、そして勇敢さが要求される。
火消の仕事もまた同じことが求められます。
こうしたことから
鳶であり、かつ、火消でもある彼等は、
そのための訓練として梯子を採り入れた
といわれています。
  
また、梯子は火災現場確認のための櫓の役目、
人命救助の器材としての役目もあり
彼等はその為に毎日血のにじむような訓練を
積んできたのです。

  
梯子乗りに使われる梯子は高さ6.5m、横さんが
15本の甲(足をのせる横木)からなり、
真新しい青竹で作られています。
この梯子を
僅か12本の鳶口にて支えて安定を保つためには、
揺れ動く梯子での演技者と下で梯子を支える者
との技術プラス呼吸が決め手となり、
結束の固さが妙技を生み出す秘訣といえるでしょう。


(中略)
梯子乗りは江戸の昔より庶民に親しまれ、
現代でも東京の正月の風物誌として
人気を博している
伝統技術ですが、決してサーカス的曲芸では
ありません。
彼等の技術はすべて毎日の仕事の必要から
身に付けたものであることを理解して欲しいものです。

この江戸火消に始まる伝統的な技も、
平成18年3月16日東京都指定無形民俗文化財
(民俗芸能)に指定され、「江戸の鳶木遣」に続き、
当記念会がその保存団体として文化継承の
社会的責任を担うことになりました。
技の数は「3種48技」


(続きはリンク先で)

★江戸消防
 第四区木遣り親声会の稽古始め

 2014.11.22
 http://blog.takuzousuinari.com/?day=20141122
江戸消防記念会第四区木遣り親声会の
梯子稽古が今夕から境内で澤蔵司稲荷本堂と
書院では木遣りの稽古が始まった。
来春の東京消防「出初め式」に向けての稽古。

午後6時頃から若い衆(筒先・道具中)が
稽古用の梯子や3間半の本梯子の締め直しが、

 de20141122_1189393.jpg
午後7時過ぎに頭取中が集まった所で
本梯子の稽古始めのご披露。
御神酒と塩で稽古安全のお清めをして
12人が長鍵(鳶口)で梯子を支える。

★第四区木遣り親声会 
 梯子・木遣り稽古 千秋楽

 2014.11.29
 http://blog.takuzousuinari.com/?eid=1261351
 今月22日から始まった江戸消防記念会
第四区木遣り親声会の澤蔵司稲荷での
梯子乗りと木遣りの稽古は今晩が千秋楽。
この稽古はお伝えしたように
新春1月6日の
「東京消防 出初め式」に向けての稽古。


午後6時頃から若い衆の準備開始。
組頭等の頭取中は書院で待機。

今晩、稽古の集大成を披露する
若い筒先・道具中の稽古梯子でのウォーミングアップ。

その後、木遣り親声会会長や頭取中が見守る中、
本梯子で稽古の成果のお披露目。
de20141129_1197764.jpg
本梯子の高さがご想像出来ると思う。
出初め式には新しい梯子が新調される。

(続きはリンク先で)



昼間の本業が終わった後、夕方に集まり
梯子乗りや木遣りのお稽古をしている。
江戸の伝統を守るためにね・・・

日々の鍛練とチームワークを支えているのは
仕事に対するプライドと
江戸・明治・大正・昭和、そして平成と
江戸時代から続く伝統文化を守るという
「誇り」なのだろう。

だから、江戸消防記念会の各会の皆さんは
神社仏閣への参拝も欠かさない。

★江戸の華
 http://kaki2009.exblog.jp/10857691/
b0164664_20195950.jpg


落語にも登場する江戸火消し
★落語「火事息子」の舞台を歩く
 http://ginjo.fc2web.com/156kajimusuko/kajimusuko.htm
 


父が消防隊員だったせいか
「消防出初式」は、我が家では特別な日だった。
白い手袋と階級章の付いた正装で家を出る。
母は毎年、新しい靴を用意して父を見送った。
制服制帽の父は、キリリとして本当に恰好良かった!

だから、舛添の行動には虫唾が走る。
今回、舛添に招待された韓国の消防士は
韓国メディアによると・・・

チョン・ギュチャン/ソウル消防災難本部消防委
「コリアタウンに住んでいる韓国人を、
 韓国の消防隊員が
 直接救助すればいいということで…」

と発言しているらしい。

民主党政権時、東日本大震災で
いち早く救助隊を結成してくださった台湾を
無理矢理足止めしておきながら
中国と韓国の救援隊到着を優先させた


被災者が、混乱と生死をさまよっている最中
わざわざ空港まで中韓救援隊をお出迎えに行った・・・
そして、在日韓国系経済紙はこんな記事を書いた。
http://www.toyo-keizai.co.jp/news/general/2011/post_4343.php
”「負けるな!頑張れ!」と励ます世界各国からの
 支援が相次いでいるが、
 韓国はいち早く107人(先陣5人含む)からなる
 緊急救援隊を派遣した。

 14日夜、救助犬2匹とともに被災地入りし、
 救助活動を開始した。”

中央日報はこんな記事
★「東日本大震災時、最初に駆けつけた
 韓国救助隊を忘れないで」
 日本の外務事務官

 http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/4f54e0ba1eb3efda7cc6dab439a5656c

しかし実態は・・・
★国賓待遇の救助隊って…
 中韓をなぜ特別扱いするのか!

 zakzak 2011.03.14

 東日本大震災の被災者を救出するため、
世界各国から緊急救助隊が駆け付けているが、
なぜか、中国と韓国の救助隊だけを
外務副大臣が空港で出迎えていたことが分かった。

菅政権の特異な感覚が明らかになった。

 韓国の救助隊(5人)は12日、
中国の救助隊(15人)は13日に羽田空港に到着。
それぞれ、高橋千秋副大臣と伴野豊副大臣が
出迎えたという。

同盟国であり、空母ロナルド・レーガンや多くの在日米軍
を動員、約150人もの大救助隊を派遣した米国をはじめ、
英国(63人)、シンガポール(5人)など
世界各国から救助隊は駆け付けているが、
副大臣が出迎えたのは中韓2国だけ。

 菅政権は、韓国に一方的に古書を引き渡す
ことを約束したり、尖閣沖での中国漁船衝突事件の
映像を隠蔽するなど、
中韓2国を優遇する姿勢が目立つ。
日本史上最大の大震災で閣僚クラスは大忙しなのに、
なぜ、そこまで特別扱いするのか!?


★台湾の救援隊、2日待たされ到着 
 日本、中国側に配慮か

 朝日新聞 2011年3月14日20時48分

 【台北=村上太輝夫】
台湾の救援隊が14日、羽田空港に到着した。
11日の地震発生直後にすでに隊員派遣の用意を
表明しながら、丸二日も待機を強いられた。
台湾側は「中国要因でしょう」(外交関係者)
と受け止めている。

 日本側はいったん受け入れると返答したが、
その後「現場が混乱している」として待つよう要請した。
だが、その間に各国から救援隊が入り、
台湾メディアから「なぜ入れないのか」と疑問が
出始めていた。
日本政府は1972年に台湾と断交、
「台湾は中国の一部」とする中国の立場に配慮しており、
台湾隊受け入れをためらったとみられる。


★東日本大震災2周年追悼式で
 台湾を指名献花の対象に

 http://blog.taiwannews.jp/?p=10869
政府主催による東日本大震災2周年追悼式が、
3月11日、国立劇場において開催される。
これに関して、昨年の1周年追悼式では、
野田政権は
約160の国と国際機関の代表に対して、
会場の1階に来賓席を用意したものの、
出席した台北駐日経済文化代表処の
羅坤燦副代表氏
は「民間機関代表」と位置付けられ、
2階の企業関係者などの一般席に案内された。
指名献花からも外され、
羅氏は一般参加者と一緒に献花した。


約250億円とも言われる震災義援金を
送った台湾が指名献花の対象とならなかった
ことに関して、自民党などが政府を厳しく
批判していた。

こうしたことを受けて、
安倍政権はこの追悼式典で台湾の待遇を見直し、
一般席から外交使節団向けの来賓席とし、
国名を読み上げる指名献花に加えることにした

(引用ここまで)



>韓国好きで有名な東京都知事が、
 下手な韓国語で
 我が国の隊員を迎えました。


ご招待って事は、
韓国消防隊の旅費と宿泊代、
機材の搬入費と通訳の日当は
東京都民の税金からか・・・

コリアンタウンの皆様だけを救出する
お披露目パフォーマンス

一体いくら掛けたのやら・・・

★舛添都知事
 「東京都民の90%は韓国が好き」・・・
 2泊3日訪韓費用1007万円
 宿泊は1泊7万円

 政経ch 2014/11/18
 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-17443.html



日韓国交正常化50周年を記念するために
朴槿恵大統領と約束した
 d81ba7e1b-s.png
東京韓国学校の敷地もプレゼント!


これは、
舛添の父親がやった選挙戦術と同じ
 E8889BE6B7BBE381AEE788B6E8A6AAE381AEE981B8E68C99E3839DE382B9E382BFE383BC.jpg
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-9cea.html

「日本国籍を取得した韓国系都民の皆様の
 次の都知事選も
 ウリへの投票をお待ちしていますnida!
 カムサハムニダ~~~
 テーハミング、マンセ~~~!!!!」




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

池袋の宮城宅矢

「池袋の宮城宅矢」と申します。

「池袋の宮城宅矢」と申します。
素晴らしい記事なので、また見たいと思います。
更新楽しみにしてます。

2015-01-09 (Fri) 18:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply