韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国口蹄疫、またも拡散の勢い止まらず!首都圏でも発生・・・

★槐山でまた口蹄疫...
 忠清北道5つの市・郡拡散

 江原道民日報(韓国語) 2015/1/3(土)
 
http://m.kado.net/news/articleView.html?idxno=713966
新年に入っても忠清北道地域の
口蹄疫拡散歳の勢いは衰えていない。


忠北道口蹄疫対策本部は3日
槐山ガムムル面の養豚農家で
口蹄疫の発症が確認された明らかにした。

対策本部は、前日の農場の豚20匹が鼻に水泡が
生じるなどの疑い症状を示す報告を受けて
精密調査した結果、口蹄疫陽性と判定されたと伝えた。

この農家は1千600匹の豚を飼育している。

防疫当局は、口蹄疫が確診された
豚舎にあった豚100匹を殺処分するところだ。

これにより、昨年12月3日鎮川では、
最初に発生した口蹄疫は、鎮川9、清州7ヶ所、曽坪2、
音城1など、道内の5つの市・郡に広がった。


忠北道のある関係者は、
「発生農場については移動制限措置しており、
 周辺道路など防疫を強化している」
と明らかにした。

一方、今回の口蹄疫で
全国で28箇所で豚の2万5千匹が殺処分埋没された。

(引用ここまで)



★忠清北道及び忠清南道地域の
 豚農家で口蹄疫(FMD)の疑い畜
 4件確認

 2014年12月18日
 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/141218_0100_kr_fmd_press.pdf


★韓国、口蹄疫が4年ぶりに
 首都圏まで拡大

 2014年12月31日
 http://news.livedoor.com/article/detail/9630654/


★霊泉(ヨンチョン)口蹄疫
 豚農場で追加症状…
 1200匹埋没

 2015/01/02(金)
 http://mizuhonokuni2ch.blog.fc2.com/blog-entry-7704.html





口蹄疫ウイルスO型だそうです。
12月には、拡散の可能性は低いなんて
報道が有りましたが、
案の定・・・終息する見通しは立っていません。

あの2010年の、悲惨な
「民主党政権時の宮崎口蹄疫蔓延事件」
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010%E5%B9%B4%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB%E3%81%AE%E6%B5%81%E8%A1%8C

あの年も、最初に高原性鳥インフルエンザが発生し
11月から年末年始に掛けて、韓国で口蹄疫が蔓延。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB%E3%81%AE%E6%B5%81%E8%A1%8C_2010%E5%B9%B411%E6%9C%88%E3%81%8B%E3%82%89
http://konstantin.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/index.html


そして3月、日本上陸を許してしまった・・・

何たって、あの国はいい加減すぎる。
★口蹄疫4回の申告に対し
 簡易検査だけで陰性と判定

 2011年01月06日
 http://toua-tt.ldblog.jp/archives/52129473.html

★韓国口蹄疫 ワクチン未接種か
 大規模養豚で非協力的

 日本農業新聞 2014年07月27日
 http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=28996

★口蹄疫、
 噓をついているのはどっち?

 2014-12-20
 http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11966877577.html




畜産農家の皆様
あの悲劇の二の舞にならないように
防御対策を万全にしましょう。

ソウルから50キロメートルの畜産農場でも
感染が確認されています。
韓国旅行には行かない事、
韓国帰りのオバチャンが土産を持ってきても
農場付近には近づかせない事。

★韓国、中国等に海外旅行する方へのお願い
  (高病原性鳥インフルエンザ・口蹄疫などの
  侵入防止のために)

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a0908/katikuboueki-top/tikusannonegai.html
平成26年7月24日、
韓国で口蹄疫の発生が確認されました。

口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザは、
韓国、中国などのアジア諸国をはじめ、
世界各国で発生しています。

【平成26年1月以降の発生状況】
口蹄疫
 :韓国、中国、北朝鮮、モンゴル、ロシアなど

高病原性鳥インフルエンザ
 :韓国、中国、北朝鮮、ネパール、カンボジア、
 インドネシア、ラオス、ベトナム、エジプトなど


国内の畜産農家は、
口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザなど
家畜の伝染病の侵入防止に、
日夜取り組んでいます。

海外へお出かけの方は、
旅行先で畜産農家や畜産関連施設に立ち入ることを
避けるなど、
国内に口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザなどの
病原体を持ち込まないよう

引き続き御協力をお願いします。



畜産農家の皆様の努力を無駄にしないよう
正月休みに発生国に渡航した人は
絶対に農場には近寄るな!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015-01-04 (Sun) 08:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply