韓流研究室

ARTICLE PAGE

ソウル市「100年前の下水道管」を文化財指定

★[首都圏]「100年の下水管」
 ソウル市文化財指定される

 韓国SBS 2014.12.26
 http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1002754358
(動画あり)

アンカー

 ソウル市の地下鉄の駅舎工事中に発見された
 「100年の下水管」をソウル市文化財に指定すること
 にしました。
 ソウル市庁に接続してニュース聞いてみましょう。

 キム・ジョンウォン記者、伝えて下さい。

記者;
 ソウル広場周辺では、地下工事をしていた時に、
 古い下水管が発見されたというニュースが
 頻繁に聞こえてくるんです。
 今回は、太平路で発見されました。
 100年の近代下水管が発見されたのです。
 倍数は、ソウル広場で南大門まで180mの
 長さにつながっています。
 すでに文化財に指定されたソウル広場と
 南大門地下の下水管は形状が円形でしたが、
 今回発見されたのは逆台形で、
 まったく新しい形というのが、ソウル市の説明です。
 専門家たちは、今回発見された下水管は、
 100年前の、
 だから朝鮮時代下水管に近代下水システムの形成を
 象徴的に示す文化財としながらソウル市は文化財指定を
 決定したと明らかにしました。

 (以下、タクシーの話題)


関連記事

★ソウル市中心で
 100年前の下水管渠を発見、
 文化遺産登録へ=韓国

 サーチナ  2012/10/26(金)
 
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1026&f=national_1026_019.shtml
韓国メディアは、
「ソウル都心で100年前の下水管渠を発見、
 文化財登録推進」

「都心で100年前の下水管を発見、
 まだ“本来の機能 ”」
などと題し、
ソウル都心の地下で
100年前に作られたものと推定される
近代下水管渠が発見されたと伝えた。

ソウルの中心地である乙支路入口駅周辺で
発見された下水管渠は、
直径1.5メートル、全長が300メートルに達し、
赤レンガをアーチ型に2重に積み、
下部はコンクリートになっていた

と紹介。

 この下水管渠は、
日帝強制占領中の1910年代初頭に作られたもの
と推定され
、保存状態がよく
100年たった今でも
本来の機能を果たしていると説明。

ソウル市は文化財庁と協議し、
文化財への登録を推進していると明らかにした。

 ただ、このような近代下水管渠は、
乙支路だけでなく、南大門路や鷺梁津、
麻浦などにも設置されたが、
地下鉄工事や地下商店街を建設する過程で
多くが毀損(きそん)されてきたと伝えられている。


 ソウル市はこのような近代下水管渠が
ソウル市都心の地下に大規模に存在しているとみて、
全数調査で実態を把握した後、精密調査を経て、
近代文化財に指定し保全する計画だとしている。
(編集担当:李信恵・山口幸治)



木霊さんのサイトに詳しい説明が有りました。

★誰も知らない、韓国の下水道が
 ソウルで発見される

 2014年09月01日
 http://annex2ahouse.blogspot.jp/2014/09/blog-post_38.html
(引用開始)
 tikaImage.jpg
そもそも、大掛かりな地下下水管の存在を
「100年の間誰も知らなかった」なんてことは、
普通はありえない。

だが、残念ながら
韓国に「普通」は通用しないのである。
(中略)

下水管を囲む赤煉瓦の一部ははがれた状態だった。
 一日の車両通行量が数十万台に達する
 慢性渋滞道路の地下から大型下水管を発見した市庁
 関係者たちは驚いた。
 市は大々的な調査を実施してソウル広場の下からも
 190.9メートルに達する下水管を確認した。
 100年以上埋まっていたのに誰も知らなかった
 下水管が姿を現したのだ。


1906年には韓国総督府が置かれていたので、
どう頑張っても大韓帝国が主体で下水管を作った!
という主張は苦しい。

寧ろ、そうした下水建設技術が
当時の朝鮮半島にあったかどうかが怪しいからだ。

で、さっさと文化財指定してしまったソウル特別市だが……。

昨年5月、市はこうした事実を公開して
 文化財指定を推進すると明らかにした。
 「国内で最初に文化財に指定される地下施設であり
  下水道施設になるだろう」。
 「近代下水道技術が初めて世の中に知られたことで、
  韓国の土木技術史にとって重要な意味がある」。
 地下空間に対するソウル市の無知は、
 派手な広報文の間に隠れてしまった。

 下水管は7月、市の記念物に指定された。


いいのか?それ。クネクネが反日エンジン全開にしている今のタイミングで。

だが後味がすっきりしない。
 ソウル市、さらには韓国社会の地下空間に
 対する無知を逆説的に見せた例であるためだ。
 地下にどんな施設がどれほど埋まっているのか
 についての具体的な記録も情報もないという傍証だ。
 特に開発ブームが起き始めた
 70年代以前については白紙に近い。


(引用ここまで。全文はリンク先で!) 



上記サイトの木霊さんが指摘するように
100年前に、大規模な地下工事をしていたら
記録と記憶が残っていそうなのですが・・・
日本には、ちゃんと記録が有りますね。

★旧下水道法成立から
 現行下水道法制定まで

 国土交通省
 http://www.mlit.go.jp/crd/sewerage/rekishi/02.html
1.旧下水道法の成立

 下水の排除が良好でないと、雨水による浸水問題を
 起こし、停滞した汚水により環境が不衛生になり
 伝染病発生の原因ともなる。
 また都市の美観をそこない居住条件が悪くなる。
 このための施策として下水道がわが国に導入され、
 明治33年に下水道法が制定された。

 この法律では、土地を清潔に保つことを目的とし、
 事業は市町村公営で、新設には主務大臣の認可を
 要することとされ、
 その後の下水道行政に大きな影響を与えた。
 法律制定と前後して
 いくつかの都市が下水道建設に着手した。
 中でも、明治14年に着工した横浜のレンガ製大下水や、
 明治17年に着工した東京の神田下水は汚水排除も含めた
 本格的な下水道であり、その管渠の一部を卵形渠とする
 などわが国における近代下水道の先駆となるものであった


 tikap67.jpg
  横浜のレンガ製大下水
 tikap68.gif
  明治時代の下水道事業

(引用ここまで)


★近代下水道発祥の地
 http://hamadayori.com/hass-col/tech/Gesui-Yokohama.htm

場所 ;神奈川県横浜市中区大通

1859(安政6)年に横浜が開港され, 横浜の関内地区は
埋め立てられ, 外国人居留地として 開発されていった。
当時 横浜の下水は, 道路脇の掘割が利用されていたが,
都市化が進むにつれ 居留地の衛生管理が重要になり
下水道の整備が求められるようになった。
このため, 横浜に居留する各国領事と幕府との間で
「横浜居留地覚書」が交わされ, 居留地の下水道整備が
進められることになった。

英国人ブラントンの技術指導により,
1871(明治4)年に完成した。
この下水道は陶管が用いられた。
しかし 居留地の住民が急増するにつれ この下水管も
排水能力が追い付かなくなり,
1881(明治14)年から 6年がかりで 改修工事が行われた。
この時に採用されたのが, 縦と横の比率が 3対2の
「卵形管」であった。
これは 水量が少ない時にも 下水の流速を確保する
(汚物をに沈殿させない)ように 管の断面を卵形にしたもので,
レンガとセメントによって
作られたレンガ管だった。


横浜の下水道の始まり (横浜市中土木事務所前)
 Gesui-Yokohama016.jpg

 ここに展示の構造物は, 昭和56年2月に,
 中区山 下町37番地先から発掘された卵形下水管である。
 明治3年に関内居留地内全域に陶管を埋設した。
 これが, わが国最初の近代的下水道であった。
 その 後, 明治14年からこれをレンガ造りの
 下水管に造り 変えた。
 その断面が卵形をしているので卵形管と呼 ばれる。
 この時の卵形管の一部は,
 中華街南門通り で現在も使われている。


(引用ここまで)


あらまあ・・・
日本では、
「いつ、どこで、誰に技術を教わったか」
記録が残っているのですねぇ。


■1881年に完成した横浜大下水
 tikap67.jpg

■1910年代に造られたソウルの大下水
 so2be84110.jpg

 ko09kk.jpg

 ko02kk.jpg



まず、朝鮮時代のソウル市内の状態は・・・

★朝鮮時代のソウル市内は汚物まみれ、
 衛生状態が深刻だった=韓国

 サーチナ  2012/10/11
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1011&f=national_1011_014.shtml

★日帝警察に強圧的に
 1500個もトイレを作らされた
 ソウル・鍾路の商店街

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-638.html



ソウル市は
「国内で最初に文化財に指定される
 地下施設であり下水道施設になるだろう」
「近代下水道技術が初めて
 世の中に知られたことで、
 韓国の土木技術史にとって重要な意味がある

として文化財指定にしたそうですが・・・

誰が、この下水管を造ったかを知っていながら
隠そうとしているのですね。
韓国SBS放送も、
この下水管を日本人が造った事は報道しない。
朝鮮総督府の詳細な資料が残っているので
彼らは、ちゃんと知っているのですよ!

★京城の都市衛生問題と
 上下水道の空間政治

 新潟大学 金 白永
 http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/16703/1/17_2-27.pdf

長いので抜粋し要約、写真補足すると・・・
朝鮮末期
南大門通大路周辺は清国人が掌握していた。
 漢城進出草創期の日本人居留地は山麓の
 劣悪な環境に置かれていた。

・日清戦争後、
 日本人居留民が南大門通とチンコゲを結ぶ道路周辺
 (羅洞、明洞、蘭洞、駱洞、長洞、会洞など)の土地を買収
 1901年には街路に電灯と街路灯を設置し、
 日本人火葬場をつくり、共同井戸を掘削し、
 私設水道施設を設置(1903)する

3. 植民地都市衛生問題と京城の上水道

・植民地化初期の日本人たちは、朝鮮人の
 非衛生的生活習慣が深刻な状態にあると診断し、
 改善を急ぐ必要があるとみていた。

・朝鮮時代後期、堆積した土砂と異物による
 都城河川の堙塞問題が深刻になる。
 高宗の代まで周期的に浚渫をおこなったが
 王朝末期には河川管理がされず、土砂が堆積し
 大雨になると洪水が発生するなど下水状態は劣悪。

・ソウルを訪れたイザベラ・バードは
 「臭い水と緑色の粘液質のどろどろしたものが
  よどんでいる……汚く悪臭の強いどぶ」
と指摘
 (Isabella Bird Bishop 1994:52-53) 

・1903 年、高宗はアメリカ人に大韓水道公社
 施設・経営に関する特許を与える。

・日韓併合以後、朝鮮総督府は
 アメリカ人経営の大韓水道公社を買収して
 京城の水道施設を整備しようとした。
 1910年9 月の統監府令第61 号により、
 水道上水保護規則を発布して、上水道の維持管理
 のための制度的保護装置を整え

 1911 年1 月、渋沢栄一の手を経て大韓水道公社を買収
 総督府はこの経営を京畿道長官に委託したが、
 1923 年4 月に京城府に水道設備一切を無償譲与して
 府営に転換した。
 

さて、この論文を書いた金白永氏は
朝鮮総督府の下水道事業が、台湾に比べて劣っていると
指摘している。
台湾は関東大震災の復興で有名な後藤新平の綿密な
都市計画により、併合直後から計画的に下水道が進展したが
朝鮮総督府は、予算不足と財政難で、計画が遅れに遅れ
日本人居留地の下水道事業が優先されてきた。
これは民族差別nida!と上から目線の論評・・・


1914 年、総督府は纛島水源地の改良拡張を通じ
送水管を増設し、取水口を新設するが
ソウルの水道料金が東京や台北に比べ高かったので
上下水道を利用できたのは、朝鮮人の3割だった。

1923 年の水道の府営化を契機に、
京城府は水道水の盗用や水質汚染などの水道規則違反
行為を防止し、統制をより強化するために、計量器による
水道メーター制を導入
公益性の高い上下水道を貧困層が使えずに
汚い井戸水に頼らざるを得なかったのは
これも民族差別nida!だそうで・・・

■纛島水源地改良拡張工事(1914年)
 送水管の増設、水源地護岸工事、配水池掩蓋工事、
 取水口新設、吸揚井新設
 財源;国庫 約830,000円

■鷺梁津水源地拡張工事
 鷺梁津所在仁川水道水源地を拡張、
 漢江鉄橋に架設した上水管により京城府内に給水
 財源;国庫 1,056,733円

■纛島水源地拡張工事
 纛島水源地の拡張・改保守、並びに
 京城府内配水管の増設
 財源;国庫 240,000円
     府費 990,441円
     都合 1,230,441円

1932 年の府内水道線統計によると、
ソウルの日本人は98%が水道の給水を受けたが、
朝鮮人は32%しか給水を受けられなかった。
くわえて日本人は2万2千余戸のほとんどが
専用水道栓を使用していたのに対し、
水道水を使う32%ほどの朝鮮人のうち
専用水道使用戸数は2千余戸にとどまり、
残る1万7千余戸は共同水道栓から水を買っていた


何故、京城府が財源不足で工事が遅れたかというと
日韓併合以降、日本人の流入とともに
朝鮮の農村部から出稼ぎにくる朝鮮人が大量に増え
住宅不足の為に、郊外に宅地造成なんかもしていたのよ。

★近現代韓国における
 郊外住宅雛の変容
 一ソウル・大邸での
  日本統治期土地区画整理事業の実態と
  戦後の変貌一

 http://www.jusoken.or.jp/pdf_paper/2007/0506-0.pdf
(略)
京城府(現・ソウル特別市)にあっては,
1915年に24万1000人であったものが
1935年に40万4000人に増え,周辺地域を編入した
翌36年には72万7000人,1942年には111万4000人に達し
,戦前期のピークを迎える。
大邸府(現・テグ広域市)では1925年には7万2000人で
あったが,1930年に10万1000人,1935年に10万6000人
まで増加する。
こうした人口集中のため,朝鮮半島の都市は恒常的に
住宅不足に悩まされた。
1934年の「朝鮮市街地計画令」施行によって
土地区画整理の手法が導入され,各都市において,
きわめて広い範囲で区画整理事業の施行とそれによる
住宅地形成が遂行されることとなる。
京城府においては10個所,大邸府においては3個所の
地域が指定されている。
(中略)
1937年11月6日に総督府は京城府に土地区画整理
事業の施行を命じる。
これを承けて京城府が事業計画の詳細を立て,
1938年11月18日に総督府の認可を得て,起工の運びとなる。
区画整理事業の当事者は当地域の計画の目的に
ついてどう述べているだろうか。
岡田貢は1938年12月の時点で
此の地域は西大門から阿蜆,新村,西橋楊花鎮を経て
金浦,又は永登浦に通ずる枢要の地で,
土地は概ね山間高燥の地帯に位する。
但し起伏多く最近著しく人口が増加し,不整形なる宅地が
時々刻々其の数を増しつつあるので,此の儘放置すれば
将来交通の不便は申す迄もなく,
保健保安上から憂慮に堪えぬ状態となるのである
.(中略)
そこで本地域内を土地の状況に応じ二工区に分ち,
市街地計画街路を基準として補助道路を定め,
不整形な各地番の土地を整理し,形状及高低を整へて
各筆共夫々道路に接せしめ以て
理想的住宅地として,将来の発展に寄与せんとした
のであると述べている注16)。
また京城府技師の高本春太郎も1939年9月に
「此の地域は主として将来住宅地となるべき所である」
と述べていて,良質な住宅地の供給が主眼であることを
強く主張している。
住民層の設定について述べた資料はないが,
それまでの住民構成からして
当然朝鮮人が大多数を占めることが想定されていた
はずである。
また事業がどれだけの住宅の立地を
想定していたか,計画者側の記事は見出せなかった
が,『東亜日報』1937年6月24日の報道では1万5000戸が
現れると予想されている。
(中略)
工費は2工区の合計で108万6012円が計上された。
他2地区よりも土地の起伏が激しい分,工事費がかかる
はずのところ,坪単価は永登浦約2.1円,敦岩約3.7円に
くらべて,大蜆は約2.0円と最も低い。
高本春太郎によると,
日中戦争勃発のために事業費の圧縮が求められ,
宅地造成をおこなわなかった。
事業費の内訳は,
道路工事費約32万1000円,排水工事費約9万2000円,
移転補償費約33万7000円などとなっている。

移転補償費が他地区にくらべて多いが,
要移転棟数が約2000棟と,他2地区のほぼ2倍を数えた
からであろう。
(引用ここまで)



なんてこったい・・・

都市部の人口増加対策に
朝鮮人住民の為の宅地造成・道路建設まで行い
地主である朝鮮人に移転補償費までお支払しても

「日帝は、強制植民地政策により
 ウリ達の土地を強奪したnida!」

と言われているのだ。

こんな下水管を造っても
so2be84110.jpg
感謝されるどころか、日本が造った事は隠す。
内地の日本人の血税を大量投入したインフラ整備も

「日帝は上水道を建設し朝鮮人にも
 その使用を奨励したが、
 大多数の朝鮮人が井戸に頼る差別を受けた」
などとグチグチグチグチ因縁を付けられる。

奴隷解放されたとはいえ、
韓末まで奴婢だった人々が、併合後に即裕福になって
自宅を購入して、戸別に上下水道を引き込むことなんて
あるとは思えないし、農村部から出稼ぎに来た人々が
上下水道付き住宅に住むとは到底思えない。

日本の国費を使った上下水道整備が、
日本人居留区優先なのは当然だと思いますがねえ・・・
それよりも、
彼らの言う日帝の植民地強奪期
ソウル市内で水道水を使う32%ほどの
朝鮮人のうち専用水道使用戸数は2千余戸!
というデータの方が・・・びっくり仰天だわ!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 5

トマト

ホントに何も変わらない国家なんだな~これからも変わらないと安心しました。 だからこそ日本は関わってはいけない国なんだと改めて思う。

2014-12-28 (Sun) 11:37 | EDIT | REPLY |   

トロロ

大丈夫?

誰が作った事にするんだろう。

2014-12-29 (Mon) 00:17 | EDIT | REPLY |   

弓取り

朝鮮半島のオーパーツ?

なんでこんな高度な文明がここに?オーパーツ発見!って感じで、民族の英雄探しでも始まるんでしょうかねえ。

すぐ目の前に真実(日本からの恩恵)があるのに、目を泳がせて逸らして、(天才的な)韓国人技術者がいたとかに仕立てることでしょう。
これも韓国らしい笑える展開が期待できそうです。ありがとうございました。

2014-12-30 (Tue) 01:21 | EDIT | REPLY |   

IVY

トクア・米などは、日本をからかいたいだけでしょう。
これらの国は、日本を非難するにしても確たる証拠がひとつも無い故
国際機関などに訴えられない。かと言って対話などできない。
日本を真犯人と断定できないで苛立ち、とうとう異常な行動に出た。
日本が黙っているのを良いことに徹底したプロパガンダ攻撃を仕掛け現在進行中。

本物の善悪を見極められる国であれば、とっくに国際刑事機構、
国際司法裁判所に証拠付きで提訴していたはず。

・1937年~ 「南京事件」 ・・1946年 東京裁判において起訴される。
〔罪を被せ、蒸し返し?〕
・1985年~ 「靖国参拝問題」・・中国が言い出す。 ← 戦後40年 経過
・1991年~ 「慰安婦問題」・・・韓国が言い出す。 ← 戦後46年 経過

2014-12-31 (Wed) 13:12 | EDIT | REPLY |   

翻って現代のあちらのトイレ事情はどうなっているのでしょうね。
紙、流してもいいのかな。心配で行けないね。

韓流研究室様、今年も宜しくお願い致します。本年のご多幸を心よりお祈り致します。

2015-01-04 (Sun) 13:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply