韓流研究室

ARTICLE PAGE

東京駅開業100周年に、韓国ネット「ソウル駅にそっくり」

★日本の近代化の象徴・東京駅が
 開業100周年!
 韓国ネット「ソウル駅にそっくり」
 「歴史問題さえなければ…」

 Record China 12月22日(月)21時15分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141222-00000041-rcdc-cn

jtmain.jpg
20日、日本の近代化の象徴である東京駅が
開業100周年を迎えたことについて、
韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを
寄せている。写真は東京駅。

2014年12月20日、韓国・聯合ニュースは、
日本の近代化の象徴である東京駅が
開業100周年を迎えたと伝えた。

1914年12月20日、東京都千代田区丸の内に
オープンした東京駅は、1945年の東京大空襲で
建物の一部が焼失したが、2012年に復元された。
現在は東京の観光名所として定着している。
19日に開かれた開業100周年記念行事で、
JR東日本の冨田哲郎社長は、
「東京駅は日本近代化の象徴として変化してきた。
 今後も発展の中心として存在し続けたい」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーは
さまざまなコメントを寄せている。

「100年前の建物を補修しながら
 大切に使い続ける日本。
 韓国ならすぐに再開発をするだろう。
 こういうところは見習うべきだ」

「歴史問題さえなければ、本当にすてきな国なのに」

「日本は100年前に列車を作り、
 80年前に飛行機を作った国だ」

「東京駅は1日にものすごい数の人が利用している。
 それなのに、清潔に保たれているところが素晴らしい」

ソウル駅とそっくり
 手遅れになる前に、ソウル駅を
 建て替えた方がいいんじゃない?
 日本人は韓国のすべてを奪おうとするから、
 『ソウル駅を日本の文化遺産として登録する』
 とか言い出すかも。
ソウル駅が危ない」


「皇居から見た東京駅は世界で一番きれいだ。
 ソウル駅とは比べものにならない」

(翻訳・編集/篠田)



jt1_img_01.jpg

 jtimg_3_m.jpg

 jtimg_4_m.jpg

>ソウル駅とそっくり

そっくりも何も・・・ねぇ・・・

★ソウル駅の旧駅舎、
 創建時の姿に復元 文化活動の場に

 朝日新聞 2011年8月10日
 http://www.asahi.com/travel/aviation/TKY201108090592.html
韓国・ソウルの玄関口、ソウル駅の旧駅舎が、
1925年の創建当初の姿に復元され、
9日、開館式があった。
日本の植民地支配期にできた近代建築だが、
文化芸術活動の場として活用されることになった。

 旧駅舎は赤れんがの壁とドーム形の屋根が特徴で、
地上2階、地下1階建て。
貴賓室や待合室など創建当初の空間が再現された。

 日本統治下、ソウル駅(当時の京城駅)は
朝鮮半島を経て旧満州(中国東北地方)へとつながる
鉄路の起点だった。
48年の韓国建国後も利用され、経済発展期には
地方から上京する大勢の若者らが列車で同駅を目指した。
2004年、韓国高速鉄道(KTX)の開業に伴う
新駅舎の開設で役目を終えた。

 文化体育観光省が識者らと利用方法を検討した結果、
創建当初の姿への復元を決めた。
約3年間の工事に213億ウォン(約15億円)を費やした。
朝鮮戦争(50~53年)時の被弾痕などは
歴史を後世に伝えるために保存された。

 復元に関わった安昌模(アン・チャンモ)
京畿大教授(建築学)は
「南北朝鮮の関係が改善されれば、
 大陸鉄道の始発、終着駅にもなり得ると考え、
 駅としての機能も残した」と話す。



■京城駅 (ソウル駅)の歴史

◆京仁両鉄道・京城駅時代
 最初は木造の平屋の小さな駅からスタート
  ks07.jpg
 
 当初、1894年に日韓暫定合同借款が締結され
 日本は京釜、京仁両鉄道の敷設権を獲得。
 財政不足の朝鮮政府は、経費と鉄道建設費を
 日本から借り入れるのですが・・・
 約束を破り、京仁鉄道敷設権をアメリカ人実業家の
 モールスに売ってしまう。

 モールスは、建設資金を本国で募集するも出資者がなく
 日本に泣きつき、京釜鉄道発起委員長渋沢栄一に
 京仁鉄道敷設権の譲渡を申し出るが
 その一方で、フランス人シンジケートに転売を図る。
 結局、日本が敷設権をめぐりモールスに金を払う羽目に・・・
 と、最初からドタバタですね。

・京仁線
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E4%BB%81%E7%B7%9A


◆「南大門停車場」から「京城駅」へ
 釜山と京城を結ぶ京釜線の開通にあわせて
 名称を南大門停車場に変更。
 駅舎も大きく改造れました。
 ks08.jpg


 測量も工事も日本任せの実態・・・
 ksimg-10-07.jpg

・京釜鉄道(ソール-プサン間)
 建設と日露戦争

大正期鉄道史資料第2集(15)朝鮮鉄道史より
 http://ktymtskz.my.coocan.jp/agia/coria.htm


李王室の純宗は、日本が造った立派な鉄道を使い
さっそく、特別仕様のお召し列車に乗って地方巡幸に・・・
 ks7.jpg

・大韓帝国 純宗の地方巡幸
 ksihin01.jpg
 (豪華玉座付き!)
 http://nekonote.jp/korea/old/data/junkei.html
 
そして、遂に大正14年(1925) 
東京駅と同じネオ・ルネサンス様式の赤レンガ駅舎が完成!
総面積6,600平方メートルで、レンガと石材混合の
地下1階・地上2階の建物。
ビザンチン風のドームをかぶったルネサンス様式で、
中央ホールの上部は四面体のドーム、
四面は半円形のアーチを回し、待合室に明るい光線を
引き込むようにした。
列柱が並ぶ1階は待合室、2階は貴賓室とレストラン、
地下は役務室と乗降場連絡路などに使った。
 ks20100316_700141.jpg

設計は
・塚本靖
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%9A%E6%9C%AC%E9%9D%96 


カイカイ通信より
★韓国人「ソウル駅の変遷(1925年~2012年)」
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/35206691.html

★韓国人「日帝時代と現在、大韓民国の駅を見てみよう」
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/32871568.html




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply