韓流研究室

ARTICLE PAGE

朝日新聞慰安婦報道のお友達第三者委員会検証と植村元記者の言い訳

★慰安婦報道の誤報放置「読者裏切る」
 朝日新聞第三者委

 朝日新聞 2014年12月22日17時50分
 http://www.asahi.com/articles/ASGDQ5TP1GDQUEHF00C.html
AS20141222003396_comm.jpg
慰安婦報道を検証する第三者委員会の報告書を
朝日新聞社・渡辺雅隆社長(左)に手渡す中込秀樹委員長
=22日午後、東京都港区

 朝日新聞社による慰安婦報道を検証する
第三者委員会(中込秀樹委員長)は22日、
報告書を公表した。
虚偽だった「吉田証言」の誤報を長年放置し、
取り消す対応などが遅れたことを
「読者の信頼を裏切るもの」と批判し、
8月に過去の記事を取り消した際に謝罪をしなかった
ことは経営陣の判断で誤りだったと指摘。

池上彰さんのコラム掲載を見送ったのは、
木村伊量前社長が掲載拒否を実質的に判断した
と認定した。

報告書は、
吉田清治氏(故人)が朝鮮人女性を強制連行した
とする証言以外に確認を取っていなかったと指摘。
1992年の研究者の現地調査で
吉田証言が疑問視された後も現地取材などをせず、
記事を減らしていくような消極的対応に終始したことを
ジャーナリズムのあり方として
 非難されるべきだ
とした。


97年3月に慰安婦問題をとり上げた特集記事では、
吉田証言について
「真偽は確認できない」との表現にとどめ、
訂正や取り消しをせず、謝罪をしなかったことは
「致命的な誤り」と指摘した。

当時の編集担当ら3人を処分 
池上氏コラム掲載見合わせ


 今年8月の検証記事まで取り消しが遅れた理由として、
①当事者意識の欠如
②引き継ぎが十分にない
③訂正・取り消しのルールが不明確
④社内で活発な議論をする風土が醸成されていなかった

――などを挙げた。

 また、8月の検証記事で取り消しが遅れた理由を
十分に検証しなかったことを
「読者に対する誠実な態度とはいえない」と指摘。
検証記事の内容については
「自己弁護の姿勢が目立ち、
 謙虚な反省の態度も示されず、
 何を言わんとするのか
 分かりにくいものになった」

と批判した。

 さらに検証記事で吉田証言を取り消す際、
木村前社長が紙面で謝罪することに反対し、
最終的には経営幹部らが決めたと認定。
この経営陣の判断について
「事実を伝える報道機関としての役割や
 一般読者に向き合うという視点を欠落させた」
と批判した。

(中略)
 慰安婦報道が国際社会に与えた影響については、
4委員による三つの報告が併記された。
吉田証言については、二つの報告で
韓国に影響を与えたことは
 なかったことを跡付け
たとし、
うち一つは慰安婦報道の記事が
欧米、韓国に影響を与えたかどうかは
 認知できない
とした。
一方、
別の2委員による報告は、朝日新聞の報道が
韓国における慰安婦問題に対する
 過激な言説をいわば裏書きし、
 さらに過激化させた
などと指摘した。

 第三者委は調査を踏まえた提言で、
誤報への対応をまとめて載せる
「訂正欄」新設など周知方法
▽今後は特集記事取材班の編成やメンバーの開示
▽様々な意見をもつ専門家を集めた社内勉強会など
 意見交換を重ねる仕組みづくり
▽経営が編集に介入する可否や程度を聴く
 常設の第三者機関設置――などとした。

     ◇

 第三者委員会の報告書は、
中込秀樹委員長から朝日新聞社の渡辺雅隆社長に
手渡された。渡辺社長は
「報告を真摯(しんし)に受け止め、改革を進める」
などと述べたうえで、26日に記者会見を開いて
本社の見解を説明することを明らかにした。

 渡辺社長の発言は以下の通り。

 中込委員長をはじめ、
第三者委員会の委員のみなさまには、
当社の慰安婦報道について徹底した検証をもとに、
詳細な報告書をご提出いただき、大変感謝いたして
おります。
慰安婦をめぐる一連の報道では、
みなさまに大変なご迷惑とご心配をおかけし、
改めて深くおわび申し上げます。
報告書の内容を真摯に受け止め、
改めるべき点は誠実に実行してまいります。
朝日新聞社を根底からつくりかえる覚悟で
改革を進めることを約束いたします。

(引用ここまで)



>慰安婦報道が国際社会に与えた
 影響については
 吉田証言については、二つの報告で
 「韓国に影響を与えたことは
  なかったことを跡付け」たとし、
 うち一つは慰安婦報道の記事が
 「欧米、韓国に影響を与えたかどうかは
  認知できない」とした。


はああああ?
ヒラリー・クリントンが「性奴隷」発言した時の
毎日新聞英語では、
「吉田証言が証拠となり」と報道していましたけど???



★【速報】 朝日新聞の慰安婦捏造
 について結論 第三者委が検証

 政経ch 2014/12/22/ (月)
 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-18000.html


 【第三者委員会のメンバー】
 中込秀樹氏   元名古屋高裁長官、弁護士=委員長
 岡本行夫氏   外交評論家
 北岡伸一氏   国際大学学長
 田原総一朗氏  ジャーナリスト
 波多野澄雄氏  筑波大学名誉教授
 林香里氏    東京大学大学院情報学環教授
 保阪正康氏   ノンフィクション作家


>捏造報道にお友達第三者委員会



併せて読みたい記事
産経新聞など日本メディアからは逃げ回り
NYタイムズのインタビューに応じた植村隆・元朝日記者
今度は、
韓国の左翼系メディア「ハンギョレ新聞」に登場・・・

★植村隆・元朝日記者
 「なぜ私だけこんな目に遭うのか
  理解できない」
 「私の慰安婦記事はねつ造ではない。
  右翼の脅迫には屈服しない」

厳選!韓国情報 2014年12月22日
 http://gensen2ch.com/archives/19164717.html
◆[インタビュー]
 私の慰安婦記事はねつ造ではない…
 右翼の脅迫には屈服しない


■23年前“慰安婦”を初めて報道した
 植村隆 元朝日新聞記者

 ea926227-s.jpg

私は今も夢を見ているようだ。
 なぜ私にこんなことが起きたのだろうか。


16日、札幌市内のある事務室で差し向かいに座った
植村隆元朝日新聞記者(56)は、
頭を抱えるようにして深いため息を吐いた。

(中略)
植村
「攻撃の始まりは1月末に発売された時事週刊誌
 『週刊文春』(発行日基準では2月6日号)だった。
 記事のタイトルは
 “慰安婦ねつ造 朝日新聞記者が
  娘の通う女子大の教授に”
だった。
 慰安婦記事を“ねつ造した”植村氏が、4月から
 神戸松蔭女子学院大学の教授になるという内容だった。
 数日後の1月31日、学校の事務局長から会いたいという
 電話が来た。2月5日、神戸のあるホテルで副学長、
 事務局長と面談した。
 私は記事をねつ造などしなかったので、
 きちんと説明すれば学校も理解するだろうと考えた。
 そこで説明資料を渡したところ、大学では
 “記事の真偽は関係ない。このままでは学生募集に
 影響があり、学校のイメージが悪くなる”と話した。
 私が本当に記事をねつ造したのであれば
 どうしようもない事だが、そうではないので
 極めて遺憾だった。 そんな中で3月7日に雇用契約が
 取り消された。最初はこれで終わりだと思った。」

(中略)
-あなたがそのような途方もない攻撃を
 受けることになった原因は何だと見るか?


植村
「今の状況は私も時々信じられない。
 キム・ハクスン ハルモニの最初の証言が出てきた頃、
 私と同様な記事を書いた人は多いのに、
 なぜ私だけがこうした目に遭わなければならないのか、
 理解できない。
 朝日大阪本社の社会部記者だった1990年、
 当時デスクがその年の夏の平和企画として
 韓国の慰安婦女性たちを発掘してみようという
 アイディアを出した。

 私はその年の夏、2週間ほど韓国を巡って取材したが、
 成功的ではなかった。
 それから1年後、ソウル支局長が
 「慰安婦女性が見つかったようだが取材しないか」
 と提案してきた。
 1991年8月10日、ソウルの韓国挺身隊問題対策協議会
 (以下、挺身隊対策協)事務室で
 ユン・ジョンオク共同代表を通じて
 キム・ハクスン ハルモニの証言の録音を聞くことができた。
 質問はできない状況だったが、
 長期にわたり沈黙していた韓国の慰安婦女性が、
 初めて歴史の前面に出たので十分に記事の価値がある
 と判断した。
 右翼は慰安婦問題が今のように世界的に大きなイシュー
 になったのは、私がキム・ハクスン ハルモニの証言を
 報道したためだと主張している。
 しかし、この問題が注目されることになったのは、
 キム・ハクスン ハルモニがその年の8月14日に
 直接記者会見を行ったためだ。
 結局、私が推定できる理由は一つしかない。
 私が韓国人の妻と結婚し、
 義母がヤン・スンイム太平洋戦争遺族会長
 であるためだ。
 
 その上、義母が戦後補償訴訟と関連して
 詐欺罪で起訴された事件(今年8月に無罪確定)があった。
 右翼らは
 “植村は義母のために記事をねつ造した”
 という虚偽のプロパガンダを流布させている。
 私は1996~1999年のソウル特派員時期には
 “ヤン・スンイムの婿が慰安婦記事を書いた”
 という攻撃を受けたくなかったので、
 意識的にそのような記事を避けたりした


(中略)
-慰安婦や韓国に関心を持つようになった背景は何か?

植村
「私は1978年に早稲田大学に入学し、
 1982年に朝日新聞に入社した。
 当時は韓国の政治情勢が急変した時期だった。1
 979年に朴正煕大統領が亡くなり、1980年光州(クァンジュ)
 抗争が起きた。1981年には金大中大統領に対する
 死刑判決があった(直後に無期に減刑)。
 大学時代に同じ寮に在日朝鮮人の先輩がいた。
 彼は1970年代にソウル大医学部に入り
 在日同胞スパイ団事件に巻き込まれることを恐れ
 日本に戻った人だった。
 彼を通じて朝鮮半島や在日朝鮮人に対する
 差別問題などを学ぶようになった。

 1981年に韓国を旅行し、
 学生時代に金大中死刑求刑反対運動にも参加した。
 以後1987年に1年間韓国に語学研修に行くことになった。
 韓国が長い独裁政権時代を終わらせ
 民主化された時期だった。1987年の大統領選挙当時、
 汝矣島(ヨイド)広場で開かれた金泳三、金大中、
 盧泰愚候補の選挙遊説にも全て参加した。
 (1987年10月)ソウル明洞(ミョンドン)のYMCA講堂で
 開かれたハンギョレ新聞創刊発起人大会にも行って、
 ソン・ゴンホ先生(ハンギョレ新聞初代社長)とも会った。

 以後1989年1月大阪社会部に勤務し、
 韓国・朝鮮人問題を担当した。
 1997年12月ソウル特派員時期、
 朝日に金大中大統領の当選記事を書いたのも私だ」

-右翼はあなたを“ねつ造記者”と言っている。
 これについてどう思うか?


植村
「ねつ造記事は書いていない。
 私に対する批判は、キム・ハクスン ハルモニに
 関する記事で
 “女子挺身隊”と“従軍慰安婦”を混同して書いた
 ということで、もう一つはキム・ハクスンハルモニが
 慰安婦として連れて行かれる前に妓生学校に
 通っていたという事実に言及しなかった
というものだ。
 しかし、多くの学者が認めているように慰安婦問題に
 初めて火が点いた時、韓国も日本も慰安婦と挺身隊を
 混用していた。また、妓生学校は酒席で踊ったり楽器を
 扱う方法を学ぶ所で、そこに入れば必ず慰安婦になる
 というようなものではない。私を批判している読売新聞の
 当時の記事を見ても、挺身隊と慰安婦を混用したり、
 キム・ハクスン ハルモニが妓生学校に入った事実に
 言及していない記事がある。
 キム・ハクスン ハルモニが“強制連行”されたとも
 書いていない。
 個人的には朝鮮では強制連行がなかったし、
 少なくとも現在まではこれと関連した資料は発見されていない
 と考える。キム・ハクスン ハルモニも一貫して言っているのは
 強制連行ではなく
 “だまされて行った”
 “私の意思に反して行かされた”ということだ。
 私は記事に
 “女子挺身隊という名目で連行され、
 日本兵を相手に売春行為を強要された
”と書いた。

 ここで“連行”とは日本の右派が主張するように
 何も問題の無い人を狩猟するように捕まえて行った
 という意味の強制連行ではない。
 私は虚偽であることが明らかになった吉田清治証言
 (自身が済州島(チェジュド)で女性たちを狩猟するように
  強制連行したと話した証言)に基づいた記事は
 ただの一件も書いていない」

(全文はリンク先で)



>なぜ私だけが
 こうした目に遭わなければならないのか、
 理解できない。


はあ・・・呆れる。

>“女子挺身隊”と“従軍慰安婦”を混同して書いた

まず、日本人ならば絶対に混同しないのですよ。
特に、当時を知る人はね。
絶対に、間違えようがないのですよ
! 
 
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2574.html
 teisin20140901061018995s.jpg
「女子挺身隊こと、女子勤労挺身隊は
 軍需工場などの働き手を、
 日本国内や占領地から動員した女性達の事で
 いわゆる、従軍慰安婦とは別だが」


 teisin20140901061017b4fs.jpg
「朝日は、
 女子挺身隊などの名で前線に動員され
 慰安所で、日本軍人相手に売春させられた…
 などと報じていた。」




朝鮮から動員された『三井協和隊』の記録
★三井造船所と朝鮮人強制連行
 http://ww32.tiki.ne.jp/~yamikato1952/kyosei/kyosei6.html
■6 協和隊の生活 

各部屋単位の内務班は 12人で班長がいて、
4班ごとに小隊長、各中隊に4名の副官で構成された。
副官や小隊長には日本語を 理解するものが選ばれ、
中学校など高等教育を受けた者が多い。

中隊長を通じて直接隊員を管理する 副隊長とは別に、
協和隊員の事務的なことをする本部役員室があった。
本部役員は三井造船所から 派遣された職員で、
食糧・給与・空襲情報・三井造船の生産現場との連絡や
配置などを担当した。
ここにも、本部代表副官として、禹奎鎬氏ら4~5名の
協和隊員が配属されていた。
(略)
「食事は、杉の木箱に薩摩芋が中心を占め、
 海草の塩汁にタクワン数切れだけだった。
 これは、年中同一だった」と金龍玉氏の証言
だが、
多くの隊員がいつも腹がすいていたと異口同音に 語る。
ただ、食糧事情に関しては当時の学徒動員の学生も
同じような証言がある。

 協和隊員には給与が出た。
『産報龍骨』に36歳で家族8名の工員が267円である。
30歳の勤務年数 6年、二等工員で150円となっている。
当時の朝日新聞に新規応徴士の給与が統一定額化した。
この基準で計算すると、協和隊員53円である。
食費を差し引いて40数円もらったのではないか。
この額は証言とも一致する。副官は、80数円だった。 

■8 協和隊員の仕事
 http://ww32.tiki.ne.jp/~yamikato1952/kyosei/kyosei7.html
 第6中隊副官朴建周氏は次のように語った。
「1944年9月三井協和隊として行った時は、
 鉄板は 山のようにあり戦時標準船や潜水艦を
 つくっていた。
 3500人の協和隊員はリベット打ち、溶接、運転、
 電気など76種類の仕事に従事しました。」

 当時一緒に働いた学徒動員の学生や
女子挺身隊の女性も
「朝鮮半島から来た協和隊員は真面目に 働いていた」
と証言する。

(中略)
また、翌45年(昭和20)5月15日の 「巷」欄に、
学徒動員の学生が
「われわれと全く異ならない立派な青年方であった」とし、
「半島に 対する認識の極めて浅かったことを痛感」
と投稿している。
学徒動員の学生や女子挺身隊の女性と
一緒に写っている記念写真も数多く存在する。


■12 日本人との交流
http://ww32.tiki.ne.jp/~yamikato1952/kyosei/kyosei12.html
① 中隊長との交流
(略)
食糧事情が悪かったのは事実で、
これは協和隊員だけでなく 日本全体がそうでした。
(略)
 第3中隊の松岡中隊長は、副官の金龍玉氏を
お正月に自宅に招きお酒やおせち料理をご馳走になった。
一緒にアリランを歌ったと
金龍玉氏は懐かしそうに話してくれた。


(略)
③ 日本人との交流
 学徒動員できていた旧制中学生との交流では、
一緒の現場で働いた者同志の親しみのある
肩を 寄せ合った写真がある。
合同新聞昭和19年12月26日付には、岡山海軍監督長
加藤恭亮技術大佐が 「頑張る協和隊員」
「協和隊の働き振りは見事であった」と高い評価文章を
寄稿している。
また昭和20年5月15日付「巷」に、一学徒も前述のような
投稿している。
宇野商店街にマルトミという 呉服屋があった。
父が朝鮮半島へ行っていた事もあり言葉が話せたことや、
母が畑の作物を工夫して 協和隊員に食べさせたこともあり、
よく出入していたと、
当時中学生だった福原氏は語ってくれた。

協和寮には、医務室があり石田先生と三井病院から
派遣されていた看護婦の木村(水畑)礼子さんがいた。
石田先生はすでに亡くなられていたが、
木村さんは当時の様子を話してくれた。
「てんかん」という 病気が多かったことや皮膚病に
かかっている協和隊員が多かったという。
家も協和寮に近く、塩が 欲しいといってこられた事も
あったという。
木村さんは、
当時16歳で隊員のアイドル的存在だった。

それゆえ、多くの隊員は彼女をよく覚えている。
彼女を10年前に韓国へ連れて行き、協和隊副官に
会わせた時、「あんたの注射はへただった」と
笑って話しあった。
本部副官の禹奎鎬氏や第11中隊 副官の申鉉溌氏は、
日本人の女子挺身隊員と交際をしていたという。


(引用ここまで)



 teisin20.jpg

 teisinhondo-doin07.jpg

 teisin28.jpg

女子挺身隊として動員された女性の手記では
http://ojsc.sakura.ne.jp/PDF/douinki.pdf
校長先生や担任教師の引率で、辛い工場労働をし
食糧事情が悪い中でも、お菓子の特別配給が有ったようで
「今戴いている干しバナナやボウロを
 家に送ってあげたい」

作業終了後は、教師が引率して市内に買い物にも・・・


■青森県学徒勤労動員抄史
 http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/gakuto.html
(略)
青森市では2月15日、県立高女、市立高女、堤橋高女、
東奥、山田、技芸1600名による女子挺身隊結成式

市公会堂で「海征かば」の斉唱と共に挙行されている。
以後女学校卒業者は続々と、大湊航空廠や三沢分工廠に
出動することになるが、出動は県内だけに止どまらず、
千葉裁縫女学校では19年4月約30名が神奈川県藤沢市の
日本精工株式会社に動員されている。

 4月には文部省に学徒動員本部が設置され、
「昭和19年度第一四半期第一次学徒動員割当」として
青森県に弘前高校文科237名、理科3年22名、2年18名、
青森師範学校262名、中学校男子730名、女子50名、
総計1320名の動員が指示され、
(略)
県内では第一次の指定工場として、
陸軍被服廠本廠仙台出張所から県立青森高女と
弘前高女の2校が指定され(後に市立青森高女も指定)、
青高女では7月22日9教室にミシン百数十台を準備して
青高女学校工場を開場




植村隆 元朝日新聞記者が
「女子挺身隊と混同させた慰安婦記事」を
書くきっかけとなった1991年8月。

>韓国挺身隊問題対策協議会
 (以下、挺身隊対策協)事務室で
 ユン・ジョンオク共同代表を通じて
 キム・ハクスン ハルモニの証言の録音を聞く


日本にも韓国にも、
今よりももっと多くの「女子挺身隊」の人達が生存し
三井造船に動員された「協和隊」の韓国人にも
「女子挺身隊」の女学生が、どのような働きをしたか
ジャーナリストとしてきちんと調査すれば、
すぐに解ったはずだ!


学校単位で動員された「女子挺身隊」に
学校に行っていない女子が動員されない事を!
金学順さんは「妓生学校」に行っていたからって
あそこは学徒動員対象の普通の学校でもないし
妓生は、
普通の女学生なんかじゃないから!


★韓国慰安婦問題・・・
 今なお続く未成年慰安婦斡旋の実態

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1804.html

★おもしろ韓国:
 妓生(キーセン)史

 http://blogs.yahoo.co.jp/shiraty5027/32130064.html

★川村湊
 「妓生〜もの言う花の文化誌」

 http://nounou5596.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-c231.html
(略)
古くは「妓」というのは、李氏朝鮮では、
専門技術を持った女性のことを指す言葉であった
ようであります。
そして、「女楽」担当の妓生の最盛期は、15世紀の
賢王として知られた成宗、逆に暴君として知られた
燕山君の治世のころだったようであります。
この後、妓生の社会的地位は落下していき、
最後は・・・・といった感じでしょうか。

妓生は一牌、二牌、三牌と区分されていました。
一牌は宮中に仕える妓生のエリートです。
それから段々と相手や格式が下がって行きます。
そしてこの時代、というか、朝鮮半島は歴史上、
中国のなにがしかの王朝が宗主国であった時期が
ほとんどなのですから、
中国側と穏便に外交が続けられるように
妓生は重要な役割を持ちました。
著者は「妓生外交」と呼んでいます。

でも北朝鮮には今も「喜び組」ってあるみたいですよね。
あれは現代に残る当初の意味を多少は残した
「妓生」なのでしょう。
(略)
ところで、近年、朝鮮半島の人々は
妓生はあくまでも芸事の道を極めた女性達であって、
売春とは縁がない、と美化するむきもあるようであります。
しかし、日本のかつての芸者の「水揚げ」と同じく
「髪上げ」の日をむかえなければ、一人前の妓生には
なれなかったというのは、
・・・つまりセックスを武器にしなければならないときも
あったということです。
また、朝鮮半島には妓生が春を売る行為をしていた
ことを描いた川柳のようなものも沢山残されています。

日本には数多くの「春画」があり、描かれている男女は
貴族から武家、庶民に至るまで様々ですが、
朝鮮半島で描かれた春画のモデルは
ほとんど全て妓生とその客であったと言っても
過言ではありません。
独特のチョゴリやデスモリといった髪型で
それは分かります。
長い間、「朝鮮半島には春画はない」とされて
いたのですが、ドイツのハンブルグ民族博物館に
所蔵されています。

ある意味儒教国家らしい、「道徳的な春画」ですね。

(引用ここまで)



戦後の韓国は、
必死で「朝鮮には公娼制度が無かった」
公娼制度を持ち込んだのは日帝で、
韓国は現在でも「日帝の持ち込んだ売春制度」の
後遺症に苦しんでいる
・・・などと
大学教授やメディアが、国民を洗脳し続け
妓生を美化し、
妓生は不特定多数を相手に売春をする事はしない
などと宣伝している。

★東大門外遊廓「清凉里588」
 空間構成の歴史と変化

 オ・ユソク 200909
 http://alexkomorl.blog.jp/archives/54681737.html
(略)
1929‐30年当時のわが国には25箇所の遊廓地が
設置され、510名の経営者(うち日本人303名)と
3170名の性売買女性(うち日本人1789名)が
活動していた
が、
公娼制は1947年11月駐留米軍政庁の
<公娼廃止令>によって、
釜山に初の遊廓ができて以来44年ぶりに、
歴史のなかに消え去る運びとなった。

こうして公娼は公式的に不法化されはしたものの、
性売買そのものが完全に無くなったわけではない。

日帝が作り出した性売買集中地域は
その後の相当な期間にわたって
わが国に深刻な後遺症をもたらした。
(はなはだしいことには現在まで消滅することなく
 「歴史と伝統」を誇りつつ生きながらえている
 場所も数多い)
1949年12月30日付「東亜日報」によれば
「なくなるどころか増えている私娼」とという題の
記事が挿画とともに報道されており、
ソウルの中心部である仁義洞や雙林洞をはじめ
市内各地に潜む売春婦たちの醜雑なありさまを
描写している。
(引用ここまで)



★「朝鮮紀行」イザベラ バード (著) 
 http://f17.aaacafe.ne.jp/~kasiwa/korea/mass/hanbok1.htm
【完全に蟄居するのが上流階級では
 厳然としたルールなのである。(略)
女の子は極貧層でもみごとに隠されており、
 朝鮮をある程度広く旅行した私でも、
 六歳以上とおぼしき少女には、女性の住まいで
 ものうげにうろうろしている少女たちを
 のぞき、ひとりも出会ったことがない。
 したがって若い女性の存在が社会にあたえる
 華やぎはこの国にはないのである。】

【妓生は外務省の公式晩餐会にも姿を見せるし、
 宮殿では芸能人の主役で、ソウル郊外で
よく行われる野遊びの会場でも歌ったり舞ったりする。】

【しかしながら、
 妓生は教養や芸事を身につけていることと
 蟄居していないことから、
 まっとうな階級からはずされ、

 日本では芸者が貴族、さらには政治家の妻になる
 例がよくあるのに、
 朝鮮の男性は妓生をそのような地位に
 格上げしようとはゆめにも考えない
。】



植村さんは、
“女子挺身隊”と“従軍慰安婦”を
混同して書いた
と言うが・・・

わざと「混同させた」のは、
あなた達でしょう??????


このまま幕引きを図ろうとしてか
どうでもいい「韓国ナッツリターン副社長」ネタ
連日連夜報道する日本のマスゴミは異常!




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

恥知らぬ国賊

嘘だと判明しても尚、嘘を垂れ流す国賊ども。
今の世で生きている事に感謝するのね。
昔だったらアンタ達は、市中引き回しの上に生首晒され、一族もろとも皆に嗤い物にされていた事でしょうに!

2014-12-23 (Tue) 08:28 | EDIT | REPLY |   

IVY

戦中~戦後にかけてA国では……

A曰く『「わが国の広島・長崎のあの汚点は、
到底消し去ることなどできるはずない恥ずべき歴史。
このまま末代に渡って語り継がれていくのだろうけれど、
何十万人もの命を一瞬にして焼き払った。悪魔の所業。
と言われるのは目にみえている。合わせる顔がなくなる。
無茶をしてでもどうにかせねば…』
と捻り出した苦肉の策が、【慰安婦・南京】

それは、近隣にやらせるようにしよう。(日本を)中韓と離反させればいい。
と、企んだのではないでしょうか? 

NYタイムズの日本支社は朝日新聞本社にあるのだし。

2015-03-31 (Tue) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply