韓流研究室

ARTICLE PAGE

中国人犯罪集団77人ケニアで逮捕・・・ネット詐欺、資金洗浄、スパイ行為等々

★中国人ネット犯罪集団、
 ケニアで摘発 77人を逮捕

 朝日新聞 2014年12月5日05時05分
 
http://www.asahi.com/articles/ASGD51PKTGD5UHBI002.html
 ケニアの警察当局は5日までに、
中国人70人以上からなる大規模なネット犯罪集団
とみられるグループを摘発した。
首都ナイロビ近郊に拠点を置き、ネット詐欺などの
違法行為を繰り返していたとみられる。

 現地報道によると11月30日、
グループの七つの拠点の一つで火災が発生し、
中国人1人が死亡。
この捜査で、居住者らがコンピューターを
高速インターネットにつなぎ、ハッキング行為をしたり、
キャッシュカードを偽造したりしていたことがわかった。
火災はサーバーからの出火が原因とみられる。

 警察当局は火災当日に37人を逮捕。
3日にはさらに40人を逮捕した。
グループが使用していたサーバーには、
数十億円分の取引の記録が残されていたとされる。

逮捕者の大半は英語を話せず、
パスポートを持っていない者もいた。

 拠点の一つは米国大使館の近くにあり、
部屋の窓は防音材で遮られ、内部の音が外に
漏れないようになっていた。
警察当局は集団がスパイ行為に関与していた疑い
についても調べている。
ケニア外務省は3日、
駐ケニア中国大使を呼び、中国政府がグループの
活動を知っていたか尋ねた。


(引用ここまで)



★ケニアで中国人77人拘束
 http://www.kyoto-np.co.jp/international/article/20141205000180
【ナイロビ共同】
ケニアの警察は5日までに、
首都ナイロビの高級住宅地で不法に無線通信拠点
を設置していたとして、中国人の男女77人を拘束した。
インターネット詐欺やスパイ活動をしていた可能性が
あるとみて捜査している。
地元メディアが伝えた。

 それぞれが一戸建ての拠点7カ所には
ネットに接続したコンピューターがあり、
キャッシュカードのマイクロチップを偽造していた
形跡があった。
警察はネット詐欺やマネーロンダリング(資金洗浄)
のほか、ケニア政府のサイトをハッキングしていた
疑いがあるとみている。
(共同通信)


ケニア政府は仕事をしているなぁ・・・
ケニアで77人ならば、日本では一体????
日本じゃ、やりたい放題だわ・・・

危険ドラッグの原材料は中国から輸出されている。
戦後のヒロポン中毒多発事件の時は
旧社会党右派の女性議員が国会で
「いわゆる三国人の方々が、ヒロポンを製造し販売。
 あの人達は、自分達同胞には売らないで
 日本人にだけ売っている。
 政府は、日本人をちゃんと守りなさい!」
という発言をきちんとしていたのだが・・・
今の社民党じゃ、こんな事を言う政治家もいないでしょ。
スパイ天国でも、
「特定秘密保護法案ハンタ~イ!!」



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply