韓流研究室

ARTICLE PAGE

慰安婦記事書いた植村隆氏、NYTに「政治家は我々を苛めて黙らせようとしている」

★政治家は「われわれを
 いじめて黙らせようとしている」 
 慰安婦記事書いた元朝日記者の
 言い分に「被害者ぶるな」の声

 J-CASTニュース  2014年12月4日 19時17分
 
http://news.livedoor.com/article/detail/9541236/

fc2blog_20141205085958dd9.jpg
 記事には植村氏の写真が掲載された

朝日新聞で慰安婦問題の記事に関わった
植村隆氏がニューヨーク・タイムズの取材に応じ、
安倍晋三首相ら国家主義的な政治家について
「彼らはわれわれをいじめて黙らせようとしている」
などと述べ、朝日新聞や自身への攻撃を批判した。


記事は波紋を広げたが、
言い分に賛同する声は少なく、
「被害者ぶるな」と批判が集まっている。


■反省や謝罪は一切なし

植村氏は1991年に慰安婦だという女性への
インタビュー記事を書いた朝日新聞の元記者。
退職後は札幌市の北星学園大の非常勤講師を務め、
国際交流に関する講義を担当している。
しかし、2014年8月に朝日新聞が慰安婦報道に関する
記事の取り消しを発表した後は、非難を集め、
大学あてに脅迫文が届くまでの事態となった。

ニューヨーク・タイムズ(電子版)が
2014年12月2日に配信した記事は、
北星学園大の校門前に立つ植村氏の写真を大きく掲載。
植村氏や朝日新聞を攻撃する、日本の右派について、
「歴史修正主義」の動きがあると批判する内容だ。


植村氏は取材に対し、
河野談話を見直そうとする安倍首相や政治家たちについて、

彼らは脅迫によって歴史を否定しようとしている
われわれをいじめて黙らせようとしている


などと語る。

大学への脅迫や、ネット上の家族を脅迫するような
書き込みがあったことにも不満な様子で、
朝日新聞については、植村氏を弁護することに
恐れ過ぎているなどとも話したという。
一方、事実と異なる記事を書いたことへの
反省や謝罪のコメントは、記事中には一切でてこない。



■日本メディアの取材になぜ応じない?

植村氏のコメントは
自身への批判を抑えるどころか、
かえって火に油を注いだようだ。
「いじめ」や「脅迫」という言葉を選んだことから、

「この期に及んでまだ被害者ぶるか」
「加害者が被害者面 全然懲りてないな」
「自分達がやってきたことは棚に上げて、
 自分達が叩かれたら『イジメだ脅迫だ』とか。
 なめてんのかこいつ」


と厳しい批判がツイッターに並ぶ。

また、これまで国内メディアの取材は
受けていないにもかかわらず、
米紙の取材に応じたことも、

「NYTでこんな出鱈目な反論をする前に、
 日本の他のメディアの取材に応じるべき」
「日本のメディアからは逃げ回ってるくせに
 お仲間のNYタイムスの取材は受けるとか
 植村って卑怯者だよな」


と批判されている。

産経新聞も12月3日の記事で
産経新聞は元記者に取材を申し込んでいるが、
 元記者は応じていない
と指摘。
経済評論家の池田信夫氏はツイッターで
「お前が日本のメディアに会見しろ」
と非難している。

(引用ここまで)



問題のNYTの記事
★Rewriting the War,
 Japanese Right Attacks a Newspaper

 By MARTIN FACKLER DEC. 2, 2014
 http://www.nytimes.com/2014/12/03/world/asia/japanese-right-attacks-newspaper-on-the-left-emboldening-war-revisionists.html?_r=1



どの様な記事になっているかというと・・・
「なでしこりん」様のサイトで翻訳文が掲載

★二ヶ国語、植村隆が今度は
 ニューヨークタイムズで売国宣伝!
 植村の辞書に「反省」の文字はない

 http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11960293185.html
(引用開始)
刹那の四半世紀、「その記事」は現在56才の
植村隆をジャーナリズムから引退させ
日本の政治的な右翼の標的にした。
タブロイド紙は、
植村を「韓国のうそ」をばらまく
売国奴の商標にし、
日本の古傷をごまかすための
うす汚れた宣伝の標的にした。

植村隆によると、暴力的な脅迫は大学での講義の
仕事をだめにし、彼の2番目の仕事も奪いかねない。
超国家主義者たちは、植村の子供たちまで追いまわし、
扇動された人々によってインターネットに投稿された
メッセージは、植村の十代の娘に自殺するよう
追い立てている。

(全文はリンク先で)



われわれをいじめて
黙らせようとしている・・・

この問題で、
日本人を黙らせようとしているのは、
この人達ではないか!
植村氏は、
「自分は正しい事をした」と思うのなら
堂々と、日本のメディアで反論すれば良い。
しかし、未だに取材を拒否している。


NYTは、植村氏を
>ジャーナリズムから引退させ
と、報道しているが・・・
「その記事」が嘘の吉田証言を利用して
義母の主催する団体を有利にさせたという疑惑を
指摘されては困るから、
当事者の朝日新聞は、
彼が社内に留まるリスク回避のために
依願退職させたのではないだろうか?
植田氏が「一般人」となってくれればと・・・



この記事を書いたNYTのMARTIN FACKLERDEC氏は
植村隆氏の義母が、慰安婦問題で利害関係のある団体の
代表・梁順任だった事は一切報じない。

こんな活動をしてきた事も紹介しない。
★従軍慰安婦問題、
 提訴者の韓国人女性
 「詐欺」で逮捕されていた!

 2012年10月01日
 http://matome.naver.jp/odai/2133831762278356301



しかも、この記事に関連して時事通信は
★河野談話見直し狙う
 米紙、「歴史修正主義」を批判

 時事ドットコム 2014/12/03
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120300365&g=pol
【ニューヨーク時事】
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、
従軍慰安婦に関する記事取り消しをめぐる
日本国内の「朝日新聞攻撃を取り上げ、
この風潮は歴史修正主義者を大胆にしており、
安倍晋三首相らは慰安婦問題で謝罪した
1993年の河野洋平官房長官談話を見直す
チャンスだと捉えていると批判的に報じた。

 同紙は、慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者と
その家族や勤務先が脅迫の対象になっていると指摘。
「彼ら(歴史修正主義者)は
 歴史否定のため脅迫を活用し、
 われわれを沈黙させたがっている」

との元記者の話を伝えた。 
 ニューヨーク・タイムズは
「日本軍が韓国で
 女性を拉致したという
 証拠はほとんどない」
と認めつつ、
「しかし歴史修正主義者はそれをもって、
 彼女たちが捕らわれの性奴隷だったことを否定し、
 金もうけ目的の売春婦だったと主張している」

と指摘。
多くの元慰安婦の証言があるにもかかわらず
日本の右翼は、朝日報道が国際的非難を生んだ
と批判しているとした。
 同紙は慰安婦問題で日本に厳しい論説を
しばしば載せており、
朝日新聞による8月の記事取り消し後も
その論調は全く変わっていない。




>日本国内の「朝日新聞攻撃」

攻撃って・・・
の「吉田証言」を利用して記事を書き
「吉田証言」がと分かった後でも
訂正する事を拒否し、延々とを書いた。
朝日新聞が認めた捏造記事はお咎め無し???

私が、サヨクを「左翼」と記載しない理由は
この様な、卑劣な部分だ。
「平和」や「人権」を口にしながら、
平気で嘘を付き
それを「正義」と偽造して拡散させ
間違いを指摘する側を徹底攻撃して黙らせる・・・

こんな人間は、右でも左でもなく、
ただの「卑怯者」だ。

朝日やNYT等の言論や
サヨク学者が唱える「歴史」とは
自分達が創り上げた「歴史」。
その「嘘」を修正する事は
絶対に許さない!
という事・・・

勿論、ウヨクを称する人達が
「一般人」の植村隆氏の勤務先に
脅迫文を送る行為は許される事ではなく
彼の家族へも攻撃しているというのなら
それは、もの凄く愚かで卑怯な行為だ。

以前にも記載したが
元慰安婦のお婆さん達を「金目当ての売春婦」と
攻撃する愚かな行為も、サヨクを喜ばせるだけで
彼らに利用されて、この問題を真実から遠ざける。

朝日新聞の誤報訂正後にサヨク学者達が
「朝鮮の女衒が少女達を騙した行為も
 旧日本軍の責任」
と叫んでいたり
既に周知の「白馬事件」などを取り上げて
『新証拠を発見』などと煽っているのは
やはり、証言以外の証拠が無いからでしょう?

貧困層の無学な少女が
「日本の工場で働けば金が儲かる」
という女衒の誘い文句に騙されたのは
お金目当てには他ならないが、
彼女らが言うように、
最初から売春婦になるつもりは無かったのだから・・・
彼女らを攻撃するのは愚かだ。

慰安所は存在した。慰安婦も存在した。
しかし、吉田清治のような与太話は存在しない。
軍命令で、トラックで強引に拉致した事は無い。
私が怒りを感じるのは、
インパクトを大きくするために、
慰安婦のお婆さんの正直な証言の上に
尾ひれを付けて吹聴している連中の恥知らずな行動。
最初から、彼女らの証言をそのままの状態で
脚色せずに広めていたら、理解はもっと深まっただろう。
例え養父に売られたとしても、女衒に騙されたとしても
彼女達の境遇は、充分に悲惨だった・・・

学校へ行かせて貰えなかったと証言していたにも拘らず
インパクトを与えるために「学校から帰ったら拉致された」
そんな風に証言を変えさせた支援団体や弁護士達、
そして朝日新聞のようなマスゴミに怒っているのだ。

彼らの拡散した嘘ばかりが独り歩きして
お婆さん達の真の声が聞こえてこないのだ。

慰安婦だったと名乗り出た金福童(キム・ボクトン)さんが
何故、その後支援団体から逃げるように姿を消し
4年もの間、支援団体は彼女の居所を探し回り
後に居所を突き止められ、何度も説得されて
再び表舞台に立ったという(キム・ボクトンさん。
支援団体と、一体、何が有ったのか・・・
彼女の証言の変遷との関係とか、真実が見えない・・・

しかし、
彼女が慰安所に居たというのは事実なのだ。


朝日新聞社屋内の
NYT東京支局のマーティン・ファクラー氏
 e0171573_23164759.jpg

日本での取材経験は12年。
ブルームバーグ東京支局、AP通信社ニューヨーク本社、
北京支局などを経て
2005年からニューヨーク・タイムズ東京支局で活動。
2009年2月からノリミツ・オオニシの後任として支局長に就任。

東日本大震災で、民主党政権が原発事故の情報を隠匿し
既存メディアが報道しないことに苛立ちと怒りを覚え
【『本当のこと』を伝えない日本の新聞】という本を出版。

日本の新聞は、本当のことを伝えない。
それは事実だ。
しかし・・・植村隆氏にインタビューをしても
彼は「本当のことは言わない」

それが、日本の自称ジャーナリストの狡さだよ。



★朝日新聞社、新体制が発足 
 木村前社長は顧問就任辞退

 朝日新聞 2014年12月5日
 http://www.asahi.com/articles/ASGD541JGGD5UEHF00F.html
(略)
8月の慰安婦報道の特集で韓国・済州島で
慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の
証言を虚偽と判断し、記事を取り消したのに、
おわびをしなかったことについて、
議長の木村氏は
率直におわびすべきでしたと述べた。
(引用ここまで)



朝日新聞の撒いた「嘘」は、
多くの人々を混乱させ、傷つけた。

毎日新聞で、マーティン・ファクラー氏は
http://mainichi.jp/journalism/listening/news/20141006org00m020005000c.html
「従軍慰安婦についても、朝日新聞の
 記事取り消しによって報道が自粛気味に
 なっているのが残念だ。
 批判を恐れず、
 根拠のある事実を取材して
 正しい知識を冷静に届けてほしい。
 慰安婦の存在自体がなかったかのような
 議論もあるが、それはかえって日本の「国益」
にならないのではないか。

 メディア同士が、記事の内容をめぐって
 厳しい批判をするのはよいことだ。
 しかし「非国民」などの極端な表現を使って
 感情をあおるような批判をするのはやりすぎだ。
 そうした風潮には全体主義的な怖さを感じる。
 ジャーナリストは自由な言論を萎縮させるものに
 抵抗すべきなのに、どうしたことかと思う。

 日本は、アジアで一番の勢いを誇っていたころの
 自信を失い、中国や韓国の台頭に余裕をなくしている
 ように感じる。そうした雰囲気が、標的を作って
 感情のはけ口を求める行動に
 つながっているのかもしれない。

と、仰るが・・・

中国や韓国が台頭するずっと前から
我々は、この「慰安婦問題」に翻弄されてきた。
過激な団体ばかり見ていると外国人記者は
「感情のはけ口を求める行動」に見えるのかもしれないが
ずっとすっと前から、「吉田証言は嘘だ」と解っていながら
何十年も記事を訂正してこなかった朝日新聞への怒りは
あなたが思うような、薄っぺらな感情ではない!

日韓基本条約が
李承晩ラインで不当に拿捕された日本人漁師達を
人質にされたままで、不利な交渉に臨まなくては
ならなかったように・・・
日本人は我慢して我慢して我慢して・・・
もう、我慢の限界に達したのだ。


腐ったマスゴミの狡さに!


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

IVY

☆日本人が知ってはいけない歴史
https://www.youtube.com/watch?v=ANLk2bvvZJk
 ↓
日本軍は円満な解決を願ったにもかかわらずハルノートを…

・2007.7 米による慰安婦非難決議、11月には蘭・加に続き
EUまでもが、非難決議で当時のすべての慰安婦に「謝罪・賠償」を要求。

◎ 先の大戦の蛮行打消しに必死だったから、これ ↑ をやったとしか思えない。

2014-12-05 (Fri) 23:35 | EDIT | REPLY |   

窮余迷彩

泣きつく先は、歴史固定主義のなんちゃってGHQ

植村は、テレビにでも出て主張すればよかろうが
照れ朝とかのお友達番組に出ればいいじゃないか

2014-12-05 (Fri) 23:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply