韓流研究室

ARTICLE PAGE

対日輸出食品を韓国で事前に検査 迅速な通関へ・・・だと

★対日輸出食品を
 韓国で事前に検査 迅速な通関へ

 朝鮮日報 2014/12/02
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/02/2014120201470.html
【ソウル聯合ニュース】
韓国の食品医薬品安全処と農林畜産食品部は
2日、日本向け輸出食品の事前検査制度を整備し、
対日輸出食品会社を積極的に支援すると発表した。

 日本・厚生労働省認定の韓国の検査機関が
発行する試験成績証明書を添付した輸出食品は、
日本であらためて検査することなく通関が可能になる。

試験成績証明書については、
韓国の検査機関が活用しやすいよう、日本政府と
協議し様式を標準化した。

 ただ、日本では
通関する地域ごとに検査法と基準が少しずつ異
なる。
食品医薬品安全処によると、
韓国から食品を輸入する日本の業者が
通関予定地域の基準と検査法を
韓国の輸出企業に伝え、
国企業がこれらに基づいた試験成績証明を
韓国の検査機関から受けられるようにした
という。


 食品医薬品安全処は
「対日輸出食品が不適合とされる事例を
 未然に防ぎ、迅速に通関できるようになる」

と期待を示した。

(引用ここまで)



>対日輸出食品が不適合とされる
 事例を未然に防ぎ


どう考えても、
日本国内で2重の検査はして欲しい。
韓国の検査機関が発行する
試験成績証明書が、本当に正確なのか不安・・・

だって、相変わらずこんな事件が起きている。

★衝撃!ホルモンから豚の排泄物…
  首都圏の有名店18か所で確認

 カイカイ通信 2014年11月28日
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/42130138.html
首都圏の有名ホルモン専門店が販売する
ホルモンの中から、豚の排泄物などが
大量に発見された。


総合編成TVチャンネルAの「食べ物Xファイル」の
取材チームが、美味しい店として知られる
首都圏ホルモン専門店25か所のホルモンを回収し、
調べた結果、18の店で、
豚ホルモンから、豚の排泄物、消化されずに残った
トウモロコシのかす、豚毛などの異物が、
ホルモンの内部に残っていることが確認された。
きれいな表面とは異なり、ホルモンを裏返してみると、
中には豚の排便などがそのまま残っていたのである。

kf8816e814.jpg
▲ホルモンを開くと、豚の排泄物(黒色)
 消化されずに残ったトウモロコシが見える
 (キャプチャ画像:チャンネルA)

問題は、加工工場で豚の排泄物が
適切に除去されないまま、消費者に流通している
という点である。取材チームが訪れたのは、
忠清北道のホルモン加工工場であるB社と、
光州にあるP社である。
両社は、ホルモンに使われる大腸を洗浄した後、
茹でて完成品として販売していた。
特にB社は、
「ウィーメイクプライス」や「チケットモンスター」などの
ソーシャルコマース業者から販売している
ホルモン販売店に納品している。
P社は食品医薬品安全処で
危害分析重要管理点(HACCP)マーク
認証まで受けた
メーカー
として、
有名フランチャイズレストランや個人食堂に
ホルモンを納品している。
中央大食品工学研究室に両社のホルモンを分析依頼
した結果、全てで豚の排泄物などが検出された。
密封状態でも、肉眼で排泄物が見えるほどであった。

中央大食品工学科のハ・サンド教授は、
「豚の腸の中には、
 人体に致命的な食中毒を引き起こす
 リステリア菌や大腸菌などの細菌があり、
 煮ても全て除去できない場合が多い」

と警告した。今回のような場合、畜産物衛生法に
基づいて、その製品は廃棄され、その加工業者には、
製造停止処分を課すことができる。
詳細な取材については、28日午後11時、チャンネルA
「食べ物Xファイル」で視聴することができる。

(引用ここまで)


>P社は食品医薬品安全処で
危害分析重要管理点(HACCP)マーク
認証まで受けた
メーカー


韓国の食品医薬品安全処が認定する
HACCPが如何に信用できないか・・・

★HACCP
 http://ja.wikipedia.org/wiki/HACCP



★賞味期限が8ヶ月過ぎたゴミお菓子、
 市場に流通していたことが発覚!

 カイカイ通信 2014年12月01日
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/42184345.html
「窒素お菓子」に続き、
「ゴミお菓子」が市場に流通した。

某メディアで、
賞味期限が8ヵ月過ぎた材料をお菓子に使用し、
販売していたとして、製菓業者が摘発された
と、1日に報じられた。

流通したお菓子の大半は、大型スーパーや
ネットショッピングモールなどを通じて、
市場に出回っていたことが分かった。

同メディアによると、この会社は、
賞味期限が8ヶ月を過ぎた材料をお菓子に使用し、
流通させた。

警察は、この企業の倉庫の前には、
賞味期限が過ぎていない材料が積まれており、
倉庫の裏には、賞味期限が切れた材料が
積み上げられていることを確認しており、
故意的に消費者を欺いたのかどうかを調べている…

(省略)



>対日輸出食品を
  韓国で事前に検査


国内でさえこの調子ではねぇ・・・



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

国家主権

検査は検疫検査、通関業務の一部であり、国家の主権に関わる問題である。それを韓国に一任するとは、民主党政権時代に行った反日行為である。

日本人の食べ物に唾を入れる映像がyoutubeにあるが、特定の日本人に対する行為作りはなく、日本人なら誰でもよいという反日教育が産み出した行為である。

反日教育がなくなっても、国家の主権の一部である検疫を日本がしないということは有り得ない。韓国だけ検疫を免除することは国家や民族の差別である。

日本人、日本国籍を有する国民の生命、財産、安全を売り渡した民主党政権は反日政権であった。

2014-12-03 (Wed) 11:58 | EDIT | REPLY |   

DUCE

てめえで食わない食い物ならば国内でだっていい加減ですからね。ましてや日本相手ならばなおの事です。チョッパリはウリの食品にけちを付けるなニダと言う事なのでしょうよ。

2014-12-03 (Wed) 14:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply