韓流研究室

ARTICLE PAGE

日本で開発した「エボラ特効薬」、中国で同成分の薬を製造・・・盗まれた?

★日本で開発した「エボラ特効薬」に
 パクリ疑惑  
 中国で同成分の薬を製造とWHOが指摘

 J-castニュース 2014/11/21 19:27
 
http://www.j-cast.com/2014/11/21221538.html

富士フイルムホールディングス(HD)傘下の
富山化学工業が開発し、エボラ出血熱の「特効薬」
として期待が高まっている抗インフルエンザ薬
「アビガン錠」(一般名、ファビピラビル)
同じ成分のクスリが、中国で製造されていることがわかった。

アビガン錠は、エボラ出血熱の治療薬としては
未承認だが、ウイルスの増殖を防ぐ作用があり、
エボラ出血熱にも効果があるとみられている。
富山化学は中国でアビガン錠の物質や製造、
用途の特許を出願。2006年に特許が成立している。


富士フイルム「現在、情報収集しているところです」

 富士フイルムによると、
中国の「JK‐05」と呼ばれるクスリが、
「アビガン錠」と同じ成分であるとの指摘は、
2014年9月に開かれた世界保健機構(WHO)の
専門家会合でわかった。


この会合には同社の社員が出席していたほか、
「議事録の『JK‐05』の記述の中に
 『T‐705』(アビガン錠の開発品コード)の記載が
 あったことを確認しています」
という。

「JK‐05」について、富士フイルムは
「現在、事実関係を確認中で、
 情報収集しているところです」と、困惑ぎみだ。

 アビガン錠の物質や製造技術が特許に抵触する
可能性は高く、開発情報が中国側に漏れていた
疑惑も指摘されている。
経済情報誌「FACTA」11月号は
「中国に盗まれた『エボラ特効薬』」の見出しで、
アビガン錠と同じ成分の「JK‐05」が
「特許法違反にあたる」と指摘。
中国の研究機関が富山化学の成果を掠め取り、
 軍需品として製造を開始していた
とみている。

当の富士フイルムは、特許侵害についても
「事実関係がはっきりしないので、
 今のところわかりません」との話しにとどめている。

アビガン錠が厚生労働省の承認を得たのは、
2014年3月。

富山化学が承認を申請したのは11年3月で、
通常は申請したクスリの審査期間は1年ほどだが、
アビガン錠は妊婦などに服用できず、
用法や用量が確定していないために
なかなか承認が得られなかった。
承認には、じつに3年を要した。

そんなアビガン錠と同じ成分のクスリが、
中国で開発されていたというのだ。

中国や欧米の報道を総合すると、
中国の「JK‐05」も抗インフルエンザ薬で、
中国人民解放軍の軍事医学科学院と四環医薬が
共同開発。

現在、認められているのは緊急時の
軍での使用のみだが、
四環医薬は中国での一般利用に向けて
当局に申請を行うことで
軍事医学科学院と合意しているとされる。


10月17日付のWant China Timesは、
「薬剤は数千人単位の人命を救うだけでなく、
 世界的に中国の製薬会社に
 大きな名誉となることは明らか」
と書いている。

また、同日付のロイター通信は、
四環医薬がアフリカでエボラ出血熱への対応を
支援している中国人向けに「JK‐05」を供給する、
と報じていた。



★中国製薬会社がアフリカに
 エボラ治療薬を供給、臨床試験も

 ロイター 10月16日(木)
 http://news.cube-soft.jp/archive/13807.html
[上海 16日 ロイター] -
中国の製薬会社、四環医薬<0460.HK>は、
アフリカでエボラ出血熱への対応を支援している
中国の援助関係者向けに、
エボラ熱治療薬「JK─05」を供給した。
同社の幹部が16日、ロイターに明らかにした。

Jia Zhongxin最高執行責任者(COO)によると、
アフリカに供給された治療薬は数千回分で、
必要であれば、さらに提供する可能性があるという。

同社の幹部、Huo Caixia氏は
「援助関係者がすでに治療薬を持って行っている。
 (援助関係者の間で)
 エボラ熱が発症した場合に使用できる」と述べた。


この治療薬は
中国軍事医学科学院が開発したもので、
まだ承認されておらず、認められているのは
緊急時の軍での使用のみ。
四環医薬は中国での一般利用に向け、
当局に申請を行うことで同院と合意した。

同社はまた、
アフリカでの臨床試験を準備しており、
現地の患者を対象に実施する可能性があるという。
現時点で中国人に感染者はいない。
(引用ここまで)



中国の「JK‐05」と呼ばれるクスリが、
 「アビガン錠」と同じ成分であるとの指摘は、
 2014年9月に開かれた世界保健機構(WHO)の
 専門家会合でわかった。


★中国43人エボラ感染の疑い
 保健当局「オールクリア」←殺処分かw
 広東省で3000人が感染疑いで隔離との情報も…
 記事削除などソースが微妙【JK-05の準備】

 2014年10月24日
 http://ホイミ速報.jp/geinou/8%e6%9c%88%e4%b8%8b%e6%97%ac%e3%81%8b%e3%82%89%e9%9a%94%e9%9b%a2%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bd%97/

■Guangdong gives all-clear
 to 43 people monitored for Ebola

 2014/10/23(木)
 http://www.scmp.com/news/china/article/1622401/guangdong-gives-all-clear-43-people-monitored-ebola
広東省で43人のエボラ感染疑いの人が
みつかった件について、
保健当局は「監視下にあるがオールクリア」
と述べました。
「アフリカとの貿易が盛んな場所で
 リスクは高かったが、全国に広がる可能性は低い。」

保健局のチン・ユーシェン氏は、
この43人は8月末から監視下に置かれていたとの事、
そして警戒態勢は解かれたといいます。

中国疾病予防センターのガオ・フー氏は
「エボラの入国は時間の問題」としながらも、
「エボラは医療資源に乏しい場所で流行、
 悪化している。中国で広まることはないだろう。」
と全国的な流行については
否定的な見解を述べています。

----------------------------------------------
★エボラ実験薬 
 患者で直接臨床試験

 ロシアの声 10月 22日 , 16:51
 http://japanese.ruvr.ru/2014_10_22/279047331/
中国南部の広東省でエボラ出血熱に感染している
疑いが持たれていた43人は、分析の結果、陰性だった。
新華社通信が伝えた。
だが広東では、衛生管理の強化が続いている。
アフリカ諸国からの入国者たちは、エボラ出血熱の
感染拡大を引き起こす潜在的な危険性を持っている


広東省では今も3000人以上が、
エボラ出血熱に感染している疑いが持たれている。
これらの人々は全員、エボラが猛威を振るっている
アフリカ諸国から戻ったばかりで、その後、隔離された。
今のところ中国、そしてアジア地域全体でも、
エボラ出血熱の感染は確認されていない。
しかし中国政府は、エボラの流行が深刻な脅威を
与えていることを認めている。
これを受け、アフリカに実験ワクチンJK-05を
数千回分送ることが決まった。
JK-05は、中国軍向けに中国の軍事医学アカデミーで
開発されたもので、エボラ出血熱の治療薬としての
臨床試験は完了していない。
高等経済学院の教授で、エビデンスに基づく医療(EBM)
専門家協会の会長を務めるワシリー・ヴラソフ氏は、
現在の状況を受け、中国の医療関係者たちは、
必要な場合に、アフリカにいる中国人に実験薬を
投与する許可を得たと述べ、次のように語っている。

「アフリカには中国人が大勢いる。
 そのため、彼らが第一の保護対象となる。
 しかし、この実験薬は、実際に保護の役目を
 果たすのだろうか?
 この薬は本当に効果があるのだろうか?
 それを確かめることができるのは、
 臨床試験だけだ。
 しかし残念なことに、現在、エボラのような
 致死率の高い病気の治療法に関する
 質の高い臨床試験を行うことが
 大きな問題となっている。
 少なくとも、いま米国が計画しているワクチンの
 臨床実験をアフリカで実施するのは、
 非常に難しいだろう。」

(中略)
なお、世界保健機関(WHO)は、
日本の富士フイルムのグループ会社が開発した薬
「アビガン(ファビピラビル)」の使用を推奨した。
「アビガン」のエボラ出血熱に対する臨床試験は
 行われていないが、アフリカでエボラに感染した
 フランス人看護師の治療で効果があったため、
 今後も使用されることが決まった。
 少なくとも、悪影響を及ぼすことはない。

リベリアでエボラに感染し、米国の病院で治療を受けて
いた米国人が今週、退院した。
この患者には、米国のChimerix社が開発した薬が
投与された。この成果は、米国の医療関係者を喜ばせた。
しかしヴラソフ氏は、Chimerix社の薬の効果は
実際のところ分かっていないと指摘し、
次のように語っている。

「製薬会社は、
 病気が流行すると大きな利益を得る。
 これは、病気が流行すると葬儀屋が儲かる
 のと同じ法則だ。
 製薬会社は、エボラ対策に加わった。
 あらかじめ製造する時間にある程度恵まれた
 製薬会社もあったが、
 実験的に検証するチャンスはなかった。
 そのため、今あるのは
 ワクチン候補と治療薬候補だけだ。
 米国で使用が許可されたものは、
 有効性が確認されていない。
 病気が致命的な場合には、科学的根拠を
 持たない決定が下されることもある。」

(引用ここまで)



上記サイトが指摘しているように、
中国のニュースの日本語翻訳記事が
UPされていたのに、何故か消されている・・・

日本のメディアは
何か、隠したい事でもあったのだろうか?


世界保健機関(WHO)の事務局長は
中国人のマーガレット・チャン
exh1410230945001-p5.jpg
2007年1月4日就任。現在、就任2期目であり、
任期は2017年6月30日まで。

★WHOの無能・無気力・無責任
 http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-486f.html
(中略)
では、肝心の多くの予算と「国際公務員」という
特権を享受しているはずのWHO
の姿は、
どこに消えたのでしょうか。

CNNやニューズウィークは相次いで、
AP通信のWHOの内部文書報道を
取り上げています。
米国でこのような追随報道が出るのは、
裏が取れたということです。(欄外参照)

AP通信が内部文書の内容として伝えた
 ところによると、WHOは
 『エボラ熱対応にかかわった者はほぼ全員、
 明らかな予兆を見逃していた』
 『事態は最悪の状況に向かって進行していた』
 との認識を示し、西アフリカでの発生以降、
 拡大阻止の機会を逃してきた経緯を振り返っている。
 伝統的な伝染病封じ込め作戦がこの地域では
 通用しないことに、WHOの専門家は気付いて
 いなかったとも指摘している。
 同文書によれば、WHOで当時ポリオ撲滅を
 担当していたアイルワード事務局長補は
 今年6月、チャン事務局長へのメールで、
 現地の保健当局や支援団体からWHOに対し、
 エボラ熱対策を助けるどころか
 妨げになっているとの批判があると警告していた

(CNN10月19日)


(中略)
WHOは明らかな初動ミスをしています。
それは余りに感染規模を少なく見積もったために、
限られた人員と予算しか組まなかったために、
そのために初動制圧に失敗し、
感染を拡げてしまいました。

つまり、WHOは危機管理において
してはならないといわれる、
「楽観論で見積もり、悲観論で実施する」
ことをしたのです。

そのひとつの原因は
WHO内部の硬直した官僚主義だ
とニューズウィーク(10月28日)は伝えています。

アフリカ各国の事務所長の人選は、
アフリカ担当部長の好き勝手に左右された
ために、独立王国となってしまっています。

その上に、
マーガレット・チャン事務局長は指導力が
欠如した上に、アフリカに進出が著しく、
大きな利害関係を持つ中国の利害に
影響されている
との指摘もあります。

 c02.jpg

(中略)
「国境なき医師団」(MSF)の
ジョアンヌ・リュー会長は、
先月国連でこう訴えています。

「国際社会の反応は常に不充分で
 スピード感にかけている」
「世界はこの感染症を封じ込めるのに
 失敗しつつある」(ニューズウィーク同上)

会長は直接名指しは避けていますが、
エボラの拡大をまったく顧みなかった
WHO国連に対するものと思っていいでしょう。

申し訳のようにパンギムン事務総長は、
エボラ対策の支援金を1億ドル募りましたが、
呆れた国際社会からの反応は
たった10万ドルだったそうです。

WHOと国連が重い腰を上げたのが8月。
既にエボラの火が燃え盛ったあとでした。


(全文はリンク先で)



マーガレット・チャンは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B3%E9%A6%AE%E5%AF%8C%E7%8F%8D
2003年のSARS大流行の際、
香港で衛生署長として対策の指揮をとったが
SARS感染が深刻化した香港の病院の
封鎖が遅れるなどの対策の遅れを批判され
香港立法会に喚問されている。

しかし・・・中国政府は彼女を
SARS対策の功績によりWHO事務局長選挙に
候補として推挙、当選して現在2期目。
WHO事務局長就任後の、2009年から10年に
かけての新型インフルエンザ対応でも
欧州議会のボーダルク前保健衛生委員長は、
WHOの宣言は偽のパンデミックであったとして
問題提起をしている。

■WHOのマーガレット・チャン女史に物思う
 http://ameblo.jp/oyabun3/entry-10257444738.html



日本のメディアは、
欧米のエボラ出血熱感染には、詳細に
特集コーナーを組んで熱く報道しても
中国のニュースは報道しない。

中国の「JK‐05」も抗インフルエンザ薬が
富山化学工業の「アビガン錠」と同成分!
という重大なニュースであっても・・・

WHOの議事録の『JK‐05』の記述の中に
 『T‐705』(アビガン錠の開発品コード)
の記載が あった・・・


★WHO、製薬会社と癒着?
 新型インフルで欧州会議が調査

 2010年1月13日
 http://www.asahi.com/special/09015/TKY201001130139.html

■アフリカでエボラに感染した
 フランス人看護師の治療で効果があった
 富山化学工業の「アビガン錠」
  wpid-1Q4dljn.jpg

■現在、自国民で臨床実験中?の
 中国人民解放軍の軍事医学科学院と
 四環医薬が共同開発したとされる「JK‐05」 
  wpid-3ZKT0tE.jpg


そういえば・・・
今夏、大騒ぎしたデング熱も
中国での大量感染ニュースは報道しない。
特定国家秘密保護なの?

報道規制?
怖いわ・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

レイシスト=韓国人

■ドワンゴ川上会長にキチガイ集団呼ばわりされたしばき隊w

kadongo38@kadongo38 5:47 - 2014年11月21日
キチガイ集団だな。 RT @cracjpn [togetter] 「しばき隊」に見つかってしまった、
KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長でスタジオ・ジブリ見習い社員の川上量生さん http://togetter.com/li/747986
https://twitter.com/kadongo38/status/535791523988639744

kadongo38?@kadongo38 16:19 - 2014年11月20日
面白すぎるよね。差別主義者じゃ無いけど、あなたの仲間なんかじゃないと強く思うひとが人類のほとんどだとはやく認識したほうがいいと思うけど。 @fcknzsfuk
https://twitter.com/kadongo38/status/535588323448733697

kadongo38?@kadongo38 16:00 - 2014年11月20日
そんなのどっちもどっちに決まってんじゃん。在特会もしばき隊も気持ち悪い。気持ち悪い両者の温床になっているのがネットでしょ。
https://twitter.com/kadongo38/status/535583438913298432

2014-11-22 (Sat) 12:20 | EDIT | REPLY |   

Alicia

デング熱

確かCHINAでのデング熱感染は万単位じゃなかったでしょうか。
内陸部だったかな?裏覚えですが…台湾では報道があったような。
現在も台湾では高雄から台南で感染が拡大しているので、心配なんです。今日の台北は30度近くにまで気温が上昇していますし、このくらいの気温がヤバイ。
東京は結局ウヤムヤになってしまったようで、気がかりですね。

それにしても。
だからCHINAに工場作っちゃダメなんですよね。何でも技術をかすめ取り、自分たちで開発したと言い張るふてぶてしさ。金のニオイに敏感ですから、富士はやっちゃっいましたね。幹部がハニトラにかかっている可能性も大です。

2014-11-22 (Sat) 16:01 | EDIT | REPLY |   

IVY

情報公開のある国は、共産主義国家では居られないらしい。

ここは、韓国同様、あと千年は
同盟関係を続けなければ国がもたないのでしょう。

それにしても、無償ODAは勿論、意味不明なカネの流れ、
アジア密漁など色々ありますが、(足るを知らないのではなくて)
本当は、想像以上に経済が危ういのではないでしょうか。

2014-11-22 (Sat) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply