韓流研究室

ARTICLE PAGE

米議会に慰安婦問題を提議したレイン・エバンズ前議員死去

★米議会に慰安婦問題を
 初めて伝えた知韓派、
 レイン・エバンズ前議員が死去

 東亜日報 NOVEMBER 08, 2014 07:14
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014110800108
. 2007年、米下院の
日本軍慰安婦決議案採択を牽引した
レイン・エバンズ前下院議員(民主党)が、
故郷のイリノイ州の療養院で5日、死亡した。

享年63才。

エバンズ氏は、
1999年に日本軍の慰安婦強制動員を
米下院議事録に初めて残し、2000年から
決議案採択を提案してきた。
慰安婦被害者の米議会証言を進め、
2006年には韓国を訪問した。

2006年にパーキンソン病が悪化し、辞任する直前、
決議案759号を発議した。 エバンズの長年の友人
である共和党のヘンリー・ハイド委員長(2007年死去)が、
同法案を常任委である外交委員会に上程し、通過させた。
法案は本会議を通過できなかったが、
翌年、同党のマイク・ホンダ議員が類似の内容の決議案
121号を発議し、常任委と本会議で通過させた。

知韓派だったエバンズ氏は1982年に当選し、
24年間下院議員を務め、
南北離散家族や韓国系ハーフの人権のために尽力した。

(引用ここまで)


知韓派ね・・・
死者に鞭打つことは、あまりしたくないのだが
エバンス教授は、長年
慰安婦問題活動家でワシントンの
従軍慰安婦対策委員会のソ・オクジャ会長と
愛人関係にあり、事実上のパートナーとして
アメリカで「慰安婦問題」の広報活動をしていた・・・
ソ会長とは2000年に、従軍慰安婦対策委員会
定期総会の招請講演者として初めて会い、
友情を深めてきた仲だそうだが・・・
歴代大統領主宰のパーティーに同伴する仲。
単なる”同志”とか”友人”関係では無かっただろう。
少なくとも、エバンス議員にとっては・・・

★米議会におけるロビイ活動 ②
 http://blogs.yahoo.co.jp/minahidetyan/33255736.html
 soimg_0.jpg
 soimg_1.jpg
  
★弱者たちの英雄、韓国人の友 
 エバンズ前米下院議員

 東亜日報 MARCH 15, 2007 07:04
 
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2007031526428



韓国出身のソ・オクジャが
ワシントン政界にこれほどまでに食い込めたのは
エバンス議員の力無しでは有り得なかっただろう。

2000年にエバンス議員と知り合ってから
彼を踏み台にして力を付けたソ・オクジャは、
こんな行動に出る。

★東アジア新潮流-歴史対立1
 June 18, 2005
 http://oldballgame.way-nifty.com/jfumyk/2005/06/post_9358.html
中国各地で、4月の反日デモのきっかけは、
日本の国連安保理常任理事国入りに反対する
米国発のネット署名運動でした。
中国から4000万を超える署名が集まり、
反日機運を高めました。
反日デモの背景を検証し、東アジアの主導権争いも
絡んだ歴史対立の底流を追跡。

◇「常任理入り反対」

「わが国の果たしてきた役割は、
 常任理事国となるにふさわしい基盤」

小泉純一郎首相は昨年9月21日、国連総会の演説で、
国連創設60周年に安保理改革を実現し、
常任理事国入りを目指す日本の戦略を明確に。
だが、その直後から反対の動きが始まっていました。

「日本の常任理事国入りに反対する
 署名活動に協力してほしい」。

昨年10月、米バージニア州で開かれた
米国内の中国研究者の会合で、
中国系米国人のイグナチウス・ディン氏は、
韓国系米国人女性のソ・オクジャ・バイブルカレッジ教授
から依頼を受けました。

ディン氏は、日本の戦争責任を追及してきた
米国NGO「世界抗日戦争史実擁護連合会」の副会長。
依頼したソ教授は、慰安婦問題を追及する
ワシントンの民間団体の会長。
ディン氏は、署名活動を全面的に支援することを
決めました。


(続きはリンク先で)


その後、ソ・オクジャらによる
メディア戦略も過激になって来る・・・

★「CNNの慰安婦アンケート」、
 ネチズンの韓日戦

 MARCH 09, 2007 05:41
 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2007030919028



エバンス議員は、17歳で軍隊に入り
ベトナム戦争中は、沖縄に駐留する海兵隊員だった。
退役後は大学に進学し
「人権派弁護士」として活動していた。
イラクとアフガニスタンの退役軍人のPTSD問題が
彼の政界進出のスタート。
米下院では24 年間、退役軍人の権利のため活動。
3人兄弟の次男のエバンス議員、
長兄は戦死、弟夫婦の経済的な面倒をみていた。

長年、退役軍人の票田を元に政界で活動していた
エバンス議員と、ソ・オクジャを結び付けたものは・・・

★「慰安婦」決議採択
 米議会と日本の歴史問題

 http://www.us-japandialogueonpows.org/CWresolution-J.htm
(略)
圧倒的だった韓国系市民の草の根運動 

アネット・ラントス夫人は、決議案の採択には
韓国系市民団体の運動が大きな力になったと説明し、
そのリーダーだったアナベル・パクさんにインタビュー
するよう筆者に勧めた。
パクさんはボストン大学とオクスフォード大学で学び、
ドキュメンタリー製作者・作家・リサーチャー、
「ニューヨーク・タイムズ」紙の戦略アナリストなど
多彩な経歴を持つ女性だ。
(略)
パクさんは、
前年のヴァージニア州上院議員選挙で、
アジア系有権者の支援運動を組織して
元海軍長官のジェームス・ウェブ氏の
勝利に貢献
していた。

その時の経験を生かし、
彼女はインターネットを使ったネットワーキングや
ユーチューブなどの新しいメデイアを徹底的に
利用する運動を繰り広げた。
そして短期間の間に、全米各地の韓国系市民団体・
大学の学生組織・韓国系教会、
さらにはフィリピン系市民団体、アムネスティ・
インターナショナルなどの著名団体を含む
全米200以上の組織からなるネットワーク「121連合」
を作り上げ、自ら全米コーディネーターとなった。
ワシントン慰安婦問題連合(WCCW)などの
慰安婦問題と長く取り組んできた既存の団体も
連合に加わった。
(中略)
因みに、昨年末に引退したハイド議長は
「慰安婦」決議採択のニュースに、
心臓手術を受けた直後でありながら
次のような声明を出した。

太平洋戦争を戦った兵士として
 昨年9月にこの決議案を多数採決した委員会
 の議長として、
 『慰安婦』決議の採択を歓迎します。
  女性や子供を戦場での搾取から守ることは、
 単に遠い昔の第二次大戦時の問題ではありません。
 それはダルフールで今まさに起こっているような
 悲劇的状況に関る問題です。
 『慰安婦』は、戦場で傷つく全ての女性を
 象徴するようになったのです」
(略)
彼の後を継いだハイド議長も、
フィリピンで戦った太平洋戦争のベテランだった。
ラントス議長は2人の前任者を
「命を賭けて第二次大戦を
 終結に導いた真の愛国者
」と呼び、
共に働けたことは何よりの誇りだったと言う。
(引用ここまで)


元退役軍人の選挙活動に大きく貢献した
「ニューヨーク・タイムズ」紙の戦略アナリストの
アナベル・パク
が、在米中国系市民団体に
協力を要請して、日本の戦時強制労働問題で
共闘しようとしたのも
太平洋戦争時の元退役軍人の選挙に協力し
アメリカ兵捕虜達の
「日本政府から謝罪と賠償を受けていない」
と不満を利用したもの・・・

なるほどね・・・
さすがは戦略アナリストだ。
だから
退役軍人の権利を政治信条にするエバンスと
ソ・オクジャの”親密な関係”は、
同じ利害を有する団体にとっては好都合!?



イリノイ州の特別養護老人ホームで水曜日に
亡くなったエバンス議員、
晩年の彼は、24時間のケアが必要で、
$80,000の医療費にも事欠く状態で
友人や議会のメンバーが援助していたそうだ。

その友人の中に、
ソ・オクジャはいたのだろうか?

2007年の東亜日報は、
ソ・オクジャの回想のみを報道しているが
”プロポーズを受け入れたら
 エバンズ前議員の弟と法的代理人のキング
 前補佐官が強く反対されたので
 「世俗的な誤解」を買ってまで結婚する考えは
 なかったので結婚しなかった”
”韓国側が勲章を授与しようとしたが
 キング前補佐官が取り合わなかった”
韓国から来た医師にも会わせない・・・
一体、何が起きていたのかな?

う~~ん、プロポーズ云々は嘘くさい。
本当に闘病生活を不憫に思っていたなら
結婚しなくても見守る事ができるからね・・・
実際には、
ソ・オクジャは「慰安婦工作」活動のために飛び回り
忙しい日々を送る。
別の議員と一緒に中国へも飛んで行く・・・
jyo100425649.jpg

全米の慰安婦像建設除幕式にも飛んで行く・・・
fa0863b1c05b9d5aa26fff59921bb8e2.png

病気で政界を引退したら、
利用価値が無くなったのでサヨナラだったのか?

アメリカの、レイン・エバンズ前議員死去報道で
彼の経歴が色々綴られていたが
ソ・オクジャとの関係は見つからない・・・
2009年の写真として公開されたのは
エバンス議員の親しい友人で、
介護者で共同法的後見人シェール・エリクソンさん。
 lane-evans.jpg

政界を引退し、病気に苦しみ
経済的にも困窮していた時
傍にいて支えてくれるのが、本当の友人。
真の同志だったのだろうねぇ・・・ 

 

政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

八目山人

エバンス
こいつ 確か細君(?)が朝鮮人で、そいつにそそのかされて6回も慰安婦決議を出した。
でも当時はブッシュ-小泉時代で、外務省が 良しなに と言えばエバンスなんて小物だし通らなかった。

それが病気で引退するに当たって、慰安婦利権をホンダに渡し、こちら側は安倍さんになっていたので、今回は通るかもとなって 保守派が騒いだが、外務省は な~~もしなかった。
それで危機感から 櫻井さんやすぎやまこういちさんがWPにファクトという広告を出したが、馬鹿ブッシュのせいで通ってしまった。

そしたら害務症は何と言ったと思う?
余計なことをしたから通ってしまった。放っておけば通らなかっただって。

エバンスにKの法則来た~~~。

2014-11-09 (Sun) 15:28 | EDIT | REPLY |   

IVY

慰安婦が必要だったのはそっちでも、対外的に平和としたい連合国だから、

「ノーベル平和賞受賞のマララさんから少しは学んだらどうだ?」

と日本が(連合国に対し)訴えたいフレーズを
米中韓は日本に言えないのでしょうね。
 ↓
日本の蛮行が酷かった。でも『戦勝国は平和的だった。』
などプロパガンダの中に無いと思うので。

2014-12-17 (Wed) 14:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply