韓流研究室

ARTICLE PAGE

ワシントンの韓方医師、患者に性暴行で起訴・・・他に余罪も?

★ワシントンの韓方医師、
 患者に連続性暴行 他に犠牲者も

 ラジオコリア(韓国語) 11/05/2014
 
http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=156887
 korean1_20141107230404892.jpg
ワシントン州で韓人(コリアン)の韓方医師が、
性暴行容疑で起訴されました。

ワシントン州クラーク郡検察によれば、
先月30日に逮捕されたバンクーバーの
韓方医院(医院名=Healing Point)を運営していた
54歳のエリック・チョン
(韓国名=チョン・グヨル)容疑者
が、
2級性暴行とわいせつ行為、監禁などの
4つの容疑で起訴
されて、
5日に初めて人定尋問を受けました。

被害者の女性(51歳)は、
「診療を受けるためにチョン容疑者が
 運営する医院を訪ねると、
 いきなりチョンに襲われて性暴行を受けた」

と供述しました。

検察では
過去にもチョン容疑者がわいせつ行為で
調査を受けた事があり

現在確認されているこの女性以外にも
他に被害者がいる可能性があるという判断の下、
追加の調査を行っていると明らかにしました。

チョン容疑者はこの事件の直後、
自分が住む住宅を売りに出して韓国に発てるか
を問い合わせるなど逃走が憂慮される事から、
裁判所はチョン容疑者に75万ドルの保釈金を
策定しました。

チョン容疑者の次の裁判は、7日に行われます。

(引用ここまで)



韓方医といっても鍼灸師のような医院。
HPでは25年の経験があると謳っていた・・・
この事件は、TVニュースでも報道されている。
http://www.wtoc.com/story/27171804/vancouver-acupuncturist-charged-with-sexually-abusing-patient

別ののニュースサイトを見てみると
korean609723_acupuncturist_in_cou_t770.jpg
韓国に逃亡を図ろうとしたチョン容疑者は
米国の市民権を持っており、
韓国は二重国籍を許可していないので
彼は韓国のパスポートをあきらめなければ
ならなかったと報道している。

過去にも、同じような事件が有りまして
★フラートンの60代の医師、
 女性患者に性的虐待容疑で逮捕

 Koreadaily(韓国語) 2012 年07月18日
 http://www.koreadaily.com/news/read.asp?page=1&branch=NEWS&source=&category=lifenleisure&art_id=1447155
 korean061751296.jpg
カリフォルニア州オレンジ郡のフラートン警察は
ニューライフ韓方医院院長のパク (68) を、
3つの性的虐待の容疑で逮捕したと発表した。
(中略)
被害女性の声明によると、
治療を受けるため、ガウンを着てベッドに
横たわっていたところ、医者が突然
強制的性行為をしたと警察に証言した。
警察は現在までに確保された犠牲者は1人だが
捜査員が診療所を調査し、他の患者たちを相手に
性犯罪をした可能性が高いとの報告を受けている。

(引用ここまで)


2008年にも、
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=656517
LAで開業していた53歳の韓方医が
5人のラテン系女性患者に対するレイプや
性的虐待罪など14件の重罪で起訴されている。

警察によると、過去3~7月までの5ヶ月間にわたり
女性患者にエイズ検査をすると偽り
患者のボディをまさぐり、性的暴行を行っていた。
警察は、他にも余罪があるとみて
被害女性の申告報告を待っている。
(引用ここまで)



最初からわいせつ目的で、
鍼灸医院を開業していたのでは?
と、疑っちゃうわ!
東洋医学の面汚しだ・・・



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply