韓流研究室

ARTICLE PAGE

難民認定申請が急増、就労目的で「偽装」か

★難民認定申請が急増、
 就労目的で「偽装」か

 読売新聞 2014年10月18日 03時07分
 
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141017-OYT1T50123.html?from=ycont_top_txt
日本への難民認定申請の件数が急増している。

 法務省によると、今年1~9月の申請件数は
約3600件で、過去最多だった昨年の3260件を
すでに突破し、最終的に4000件を超える見通しだ。
2010年3月の制度改正で、
正規滞在の外国人であれば、
審査結果が出るまで
合法で働けるようになったことから

実は就労が目的の「偽装」申請が横行している
とみられている。

 制度改正は、
審査期間中に経済的に行き詰まる
申請者への配慮が目的だった。
審査が半年以上に長引いた場合に限り、
生活費を自ら稼ぐことを認めた。

ただ、
申請時点で不法滞在の外国人には適用されない。

 このため、改正後に増えたのは、
留学や短期滞在など正規の在留資格を持つ
外国人からの申請だ。
10年の668件から、
13年は2404件と3倍超となった。


 留学ビザで来日した外国人の場合、
許可を得て原則1日4時間までのアルバイトが
可能だが、難民認定申請して半年たてば
職種を問わずフルタイムで就労できる。
同省入国管理局には日本語学校などから、
「留学生が難民認定申請をして本格的に働き始め、
 学校に来なくなった」
という相談が寄せられているという。



(紙面より続き)
職業技術を習得してもらう目的で外国人を
技能実習生として受け入れている農家や
製造業者などから
「実習生がいなくなった。
 本人に連絡をとったら、
 『稼ぎが増えるから難民申請をした』
 と言われた」という相談も相次いでいる。

 現行制度では、難民認定されていなくても
異議申し立てや再審申請を繰り返せば、
合法で就労できる立場を維持する事も可能だ。

10年の859件から13年は2408件と大幅に
増えている。制度を就労目的に「利用」できるという
情報が外国人滞在者の間に広がっている模様だ。

 申請件数の増加により、審査機関の平均は、
11年度の5.25か月から、最近は7か月程度まで延びた。
本当に難民認定を必要とする申請者の審査が遅れる
という弊害も懸念される。

 同省は事態を重く見ており、法相の私的懇談会
「出入国管理政策懇談会」が対応策を協議中だ。
不適切な申請をあらかじめ除外する事前審査の
導入などを検討している。


(引用ここまで)


難民認定されると
国民年金、児童扶養手当、福祉手当などの
受給資格が得られ、日本国民と同じ待遇を
受けることができる。
海外旅行もできる。
外国に出国する時は難民旅行証明書が交付され
有効期間内であれば、何度でも日本から出国し、
日本に入国することができる。

■我が国における難民認定状況の概要
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan13-16.html



2010年3月時の法務大臣は、あの千葉景子です。
 b8015073-s.jpg
 http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/961.html

昔から、民主党「次の内閣」法務ネクスト大臣として
江田五月と共に、
日本の難民認定審査が厳しすぎると、抗議を続け
国籍法や出入国管理、難民認定法の改正を求め
法改正をさせるべく活動していました。

難民認定申請をすると
難民と認めるかどうかは法務大臣が決める。
千葉景子が法務大臣を務めていた機関
適正な認定が行われていたのだろうか???

「難民認定」と検索すれば
多くの弁護士事務所や行政書士事務所の
飯の種の一つになっている事が解る・・・



★欧米の「人道的支援」を逆手に取り
 偽装難民を送り込む中国の厚顔

 クライン孝子
 http://www.takakoklein.de/Sapio/00.8.31.htm


★カナダで偽装難民申請...
 600人の韓国人追放へ

 minaQのつぶやき 2014/3/14(金)
 http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/11884291.html
カナダでも脱北者になりすました
韓国国籍者たちが大挙追放の危機

北朝鮮から脱出したかのように
 偽装難民申請... 600人のぼり
 カナダ政府も「頭かかえて」
...移民局の審査大幅に強化
(中略)
カナダ政府は、国際法に基づいて
難民申請を積極的に受け入れている傾向を
見せているが、最近の脱北者出身の
韓国国籍者らの偽装難民申請が増え、
関連の審査を厳しくして
その適用に確認された場合追放などの
法的措置を取っていると伝えられた。

特にカナダの政府は、すでに被害者を許可
してくれた脱北者出身者にも再度調査に
乗り出す可能性もあることが分かった。
これと関連し、カナダ移民局は、昨年5月、
韓国を特別関心国に指定されたことが分かった。
(続きはリンク先で!)


★英国・ノルウェー「脱北者を連れていけ」  
 外交問題になった偽装亡命…
 600人が国際迷子に
  ←大量の脱北者、実は韓国籍

 2010年 9 月19日
 http://www.asyura2.com/10/kokusai5/msg/112.html 



難民認定の緩いカナダでさえも
審査を厳格化している実情です。
元々審査の厳しかった日本に、
留学や短期滞在で来日し、難民認定申請する・・・
支援者の言い分も解らないでもないが
すべて性善説だけの思考で
日本は酷い国だ、外国人が可哀想と言うばかりでは、
本来助けるべき「難民」の認定審査が遅れ
悪い人達に利用されてしまう。
生活保護認定と同じ構図ですね。

★オーストラリアのアジア系難民、
 ギャンブルで生計を維持 
 巨額の賭け金で逮捕された

 新華ニュース 2014年04月11日
 http://www.xinhuaxia.jp/social/30971
オーストラリア華字サイト
「オーストラリアン・ニュー・エクスプレス・デイリー」は
10日、前身が難民だったプロ博徒が2013年に
2回連続してTattslotto賞にあたっただけでなく、
それに5年間のギャンブルによる勝ち額も
9000万豪ドルを超えた。
もし、海外旅行を認められたら、
彼はオーストラリアに帰らないと報じた


シドニーで有名になった賭博師、
Pete Tan Hoangさんが2012年10月、
犯罪による不法所得と見られる149万5000豪ドル
の現金を持っていた容疑でクラウンカジノで
逮捕されたという。

メルボルン中央裁判所によると、
Hoangさんがあるカジノ場で800万豪ドル近くも
損失した。検察官のAndrew Bucklandさんは、
「もうオーストラリア公民となったHoangさんが
 2001~2007年、5万豪ドル以上の
 福祉手当をもらったが、
 過去12年間、納税していなかった。

 ギャンブルのほか、彼にはほかの合法的な
 収入源がないようだ」
と語った。

Hoangさんの弁護士、David Graceさんによると、
Hoangさんがスターシティも含めたオーストラリアの
多くのカジノ場でギャンブルで金を稼いでいた。
スターシティに立ち入りを禁止されているが、
ここ数週間、オークランドにあるスカイシティカジノで
250万豪ドルを稼いだ。
2013年、Hoangさんが2回連続してTattslotto賞に
あたっただけでなく、マホガニールームで
60余万豪ドルをも勝ち取った。
もし、Hoangさんの罪名が成立したら、
監禁期間が1年を超えない。
また、不当利得を処理した場合、最高で3年の監禁刑を
言い渡されるという。



こんな人ばかりじゃないだろうけれど、
「人道的措置」の制度を悪用されないような
対策は絶対に必要だ。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

名無しさん@ニュース2ch

これだけでも不快なのに、日本を責めながらデモやってますからね、彼ら。暴力振るうなぁ、家族を引き離すなぁって言って。

2014-10-19 (Sun) 10:31 | EDIT | REPLY |   

弓取り

「難民」も商売ネタ GDP上位の恥ずかしい国々

難民は一世のうちに必ず帰国しなければならない。帰国できなければ、祖国の歪みや不正を世界に訴えて、祖国を変える努力をしなければならない。
それをしない難民なんて、ただ単に他人の国の人権にたかる居座り。

少なくとも、GDP世界20位以内など上位の国で、「難民」多発の国は、国家運営がダメ、人権意識が低い、言論・報道の自由がないなど、そうとうの低レベルだということ。

「移民」推進は愚かな政策

2014-10-20 (Mon) 00:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply