韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国ノーベル願望症・・・韓国生まれの受賞者も韓国にカウントするnida!

★金大中元大統領のほかにもう1人…
 「韓国生まれの受賞者」2人記録

 中央日報 2014年10月12日11時23分
 
http://japanese.joins.com/article/208/191208.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|main|breakingnews.
今年のノーベル賞受賞者が相次いで発表される中、
なぜ韓国人受賞者はいないのかとの自省の声が
出ている。
2000年に金大中(キム・デジュン)元大統領が
ノーベル平和賞を受賞したが、
科学賞を受賞した韓国人はまだいない。
だが、ノーベル委員会で「韓国生まれ」に分類される
化学賞受賞者がいる。
1987年に受賞した
ノルウェー系のチャールズ・ペダーセンだ。


ノーベル委員会が
ペダーセンを「韓国生まれ」と分類するのは、
ノーベル賞受賞者の国籍を突き詰めるのが
難しいためだ。

1901年に初めてのノーベル賞が授与されてから、
▽戦争や独立などでポーランド、ベラルーシ、ソ連、
 ロシアのように同じ地域が他の国に変わった場合
▽出生地と国籍が異なる場合
▽二重国籍所持者
――など、国籍問題は悩みの種だ
そこでノーベル委員会は受賞者の出身地を
明らかにしている。

ペダーセンは旧韓末の1904年に
ノルウェー人の父と日本人の母の間に
釜山(プサン)で生まれた。


海洋エンジニアだった彼の父ブレーデ・ペーデシェン
は蒸気船に乗って極東にやってきて
当時英国が掌握していた大韓帝国税関に就職した。
その後平安道(ピョンアンド)の雲山(ウンサン)鉱山が
開発されるとそこに向かいゴールドラッシュの隊列に
合流した。
ペダーセンの母の安井タキノ
大豆と蚕糸貿易に従事した家族とともに
朝鮮に移住しペダーセンの父と会って結婚した。

89年に死去したペダーセンが
ノーベル委員会に残した自身の伝記によると、
当時雲山鉱山は米国が運営していたにもかかわらず
周辺に外国人学校がなかった。
ペダーセンは
「雲山はシベリアトラが出没し寒い冬には
 オオカミが子どもたちを襲った所だった」
と回顧した。
彼の両親は彼が8歳になった年に
長崎にある修道院学校に通わせ、
2年後に横浜のセント・ジョセフ・カレッジに転校し
中学と高校を卒業する。

その後父親の勧めで米国の大学に進学することにし、
セント・ジョセフ・カレッジと同じマリア会が運営する
オハイオ州デイトンに向かった。
化学工学を専攻したペダーセンは
マサチューセッツ工科大学で有機化学の修士学位
を取った。ペダーセンは
「修士過程まで父が送った資金で通った。
 これからは自分で稼がなければならない」
として博士課程に進学せず総合化学会社の
デュポンに就職した。
ペダーセンは後に博士学位を持たない
初のノーベル化学賞受賞者となる。
彼は53年に米国籍を取得した。

http://japanese.joins.com/article/209/191209.html?servcode=400§code=400
デュポンのジャクソン研究所で働いた彼は
67年に別の実験をしていて偶然に「クラウンエーテル」
という新しい有機化合物を発見する。
ペダーセンはこの有機化合物が酸素原子1個が
炭素原子2個に挟まれている形態で円形に配列されて
いることからクラウンエーテルという名前を付けたという。
特定の原子を錠前に鍵が合うように引き寄せる点から
クラウンエーテルは酵素のような他の生化学的物質が
複雑に遂行する作業を比較的簡単にまねることができる。
そこで科学者はクラウンエーテルの発見に敬服し、
体内ナトリウム・カリウム運搬原理などの製薬研究、
大気中で放射性ストロンチウムを除去できる環境技術研究
などに役立つものと判断した。

ペダーセンは69年にデュポンでの42年間の勤務を終え
定年退職したが、彼の研究に基づいて後続研究をした
ドナルド・クラム、ジャン・マリー・レーンとともに
クラウンエーテルを発見してから20年ぶりの87年に
ノーベル化学賞を共同受賞した。
83歳の高齢にがん闘病で健康が悪化していたが
彼はニュージャージーの自宅からスウェーデン・ストックホルム
まで飛んで行き賞を受け取った。
ペダーセンは受賞の感想として
「商業性がないように見える研究に対しても
 9年間も望む研究をさせてくれた
 デュポンの経営陣に感謝する」と話した。

ペダーセンの姉は日帝時代の朝鮮に残り
スタンダードオイルの済物浦(チェムルポ)事務所で
働き64年に死去した。

ペダーセンはノーベル賞を受賞してから2年後の
89年に死去した。
デュポンはペダーセンの業績を賛え、
社内の優秀科学者に授与するペダーセン賞を設立した。

(引用ここまで)


あのぅ・・・
「韓国生まれの受賞者」って言ってもねぇ。
韓国人は、全く関係ないし!

19世紀末から20世紀初頭にかけて
朝鮮半島内に欧米やロシア、
清国、日本の租界が設置され
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/sokai/korea.html
 korea_sokai_20141012124852ae1.jpg

釜山租界で生まれた
ノルウェー人と日本人のハーフの子供が、
後にノーベル賞受賞ってだけでしょ。

C.J.ペダーセン
web_sci_pedersen_300x150_630x315.jpg

母親の安井タキノさんは
1874年生まれで、北九州市八幡西区田町出身。
父親の事業失敗で家族と朝鮮北部に渡る。
1893年、タキノが19歳の時に
現北朝鮮の雲山郡の金鉱山で鉱山技師として
米国系の会社で働いていたノルウェー人の
ブレーデに見初められて結婚。
1865年3月14日産まれの父・ブレーデは、
元は海洋エンジニアだった。
蒸気船の機械技師として、極東に出航すると
その後、鉱山技師に転向して雲山鉱山の
機械技師になった。

結婚後、長男ジョン (1894年) と
長女アストリッド (1899年)と2 人の子供が生まれた。
長男のジョンは、幼くして死亡してしまう・・・

1904年2月、日露戦争が始まると、
危険を感じた両親は、船で釜山に移住を決意。
長男のジョンは、この時の海難事故で死亡する。
ジョンの死で失意のどん底だった両親の間に、
1904年10月3日、
次男のチャールズ・ジョン・ペダーセンが誕生する。
日本名は良男(よしお)。
ミドルネームの”ジョン”は、亡くなった長男を偲んでか?

1908年に
ペダーセン一家は、再び雲山の金鉱山に
今度はフランス系企業の鉱山技師として移住する。
北朝鮮の雲山郡は、朝鮮半島最大の
金の埋蔵量が有ったからだ。

ペダーセン氏は
8歳で両親のいる韓国を離れ、たった一人で
在日外国人の子らが学ぶ長崎、横浜の学校で
計9年間学んだ。
横浜の学校に通った数年間は
母親のタキノが日本に戻り、一緒に過ごせたらしい。

高校: セント ジョセフ カレッジ、横浜、日本 (1922年)
 b1008110037.jpg

1922年、高校卒業後に単身渡米。
大学: BS 化学工学、デイトンの大学 (1926 年)
大学: MS 有機化学、
マサチューセッツ工科大学 (1928 年)
デュポン社に就職した際には
既に、アメリカの市民権を取得していた。

父・ブレーデは、
1932年1月30日に雲山の鉱山で肺炎で死亡。
母・タキノは
1950年 5月31日に死亡。
姉のアストリッドは、両親の死後も朝鮮に残り
仁川の石油会社で働き続け
1964年10月2日に死亡。

チャールズ・ペダーセンは
横浜を出港して、アメリカに渡って以来
家族との再会は果たせないまま・・・
1989年に亡くなった。
彼は、優しく誠実で、辛抱強い人柄だったと
友人達は語った。



・・・と、幼少期を朝鮮で過ごし
小・中・高は、日本の外国人学校で学び
その後はアメリカで市民権を取得し研究を続けた
ノルウェー人と日本人のハーフでアメリカ国籍の
チャールズ・ペダーセン氏
に対し、
彼がノーベル賞を受賞した途端、韓国系英語サイト
THA KOREA TIMESは、2010年8月に

Charles John Pedersen
― Korea’s first Nobel Prize winner

チャールズ・ジョン・ペダーセン
韓国初のノーベル賞受賞者
と・・・
実に恥ずかしいタイトルを付けて紹介していたwww
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/nation/2010/08/117_71288.html

金大中元大統領のほかにもう1人
「韓国生まれの受賞者」2人記録とは・・・

韓国のノーベル症は
痛々しい・・・


因みに、
金大中元大統領のノーベル平和賞は
アメリカに亡命した元韓国国家情報院キム・ギサム氏が
2008年に告発している。

★元国家情報院職員、
 金大中氏ノーベル賞工作を主張

 2008年5月4日
 http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2008/0504/10043907.html
(略)
金大中政権が発足した1998年の5月に
国家情報院内で「ノーベル賞工作担当官」
任命され、1999年12月からは青瓦台(大統領府)の
主導でノーベル賞受賞に向けた計画が進められて
いたと明らかにした。
また、国家情報院の文書を基に自身が作成した
ものだとして、1998年3月から2000年12月の
金大統領のノーベル賞受賞まで、
自身が「工作」と見る行事または事件を日誌の形で
記述した、A4用紙10枚にわたる資料を提示した。
駐ノルウェー大使のノーベル研究所及び
ノーベル委員会幹部との会談、
ノーベル委員会主要人物への訪韓招請、
著書のノルウェー語版発刊、
2001年のノルウェー外務次官極秘訪朝などを、
ノーベル賞ロビー
の証拠として挙げている。
(引用ここまで)



それにしても、中央日報は
「日本だけが朝鮮に侵略して
 全てを収奪した」
という
韓国人の、定説ウリナラ歴史観
根本から覆す記事を書いてしまった事に
気が付かないのだろうか???

朝鮮半島最大の金の埋蔵量を誇る
雲山鉱山の採掘権をアメリカやフランスの
企業が持っていて、バンバン採掘していたって事!
大韓帝国の税関はイギリスに掌握されていた事!

まさに
墓穴を掘ったなwww



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 6

拡散

●大久保で最大の大型韓流百貨店が10月26日で閉店

K-PLUS韓流百貨店 10月26日で閉店
●韓流百貨店K-PLUS閉店 最大の要因は貧富の差拡大と円安
http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2014/10/k-plus-8141.html
http://www.wowsokb.jp/design89/

新宿区大久保1-8-4
営業時間 10:30-
定休日 無休
アクセス JR山手線 新大久保駅 徒歩 8分 / 西武新宿線 西武新宿駅 徒歩6分 / 副都心線 東新宿 徒歩 3分
オープン 2012年6月30日

2014-10-12 (Sun) 19:48 | EDIT | REPLY |   

kl

http://ianfukangaeru.blogspot.jp/

韓国ヤクルトがナヌムの家を支援するようです。ヤクルト本社は承知しているのでしょうか?休み明けに本社に電話して見ます。

2014-10-12 (Sun) 21:35 | EDIT | REPLY |   

弓取り

ブーメランおそるべし

日本人がノーベル賞をいっこ余分にもらった気分にさせていただきました。貢献はしているのだから誇らしいです。

やはり韓国のブーメランは精度高いし、墓穴ほる手回しはいいし。そういうのをまっとうなところで発揮しなさいな(爆笑)

まじめに考えても、20世紀初頭当時の朝鮮人は半島でなにやってたんでしょうね。改めてそう思います。近代的なこと、なにもしてなかったんじゃん?

2014-10-12 (Sun) 23:58 | EDIT | REPLY |   

釜山租界とか日本人母とか円安とか

へえ~、当時欧米資本が入っていたんですね。鉱山掘り尽くしてサッサと引き上げたんですかね。日本もトットと見切れば良かったのに…。

母親が日本人って、逆効果の記事じゃないですかね?余計ファビョる種。。。

コメントで紹介して下さったリンクを見たら、今のマスコミのバッシングと同じ主張ですね。
円安でより一層困るのは韓国。だから韓国応援団のマスコミが韓国の援護射撃をしている、と思っていました。
正しくはドル高で、他の通貨全般に対してドルが強くなっている。ウォンは円よりはドルに対して強い。前政権の為替介入をアメリカに怒られたり、アメリカ資本が韓国から引き上げたり(ドルの買い戻し)で、ウォン安誘導ができなくなった。

日本も円安デメリットはありますが、海外生産等の利益を還流する際、円安だと儲かる。
個々の家計はマイナスに響くけど、国が保有する世界一の額の海外債権から得る利金や、評価額は円高時に比べ、大UP。

日本の問題は1,000兆円にもなる借金だとマスコミも言っていた通りなので、国の資産が増えるのはメリットじゃない?

個人も円高の時にドル買いしてたり、海外株や債券を買っていたり、海外の売上を伸ばしている日本企業の株を買っていた人は利益が出てます。普通のサラリーマンでも。大金なくても。
テレビばっか見て流されてると損します。

円高になったり株が暴落したらまだ対策できます。少しずつコツコツ積み立てる方法もあるし。
勉強に値すると思います。てか価格は動くものだし、金融、経済の全体像を大まかでも知る事が必要。

2014-10-13 (Mon) 12:32 | EDIT | REPLY |   

連投、失礼します。

今読み返したら、アメリカ資本の引き上げ、ドルの買い戻し…の所、理屈が変ですね。無視してください!
大変失礼致しました。

2014-10-13 (Mon) 18:08 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

F・Y

最後の墓穴を暴いた管理人様、さすがです!

この件を取り上げたウォッチャーの多くは、「日本人とのハーフなのにバッカみたいww」の論調に終始していますが、こちらの管理人様は最後まで抜かりないですね。

それにしても、このペダーセン氏の日本語WIKIページは、著作権の問題で現在削除検討中だとか。
どこのどなたの著作権に引っ掛かっているんでしょうね。
英語WIKIページは問題なさそうですが。

2014-10-15 (Wed) 11:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply