韓流研究室

ARTICLE PAGE

ウリ達の日本製の刃物を眺める心地悪い視線 ・・・

★【取材日記】
 日本製の刃物を眺める
 心地悪い視線

 中央日報 2014年10月08日08時51分
 
http://japanese.joins.com/article/050/191050.html?servcode=100§code=120&cloc=jp|main|top_news
 c20141008085129-1.jpg
 刃物工場で3代目になる家業を継いでいる
 オノ・タケシさん(60)と娘のアヤコさん(28)。

「出張に行って買ってきた日本製品を
 (人々の)前で使っている。
 人々が講義を聞く時、包丁に集中するよりも
 料理や手つきに関心をもって眺めているので…」


朝鮮王朝最後の台所・尚宮から伝授された
宮中料理を再現する研究所関係者の話だ。

彼は
「小さなキュウリや薄い大根を切る時は、
 薄くて鋭利な包丁を使わなければならない」として
「韓国産の包丁も、良いものが
 出てこなければならない」
と話した。

中央日報は、韓国だけでなく
海外でも好評を受けている日本の包丁を紹介した。
韓国や中国市場に本格的に進出するために
日本企業は国内の記者たちを初めて招待して
製作過程を公開した。
日本の本社職員は
「キムチを切る用途で開発した」として
前腕の長さほどあるはさみを見せた。
はさみの刃だけを見ても、大きな白菜の葉が
傷1つなく刻まれるような勢いだった。
工場の片隅に、白いマスクと作業服を着た
職員だけが入ることができる「無菌室」が目についた。

世界市場占有率1位を記録しているという
眼球切断用ナイフ」がここから出てきた。

工場職員は
「老齢化で眼科手術が増えて、
 市場がますます大きくなっている」ともらした。
100年を超える歴史を誇りながらも
絶えず新しさを追求する日本企業の力を実感した。

工場は日本の中心部にある岐阜県関市にある。
都会から離れた不便な場所にあるが、
工場には若い職員が多かった。
日本企業は職員の福利厚生を充実して
単純作業を簡素化し、若者を引き込んでいるといった。

記事が紹介された後、
インターネットには不意に「親日」攻防が起こった。
品質の良い製品が高く売れるのは消費者の選択だ。
それが日本製なのかドイツ製なのかを
問い詰めるのはつまらない。
親日議論を離れて、
現実を冷静に見つめる必要がある。

韓国料理をグローバル化しようといいながらも、
肝心の関連技術を度外視する文化のために、
韓国で刃物を作る工場は求人さえも難しい。

日本企業は
「韓国の刃物生産業者を
 競争相手としては見ていない」

と言い切った。
一方、
毎年2月にドイツのフランクフルトで開かれる
世界刃物博覧会では、
すさまじい勢いで飛び回っていた日本企業の
職員たちが鮮やかに目に浮かぶ。
彼らはミシュランガイドの三ツ星をもらっている
世界の有名シェフのそでをつかまえて日本の包丁の
長所を細かく列挙したのだ。
おかげで
世界の有名デパートでシェフとともに開発した
刃物ブランドを、最も良く目につく空間に
陳列することができた。

数多くの先祖の首を切った
倭刀の末裔」を眺める視線が
心地悪いのか。
使う包丁がなくて
宮中料理さえ
これらに任せなければならない
現実のほうが、 さらに心地悪い。


キム・ミンサン文化スポーツセクション部門記者



この様な粘着質の記事を書く
この記者の方が気持ち悪い・・・
妬みや嫉みを押し隠そうとして
理性的な記事を書こうとしながら
心の奥底から吐き出される
どうにもならない感情???

>彼らはミシュランガイドの三ツ星をもらっている
 世界の有名シェフのそでをつかまえて


まるで、日本が
強引に営業してきた結果のような物言いですが
大正5年創業の大野ナイフ製作所さんのHPに
こんな記事が掲載されています。

  omain.jpg
  http://onoknife.com/topic.html

 2007年10月1日
 ドイツの有名料理人、Carsten Dorhsさんが
 番組を持つドイツ国営放送のクルーが
 取材に来社されました。
 ドアースさんはドイツでは有名な料理人。
 ご自分の料理番組を持っておられ、
 その番組中でも使用している当社の包丁の
 出来るまでをご自身の目で見てみたいと望まれ
 来社されました。
 当社の各部署ではいろいろと質問をされながらの
 熱心な取材でした。 
 又、カメラマンや音声の方々も実に真剣で、
 4時間余りの取材でしたが
 『大変素晴らしい番組が出来るでしょう。』と、
 喜んでおられました。 

 

★Having a Japanese knife
 makes you a serious chef

 http://www.salon.com/2010/04/12/japanese_knives_inspire_chefs/

■包丁愛
 

■Zakuri Knives- Japanese Knife Imports
 

■驚異の包丁さばき!
    

■こんな技が出来るのも・・・
 
 
 

■Japanese Knives,
 World's Best Tested and Reviewed, Osaka

  


■式包丁
 


政治 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comments 5

弓取り

世界が肯定する日本の道具と知恵

道具がなければ文明なし
智慧がなければ文化なし
道具と知恵で獲得日本のノーベル賞

どちらもない韓国、反日とパクリでしか前進できない韓国。
韓国マスコミは日本を肯定するのに不慣れなもので、歯切れが悪い作文になっちゃうんですね。

2014-10-08 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   

青いくま

反日国民病

韓国の宿痾の原因がマスコミで、日本の宿痾の原因もマスコミであるという一致点。
この記事の>数多くの先祖の首を切った
「倭刀の末裔」を眺める視線が
心地悪いのか。<
に発想、例を持っていく記者の目が異常なのは日本人なら分かるが、韓国人には腑に落ちるということでしょう。
そうさせたのはこの記事を書いている韓国のマスコミ自身なわけです。
この韓国式マッチポンプで反日が国民病になった韓国が滅びるのは自業自得でしょう。
日本の包丁を見て日本刀からの伝統、日本食という文化との関連と連想が向かわない哀れな韓国。

2014-10-09 (Thu) 01:27 | EDIT | REPLY |   

名無しさん@ニュース2ch

お笑いしちゃったw

2014-10-09 (Thu) 03:06 | EDIT | REPLY |   

トロロ

お里が知れる。

ヤダ、袖をつかまえてって、そりゃ新宿・池袋とか夜の繁華街では「袖引き」って有るけれど・・・
まさか、袖の下って言いたかったのかしら?
どちらにしても、笑っちゃいますわね。

2014-10-09 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   

名無しさん@ニュース2ch

エルボードロップ

日本は地道な労働を尊ぶ国民性であるから、産業の裾野が広く、伝統的な産業を受け継ぎながらも革新性も生まれてくる。
日本の技術が世界に有益なものとして受け入れられるのは、非常に喜ばしいことですね。
ただし特亜3国には使わせたくないのですが。

2014-10-09 (Thu) 23:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply