韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国は日帝と最も激烈に戦った戦勝国で、一銭も賠償金を受けられなかったnida

★ 踏みにじられた韓国、
 日本・米国八百長にまた当てられた

 プレシアン(韓国語) 2014.10.04
 
http://www.pressian.com/news/article.html?no=120624
「ソ・ジュンソクの現代史の話」<66>
日協定、四回目広場


根が深い木は容易に風に揺れないものだ。
社会全般の雰囲気は言うまでもなく、いわゆる
進歩勢 力の中でも軽薄な議論があふれるこの時代に
歴史を深く理解することが切実に求められる。
このような考えで
「ソ・ジュンソクの現代史の話」を続けている。
ソ・ジュンソク歴史問題研究所理事長
韓国現代史研究を象徴する人物に選ばれる。
毎月、ソ理事長を訪ね韓国現代史に関する考えを
聞いて読者と共有しようと思う。
八回目の主題は韓日協定だ。<編集者>

(中略:朴正煕―池田勇人会談など)

プレシアン:
朴正煕(パク・チョンヒ)議長が
「私たちの請求権は
 戦争賠償ではないことを確認する」

としたのも論議の的だ。

ソ・ジュンソク:
賠償請求権問題についても軍事政権が
様々なことを十分考慮したかという問題を考える
必要がある。
賠償と関連してサンフランシスコ講和条約が
よく言われる。ところがこの条約を締結する時、
フィリピン、インドネシア、ミャンマー(ビルマ)、
ベトナムがみな招待を受けた。
もちろんこれらの国が
米国、オランダ、英国、フランスの植民
でありながら日本と戦ったことはある。

それでも、
韓国が1910年から1945年まで
独立軍活動や独立運動で
日帝と戦った
ことと、
これらの国々が少しの間、戦ったことは
比較にならないではないか。
それでも韓国は招待を受けることもできなかった。
(中国と北朝鮮も招待されなかった。
 対日講和条約はこのように
 日帝侵略の最大被害者であり
 最も激烈に対立して戦った国々を
 排除したまま締結された。<編集者>)
このような点を考えなければならない。

もう一つ、
賠償と関連して
多くの韓国人によく分からない問題がある。

サンフランシスコ講和条約で最も直接的積極的に
韓国の参加を防いだのは日本だ。
ところが日本はどういう理由で防いだのか、
これをよく知らなければならない。
2001年、日本のテレビ朝日が報道したものだが、
その報道によれば
ジョン・フォスター・ダレス米国国務部特別顧問、
後に米国国務部長官になる人だが、
この人はサンフランシスコ講和条約の草案担当特使
だった。この人の草案には韓国を対日戦勝国
と明記していた。
ところがこの人が吉田茂総理に説得され
韓国が調印国に参加できなくなった。

吉田茂総理は非常に強く反対した。
吉田茂は韓国が調印国に参加してはならない理由を
文書で提示したが、このようになっている。
韓国は日本と戦争状態になかったため、
 聨合国の一員と認定できない。

これはフィリピン、インドネシアなどについても
同じように言えることだ。
(吉田茂の論理のとおりなら、
 フィリピン、インドネシアなども韓国と同じように
 排除すべきだったが、
 そうはしなかった。<編集者>)

そして韓国の独立軍
日本とずっと戦っていたではないか。

これをどう見るかという問題だったが、
日本側はそう主張して韓国の参加を防いだ。

さらに大きな理由はまさにその後に出てくる。
「韓国が調印国になれば
 韓国人が聨合国と同等な
 財産請求権と賠償金を
 主張するだろう。
 在日韓国人は100万人にもなるが、
 この人々が証明できない
 過度な賠償請求をする場合

 日本は混乱を避けられない」

こういう話をする。
(さらに吉田茂は
 日本にいる韓国人が大部分、
 共産主義者と主張した。

 事実と無関係に米国が拒否感を示す話だ。
 吉田茂とダレスは1951年4月23日、
 韓国をサンフランシスコ講和条約から排除する
 という内容の覚書を締結した。<編集者>)
(中略)

日帝35年支配に対抗しても、
賠償を一銭も受けられなかった韓国


プレシアン:
日本に35年間踏みにじられたうえ、1951年には
日本とアメリカの八百長にまたひどく被害を
うけたわけだ。
場合が違うが、1905年の桂-タフト密約
(日本は米国のフィリピン支配を、米国は
 日本の韓国支配を認めるという密約)
を思い出させる。

ソ・ジュンソク:
韓国と中国は他のどこの国よりも
賠償を強く要求できる国だ。
ところがパク・チョンヒ軍事政府はとてもはやく
賠償問題をあきらめ、請求権交渉に入ったばかりか、
請求権交渉さえすぐに金額問題に入ってしまう。'
良い条件にしてくれれば良い'という姿勢だ。


(引用ここまで)


日本のサヨクも何だが・・・
韓国のサヨクも相当頭がイカレている・・・

★大韓民国臨時政府
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD%E8%87%A8%E6%99%82%E6%94%BF%E5%BA%9C
■財政
 財政的には初期には朝鮮各地からの
 献金が主体であったが、
 1932年以降、蒋介石の国民政府が
 金九個人に対する支援金を支給し、
 重慶時代には中国政府から臨時政府に
 公然と支給された支援金が主な財源であった。


★韓国には、「建国記念日」が無い
 シンシアリーのブログ 2014-09-03
 http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11919278114.html
(略)
シンシアリーの持論の一つに、
「臨時政府を正統性のある政府
 と認めているせいで、
 大韓民国の正統性そのものが
 危ない」
というのがあります。
(中略)
北朝鮮が国(正統政府)になると
韓国は違法団体になるし、
韓国が国になると北朝鮮が違法団体になります。

基本的には北朝鮮も同じだとは思いますが、
韓国は

朝鮮→大韓帝国→併合時代→大韓民国という
歴史の事実を認めず、

朝鮮→大韓帝国→臨時政府→大韓民国という
「反日(抗日)」の歴史を主張しています。

これがアダになるわけですね。

臨時政府というのは
土地の国有化などを掲げた団体であり、
どうみても共産主義者たちです。

あれを「正しく」受け継いだのが
キタとミナミのどちらなのかは一目瞭然。

何度も引用した韓国の憲法前文、
そのもっとも初期のものを見ると、
大韓民国の建国が1919年になっています。
1919年に臨時政府が設立されたからです。

後で無理があると判断したのか、
この記述は消え、今では
「継承したのは抗日精神だけだ」
というスタンスを取っている韓国ですが、
今でも
臨時政府の法統
(正統性などを受け継ぐという意味)
を受け継ぐという記述が残っています。
(引用ここまで)

★1945年12月17日の東亜日報:
 臨時政府が
 「土地と企業は国有化」と明言

 http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11932513681.html

★韓国が正統政府としている
 「臨時政府」は、
 実は共産主義者の集まりだった?

 http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11601003218.html




と、シンシアリーさんが解り易く解説しているように
「上海臨時政府」というのは、国でも何でもなく
単なる共産主義者のテロ組織団体ですね。

さらに吉田茂は
 日本にいる韓国人が大部分、
 共産主義者と主張した。


★戦後の共産党と
 地下組織「祖国戦線」

 http://www.peoplelink.jp/kyousanhtml.html

★「日本共産党史」から消された
 「朝鮮総連」結成秘話

 ジャーナリスト 林 玲
 http://hogetest.exblog.jp/5636070/ 

★朝鮮総連のルーツは
 日本共産党の下部組織

 http://www26.atwiki.jp/crescent_castle/pages/526.html

★日本共産党と
 朝鮮労働党との関係史

 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/chosen2.htm#m7

★日本共産党の戦後秘史(1)
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/hyomoto.htm

★金天海
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%A4%A9%E6%B5%B7

★反日亡国論と窮民革命論と
 在日朝鮮人連盟と

 http://blog.livedoor.jp/whokilledxxxxx/tag/%E9%87%91%E5%A4%A9%E6%B5%B7
(略)
1946年1月に金天海の号令の元
在日朝鮮民主青年同盟により統合されました
ただ基本的に在日朝鮮民主青年同盟は
「開放民族」を自称した為に
「戦勝国民」としての在日朝鮮人の権利の
死守するために行政への脅迫により
2重3重の米の配給を求め
神奈川税務署職員殉死事件などが多発し
武生事件では裁判所や検察庁を焼き討ちにし
朝鮮人の蛮行を報道すると
新潟日報襲撃事件など報道機関への襲撃しました

金天海のカリスマ性は凄まじく
在日朝鮮人連盟に加入を拒む在日朝鮮人団体が
あると聞かされた時に
「説得するからオレの前に連れて来い」
と金天海は云っただけなのですが
ナゼか
在日朝鮮民主青年同盟は
「生死を問わず拉致して来い」と判断したらしく
約100名が日本刀や拳銃で武装しトラック3台に分乗し
川崎のGHQ検問を強行突破し団体を襲撃する
という事件を起こす程です(笑)

ソレほど荒々しい集団ですので
在日朝鮮人への物資供給を優先するべきと
首相官邸襲撃事件を起こし
覚醒剤密造の72%が在日朝鮮人による組織的な
モノである事も判明し
在日朝鮮人で有罪になった者が終戦後3年で9万人を超え

ついにはGHQによって
1950年に「戦勝国民では無い
との結論付けられ

在日朝鮮人連盟と在日朝鮮民主青年同盟は
単なる「暴力主義団体」として解散を命じられました

1950年1月より外国人登録証の更新及び
未登録者の強制連行が行われると
解散させられた在日朝鮮人連盟は
「朝鮮祖国防衛委員会中央本部」通称
「祖防隊」を結成します


全国の在日朝鮮人集住地区(朝鮮部落)に
訓練所を設置し、密入国者や社会に不満を持つ
在日朝鮮人を勧誘して祖防隊に引き入れ
共産主義の思想教育や軍事訓練を行います

祖防隊員は
日本共産党の山村工作隊中核自衛隊と共に
日本各地で韓国向けの軍需物資の輸送を
妨害を目的として
下関事件浅草米兵暴行事件吹田事件などに
代表される工場襲撃や暴動
親子爆弾事件や枚方事件などに代表される
放火や爆破事件など非合法な階級闘争を展開します

(続きはリンク先で)



★日韓のWikipediaを比較する
 大韓民国臨時政府

 http://wikipedia.hatenablog.com/entry/2013/08/21/120140
(略)
大韓民国臨時政府が連合国の一員で
あるかどうかについては、
国民党政府や米国OSSの命を受けて
テロ(天皇爆殺未遂事件)や窃盗を行った

という史実もあり、
全く縁がないとは言えないようです。

これらをもって、
「連合国の一員」と主張することは、
当事者の立場からすればそういいたくなる
ことなのかなと思います。
もちろん無理のある主張だと思いますが。。。
(続きはリンク先で)



★従軍慰安婦
 ~OSS「日本計画」~

 http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/archive/2011/10/13
 oss.jpg



中国国民党政府や米国OSSの命を受けて
テロ(天皇爆殺未遂事件)や窃盗を行った
大韓民国臨時政府が
サンフランシスコ講和条約に呼ばれず
一銭も賠償金を受けられなかったのは
オカシイnida!
賠償金を寄こせ~~~~とな・・・

いい加減にしろっての!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

名無しさん@ニュース2ch

・彼らは金と背伸びの人達だから、また韓国を世界最貧国の一つの状態に戻して差し上げたらいいと思う。身の程を知るように。政治はおいておいて民間交流と経済交流だけすればよいって言ってるグローバリストサヨクたちがいるけど、それこそ彼らの用日支援をするようなもの。一番に経済交流をフェイドアウトするのが良策。おおげさに断交ってやらずに企業や一般人の力で自然と。

・当時の在日の大方がそうだったのかは分からないけど、一部共産主義者がいたのは事実だろうし、だから日本人共産主義者とともに関東大震災の時も暴れたわけで。彼らが暴れたのがスタートなのに保守っぽい人達でもデマだって誤解している人達がいるのがなんだかなぁと。

2014-10-05 (Sun) 04:58 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

日帝と激烈に戦いながら軽々と20万人もの婦女子を攫われ、
戦後しばらく抗議もせず朝日新聞が焚きつけるまで黙りだった辻褄を
どう合わせるのか
韓国の人に聞いてみたいです。

2014-10-05 (Sun) 13:24 | EDIT | REPLY |   

DUCE

>日帝35年支配に対抗しても、
賠償を一銭も受けられなかった韓国

よしんばあいつらの行為を終始日本に対する敵対行為と位置付けられても、それは第二次世界大戦における連合国の一員とは別物ですよ。第二次世界大戦以前には日本とよしみを持っていた国もあった訳だし、一方的にトンスルどもをひいきできるはずもないでしょう。
そんな事が出来れば、吉田茂の主張通り、アメリカなどとしても、ブーメランになってしまいますからね。

チョッパリけしからんニダ。<#`Д´>ノ == ●

========== ●)) `Д´>アイーゴ

2014-10-05 (Sun) 15:49 | EDIT | REPLY |   

ばかんこくは基地外

朝鮮塵はWWⅡを日本人として闘いました
なので、抗日戦争...云々は嘘っぱち
サンフランシスコ平和条約に批准していない
のは、WWⅡの時に日本人だったので呼ばれないのは当たり前
賠償請求権がないのも当たり前

2014-10-08 (Wed) 13:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply