韓流研究室

ARTICLE PAGE

舛添都知事 韓国人学校新設で「用地など検討中」

★舛添都知事 韓国人学校新設で
 「用地など検討中」

 聯合ニュース 2014/09/30 12:01
 
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/09/30/0200000000AJP20140930001600882.HTML
【ソウル聯合ニュース】
舛添要一東京都知事は韓国の朴槿恵(パク・クネ)
大統領が協力を要請した韓国人学校の新設について、
「どういう土地が空いているかなど、
 今検討している」と述べた。
東京都庁で29日に行った聯合ニュースとの
インタビューで明らかにした。

舛添氏は
「朴大統領も大変心配していた。
 具体的には決めていないが、
 着々と進めているところ」と説明。
ソウルに日本人学校を設立する際は
韓国側の協力を受け

日本に韓国人学校を建てるなら
東京都が協力するのは「当たり前」として、
「良い答えが出るよう努力したい」と強調した。


在日韓国人らに対する「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)
に対しては「許してはならない」とした上で、
規制が必要との考えを示した。
ただ、東京都だけで規制しても別の地域で
ヘイトスピーチが行われる可能性があるため、
「日本国全体として規制すべきだ」と述べた。
安倍晋三首相にこうした意向を伝え、
自民党も規制を検討しているという。
規制が表現の自由を侵害するとの指摘については、
「基本的人権の侵害に当たるため、
 表現の自由とは相容れない問題」
との認識を明らかにした。

 旧日本軍の慰安婦問題など、歴史認識を
めぐる問題に関しては
「戦争の時期の歴史研究を
 もっとやらなければいけない」とし、
具体的な言及は避けた。
朝日新聞が慰安婦報道の一部を取り消したこと
については、「反省してほしい」と述べた。

 舛添氏は都知事として政府間の関係が
冷え込んでいる韓国、中国などとの都市外交を
展開している。
7月に韓国を訪問した際は朴大統領と面会し、
安倍首相のメッセージを伝えたほか、
ヘイトスピーチに厳しく対応していく考えを
強調して注目を集めた。
(引用ここまで)



★舛添東京知事の
 接見室のハングル併記名札

 聯合ニュース(韓国語) 2014/09/30)
 http://www.yonhapnews.co.kr/photos/1990000000.html?cid=PYH20140930024800073
 特定アジアニュース
 http://specificasia.blog.jp/archives/1010267410.html
masuzoe859060cc.jpg
29日、聯合ニュース東京特派員と
インタビューをした舛添知事は、
韓国の人々との記念写真、韓国関連記念品、
韓国画家の絵などを見せ、
韓国に対する深い関心を表明した。

(中略)
--7月に舛添知事が訪韓した際、
 パク・クネ大統領が東京の第2韓国学校建設
 に協力することを要請した。
 敷地の確保など現在どんな状態なのか。


▲基本的には韓国、日本の国民皆、
 全世界で活躍している中、
 大きな都市のどこでも日本学校、韓国学校がある。
 私たちがソウルで日本学校を設立する際も
 韓国の領土を借りてお世話になるが

 それは相互で当たり前のことである。

それは互いに支援することを基本としていく
という立場で、まだ具体的なことは決まっていないが、
どんな土地が空いているのかなどを検討している。
パク大統領もこの問題に対して非常に心配していた。
学校は東京都に建てるだけに
東京都知事としての権限があるため、
今、様々な候補に関して詳しく検討している段階だ。
具体的には決まっていないが着々と進めている。


ソウルで日本人学校を広げたいと
私たちがソウル市長などにお願いする時、
それを知らないことと言いはしないと考える。
お互いさまなので良い答が出てくるように努力する。


--新大久保の韓国人タウンが、
 有名韓国レストランの最近の閉店に示すように
 困難を経験している。
 嫌韓デモも影響を及ぼしたと考えるが、
 韓国人商店街を生かす策を検討しているのか


▲ヘイトスピーチが消え、日韓関係が
 良くなれば自然に回復すると見える。
 新大久保が衰退しているということは
 韓日関係の悪化の象徴的なことと考える。
 全体的な日韓関係を良くさせれば
 新大久保も復活することができると考えて、
 努力したい。


--最近、朝日新聞が軍慰安婦関連の
 一部報道を取り消したが、これを契機に
 日本国内で様々な問題が起きている。
 知事は軍慰安婦問題に対して
 どのように認識しているのか。


▲まず朝日新聞がまともに取材しないまま、
 あのような記事を書いたことは
 反省しなくてはいけない。

戦争時期の歴史研究をもっとしなければならない
と考える。日韓の歴史研究者がより謙虚に
歴史研究をすることが重要で、
どのような部分に明るい部分があり、
どのような部分に暗い部分があるのかということを
議論する必要があると考える。

私の父が(1930年代)市議会選挙に出馬した際に
選挙ポスターにハングルがあったという事実は
私が研究するまで誰も研究しなかった。
韓国人の立場では日帝時代に(日本で)
ハングルのポスターというのはありえないと
考えるだろうが実際にあった。
植民地時代の韓国人は日本国民と見なされたので
(日本国内の朝鮮人に)選挙権があったのだ。
しかし、批判的に見ようとするなら
「自分勝手に日本人にしておいて、
 選挙権を与えられてもうれしくない」
という意見もあっただろう。
このようにポスター一つだけ見ても多角的な意見がある。

基本は相手の立場を考えることが重要だ。
例えば植民地になるのは
決して楽しいことではなく、名前を変えること
(創氏改名)も良いことでない。

私は(軍慰安婦問題に対しても)
再び研究を実施した後、安倍総理とパク大統領が
胸襟を開いて議論をして、この問題をどのような形で
解決できるか、その時点でどんな政治的リーダー
シップを発揮すれば良いのかなどを議論しなければ
ならないと考える。
そのために安倍総理の考えを朴大統領に伝えたし、
朴大統領の考えも安倍総理に伝えた。
(取材補助:イワイ・リナ通信員)



>ソウルに日本人学校を設立する際は
 韓国側の協力を受け


ソウル日本人学校の設立経緯を調べたら
確かに、 韓国側の協力を受けています。

★ソウル日本人学校 
 新築移転に際して

 岩崎社長
 -「協会報」2009年10月号『ハローソウル』より転載
 ソウル日本人学校 学校運営委員長
 韓国伊藤忠(株) 代表理事社長 岩崎 在宏
 http://www.jke.or.jp/column/column_inside.php?id=768


要約しますと
■1972年
 ソウル駐在員が漢南洞のビルの2Fを借りて開校、

■1980年
 ソウル江南区開浦洞に校地を取得し校舎を建設・移転
 建設当時は、道路整備もされておらず
 田んぼの畦道に車を走らせて下見に行く様な場所
 ソウル市より学校用地として安い値段で
 払い下げてもらった

 但し、多数の父兄が住む東二村洞地区からの
 バス通学には40分から50分もかかり、
 子供たちにとって大きな負担となっていた。

その後、
この地域は急激に発展し、高級マンションが立ち並び
地価が上昇する・・・

■2005年
 校舎の老朽化も目立って来た為、
 学校の土地・建物を所有するソウル・ジャパン・クラブ
 (SJC)では、学校立替プロジェクト・チームが結成
 ソウルでは、現在地の土地価格が高騰していたので
 この土地を売却して他の地域に廉価な土地を購入し
 その差額の剰余金で建物を建設するアイデアが
 検討される。

■2008年
 李明博大統領が外国からの投資誘致を推進するため
 外国人学校の整備を指示
 ソウル市で新設された競争力強化本部内グローバル
 支援チームが、本プロジェクトを支援
 現在地を、周辺に居住する外国人学校用地として
 SJCより買い上げ、一方で ソウル市側はDMC開発地域
 に確保している外国人学校用地を日本人学校用に売却
 SJCはその差額の剰余金を使い新築校舎を建設する
 スワップ取引の形での推進が決定
 ソウル市議会での承認も取れ契約締結目前の
 最終段階に入った時点で、ソウル市内部で慎重論が
 出て、3ヶ月程計画がストップ

■2009年
 7月30日、ソウル市麻浦区上岩洞DMC
 (Digital Media City)に於いて、
 ソウル日本人学校の新築工事起工式

■2010年
 9月14日、新校舎に移転
 http://www.nikkenren.com/kenchiku/sb/pdf/21-002.pdf
 江南区開浦洞の旧学校地は、現在ソウル市が
 英語圏の外国人学校を設立すべく誘致中

*ソウルDMC開発地域
 http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/report/2005/seoul050601.html
DMCが立地するソウルの上岩洞(サンアムドン)の
蘭芝島(ナンジド)地区は、
1978年から1993年にかけてゴミ集積場として
使われていた。
ソウルの一般廃棄物がここに積み重なり、
その高さが95m、長さが2kmにも及ぶ人工の山と化した。


ソウル市では、1996年からこの地域に、
ごみ埋め立てによる環境汚染防止施設を設けるとともに、
この地域における開発事業を留保するなど、
安定化事業に着手した。
安定化事業とは、崩壊の恐れのある傾斜面を補強する
と同時に、ごみの山から発生する浸出水を最大限抑える
とともに発生したガスを、ガス孔を通して集める作業の
ことをいう。集められたガスは同地域に立地している
「ソウルワールドカップ競技場(*4)」及び「上岩宅地開発
地区」の暖房のためのエネルギー源として利用される
ようになった。

その後1997年には、この地域が宅地開発事業地区に
指定され、1998年に高健(コ・ゴン)前市長が就任すると、
「新ソウルタウン造成」の方針を発表し、基本計画に
着手した。また、この基本計画に基づいて、
「ミレニアム・シティ(上岩新千年新都市)(*5)」の
基本計画が策定された。
この計画は、「情報都市・生態都市・関門都市」の実現
を目標としており、後に「ワールドカップ公園」、
「環境親和的住居団地」、
「デジタル・メディア・シティ(DMC)」の3つの
具体的プロジェクトとして推進されるようになった。
(引用ここまで)


★<随筆>◇新・ソウル日本人学校◇ 
 産経新聞 黒田勝弘 ソウル支局長

 東洋経済日報 2009/08/07
 http://www.toyo-keizai.co.jp/news/essay/2009/post_2742.php
(略)
 当時、よく水害になった地域に漢江沿いの
麻浦区望遠洞(マンウォンドン)がある。
現在、地下鉄6号線の「ワールドカップ競技場」駅の
一つ手前だ。今は大型排水施設があり
水害から解放されている。
ここからすぐ下流が「蘭芝島(ナンジド)」で、
一九七〇年代から一九九三年まで十五年間、
ソウル市のゴミ処理場になっていた。
東京湾の「夢の島」の韓国版だ。

 当時、「ナンジド」にはゴミをあさって
生活している人たちがたくさん住んでいて、
よくルポの対象になった。
「漢江の奇跡」といわれた高度経済成長の
表と裏というわけだ。
知り合いの女性ルポライター柳在順氏に
「ナンジドの人びと」という初期の作品があるが、
彼女はそこでの住み込み取材で妙な病気にかかり
苦労している。というわけで韓国人にとって
「ナンジド」のイメージは決してよくなかった。
「ナンジド」がゴミ処理場を脱してさらに十五年。
一帯は高さ百メートル近い台形の丘になり、
草木がおい茂る公園になっている。

金浦空港や仁川空港からソウル市内に向かう際、
漢江沿いに見える小高い緑の山がそうだ。
しかし今や「ナンジド」といっても
「それ、どこ?」と知らない人が増えている。
(中略)
その後、「DMC(デジタル・メディア・シティ)」として
開発、造成が進みつつある。
すでにモダンな高層ビルや高層マンションが
林立するニュータウンになっている。
この「DMC」で先ごろ、新しいソウル日本人学校
の起工式が行われた。
江南区開浦洞からの移転だが、
「DMC」を国際化したいソウル市にとっては
大歓迎だ。

新校舎は最先端のデザインで、来年九月の
開校時にはさらに話題になりそうだ。
(引用ここまで)
---------------------------------------------------
ソウル市に優遇されたというよりも
地価が高騰する江南地区に英語圏の学校を
誘致したいソウル市
ゴミの埋めて地で、ゴミをあさる住民がいた
イメージの悪い韓国版「夢の島」のスラム街を
一転させて、国際化した最新エリアにしたい
ソウル市との、土地スワップ計画・・・

たった25年で「老朽化により建て替え」というが
実際は、裏で色々と駆け引きが有ったのでは?
優遇されたというより、
両者の思惑が一致した、Win・Winの
土地の交換だったと思います。



さて、日本人居住地から遠く、
道路整備もされていない田んぼの畦道を
ガタガタと40~50分も掛けてバス通学せざるを
得ない開浦洞の土地を、ソウル市から
安く払い下げて貰ったという旧校舎では
こんな事が有りました。

★ソウル日本人学校
 園児襲撃事件

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E5%9C%92%E5%85%90%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6
2004年1月29日、ソウル日本人学校前で
通学バスから降りた同校の幼稚園児2人が、
待ち伏せしていた韓国人の男(慶尚北道在住、無職)
に襲われ、うち1人が斧で頭を殴られた
男は別の園児を襲おうとしたが、学校の警備員に
羽交い締めにされ、取り押さえられた。

男は、犯行の前日に飲食店で焼酎を飲んだ際に
「日本語を話す男3人とけんかになり、
 腹などを殴られ、腹が立った」ことで犯行を思い立ち、
斧は犯行直前に購入した旨を供述した。
警察当局は「事件当時、男はまだ酔った状態だった」
として、政治的な背景については否定した。
また、男の体に暴行の形跡が無く、男の精神状態が
不安定で供述内容も一貫性を欠くとして、
供述の信用性は低いと判断した。

犯人が過去に精神疾患の治療を受けていたため、
警察は男の精神鑑定を行う一方、殺人未遂容疑で
身柄を拘束した。検察は殺人未遂罪で起訴し、
同年4月1日ソウル地方法院は犯人に懲役4年
判決を言い渡した。
判決では、
「抵抗力のない幼稚園児の頭を攻撃したことから、
 殺意がなかったとは言いがたい」としながらも、
心神耗弱状態だったことを認め、
量刑を考慮したという。


頭蓋骨陥没骨折の重傷を負った園児は
手術を受け回復した。
男は事件後メディアの取材に対して
「へぇー子供が怪我したのか 
 でも日本人でしょ」
と語っている。
(引用ここまで)

★韓国日本人学校襲撃事件
 http://www.geocities.jp/koreanurupo/
■30代の男が日本人幼児を鈍器で殴る

ソウル・水西(スソ)警察署は29日、
日本人に殴られたとして日本人幼児2人を鈍器で
殴った疑い(殺人未遂)で朴某(36)容疑者の
拘束令状を申請した。
警察によると、朴容疑者は同日午前10時ごろ、
ソウル・江南(カンナム)区の日本人学校前で
幼稚園の通学バスから降りた日本人の女児(6)と
男児(5)2人の頭を用意していた鈍器で殴った
疑いが持たれている。

(中略)
■被害の園児、手術の経過は順調
日本人幼稚園児がおので襲われた事件を
捜査中のソウル水西(スソ)警察署は30日、
「11月にも日本人小学生が
 拉致されそうになる事件があった」

と明らかにした。

 警察関係者は
「当時、車に乗った女性が、
 ソウル日本人学校の前で、
小学生男児の腕を引っ張って
 連れて行こうとしていた」
と述べた。

02年11月には、ある男が保護者5人に
「われわれは日本人を殺す集団だ。
 お前たちを襲う」
と、
たどたどしい日本語で脅迫電話をかけていたという。

hannin1.jpg

ax3.jpg

ありゃりゃ、
日本での”ヘイトスピーチ”なんざ
本当に実行しちゃう韓国に比べたら
口だけでしたねぇ・・・
ヘイトクライムを実行した韓国人と違って、
日本人は「殺す」なんて言ってはいけません!
ソウルでは、
こんな大変な思いをしているのですから・・・

★帰国報告
 ~大韓民国・ソウル日本人学校~

 http://zenkaiken.jp/hokaido/kikokuhoukoku/2010/201101-08-SEL-Mr.Kawamura.pdf
③危機管理について
・北朝鮮とは停戦状態。
・2004 年1 月29 日,日本人学校前で通学バスから 
 降りた幼稚園児2 人が待ち伏せしていた
 現地の男に襲われ,うち一人が斧で頭を殴られる
 事故が起きた。
 
 正門入り口の様子
・日本大使館領事部の方を講師に招き,
 職員の安全研修(国内の情勢並びに不審者
 対応について)を毎年行っていた。
 朝の通学時間帯は3 名,帰りは2名,夜間は1名
 の警備員が常駐。
 また,訪問者もここでチェックを受けてから校内へ
 入るシステムになっていた。
 学校の周囲全体が網の塀で囲まれていて
 外部からの侵入はできないようになっていた。

(中略)
☆緊急下校訓練~
 年に2回、緊急時に備えて行われる
 集団緊急下校訓練





日本では、日本駐在の韓国人の子弟には
民主党のお蔭で「子供手当」が支給されましたが
韓国在住の日本人の子供達は大変らしい・・・

★ソウル日本人学校の授業料!
 http://plaza.rakuten.co.jp/shshi/diary/201202170000/
(略)
2012年4月からの授業料

第1子 (小学2年生)

月額授業料    240,000ウオン
校舎修繕積立金  50,000ウオン
冷暖房費     20,000ウオン
バス代      105,000ウオン

計   415,000ウオン

第2子 3歳(幼稚園年少)
入学金      500,000ウオン(4月のみ)
月額授業料    400,000ウオン
校舎修繕積立金  50,000ウオン
冷暖房費     20,000ウオン
バス代      105,000ウオン

第2子計  575,000ウオン

2人計 990,000ウオンとなります。

(続きはリンク先で)


日本の市民団体の中には
ソウル日本人学校がソウル市の”温情”で
優遇されて新校舎建設が出来たのに
「朝鮮学校の高校無償化対象外」はおかしい!
と、主張する人々がいます。
(韓国学校は無償ですよね)
地方自治体が
朝鮮学校への補助金を打ち切るのも
民族差別だ!と国連人権委員会に訴えます。

どの国の外国人学校も
その国の”領土”を借りて学校を設立します。
それは、どの国もお互い様ですね。
では、他国の地方自治体が、
日本人学校に補助金を出しているのかしら?
他国では、日本人学校の高校生は
授業料が無償なのかしら????
と疑問に思ってしまう・・・



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

青林堂 @seirindo_book · 9月29日

「大嫌韓時代」発売たちまち重版決定!
アマゾン1位の他、楽天などでも政治部門1位です。
書泉グランデさんは初回分完売となりました。
地方の書店様からも多数ご注文をいただいております。
書店にもどうぞ足をお運び下さい。

「大嫌韓時代」桜井誠 http://goo.gl/aHn8v7

2014-10-01 (Wed) 09:19 | EDIT | REPLY |   

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014-10-01 (Wed) 13:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply