韓流研究室

ARTICLE PAGE

報ステ、川内原発報道の悪質な誤報と偏向編集を認め謝罪

★「報ステは誤報」規制委、
 川内原発報道で訂正・謝罪要求 
 テレ朝、12日の番組で説明へ

 産経新聞 2014.9.12 19:15 [メディア]
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140912/dst14091219150011-n1.htm
 原子力規制委員会は12日、
九州電力川内(せんだい)原発1、2号機
(鹿児島県)の「合格証」交付について
10日に放映したテレビ朝日系「報道ステーション」
に対し、事実誤認と意図的な偏向編集があるとして、
訂正と謝罪を要求したことを明らかにした。
テレ朝は12日の番組で説明するという。

 規制委によると、
番組の中で、竜巻の審査ガイドの修正
「火山ガイドの修正」と間違って報道。
ナレーターが
「審査基準を修正するのならそのまま合格とせず、
 修正した正しい基準で再審査すべきではないのか」

と主張した。

 さらに
田中俊一委員長の会見で、
火山の質問に答えている
にもかかわらず、
別の質問に対する
「答える必要がない」という
回答になるよう編集した。

原子力規制庁幹部は
「編集権は尊重するが、
 今回は委員長をおとしめる
 中傷と考えている」
と話した。

 テレビ朝日広報部は産経新聞の取材に対し、
誤解を与える表現や誤った印象を与えてしまい
 申し訳なく、田中委員長をはじめ関係者に
 おわびします」
とコメントし、
訂正と謝罪を番組で放映することを明らかにした。

(引用ここまで)


★9月10日放送分の
 報道ステーション(テレビ朝日)
 での報道について

 平成26年9月11日 原子力規制委員会
 http://www.nsr.go.jp/news/26/09/0911.html




>田中俊一委員長の会見で、
 火山の質問に答えている
 にもかかわらず、
 別の質問に対する
 「答える必要がない」という
 回答になるよう編集した。


恐ろしく意図的な、偏向編集です・・・
これは、誤報なんかじゃないでしょう?

意図的な、世論操作を狙った工作!

  

★テレ朝が事実誤認と謝罪 
 報道ステーションの川内原発報道

 東京新聞 2014年9月12日 23時54分
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014091201001962.html
 テレビ朝日は12日夜のニュース番組
「報道ステーション」で、九州電力川内原発1、2号機
(鹿児島県)の新規制基準への適合に関する
報道内容に関し、
事実誤認と不適切な編集があったと謝罪した。

 古舘伊知郎キャスターは
「2点について大きな間違いを犯した。
 心からおわび申し上げます」
と述べた。

 謝罪したのは10日の同番組の報道で、
原子力規制委員会の田中俊一委員長の
記者会見内容を誤って伝えたという。


 規制委の審査書案でミスが見つかった
竜巻の影響評価ガイドに関する質疑の内容を、
火山のものと誤解して放送。
規制委がテレビ朝日に訂正と謝罪を求めていた。

(共同)

  aca37469-s.jpg
  as767d251d-s.jpg
 as9b001363-s.jpg

  

  as059d09d4.jpg
  誤解招く表現ではなく、
  誤解させようとした編集だろが!





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

忘れられないこと

報ステなんて何年、10数年も見ていないけど、もう訂正もお詫びも許せない卑怯さてす。
誤解とかで済ませてその場を過ごせば何の支障なく今まで通り。報道じゃなくオピニオン番組。
許認可を見直してほしい。そういう仕組みは無いのでしょうか?

徹底的に嫌になったのは、鳥インフルエンザ発生の時。
卵生産組合?の会長?だったかを自殺に追い込んだしつこい取材、記者会見。
マスコミ対応なんて言葉もない時代。
当時、一番心配だったのは卵食の健康被害は?って事で、加熱すれば大丈夫とのことでした。
会長?さんの農場が感染後も出荷した事で責められ、連日の会見が続いた後、自ら命を絶ちました。奥さんと。

毎日の会見が続いたある日、会見が終わり歩いている時もカメラとマイクを向けられ、ポツリと「もう1時間以上も同じ話をしている…。同じ質問を…。」と話されていました。

業界のトップの立場とはいえ、農家のおじいさんで、鳥インフルエンザなんて例がなかったし、科学的対処もわからなかったと思います。

出荷した事へのお詫びも無視していた感がある連日の報道でした。
奥様とどんな話をされたのか。。。奥様の気持ちも思うと涙が出ました。2人で責任をとる決意だったのでしょう。。。
自殺を軽く伝えた後は鳥インフルエンザのニュース自体がフェイドアウトしました。

何となくですが、いつも作業着で髪もそのままのおじいさんを見下し、詰問口調、どんなに追い詰めてもいいと思っているような印象を記者に感じました。
農家の爺、自分たちエリート。
とにかく忘れられません。涙。

2014-09-13 (Sat) 09:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply