韓流研究室

ARTICLE PAGE

福島みずほ氏 慰安婦裁判で朝日の虚報に合わせ証言工作疑惑

★福島みずほ氏 慰安婦裁判で
 朝日の虚報に合わせ証言工作疑惑

 NEWSポストセブン2014.09.04 07:00
 http://www.news-postseven.com/archives/20140904_274202.html
 朝日新聞が
「韓国の女性を慰安婦にするため
 強制連行した

という証言が虚偽だったことをようやく認めたが、
同紙の検証は重大な疑念を残すものだった。

 慰安婦問題で忘れてならないのは
日本の“人権派”の存在だ。
日本政府を相手取った慰安婦による賠償訴訟で
弁護団の一員だったのが、後に国政に転じ、
社民党代表となる参議院議員・福島みずほ氏だ。
1991年1月に代表発起人として
「『従軍慰安婦』問題を考える会」を発足させ、
関係者から慰安婦についての
聞き取りを行なっていた。

 福島氏には説明すべき疑惑がある。
1991年に朝日新聞紙上で元慰安婦として証言した
金学順さんは最初の会見では
「14歳で親にキーセンに売られた」
と語っていた。
にもかかわらず、
その後、福島氏が弁護人を務めた裁判の中で
「軍人に無理矢理
 慰安所に連れて行かれた」
と証言を変えた。

朝日の虚報に合わせて裁判を有利にしようと
工作した疑いがある。

 この問題について福島氏は
だんまりを決め込んでいる。

多忙を理由に本誌の取材に応じなかった。
朝日新聞OBで
『朝日新聞元ソウル特派員が見た
 「慰安婦虚報」の真実』
(小学館刊)を上梓した
前川惠司氏のインタビュー依頼にも応じなかった。
前川氏がこう語る。

「1992年8月にソウルで開かれた
 『挺身隊問題アジア連帯会議
 での発言について
 取材を申し込みました。
 各国の慰安婦関係者が集まった会議で
 台湾代表が
 個人賠償を求めない姿勢を表明したり、
 インドに来たタイ人女性が
 『英国兵は日本兵よりもっと酷いことをした』
 といった主張をした際に、
 
 福島さんが
 『余計なことをいうな!』
 と野次った
とも報じられました
  (産経新聞、2014年5月25日付)。

 それが事実かの確認のために
 取材申請を出しましたが、
 スケジュール担当の秘書から『連絡する』
 といわれたきりです」

(引用ここまで)


★慰安婦問題の「主犯」は
 福島瑞穂弁護士

 池田信夫blog 2012年08月17日01:15
 http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51804890.html
(引用開始)
慰安婦問題の特異性は、
日本人が創作した話だということだ。
ふつう「私が犯罪者だ」と嘘をつく人はいないが、
奇妙なことに戦争についてはそういう「詐話師」がいる。
この問題の発端となった吉田清治がその最たるもので、
彼の『私の戦争犯罪』には、済州島で「慰安婦狩り」をした
様子が詳細に書かれているが、なんとすべて嘘なのだ。
本人ものちに「フィクションだ」と認めた。

ところが吉田の話に目をつけて
日本政府を相手に訴訟を起こそうとしたのが、
福島瑞穂氏や高木健一氏などの弁護士
で、
彼らは韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。


そこで見つけたのが金学順で、
彼女はNHKにも出演して
「親に売られてキーセンになり、
 義父に連れられて
 日本軍の慰安所に行った」

と証言した。
この話をNHKに売り込んできたのが福島氏で、
彼女は金にせりふを教えていた。
目的は、軍票(敗戦で無効になった)で支払われた
給与の賠償だった。

しかし朝日新聞の植村記者がこれを
(吉田のストーリーにそって)
「女子挺身隊として強制連行された」
誤って報じたため、
福島氏らは訴状を
「軍に連行された」と書き換えた

(だから彼女は「強制連行」が嘘であることを
 知っているはずだ)。
その原告団長は植村記者の義母だったが、
のちに裁判費用を詐取したとして逮捕され、
行方をくらました。

(引用ここまで)


★金学順
 http://wikipedia.db.ss.is.nagoya-u.ac.jp/wiki/%E9%87%91%E5%AD%A6%E9%A0%86
(略)
•1924年:中国の吉林省(当時の満州)に生まれる。
      生後すぐに父が死没。
•1926年(2歳):母と共に平壌(現在の北朝鮮)へ移住 。
•1935年(11歳):母子家庭で貧困のため小学校を中退。
•1938年(14歳):母が再婚、養父とは不仲
•1939年(15歳):40円で妓生を養成する学校の養女に
         そこから妓生巻番(妓生養成学校)に通う
•1941年(17歳):卒業するが年齢が足りず妓生になれず、
          養父に中国ならお金が稼げるだろうと、
          養父に連れられ平壌から中国へ汽車で行く。



韓国挺身隊問題対策協議会の調査によると
この”中国へ汽車で行く”途中に
「日本軍将校に呼び止められ
 トラックで連行される」

という事になっている・・・
養父が中国で稼がせようとして
彼女と一緒に汽車に乗り北京に付いた。
その街中で、日本軍に”連行”されたというのだ。

朝日新聞と違い、韓国のハンギョレ新聞は
1991年5月15日に
「生活が苦しくなった母親によって
 14歳の時に平壌のあるキーセン検番
 (日本でいう置屋)に売られていった。
 三年間の検番生活を終えた金さんが
 初めての就職だと思って、
 検番の義父に連れていかれた所が、
 華北の日本軍300名余りがいる
 部隊の前だった

 という彼女の証言を報道している

元慰安婦のお婆さん達の証言を検証するサイトを
色々見ているが・・・
彼女達は、当初の証言では正直な証言をしている。
支援団体や人権屋弁護士が関わる度に
その証言が、コロコロと変わっていく・・・

多くの元慰安婦のお婆さんは、貧困のために
ろくに小学校には通っていない。
それ故か、語彙が少ない。
だから、彼女達の証言に
『主語』が見当たらない場合が多い。
例えば、よく有る証言に
慰安所にひっぱられた
ひっぱられた先が慰安所だった

あくまでも私の想像なのだが、
彼女達の「ひっぱられた」という言葉の意味は
単に「連れて行かれた」という意味なのだろう。
これが、人権や弁護士などに係ると
「連行された」という証言に変わる。
弁護士などに
「あなたは、連行されたんですね?」
と聞かれても、
シンシアリーさんのブログの、
韓国の文盲状況を読んでみると
「連行」の意味は理解できていないと思われる。
意味が解らないまま「そうだ」と答えれば
無理矢理「連行された」事になる。

では、誰に?
彼女達は当初はちゃんと
「義父に」とか「松本(本名;宗)に」とか
身近な知り合いに
「連れて行かれた」ことを証言している。

日本の、
慰安婦達を支援している団体のサイトで
紹介されていた、当時ナヌムの家で
最高齢だったというお婆さんは
(このサイトは、現在消えている・・・)
「夫に”飲み屋”に売られて、
 嫁ぎ先に残した一人息子に会いたくて
 借金を返すために慰安婦になった」

とプロフィールに書かれていたのだが
この人はキャンペーンには使えなかったのか
有名にはなっていない・・・



★福島瑞穂の慰安婦斡旋犯罪…
 原告を使い回す反日女衒

 東アジア黙示録 2013/10/21
 http://dogma.at.webry.info/201310/article_5.html
河野談話の“決め手”となった証言者の実名が
新たに3人判明。
聞き取り調査16人中5人が係争中の原告だった。
政府調査にも参加し、手駒の自称慰安婦を
使い回したのが、福島瑞穂だった。

 fukusima138234603265514672228.png
(中略)
【聞き取りは1人=1時間半】

「調査を検討するにあたってとても難しかった点は、
 証言者の陳述が論理的に前と後ろが合わない
 場面が珍しくなかったことだ」

ソウル大学の安秉直(アン・ビョンジク)名誉教授は、
そう溜め息をつく。河野談話発表の半年前に南鮮で
発行された証言集『強制で連れて行かれた
朝鮮人軍慰安婦たち』に残る記述である。

中でも調査者たちをたいへん困難にさせたのは、
 証言者が意図的に事実を歪曲している
 と感じられるケースだ


安教授が率いる挺身隊研究会は、
挺対協に申告している自称慰安婦55人のうち、
連絡がついた約40人に聞き取り調査を行った。
調査は、納得できるまで何度も繰り返されたという。

その結果、
証言集に収録した自称慰安婦は、19人にまで減った。
実に半数以上が“使い物”にならなかったのである。

(中略)
ところが、今回の産経スクープで、
安教授らが排除した不採用組が、
日本政府の聞き取り対象に含まれていた
ことが発覚した。

上記の朴福順や盧清子は、証言集から
除外された人物であった。

安教授らの対面調査は、
1992年4月から12月まで9ヵ月に渡った。
その間、挺身隊研究会のメンバー10人以上が、
繰り返し個別調査を実施したのである。

一方、河野談話に繋がる日本政府の
聞き取り調査は、93年7月末の僅か数日間に
過ぎない。しかも、調査終了の5日後という
異常な早さで談話は発表された。
証言を精査する時間はなきに等しかったのだ。

「日本政府調査団の慎重姿勢に
 徐々に心を開いた16人が当時、
 『出所や中身は公表しない
 との約束で口を開いてくれた」


河野洋平は、平成20年に行なわれた読売新聞の
インタビューに対し、そう平然と答えている。
「徐々に心を開いた」など完全な嘘・デタラメだ。
ヒヤリング期間は計16人で1週間にも満たなかった。
(中略)
更に、今回の証言者名判明で、
この政府聞き取り調査に重大な問題が
あった事実が急浮上した。

【原告使い回した反日女衒】

「外政審議室の田中審議官らに
 福島瑞穂弁護士などを加えた
 十人の一行は、
 七月二十六日から三十日にかけ、
 ソウルの太平洋戦争犠牲者遺族会
 の事務所における聞き取り調査に向った」

(後掲書254頁)
慰安婦研究の最高峰と呼ばれる秦郁彦氏の大著
『慰安婦と戦場の性』にある記述だ。
16人のヒアリングに、
福島瑞穂が立ち会っていたのである。


(中略)
ソウルで政府調査が行われた93年7月当時、
福島瑞穂はまだ議員バッジを付けていない。
政治討論番組に登場する反日極左の弁護士
であった。それが大問題なのだ。

91年12月に提訴された自称慰安婦らの
対日賠償請求訴訟。
原告弁護団には、高木健一と共に福島瑞穂も
名を連ねていた。
聞き取り調査の時点で、
福島は係争中の慰安婦裁判の原告側弁護士
だったのである。


今回の産経スクープから、
聞き取り対象になった16人の中に
慰安婦裁判の原告5人が含まれていた
ことが発覚した。

冒頭で実名を割り出した2人も原告だ。

繰り返すが、16人中5人という異常な密度だ。
もちろん偶然の一致ではない。

【係争中の国家賠償訴訟を応援】

福島瑞穂がどのような立場で
日本政府調査団に同行したのか、
詳細は伏せられている。
道案内で済むはずがなく、アドバイザー的な
立場で直接・間接的に関与し、
調査団を“強制連行”したことは確かだ。

当時、秦郁彦氏は政府調査チームの担当官に
提言を行ない、ソウルの聞き取り調査への
参加も求めたが、却下された。
ところが、実際に派遣された調査団の中に
福島瑞穂が含まれていて驚くのである。


1人当たり実質1時間半の“歴史的な”聞き取り調査。
場所は、ソウル・龍山にある
「アジア太平洋戦争犠牲者遺族会」の事務所だった。
同遺族会は、福島が関わる対日賠償訴訟の
南鮮側支援団体だ。

つまり、日本政府による現地ヒヤリングは、
東京地裁で並行して続く訴訟の原告グループが
一方的、全面的にセッティングしたものだった
のである。
結論ありきの不当な小芝居、完全なヤラセに他ならない。

(全文はリンク先で)


朝日新聞が”誤報”と過去記事を訂正した問題に
だんまりを決め込んで、
多忙を理由に取材に応じない福島瑞穂さんは
昨日の、TBSの第2次安倍内閣閣僚発表の特番に
蓮舫と一緒にゲスト出演していた。

二人とも、女性閣僚が5人に増えた事を
「喜ばしい」「当然のこと」と言いながら・・・

特に蓮舫さんは
「でも、
 彼女達が適材適所かというと
 疑問です!
 実力が伴わないというか・・・
 不勉強なんじゃないかと・・・
 私の委員会でもほとんど発言されないし
 女性だったら誰でも良いというのは
 女性に対してとても失礼ですよ。」


と、あたかも
ご自分が優秀で、適材適所だったかのように

福島瑞穂さんと二人で、皮肉たっぷりに批判していた。

 ren7400d9dc.jpg

 renho20120220_akb48_07.jpg
★政府が自殺対策強化で
 「GKB47宣言!」
  「ゴキブリ?」「馬鹿にするな!」
 とネットで非難

 J-CASTニュース 2012/1/24 18:23
 http://www.j-cast.com/2012/01/24119773.html?p=all
内閣府の自殺対策推進会議で、
自殺対策強化月間のキャッチフレーズ
「あなたもGKB47宣言!」に決まった、
と報道された。

ネットでは「ゴキブリって読めるよね?」という声も。
重いテーマなのにふざけている感じがあり、
アイドルグループ名をもじった言葉だとし、
「日本国民をバカにしているのか」
などといった批判が噴出している。

蓮舫・元大臣と相談してキャッチフレーズを決めた
(中略)
内閣府自殺対策推進室に話を聞いてみると、
このキャッチフレーズは11年11月時点で
同推進室が考え決定したものであり、
決定に当たっては
当時の蓮舫・行政刷新担当大臣と相談した。

また、日本医師会や日本弁護士連合会といった
約70の協賛団体から了承を受けていて、
異論は出なかったそうだ。
23日の会議では文書で疑問を投げかけた委員
もいたが、混乱は全くなかった、としている。
(引用ここまで)


福島瑞穂さんと蓮舫さんから
「女性だったら誰でも良いのか!
 適材適所じゃなければ意味が無い!」

というセリフを聞くとは・・・捧腹絶倒だわ。

反日だったら、誰でも良いのか?



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

名無しさん

お疲れ様です。

191人の賛同者が集まりました

《集団ストーカーを規制しよう》

集団ストーカー撲滅の最初の足かせとなってるのが、
ストーカー規正法の定義が「恋愛感情のもつれ」と限定されていることです。

以下のサイトから署名をお願いします!
メールアドレスだけで署名できます。

内閣府: ストーカー規制法の改正(「恋愛感情のもつれ」に限定した部分を削除)
http://www.change.org/ja/キャンペーン/内閣府-ストーカー規制法の改正-恋愛感情のもつれ-に限定した部分を削除
http://progressjp.blog.fc2.com/(上のリンクから署名サイトへ移動しない方はこちらのリンク先を経由)

(日本人の被害者を救い、日本の秩序を正すことに協力願います)

2014-09-06 (Sat) 12:30 | EDIT | REPLY |   

弓取り

国益を守れる政治センスのある政治家を選びましょう

日本人が被害をこうむった犯罪者の擁護、冤罪の疑いに熱心な「人権派」も
韓国人の「被害」は無検証どころか、被害をねつ造には加担したんだね!
こういう人物の特徴は、ばれてもしらばっくれるところ。

福島みずほのことである。
よくこんなのが、当選したり党首やったりしたよね。

2014-09-07 (Sun) 20:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply