韓流研究室

ARTICLE PAGE

朝日記者ツイート「朴槿恵大統領から贈り物が届きました」の波紋

★「朴槿恵大統領から
  贈り物が届きました」 
 朝日記者ツイートで分かった
 両者の「日常的な交流」

 J-CASTニュース 2014/9/ 2 15:00
 
http://www.j-cast.com/2014/09/02214750.html?p=all
朝日新聞のソウル特派員が
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領から
贈り物が届いたとツイッターで明かした。
朝日新聞社では、
「大統領府と記者の日常的な交流の一環」
だと説明しているが、
一部で癒着ではないかとの憶測を呼んでいる。

ツイートしたのは、2014年4月から朝日新聞
ソウル支局に所属している東岡徹記者だ。
朝日の記事によると、それまでは主に政治部で
首相官邸や外務省、自民党を担当していた。

歴代大統領も外国人記者らに贈り物をしていた

 news214750_pho01.jpg
 削除されたツイート

その8月30日付ツイートによると、
東岡記者の元には、日本のお盆に似た韓国の
「秋夕(チュソク)」を前に、
朴槿恵大統領から贈り物が届いた。
日本のお中元に似たものらしい。
東岡記者は、
「各界の関係者に贈るのが恒例らしく
 中身は干し肉、松の実、ナツメでした」

と贈り物の写真付きで解説していた。

ところが、つぶやいた直後から、
ツイッターなどでは批判が相次いだ。

「とんでもない韓国との癒着の証拠」
「新聞社のコンプライアンス上どうなの?」


批判は、新聞そのものにも向き、
「記者が贈り物を受け取る新聞社。
 そんな新聞が信じられるか!」

といった声も出た。
東岡記者のツイートは、
その後しばらくして削除された
が、
問題があると思ったから削除したのでは
ないかといった声さえ上がっていた。

とはいえ、外国人記者らに贈り物をするのは、
歴代の韓国大統領がやっていたことらしい。

産経新聞ソウル支局長だった黒田勝弘記者の
コラムによると、故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領も
就任1年目の2003年9月に、マスコミあても含めて
5000個の贈り物を配っていた。
このときは、韓国の伝統菓子とお酒のセットだった。

「大統領府に登録している国内外の記者ら
 数千人に届けられています」


李明博(イ・ミョンバク)前大統領時代の09年にも、
コメとコメで作った麺が外国人記者にも届いていたと
黒田勝弘記者は明かしている。

韓国がそのときにPRしたいものをマスコミなどに
贈っていたというのが実情らしい。
贈り物の特産品が、時にはニュースになることも
あったそうだ。

朝日新聞の東岡徹記者は、
必ずしも韓国寄りの記事を書いていたわけでは
ないらしい。2014年8月9日のツイートでは、
産経新聞の加藤達也ソウル支局長が
朴槿恵大統領への名誉棄損の疑いで
韓国の検察から出頭要請されたことについて、
「やり過ぎではないかと思う」と疑問を呈していた。

ただ、韓国のPR目的だったとしても、
マスコミが政治家などから物品を受け取る
ことについては、疑問も出ている。

朝日新聞社の広報部では、
「例年、
 大統領名で韓国の国会議員や文化、宗教、
 経済界、さらに大統領府に登録している
 国内外の記者ら数千人に届けられています。
 大統領府と記者の日常的な交流の一環です

と取材に答えた。

産経新聞社にも取材したが、広報部では、
韓国の大統領から贈り物を受け取っていた
ことについてコメントしなかった。
朝日の東岡記者のツイートについて、
「ご指摘のツイッターの内容が確認できませんので、
 回答は差し控えます」とのことだった。
具体的には、
ツイートが削除されていたことを指すらしい。

(引用ここまで)



正当な
「日常的な交流の一環」だとしたら、
どうして、速攻で削除したのでしょう???

  aBwUvns2CYAAIEzp.jpg
 aBwSwN0NCAAEM8GJ.jpg

やましいことが無ければ
堂々としていれば良いものを・・・
嬉しくて、
ついついツイートしちゃったのでしょうねぇ。


削除しちゃうから、疑われる。
大炎上したから慌てて消したのでしょう
削除したって、残ってしまうのに・・・



何故、彼のツイートが批判されるかと言うと
J-CASTニュースは、擁護していますが 

>2014年8月9日のツイートでは、
 産経新聞の加藤達也ソウル支局長が
 朴槿恵大統領への名誉棄損の疑いで
 韓国の検察から出頭要請されたことについて、
 「やり過ぎではないかと思う」と疑問を呈していた。


2014年8月9日のツイートとは、
東岡徹記者自身のツイートは存在しない。
他の方がツイートした内容に
リツイートしただけなんですね・・・
 

一方、韓国政府の不当なやり方に
きちんと「報道の自由」が守られないと
抗議する他国の記者がいる。

★米記者、
 産経ソウル支局長聴取を批判 
 国連事務総長の沈黙「際立つ」

 ZAKZAK(夕刊フジ) 2014年09月02日
 http://news.livedoor.com/article/detail/9210692/
「産経新聞のウェブサイトに掲載された記事が
 朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を
 毀損(きそん)した」という韓国の市民団体の
告発を受け、
ソウル中央地検が産経新聞の加藤達也
ソウル支局長(48)を事情聴取した問題で、
ネットメディアの「インナーシティ・プレス」を主宰し、
米各紙に国連記事を寄稿している
マシュー・リー記者が8月31日、
韓国当局の対応を批判する記事
ネット上に掲載した。

 記事は
こうした報道が
 出国禁止や刑事訴追の
 引き金になるべきではない

と強調。
韓国紙、朝鮮日報が「標的」にされず、
同紙のコラムを引用した加藤支局長が
事情聴取されるなどしたことについて、
「国籍やその他の事情に基づいた、
 記者に対する異なった取り扱い
 許されるべきではない」

と批判した。

 また、韓国の報道の自由に関し、
韓国出身の
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の
沈黙が「際立っている」とも指摘した。
(引用ここまで)



マシュー・リー記者
 Matthew20Lee.jpg
 Matthew Russell Lee

★As S. Korea Cracks Down on Questioning
  of Park, Ban's UN Notably Silent

 By Matthew Russell Lee
 http://www.innercitypress.com/skorea2banpress090114.html
 UNITED NATIONS, August 31 --
 A recent and ongoing press freedom case in
 South Korea has echoed all the way
 to the UN in New York.
 UN Secretary General Ban Ki-moon was a long-time
 South Korean diplomat before taking up his UN post.
 But he has been notably quiet about press freedom
 generally, and now strikingly, with regard to South Korea.

The government in Seoul has summoned
 Sankei Shimbun's Tatsuya Kato on possible charges
 of defaming President Park Geun-hye,
 and has blocked him from leaving South Korea in the interim.

At issue is an article that Tatsuya Kato wrote and
 Sankei Shimbun published, citing the South Korean
 publication Chosun Ilbo,
 that during the sinking of the Sewol ferry in April,
 President Park was not seen for seven hours and
  may have been trysting with a recently divorced
 former aide.

While understandably causing anger,
 such a report should not trigger travel bans or
 criminal charges.

It is particularly troubling that while Tatsuya Kato of
 Japan's Sankei has been targeted,
 the South Korean publication Chosun Ilbo from which
 he quoted is not being targeted.
 This disparate treatment of journalists,
 based on nationality or other factors,
 should not be tolerated.

As a comparison, when Afghanistan recently
  imposed a similar travel ban on a New York Times
 reporter, not only the US State Department
 but also many others spoke out.

But when at the UN Secretary General
 Ban Ki-moon's spokesman was twice
 -- three times, actually --
 asked about South Korea's treatment of
 Sankei Shimbun's Tatsuya Kato,
 only platitudes emerged. Continuing the trend
  on August 31, Ban Ki-moon's comment on
 the coup in Lesotho did not mention that
 the military took over the television and
 radio stations there.

 The day's New York Times recounted how
 South Korean artist Hong Sung-dam had
 his painting depicting Park Geun-hye and his view
 of her role in the sinking of the Sewol ferry censored
  by authorities in Gwangju.

 Some including the new Free UN Coalition for Access,
 an anti-censorship alliance established at the UN during
  and counter to Ban Ki-moon's time in control, have
 noted a trend toward ignoring some attacks on the media.
 How far back does it go? What will happen in South Korea,
 and at the UN? Watch this site.


 
同じ国の記者が、現地で出国禁止にされ
刑事訴追されているその最中に
「朴槿恵大統領から
  贈り物が届きました」 

と自慢げにツイートする・・・
その、朝日新聞 ソウル支局、東岡徹記者の
神経が疑われているのだ。

韓国政府と癒着しているから
あんな記事ばかり書いていたのではと疑われ、
ジャーナリストとしての気概も無いのかと・・・

日頃「報道の自由」と叫びながら
主義主張が違うとか、自社と敵対しているとか
そんな理由かどうかは知らないが
「やり過ぎではないかと思う」とだけ???

この、
米インナーシティプレスのマシュー・リー記者は
中国系アメリカ人で、
弁護士資格を持つジャーナリスト。
2010年に、内戦の続くコンゴ東部の村で、
性的暴力による襲撃で少なくとも179人の女性が
反政府武装勢力に乱暴された事件

http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/61747094.html
国連はコンゴで市民を保護するための平和維持活動
(PKO)に年間10億ドルを費やしているにも拘らず
この集団レイプが、PKO部隊の基地から僅か30km
の場所で行われたこと

国連安保理がこのコンゴの事件を取り上げなかった事で
国連の責任を追及している。

その後、他の問題でも国連批判記事を書き
インナーシティプレスがグーグル検索できなくなり
リー記者は「国連の圧力によるもの」と批判していた。

だから、
日韓の慰安婦問題の事も充分に知った上で
韓国の報道の自由に関し、 韓国出身の
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の沈黙が
「際立っている」と批判しているのだと思う。

「戦争における女性への暴力と人権」
という普遍的な問題で
一方では徹底的に批判し叩くが
一方では放置されてしまう現実・・・


産経新聞の、
朝日新聞捏造記事批判により訂正させた事への
韓国政府の報復?と見られてもおかしくない
今回のソウル支局への対応に
「国籍やその他の事情に基づいた
 記者に対する異なった取り扱いが
 許されるべきではない」


潘基文国連事務総長が沈黙するのは
相変わらずのご都合主義で
「国連の対応の矛盾」についての
痛烈な皮肉なのだと思う。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

IVY

潘国連総長には、、
その国特有の心の病について
今からでも遅くないから学んで頂きたいものです。

☆ 文化依存症候群・地域特有の病気
http://allabout.co.jp/gm/gc/373368/

フランス
(中央アフリカ)メキシコ、グァテマラ
北極圏
(東南アジア) マレーシア、インドネシア、フィリピン、パキスタン、韓国(火病)、日本(対人恐怖症)

◎ 日本の対人恐怖症と言うのは自分というよりも
他人中心の考え方が強まって起こる病気。
‘図々しい’ と対極なこの日本に対し、黙っているのを良いことに、
明確な証拠も無く「慰安婦が…」などと言われる筋合いは有りません。

国連で虚偽報道さえも議論されないインチキを日本人は気付き始めています。

2014-09-07 (Sun) 11:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply