韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国国民銀行東京・大阪支店が不正融資とマネロンで一部業務停止命令

★韓国最大手の「国民銀行」
 支店に業務停止命令 
 不正融資で金融庁

 産経新聞 2014.8.28 19:12 [銀行・金融業界]
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140828/fnc14082819120014-n1.htm
 金融庁は28日、韓国最大手の国民銀行
(本店・ソウル市)の東京、大阪両支店に対し、
一部例外を除く新規取引業務を停止する
命令を出した。
業務停止期間は9月4日から4カ月間。
東京支店(東京都千代田区)が不適切な融資を
繰り返していたほか、
反社会的勢力との取引防止対策が不十分だった
ことも判明、厳しい処分に踏み切った。

 同庁は韓国の金融監督院と協力し、
2度にわたる立ち入り検査などを実施。
その結果、複数の歴代東京支店長や役職員が、
担保査定の資料を偽造して査定価格を水増し、
不適切な融資を行っていたほか、
その融資先からリベートとみられる金銭を
受け取っていたことなどが分かった。

 また、反社会勢力との取引防止の取り組み
についても、金融機関に義務づけられている
反社会勢力をリストアップしたデータベース構築や、
取引に際してのチェックが不十分で、
同庁は両支店に対し、経営管理体制などを見直し、
9月29日までに業務改善計画を提出し、
中立的な第三者による改善計画の検証を
行うよう求めた。

 同行の東京支店をめぐっては、
韓国でも裏金作りが行われていたと報じられ、
不正融資の総額は数千億ウォン(数百億円)に
達する可能性が指摘されていた。

(引用ここまで)


★韓国最大手銀支店に
 一部業務停止命令 金融庁

 日本経済新聞 2014/8/28 15:20
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF28H0I_Y4A820C1I00000/
 金融庁は28日、
韓国最大手の国民銀行在日支店に対し、
一部業務停止命令を出した。期間は4カ月。
同支店では昨年、巨額の不正融資事件が発覚し、
韓国の司法当局も捜査に入った。
日本での営業を継続するには内部管理体制を
抜本的に見直す必要があると判断。
反社会的勢力を遮断する体制にも
重大な不備を見つけており
、重い処分に踏み切る。
(中略)
業務停止命令を受けると、
同支店は新規に預金を集めたり、融資したり
することができなくなる。
日本に進出する韓国企業や在日韓国人との
取引が大半とみられる。

(中略)
国民銀行の不正融資事件は
金融庁が2013年3月に入った立ち入り検査で
発覚した。金融庁は検査に入った際に、
反社会的勢力への融資を防止する審査体制
にも不備を見つけた。

データベースが日本国内の基準を満たして
いなかったほか、審査自体の体制も十分できて
おらず、取引を遮断する体制が未構築だった。

 KPMGの調べでは、
国民銀行の在日支店の14年3月期決算は
不正融資事件の影響を受け、71億円の経常赤字
に転落。総資産も1年前と比べ3割超目減りした。
預金や貸出金も縮小している。

(引用ここまで)


★國民銀行在日支店に対する
 行政処分について

 金融庁 平成26年8月28日
 http://www.fsa.go.jp/news/26/ginkou/20140828-1.html
II.処分の理由




関連記事
★韓国国民銀行東京支店、
 不正融資見返りの2億円近くを
 韓国に送金。暴力団のマネロンも!

 韓流研究室 2013.11.10
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2747.html


★韓国ウリ銀行元東京支店長が
 練炭自殺・・・
 日本で犯罪の温床となる韓国系銀行

 韓流研究室 2014/04/09
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2994.html
(中略)
[記者]
 国内銀行の日本、東京支店は
 主な顧客がほとんどの現地僑胞
 (海外在住韓国人)です。


 僑胞(海外在住韓国人)社会が限定されていて
 見たら親密なよしみに依存した営業慣行が
 固まっています。

[都市銀行東京支店 前勤務者:
「僑胞(海外在住韓国人)中心に営業を
 しなければならなくないですか。
 日本の人々が韓国銀行が来ていると
 すぐ取り引きしないでしょう。]

 その上これら支店は、
 信用度が低くて、日本の銀行では
 貸し出し受けるのが難しい韓国人事業家を
 攻略して不当貸し出しをしてあげたり
 これに伴う代価を受けたという観測が出てきます。


(中略)
現地に進出した銀行支店は
日本金融圏で貸し出しを確かに受けることが
できない在日同胞企業やヤクザなどを
相手に営業する場合が多い。

第2金融圏のように高金利貸し出し営業をしたり、
不法貸し出しをしてリベートを貰うケースが
発生することだ。

国民銀行東京支店の不法貸し出し事件も
ヤクザ勢力のマネーロンダリングを
助けた事実が

日本金融庁によって摘発されてふくらんだ。

(全文はリンク先で)



仕事中に車内で観たニュースでは
金融庁は、
日本に進出している全ての韓国系銀行の
日本支店に対しても同様の不正が無いか
立ち入り検査などをして、捜査を進めていく
方針だそうです。
↓コレですね・・・

★疑惑まみれ 韓国銀行の東京支店
 =政府系行でも不正か

 聯合ニュース 2014/04/15 11:14
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/04/15/0200000000AJP20140415001200882.HTML
【ソウル聯合ニュース】
韓国大手銀行の東京支店で裏金づくりが
行われていたことが相次いで発覚する中、
政府系の産業銀行東京支店でも
不正疑惑が見つかった
ことが
15日までに分かった。

 金融業界によると、
産業銀行は今年1月20日から22日まで
東京支店で内部監査を行った結果、
多数の不正の可能性が見つかったため
現地で措置を講じたと金融監督院に報告した。 

 産業銀行東京支店は融資担保の比率の
算出間違いや、担保物件に対する火災保険額
の算出および保険料納入確認が不十分だった
ことが判明した。
また、動産物件に対する担保点検や借入金の
返済能力の審査も十分とは言えない状況だった。

 現在、韓国の金融監督院は
ウリィ銀行と企業銀行(IBK)、新韓銀行
日本現地法人のSBJ銀行など、
各行の東京支店に対し不正融資や裏金づくりに
関し調査を進めている。


 ウリィ銀行と企業銀行東京支店については、
最近700億ウォン(約70億円)以上の不正融資のうち
一部が韓国に流入した
ことが分かった。
一部の東京支店行員が自身の年俸をはるかに
上回る金額を韓国に送金していたことも判明した。

 この件をめぐっては、
調査を受けていたウリィ銀行元東京支店長が自殺した。

 これらの銀行から韓国に不正に流入した金額は
最大60億ウォンに上るとみられる。
このうち裏金として活用された金額や使い道を
めぐって金融当局が口座の追跡などを行っている。

 金融当局は調査の過程でウリィ銀行の不正融資に
関わった人物が元支店長のほかにも複数いるとして
調査の範囲を広げたとされる。

 昨年12月には国民銀行東京支店の現地行員が
自殺した。この行員の自殺が国民銀行東京支店の
裏金づくり疑惑と直接関連があったのかは明らかに
なっていないものの、当時の東京支店長が起訴された
ことで裏金疑惑が表面化した。

このように
東京支店で相次いで不正融資事件が発生するのは、
在日コリアンを相手に行き過ぎた
営業を行う中で不正融資を行う
誘惑にさらされやすいためだ。


 金融専門家は、
限られた同胞や資産家を相手に営業していると
無理を聞かざるを得なくなるのではないか

と指摘する。

 金融監督院は
市中銀行海外支店の場合であっても、
原則に従って営業すべきで
問題があれば厳重に対処するとしている。

そのため、
裏金疑惑が浮上した
企業銀行やウリィ銀行以外の
全銀行の日本支店に対しても
調査を行う方針だ。


(引用ここまで)


韓国の政府系銀行までもが
日本の支店で在日コリアン相手に不正融資や
反社会勢力のマネーロンダリングを手伝って
そのリベートを韓国国内に送金していた・・・

なにが1000年被害者だ!

こりゃ、
新大久保の店がバタバタ倒産しているってのは
http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2014/06/3-bf54.html
”嫌韓”デモのせいなんじゃなく
単に、調子に乗って店舗を拡大し、
韓国系銀行日本支店の不正融資が発覚して
金融庁の検査が厳しくなり、新規融資も困難で
ブーム下火で経営も悪化し
金回りが悪くなって不渡り出しただけじゃないの?



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014-08-29 (Fri) 05:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply