韓流研究室

ARTICLE PAGE

日本新華僑報編集長「日本はなぜ在日外国人に選挙権を与えたがらないのか 」

★日本はなぜ在日外国人に
 選挙権を与えたがらないのか
 ―華字紙編集長

 Xinhua 2014年08月25日
 
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/393183/
8月24日、日本新華僑報の蒋豊編集長が
「日本はなぜ在日外国人に
 選挙権を与えたがらないのか」

と題した評論を発表した。
その内容は以下の通り。

日本の予見可能な経済発展において、
外国人労働力が重要な役割を担うことは明らかだが、
周知の通り、日本社会の外国人に対する態度は
保守的だ。
最近、日本社会で日本国籍を持たない人が
国政においてどれほどの役割を担うべきかについて、
再び注目が集まっている。
安倍内閣が地方自治体に日本国籍を持たない
住民への選挙権付与を盛り込んだ条例の制定を
奨励しない立場を示したからだ。

自民党は
日本国籍を持たない住民に
選挙権を付与することは
憲法違反の疑いがある
としている。

遠い将来、日本の法律が外国人住民への選挙権
を認めるようになれば、
外国人住民の数が日本人より多くなった場合に
軍事基地の移転や原発再稼働問題で、
外国人の投票が不確定要素になることが懸念される。
外国人の投票が日本の民衆の利益と一致するとは
限らないからだ。

こうしたことから、外国人に選挙権を付与することは
容易なことではないことが分かる。
だが、日本社会の現状を見ると、
外国人住民を
地元の選挙に参加させる地方自治体は
増えている。その第1号は滋賀県の地方都市。

2002年に近隣の市と合併する際に決定した。
在日韓国人の団体によると、2002年時点で
200を超える地方自治体が日本国籍を持たない
住民に市の住民投票への参加を認めている。

日本政府は外国人労働者を受け入れて
日本の未来を救おうとしているが、
政治への発言権付与については
慎重な態度をとっている。
地方自治体の考え方の方が中央政府より開放的だ。
いずれにしろ、
在日外国人にさらに大きな存在感を与えることは、
日本政府が避けられない議題となっている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)



「日本はなぜ在日外国人に
 選挙権を与えたがらないのか」


答え;
日本を乗っ取ることが目的の
反日特亜人ばかりだから!


日本新華僑報の蒋豊編集長
 F2011010716032000044.jpg
そんな妄想を考える暇が有ったら
中国はなぜ自国民に
 選挙権を与えたがらないのか

について、よ~く考えていなさい!

何故、在日中国人に
選挙権を与えてはいけないのか。

★チマチマした政府の雇用対策、
 日本に“新しい国”を作る
 中国人移民は雇用の機会豊富

 2010-08-22
 http://blog.goo.ne.jp/truenet/e/5856d7526b40b5d8f1d74f9328ad95e0

中国のエリート: 海外へどんどん行こう!
b05898cdc1cfd18b1e348d8879efc0a2.jpg

華人の“国づくり”が華人雇用の機会を増やす
  日本人社会は、生産年齢人口が急速に
減少している。これに伴って意欲ある若者や女性の
雇用の場が減りつつある。
他方、中国人は華人社会の”成長”への道筋が
明確だから、中国本国から語学研修、大学進学、
技能習得、定住・帰化などを目的に来日する者が
年々増加している

激増、永住中国人は142000人へ
日本在留20年が在留10年で
資格が取得できるように条件が緩和された。

cina7f6a90b8ced58cb5d758765516464340.jpg

中国人の社会は、
就職のための求人情報の提供や職業紹介も
積極的である。日本国内には、中国人移民を
積極的に受け入れるため入管業務を行う
法律事務所、保育支援や教育などの人材育成、
定住・永住ための職業紹介や不動産の売買、
生活一般はもとより定住・永住・帰化、結婚・離婚
など法律事務一切の代行業務、起業家の育成
および投資など中国人向けの事業や就業の機会は
数多ある。
しかも、中国人が相互に助け合うネットワークも
整っている。中国人の若者が日本で就職する上で
困ることはない。

(引用ここまで)



★【属国外交】舛添要一、
 4月の北京訪問の際に中国側の要人から
 印鑑を貰っていた!
 東京都、舛添のせいで冊封体制に突入へ!

 保守速報 2014年08月21日
 http://hosyusokuhou.jp/archives/39758305.html
 chn14042621200005-p1_20140825215149236.jpg
(略)
「人民中国」という雑誌があるんですが。
その名の通り、中国系の雑誌です。
で、この雑誌の最新号(8月号)に、
舛添都知事のインタビューが載っています。

今年の4月24日~26日にかけて
北京市を訪問した際のことについての
インタビューのようですが。
この中で、 サラリととんでもないことが、
舛添知事自身の言葉として記述されています。
これです。以下原文。

唐家セン日中友好協会会長とも
晩餐会を開いて下さいました。
唐先生はわざわざ私の印鑑を
作ってくださっていました。


なんとあのハg……もとい舛添知事、
4月の北京訪問の際に、
中国の大物・唐家センから
印章をもらっていたようなのです。

で。なんでこれを話題にするかというと。

1.中国には古来から、臣下や属国に対して
  印章を授けるという制度(印綬)があった
  中国において、臣下に印章を授ける「印綬」は、
  古来からの文化でした。
  また、属国などに対しても、
  玉印・金印・銀印・銅印など、
  ランクに応じて様々ですが、
  印章を授けていたんですね。


こんなことは無論、私以上に中韓に詳しい
舛添知事なら、当然知っていることでしょう(笑)。

2.舛添知事はその印章を、
  当たり前のように受け取ってしまっている
  前述の通り、上記の「印綬」という制度、
  その中国の文化を、まさか舛添知事が
  知らなかったとは思えません。


しかし、この人民中国のインタビュー記事を
読む限りでは、いかにも「嬉しそうに受け取った」
ように感じられます。であれば、
「東京都知事が、喜んで臣下扱いを受け入れた」
というような解釈をされかねないのです。

3.印章を授けた唐家センは、
  中国共産党中央委員、外交部長、国務委員を
  歴任した大物である
  舛添知事に印章を作った(渡した?)という
  唐家セン氏。
  この人物、2008年の全国人民代表大会で
  表向きは引退し、今は「日中友好協会」の会長
  となっていますが。元々、中央委員の1期目で
  外交部長、2期目で国務委員へ昇格を果たした
  大物です。 中国側の要人と言っていいでしょう。
  そんな人物から「印章を下賜される」ということが、
  どういう意味を持つか?ということです。


本当にただの「他意のない個人的なプレゼント」
だったらいいんですけどもね。
相手が中国ですから、
そんな話で済むワケがありません。

宗主国が属国へ印章を授ける
というのは中国古来の文化です。
これを鑑みれば、唐家セン氏からの印章に
「他意がない」とは考えられない。

(続きはリンク先へ)


朴大統領との会談で、舛添要一都知事は
「ヘイトスピーチがなくならなければ
 東京オリンピックを返上する」

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20140810-00038134/
と発言したそうですが・・・

都知事の立場を逸脱した「独自外交」
を見ていると
「2020年までに、日本の保守を潰す!」
「2020年までに、宗主国様に
 参政権を差し上げる!」

と聞こえてなりません。



★蒋豊氏
  「日本は中国海軍の行動に慣れよ

 発信時間: 2011-11-25
 http://plaza.rakuten.co.jp/kakasinojamp/diary/201111250007/


★米軍機にも
 急接近していた中国戦闘機
 習近平の指示が濃厚、
 米国の弱腰を見た中国が
 一線を越えた可能性

 JB Press 2014.05.30(金)
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40813


★中国機、米軍機に異常接近 
 わずか6メートル

  産経新聞 2014年8月24日08時07分
 http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220140824065



秋の沖縄県知事選挙が第1歩か・・・

 cina121365788_11n.jpg
 琉球曾为中国属国 美将其移交日本非法



★「琉球が中国の属国」だった
 新たな証拠、福建省で見つかる
 ―中国メディア

 新華経済 2014年1月28日
 http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20140128/Xinhua_72237.html
 Xinhua_72237_1.jpg

中国福建省竜岩市の武平県で22日、
当時の琉球が清朝の属国だったことを証明する
扁額(へんがく)が発見されたと地元メディアが
報じた。23日付で閩西新聞網が伝えた。

1838年に琉球王国に冊封使(さっぽうし)として
派遣された清朝の官僚、林鴻年(りん・こうねん)が
清朝末期に、「呉応節」という人物とその夫人に
70歳の祝いとして贈ったとみられる扁額(へんがく)で、
そこにはっきりと林が琉球王国に派遣された
冊封使であることが記されている。

先月、同県在住の収集家が手に入れたもの。

長い間、中国各地を転々としていたものとみられる。
地元の学者は
「これは末期の清朝政府が弱体化していたとはいえ、
 琉球を属国としていたことを証明するもの。
 つまり、1879年に日本が盗み取る前は、
 琉球は中国の属国だったということだ」
との認識を示している。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

  s-20100818_豈取律譁ー閨樔ク€髱「


★ブローカー?容疑者逮捕 
 偽造在留カード収受で愛知県警

 中日新聞 2014年8月11日
 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014081190143130.html
 cina18598c89-s.jpg

 中国籍の男が外国人の在留資格を証明する
「在留カード」を偽造し、密売していたとされる
事件で、愛知県警は11日、
男から偽造在留カードを受け取ったとして、
入管難民法違反(偽造在留カードの収受)の疑いで、
中国籍の住居不定の楊宝利容疑者(34)を逮捕した。

県警は、楊容疑者が関東地方の中国人に
偽造カードを売りさばくブローカー役
だったとみている。
捜査関係者が明らかにした。

 捜査関係者によると、楊容疑者は今年1月ごろ、
自分名義の在留カードを偽造するよう
仲間の陳徳軍被告(35)=名古屋市千種区、
入管難民法違反罪(在留カード偽造など)で公判中

に依頼し、宅配便で受け取った疑いが持たれている。

 楊容疑者は不法残留で、
強制送還によって中国へ逃げようと、11日に
東京入国管理局に出頭したところを
県警捜査員が逮捕した。

 一連の事件で、県警は3月、
在留カードを自宅で偽造した同法違反容疑で
陳被告を逮捕。その後の調べで、陳被告が
2013年夏からの半年間で、
偽造した在留カード約200枚を
24都府県の中国人約200人に密売し、
400万円近くを売り上げていた

疑いがあることが分かった。

 捜査関係者によると、楊容疑者は、
関東地方の不法残留中の中国人から
インターネットで注文を受け、
陳被告に顔写真のデータを送り、
在留資格のある中国人の名前や識別番号を
勝手に使って偽造した在留カードを売っていた
とみられる。
偽造事件には中国の組織がかかわっていた
疑いもあり、県警は実態の解明を進める。


 在留カードは外国人登録証明書に代わり、
12年7月に導入された。金融機関の口座開設や
携帯電話の契約時に本人確認の身分証として使われ、
全国各地で偽造カードが出回っている。
(引用ここまで)

★偽造在留カード使い口座開設 
 福岡県警、容疑の男逮捕

 2014年1月10日
 http://www.asahi.com/articles/ASFDS3J65FDSTIPE00K.html




「日本はなぜ在日外国人に
 選挙権を与えたがらないのか」


答え
 こんな事件ばかり起きるから!


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 5

げろんちょ

中国の本国で人民に選挙権が与えられた後で考えるべき問題だな。

2014-08-26 (Tue) 05:10 | EDIT | REPLY |   

DUCE

レコチャや新華報では、よく、日本のこう言う物が良いと言う記事が載る事がありますが、裏を返せば、てめえらの所で自ら造る能力も意志もなく、ひたすらよその作品を欲しがると言う乞食根性のなせる業だと言えるのですよ。

2014-08-26 (Tue) 11:59 | EDIT | REPLY |   

弓取り

近隣国は不誠実でウソ吐きで侵略者

中韓ジャーナリズムの日本語版は、日本にああせいこうせい、日本のここがダメと、まるでアサヒ新聞の偏向コラムのコピーみたいです。

日本が本当にダメなら、プラザ合意やら石油ショックの円高、バブル破裂、「20年不況」などなどで、日本人自身が日本を捨てて逃げ去っているはずです。
実際、他の国がこんなことになれば、国家破綻しています。日本だから持ちこたえられたのです。

中韓こそ、自分の国のダメさ加減を改善もできず、隠蔽しながら日米欧への棄民を増やすバカで迷惑な低劣国家です。
これに手を貸す日本の政治家は、「公僕」であることを忘れ「公共の利益」をうっちゃる売国奴であり、同時に東アジアを混沌に落とし込み、世界平和を乱すバイ菌です。

2014-08-26 (Tue) 20:35 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

単純な多数決=民主主義の破壊

なぜ日本で選挙権を要求?

祖国にまともな選挙制度がない外国人が、日本に来たとたんに公正で正しい判断ができるはずがないから。
賄賂まみれ不正政治が横行する祖国をどうにかするのが先でしょう。

祖国の選挙権を求めない外国人が、日本でだけ選挙権を求めるのは、不自然すぎて裏があるとしか思えないから。
日本で口を開けば権利主張、拝金根性を丸出しの外国人に公共心などは期待できません。

選挙は公益を向上させる目的の仕組みでもありますから、地域住民としての成熟度も、とうぜん必要です。

2014-08-26 (Tue) 22:06 | EDIT | REPLY |   

ねこ

外国人参政権を欲しがる訳

支那、韓国人たちが外国人参政権を欲しがる訳は、日本国内の地方都市などにやって来て連中の都合の良い人間を当選させるためしかありません。
これは、県政、国政レベルでも同じことです。
外国人参政権がなくても韓国民団による民主党支援での悲劇の三年三ヶ月。
中共が民団のやり方を真似始めたんでしょう。
静かな日本侵攻です。

2014-08-27 (Wed) 12:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply