韓流研究室

ARTICLE PAGE

また!韓国遠征売春婦と事業主がアメリカで起訴

★「1日8人、お金は下宿費として」…
 アメリカ“遠征韓国売春婦”の日常

 聯合ニュース 韓国語 2014/07/18
 
http://www.yonhapnews.co.kr/society/2014/07/18/0701000000AKR20140718006600092.HTML
翻訳:特定アジアニュース
 
http://specificasia.blog.jp/archives/1006151171.html
「多くて1日8人、深夜12時まで性を売った。
 お金を受け取れば韓国女主人に
 下宿費の名目で納めなければならなかった。」


アメリカのある南部の地方都市で性売買をし、
アメリカ当局のおとり捜査にかかった
韓国人女性たちの悲惨なな日常が公開された。

17日(現地時間)、連邦検察の公報とアメリカメディア
によれば、ジョージア州連邦中部地方裁判所は、
アトランタ南側のメイコンに2012年にマッサージ店を構えて
マッサージ師の資格がない韓国女性たちを雇用して
性売買を斡旋して代金を恐喝し
マネーロンダリングした疑いで起訴された
C氏(女・45)に懲役3年と服役後の保護観察3年を宣告した。

裁判所はC氏が所有するアトランタのリッチタウンの
高級コンドミニアムとBMW自動車も差し押さえた。

この店で働いて売春の疑いで逮捕されたN氏(女・51)
保護観察1年を宣告された。

現地メディアは今回の事件にかかわった被疑者は
皆、国籍が韓国人だと報道した。
(C氏・N氏含め4人)

検察の捜査に協力して刑量が減ったNさんの
証言内容は十分に衝撃的だ。


彼女は2012年12月4日、お客さんを装った警官と
120ドル(12万ウォン)を受けて性行為を提供しよう
として現場で摘発された。
アメリカで性売買でお金を稼ぐという考えに、
仁川空港を離れてアトランタ国際空港に降りて
わずか5日で起こったことだった。


検察によれば、N氏をはじめ、
韓国からきた女性たちは朝9時から深夜12時まで
休まず、少なくて5人、多くて8人の男性を相手にした。

性行為を提供する代価として
『サービスの種類』により、お客さん1人あたり
40ドルから100ドルを受けたが、
このうち40~60ドルは下宿費の名目で
事業主であるC氏に回った。

C氏は宿泊提供と事業主に対するサービス料の
名目で毎週『ハウス料金』(house fee)という
ものも取った。

性接待女性たちは、自分のお金で避妊具を購入して
ごみ箱の下に隠しておかなければならなかった。
警察の売春取り締まりで摘発された場合、
従業員に責任が転嫁されるように
事業主があらかじめ抜け穴を作っておいた
ものと思われる。

事業主C氏は韓国外交部(省に相当)に
「性売買を斡旋したことはない」
と悔しさを訴えていることが分かった。

聯合ニュースの取材の結果、
C氏は韓国国籍者と確認された。
35歳の時にアメリカに入国した彼女は、
当局に帰国を要請しており、
刑期中に強制追放される可能性もある。

アトランタ総領事館関係者は
「C氏が『韓国式思考』をしている」として
「韓国で問えば何でもないことを
 警察が誇張して
 被害を受けていると言っている」

と話した。

これと関連して連邦捜査局(FBI)等の関係部署は、
今回の事件は4年にわたる聞き込み捜査の末に
明らかにしたもので、
アメリカ全域でこうした組織的人身売買を
 根絶するために継続的な努力を行うだろう

と話した。
(機械翻訳 若干修正)



 kb120718052941_massage3.jpg
 おとり捜査で摘発された売春宿(2度目)

★Defendants in Prostitution Ring Sentenced
 in Federal Court

  http://www.wctv.tv/home/headlines/Defendants-in-Prostitution-Ring-Sentenced-in-Federal-Court-267265721.html

★Four sentenced in federal Macon
  massage parlor case

 http://www.macon.com/2014/07/15/3198978/four-sentenced-in-federal-macon.html



経営者のチェは
2008年に、リバーサイドで
「ハンドマッサージ&スパ」を開店し
2010年には、ビジネスを変更し
「日焼けサロン」として営業していたが
その実態は・・・
アメリカメディアの報道では「恥ずかしい売春宿
店内に日焼け用ベッドは1台あったが未使用で
女性客が訪れると、ドアの外で追い払っていた。

2010年に警察の襲撃を受け
性暴行と売春で摘発され有罪判決を受けたが
再び「売春宿」を開始し営業を続けていた。
しかも、儲けた金をマネーロンダリングしていた。

今回逮捕された韓国人女性は4人
・Hyeon Chae(45歳)
(2年前の逮捕時はチェ ・ サンヒョン )
 この”売春宿”の経営者
 韓国から合法入国し、違法営業。
 懲役3年と服役後の保護観察3年

・Jin Noh(51歳)
 売春婦
 韓国から売春目的で入国し、5日後に営業開始。
 執行猶予1年、保護観察1年

・Kye Wol “Kim” Dyreson,(72歳)
 kbiXAAQ_AuSt_71.jpg
 マッサージパーラーの家政婦として
 料理や掃除を担当するほか
 客に各売春婦のサービス内容を提示し、
 現金かカードの会計処理を担当して
 毎月$1,500 の収入を得ていた。
 彼女の夫は、陸軍の退役軍人だった。
 彼女の息子は母親の逮捕以来、睡眠障害で
 苦しんでいるという・・・

・Ki Un “Love” Jordan,(50歳)
 売春婦(源氏名;Loveちゃん)
 執行猶予 3年



年齢から推察するに、
Kye Wol “Kim” Dyresonの夫は朝鮮戦争後
慰安婦のキムを連れて帰国したのだろうね。
しかし妻は・・・昔の仕事が忘れられなかった???

それにしても・・・
警察に協力して減刑されたJin Nohという女性。
当時49歳で、売春で稼ごうとアメリカに遠征とは
この国の女性達の思考は、一体どうなんだ?

韓国式思考・・・
売春宿の経営者、チェは
「韓国だったら、売春婦に部屋を提供して
 商売するのは当たり前のビジネスなのに
 アメリカの警察によって犯罪者にされたnida!
 ウリは被害者nida! 」
ですかね・・・

こんな韓国式思考では、
慰安婦問題が解決するワケが無い!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

トマト

韓国に騙される人達は韓国の何をみているのでしょうか?昔も今も相変わらず同じような事をやってるのに… 日本政府もダーク面ももって反論してほしいです。(影から)

2014-07-23 (Wed) 13:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply