韓流研究室

ARTICLE PAGE

イギリスで移民問題が「タブー」でなくなったわけ

★移民問題が
 「タブー」でなくなったわけ

 Newsweek日本版 2014年07月17日(木)12時57分
http://www.newsweekjapan.jp/joyce/2014/07/post-81.php
blogTitle.jpg

 ここ数年、僕たちイギリスの国民は、
一部の政治家からこんな寛大な言葉を
聞かされてきた。
移民について懸念するのは、
決して人種差別なんかではないですよ――。


 こんな「お許し」が出たのは、大きな変化だ。
10年以上にわたり、多くのイギリス人が
移民の大量流入に懸念をおぼえながらも、
そんな心配を口にしようものなら
非難されてきたのだから。

僕の友人の1人も、大量の人々を外国から輸入する
という事実上の「政策」をずばり批判したために、
事あるごとに人種差別主義者だと非難されていた。

 僕は、もっと慎重に発言するようにと
彼をたしなめたこともあった。それに正直に言うと、
数年前ならこのブログにこんなことを書くのすら
ためらわれただろう。

 イギリス政治に関心のある人なら、
2010年の総選挙でのあの出来事を
覚えているかもしれない。
当時のゴードン・ブラウン首相が遊説中、
テレビカメラの前である熱心な労働党支持者の女性から
移民問題についての質問を受けたときのことだ。
車に戻ったブラウンは、マイクが付きっぱなしに
なっていることに気付かず
偏狭な差別女めと激怒。
この女性との対面を準備した選挙スタッフにも
当たり散らした。熱心な支持者との間で起こった
価値観の不一致にさらされ、怒りがわいてきたというわけだ。

■社会的な死をもたらす話題

 移民は大きな問題だが、つい最近までは
話すこともままならない事実上のタブーだった。
移民政策を問題視すれば
人種差別主義者と呼ばれた。

現代のイギリスでこう呼ばれたら、
社会的に抹殺され、政治キャリアもおしまいだ


 イギリスは50年代から移民を受け入れてきたが、
90年代後半からはその量も性質も様変わりした。
僕の生きてきた期間において、
イギリスを変えた唯一最大の出来事こそ
移民だったと言っていい。

移民には総じて経済的メリットがあるという事実は
広く知られている。移民は働いて税金を払うし、
高齢化するイギリス社会の年金制度を支えてくれる
ことにもなる。
移民はイギリス人より低賃金で働いてくれるので、
物価も抑えられる。例えば、農産物を収穫するのは
主に移民労働者だ。
移民に利点があることに異論はない。

 とはいえ、長年語られずにきたデメリットもある。
興味深いことに、そうした移民のデメリットの影響を
受けるのは、ほとんどがいわゆる低階層の人々だ。
まず、低賃金労働者が大量に供給されると、
イギリス人の労働者階級は自分も低賃金で働くことを
受け入れるか、失業するしかなくなってしまう

(移民の多くは、最低賃金でも母国の賃金に比べれば
 ずっと高いので満足だ。
 微々たる貯金も、母国の家族に送れば大金になる)。

 移民はさまざまな側面で負担になっている。
中期的にはもちろんのこと、長期的にもそうなるかもしれない。
イギリスの住宅問題は慢性化し、需要に供給がまったく
追い付かない。新築住宅の不足と小規模な世帯の増加が
大きな原因だが(例えば離婚すれば住宅がもう1つ必要になる)、
突然の大規模な人口増加が明らかに拍車を掛けている。

国民保険サービス(NHS)が破たん寸前なのも、
イギリス人よりも子だくさんな移民が
イギリスの国営医療制度をすぐに無料で利用できる、
ということが少なからず影響しているだろう。


 個人的にひどいと思ったのが、
移民の大量流入についてイギリス人に
民主的選択が与えられていなかったことだ。
選挙の際のマニフェストにも記されないまま進められ、
今や廃止もできなければ制限も難しい政策になってしまった。
ブレアとブラウンの労働党政権下で移民は野放し状態だった
(内務省は合法的な移民の数も不法移民の数も、
 滞在者数も把握していないことを事実上認めている)。

 アイルランドや旧植民地などイギリス旅券を所持する人々
だけでなく、ソマリアやアフガニスタンの亡命者ら
イギリスと何ら歴史的・文化的つながりのない国からも
移民を受け入れてきた。
ビザのシステムも、大規模に悪用されている。
偽装結婚もあれば、学校に通いもしない人々が
「学生ビザ」で入国する場合もある。


 膨大な数が流入しているのは、中東欧からの移民だ。
(ポーランドやルーマニアなどの)中東欧の国々が
EUに加盟したことによって、こうした国の人々が
イギリスに入国して働き、育児給付無償教育といった
イギリスの社会福祉を受ける自由が保障されたからだ。

(例の差別主義者呼ばわりされた)僕の友人は、
社会に貢献もしないうちに
福祉の恩恵にだけあずかるのは
不公平だと思う
、といつも断言していた。

■膨らむ中産階級の不満

 最近、労働者階級より上の階層も移民のマイナス面を
感じ始めていることに僕は気付いた。
中産階級の若者(35歳未満)の多くは
(生まれながらの権利と信じて疑わなかった)ロンドンの
住宅を買うことができなくなっている。
貧しい移民が多くの公営住宅や安い賃貸住宅を
占拠する一方で裕福な駐在外国人はロンドンの不動産を
投資対象として買い占め、
肝心のロンドン市民が締め出されている。


 僕にはロンドンの一等地にすばらしい家を所有している
友人が2人いる。2人とも自分の子供を地元の公立学校に
通わせるつもりだった(2人とも公立学校出身だ)。
でも下見したところ、
さまざまな国から来た移民の子供たちで
教室はあふれかえっていた。
イギリスに来てまだ日が浅く、英語が母国語ではない子が
多いので、1、2年生のクラスは英語を教えることで
精一杯になる
ことが分かった。
ということは、友人の子供はその期間を無駄にすることになる。
2人とも、大金を掛けて私立学校に通わせるしかない
と感じたそうだ。

 長年のあいだ、文化摩擦に苦しんできたのは
貧しい地域の人々だった。
高齢のイギリス人の団地住民は、
次第にサリーやブルカ姿の女性に圧倒されていった

それが今では移民の規模は
こうした地域を超えて拡大する一方。
小さな町や村では
新入りの移民が曜日構わずごみを捨てたり、
(あえて国名を挙げれば)ポーランド人の若者が
夏に毎日、庭先で母国語でラップをがなりたてていたりする。

今になって
移民を疑問視してもいいという政治家が
出てきたのはなぜか。
彼らがたいして気にかけていない
「一般大衆」だけでなく、
政治家と付き合いのある
それなりの階層の人々にまで、
移民問題が影響を与えるように
なったからではないだろうか

――そんなふうに強く感じるのは、
   僕が皮肉屋だからだろうか。

(引用ここまで)



ゴードン・ブラウン首相が遊説中に
支持者の高齢女性に対して暴言を吐いたニュースは
日本でも報道されましたね。よく覚えています・・・

e641429-britain-election-brown.jpg
イングランド北西部のロッチデールに住む
年金生活を送るジリアン・ダフィーさん(65)です。
彼女はブラウン首相に
http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2010/04/bigoted.html
「(自分は弱者を大事にしろという
 教育を受けて育ったのに)
 ここでは、
 弱者でない人が公的扶助を受けている一方、
 弱者が扶助を受けられないでいたりするけど、
 どういうことなの?

と苦情を言っているからです。

前後を読むとわかりますが、彼女は、
身体壮健な移民たちが住宅供与などで
優遇されているのに、弱っている老人たちの
ささやかな年金に課税されたりするのが
我慢ならない
ということのようです。
こうしてただでさえ、東欧からの移民たちを快し
としない姿勢がありますから、
失業給付の受給制限がどうのと言っている
ブラウン首相をさえぎって、
「移民のこと、わかってないみたいね。
 おおぜいの移民が東欧から来ているのよ、
 いったいどこから押し寄せているんだか」
と不満をぶちまけます。

その後、
ブラウン首相はマイクが入っているのに気付かず
彼女の苦情を、単なる
「外国人嫌いの偏狭な女」とぼやいてしまう。
上記Blogにも記されているように
「事件」の起きたロッチデイルでの
移民問題の深刻さ
に、首相は気付こうともせずに
単なる「外国人嫌いの人種差別者」の戯言としか思わない。
ここに、自称リベラル政治家の問題点が
存在するのだと思います。

★スウェーデン暴動、
 5夜連続 移民問題浮き彫りに

 AFP 2013年05月24日
 http://www.afpbb.com/articles/-/2945921?pid=10795667
 s316a7735.jpg
 str525-jlp14588366.jpg
 hqdefault_201407202333553c9.jpg
 
★スウェーデンの暴動6夜連続に 
 ストックホルム郊外

 共同通信 2013/05/25
 http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052501001940.html



日本の公団住宅でも
中国系住民が団地を占拠して
http://blog.goo.ne.jp/publicult/e/ef90371139f482e798e0d4ca75b8cd40
共有地に勝手に畑や鶏小屋を作ったり
http://etawill.com/c_int/8214/
河川敷を勝手に”開墾”して畑にしたり
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50413877.html
年収1億円以上も稼いでいた韓国系女性が
生活保護を受給しながら、毎晩、
彼女が経営するクラブまでタクシーで通っていたり・・・
http://matomelog.ldblog.jp/archives/28242161.html

そんなニュースを聞くたびに
子供を持つ日本人若夫婦を優先的に入居させたり
地方から大学進学している日本人学生を入居させたり
シングルマザーに優先的に入居を薦めたり
日本人の税金で建てた公団住宅を、
もっと日本人の為に有効利用すればいいのに・・・
と思ってしまいます。

どのような資格で移住できたのか不明だけれど
中韓移民が、マンションの一室で売春営業出来たり
勝手に風俗営業できたり野放し状態ですし
「偽装結婚」も偽造書類の「学生ビザ」も横行している。
地下銀行の被害も深刻です。

私達も、長い間タブーとされてきました・・・
例えば、脱税No.1と知られるパチンコ業界で
経営者達が日本の長者番付TOP10に
軒並み名を連ねると同時に
マスコミは、ピタリと「長者番付ニュース」をしなくなる。
都合の悪いニュースは、全て隠される・・・

日本でも、
ジリアン・ダフィーさんのように掛け金をコツコツ払い
年金だけで細々と暮らしている高齢者達にとっては
「強制連行された」という魔法の言葉
歴史問題にすり替えて無年金裁判だの、
先日の「多額の銀行預金が有った」はずの中国籍女性を
利用した、”定住外国人の生活保護受給資格”確認の
ための裁判などは・・・
段々に、正直者が馬鹿を見る社会への不満が広まる。


★「日本国籍は取りたくないが
  生活保護はほしい」というのは
  あまりに虫のいい要求だ

 政経ch 2014/07/20
 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-15448.html



移民問題は、
メリットもデメリットもきちんと討論するべきだ。
「人種差別」という言葉でタブー化するのではなく
”共生社会”が、国民が我慢する社会であっては
意味が無いと思う。


★移民問題とドイツの課題
 http://www.newsdigest.de/newsde/news/featured/3074-840.html


★News23でフランスの移民問題
 痛いテレビ 2012年04月20日
 http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51753232.html
 f775333e5.jpg

http://d.hatena.ne.jp/vitamin_G/20140605/1401967228
 f20140605201714.jpg



★差別反対の大阪パレード、
 なんとバックに朝鮮総連が
 いることが判明!!!

 保守速報 2014年07月20日
 http://hosyusokuhou.jp/archives/39233496.html



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

窮余迷彩

結論ありきの 「移民は日本社会を活性化しる!」 論

>>長年語られずにきたデメリットもある。興味深いことに、そうした移民のデメリットの影響を受けるのは、ほとんどがいわゆる低階層の人々だ。

事例を挙げていただいて感謝です。社会学などの専門家も非難を恐れず、長期的視点に依って、情緒を排してシミュレーションしてほしいものです。既存メディアが取り上げないだけかも知れませんが。
私は直観的にですが、移民政策は絶対にデメリットが大きいと思います。悪感情とかではなく、そう思います。

移民政策に賛成でないとリベラルではない、古臭くて頭が固いと決めつけられる、などといった思考停止に陥って反対の論を封印していたら、大変なことになります。
社会が破綻し成立しなくなれば、リベラルもへったくれもありません。

2014-07-21 (Mon) 00:34 | EDIT | REPLY |   

名無しさん@ニュース2ch

その「リベラル」って言葉が大嫌い。日本産も外国産も自称リベラルの人達って反日マルキストばかり。

2014-07-21 (Mon) 03:45 | EDIT | REPLY |   

白珠

ジリアン・ダフィーさんは、ゴードン・ブラウン前首相という真の差別主義者を見事に炙り出してくれた方なんですね。素晴らしい♪

移民問題を抱える英国ですが、移民が入って来やすくなっている原因でもある
EUからの離脱を問う国民投票が2017年には実施されるわけで、
英国もお掃除やら方向修正やらが進もうとしてる状況なんですな~。

2014-07-22 (Tue) 02:17 | EDIT | REPLY |   

IVY

ところで、シンガホールなのですが、
金融中心と言われるその国に、
中国系が7割以上(277万人弱)居るそうです、

森永氏によると移民法で厳しく取り締まられていて、
失業すると帰国させられるとか言っていました。

反日大国が100万人も「土地が…、領海が…」と、
無法地帯の日本に押し寄せるよりも、
アジアの経済発展のため、彼らの利益のため、
日本でなくシンガポールにそっくり移動してくれたらいいのに!

2014-08-08 (Fri) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply