韓流研究室

ARTICLE PAGE

W杯初戦悔しい敗戦も、日本ファンが試合後ゴミ拾い…海外メディア賛辞

★初戦悔しい敗戦も、
 日本ファンが試合後ゴミ拾い…
 海外メディア賛辞

 サッカーキング 2014年6月16日(月)
 http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140616-00201153-soccerk-socc
 日本代表は14日、ブラジル・ワールドカップの
グループC第1節でコートジボワール代表と対戦し、
1-2で敗戦している。
この試合終了後、日本代表サポーターたちが
スタジアムのゴミ拾いを行っており、その行為を、
現地のブラジルメディアやイギリス紙などが称えている。


 ブラジルのレシフェにあるペルナンブコ・アリーナで
行われた同試合は、前半に日本が先制するも、
コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが
後半途中から出場した直後に、立て続けに2失点し、
悔しい逆転負けとなった。

そんな敗戦にも関わらず、試合後に掃除をする
サポーターたちを見て海外メディアが
以下のように反応している。

 ブラジルメディア『グローボ』は、
ツイッターやフェイスブックに挙げられた、
日本代表サポーターがゴミ拾いをしている写真と共に、
記事を掲載しており、
「コートジボワールに負けたにも関わらず、
 試合後に日本の教育と礼儀を見せた」
と称賛。

 またイギリス紙『メトロ』も、
「フットボールファンは、大事な試合に負けると
 ゴミを投げ、スタジアムを汚すことが多い。
 しかし日本のサポーターは善意の精神
 忘れなかった」
とし、
同じく写真を挙げており、
「これらの写真は
 『信じられない』や『驚くべきこと』と
 表現する必要はないだろう。
 だが近年の試合で、日本以外の他に
 このような光景を見るのは珍しいことである

ともコメントしている。

(引用ここまで)



W杯での
日本人サポーターによる試合後のゴミ拾いは
初出場の1998年フランス大会から
あの時は、予選リーグ3戦3敗でしたが
日本から駆け付けたサポーターは試合終了後
黙々とゴミを拾い続けたのです。
ずっと続いている、いわば伝統です。

フランスW杯の時に応援グッズとして配られたのは
日本代表ユニと同じ色の青いごみ袋
今回の試合でも、観客席で青いごみ袋を使って
応援する光景が映ったので
「やるな!」と思いました。

★「来たときよりも美しく」。
 簡潔で力強いメッセージが、
 ストレートに伝わってくる。
 そのためであろうか、
 今でもときおり、観光地

 日経新聞 2012/8/9 3:30
 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO44742030Z00C12A8MM8000/
初めてワールドカップに出場した
1998年フランス大会でのこと。
熱心な応援の後で、チームのシャツと同じ
青色のポリ袋にスタンドのゴミを集める
日本人サポーターの姿が、驚きと称賛をもって
海外メディアに取り上げられた。

当時の報道に、
「これこそフェアプレー」
入場前より試合後の方がきれい
などとある。

(引用ここまで)


 cleanup.jpg
 http://rocketnews24.com/2014/06/16/453582/
サッカーワールドカップ2014が開幕し、
日本の初戦が2014年6月15日に行われた。
試合は本田圭佑選手の見事なシュートで、
対戦相手コートジボアールに1点リードで
前半終了したものの、後半に2点を奪われ
敗北を喫した。

テレビを見ていた人たちはもちろんのこと、
現地入りしていたサポーターも落胆したに違いない。
だが、
現地サポーターはマナーを忘れなかったようで、
その行動が海外で大きな話題になっている。
サポーターはスタジアムを後にする前に、
ゴミ拾いを行っていたのである。


このことをW杯の情報を伝えるTwitterアカウントは
CLASS ACT(一流の人を意味する)」
称賛しているのだ。

・CLASS ACT

日本サポーターがゴミ拾いをしている画像は、‏
@WorIdCupProbsという Twitterユーザーが
投稿したものだ。
「日本のファンは試合の後に、
 彼らのいたスタンドのゴミ拾いをしていた」

と、伝えているのである。
これを見た海外のネットユーザーは
次のように反応している。

・海外ネットユーザーの反応

「アメリカ人に
 この種の振る舞い​​を学ぶことができれば」
「彼らの礼儀だ。
 私たちは、彼らの行動から
 学ぶことができるのではないだろうか」
「彼らの文化と教育を賞賛したい」
「素晴らしい」
「素晴らしい..尊敬する」
「メキシコ人は
 自国の選手がプレイしていないときでも、
 すべてのゲームで掃除すべき」
「イングランドのファンはこれを見て学べ」


……など、評価する声が相次いでいる。
このことを報じるMetro.co.uk は、
「大抵試合に負けたサポーターは会場を汚したり、
 ひどい場合にはスタジアムを損壊するケースがある」
と伝えており、この行動を
「現代のサッカーゲームでは珍しい光景」と評している。



★World Cup 2014:
 Japan fans clear up litter
 after opening defeat to Ivory Coast

 Monday 16 Jun 2014 1:06 am
 http://metro.co.uk/2014/06/16/world-cup-2014-japan-fans-clear-up-litter-after-opening-defeat-to-ivory-coast-4762969/
 japan1.jpg
 japan2.png
 japan3.jpg




★「日本を尊敬する」
 W杯敗戦後にスタジアムのゴミを拾う
 日本人サポーターが海外で絶賛

  【海外の反応】 2014年06月16日
 http://www.all-nationz.com/archives/1004496999.html
(海外の反応)

「日本人サポーターは掃除をいつもやってると思う
 1998年のフランス大会でも
 日本のサポーターが掃除してるのを見かけたもん
 素晴らしい事だ、
 もっと多くのファンがやってくれることを願う 」

「2006年のドイツ大会でもゴミ拾いしてたわ、
 頭が下がるね 」

「日本人はコンスタントに
 世界最高の観光客に選ばれ続けてる
 あちこちで喜ばれている証拠だよ 」

「上品というか気品にあふれてるな、日本人は」

「これは尊敬
 どこでもそうだけど、
 イベントが終わって人が消えたあとの会場って
 最悪で嫌いだわ」

「大震災に直面したときも、
 上品に律儀な振る舞いをしてたよね
 日本は凄いや」

「昔、日本の生活について
 特集した番組を覚えている
 それは、学校が時間を割り当て
 生徒に清掃させているというものだった
 掃除させる理由は、
 自分のいる環境は自分で綺麗にし続ける
 責任があるからだという
 若い頃からこういった教育をされてるから、
 マナーも良いのだと確信している 」




★日本サポーターの
 敗戦後の行動に称賛の嵐!
 =「こんなことしたことないよ」
 「泣きたくなる!」―中国ネット

 Record China 6月16日(月)11時52分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140616-00000021-rcdc-cn
  rc4c016ba9-s.jpg
2014年6月16日、鳳凰体育によると、
14日(現地時間)に行われたサッカーの
ブラジルワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で、
日本はコートジボワールに逆転負けを喫したが、
試合後の日本サポーターの振る舞いに
称賛の声が上がっている。

日本を訪れた多くの人が、
この国は清潔だと感嘆する。
そして、その精神は日本サポーターによって
ブラジルW杯のスタジアムに持ち込まれた。
日本がコートジボワールとの戦いに敗れた後、
日本のサポーターは会場のごみを拾い集めてから
会場を後にした。
最初はごみ袋を手にした日本人をいぶかしがっていた
スタジアムの人たちも、これを見て称賛したという。

中国版ツイッターには、
以下のようなコメントが寄せられている。

「日本人はすごい!」
「この民族には本当に敬服させられる」
「素養の高い民族だ。
 われわれは学ばなければならない」

「傲慢な中国人はこんなことできやしない」
「負けて気持ちが落ち込んでいる時に
 掃除なんて、おれはしたことないよ」
「だから日本は世界から尊敬されるんだよ」

「日本人の素養の高さはもはや語り尽くされている」
「こういう報道があるたびに、
 私は(中国を思って)絶望する」
「日本人を見てから中国国民を見ると、
 本当に泣きたい気持ちになる」

「日本人は嫌いだが、
 これは称賛しないわけにはいかない」
「中国人には日本人をけなせる要素がない」
「試合に負けても品位では負けない。すごい」
(翻訳・編集/北田)


★韓国人
 「韓国よ、これが日本の市民意識だ!
  試合後の日本サポーターをご覧ください」

 カイカイ通信 2014年06月16日 
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/28486708.html
 本当に市民意識が高いね…
 翻訳元
 http://www.ilbe.com/3721726614
「やはり日本」
「きゃー!これが先進国だよ」
「あの方々は在日です^ ^ 」
「日本を罵ることができないのが、
 少なくとも未開ではないということ」

「日本人は、
 他人の顔色を気にするやつらだから、
 あのようにして礼儀正しいふりをしてるだけ」

「どんな意図があろうとも、ないよりはマシだろ」

「やはり日本は、
 すべての面においてアジアトップだ」
「>>26
今日も、拷問で死んで行った
 独立闘士の方々が嘆いています」

「韓国にもあのような行動をする人たちは
 一人や二人、必ずいるだろ
そんな写真を1~2枚撮影して、
 外国のインターネットにアップすれば
 「コリアンの市民意識すごい!」
 となるだろ?
 たかが、数枚の希少画像をもって
 アホなこと言うな 」
 

「サスガだ…
 韓国だったら、ゴミを拾う以前に、
 審判の悪口を言いながら、
 FIFAのホームページにテロしていたことだろう」

「「菊と刀」という本ではないが、
 日本民族のあのような善良な意識の裏には、
 刃物のような陰険な心がある

 朝鮮の恥辱的な50年の歴史を
 絶対に忘れてはならない 」


「このようなことは韓国では不可能
 金を払ってるのに、ゴミを捨てて
 何が悪いというマインドが根付いている」
「韓国では、誰かがゴミを捨てるのを見て、
 それを指摘すれば、何だお前はとなる
 管理者に指摘されるのならまだしも、
 見ず知らずのやつに、しかも他の人も
 ゴミを捨てている状況なのに、
 なぜ自分だけに言うのかと 」

「韓国:ゴミを捨てて何が悪い、
     清掃員がいるというのに(笑)
 日本:自分の捨てたゴミは自分たちで処理しましょう」

「他国では善良なふりをしておきながら、
 世界の海に放射能を垂れ流すやつら 」


「てか、あれは競技場を管理している人たちが
 片付けるものじゃないの?」
「清掃員が解雇されたそうです」

「だから日本は、
 歴史歪曲などアホな真似していても、
 世界人々から高い評価を受けているのだ
 特にあのような日常的に見られる
 高い市民意識が、大きく影響している
 他国の人たちが感じる韓国人と日本人の
 民度の差はとても大きい
 歴史認識問題、領土問題などは、
 韓国と中国にとっては許しがたいものであるが、
 そのような問題と関わりのない国の人たちから
 見れば、日本人は秩序意識が高く
 礼儀正しいという認識になっている 」

(引用ここまで)

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆
かなり屈折したご意見の持ち主もいるようですね。
W杯ドイツ大会では、韓国戦の試合終了後
韓国人サポーターが、スタジアムの観客席だけでなく
スタジアムの外の道路にまで、応援グッズの国旗
大量に捨て捲って
、韓国メディアが憂いました。
試合前には、狂信的なナショナリズムを見せる
韓国サポーターが、試合終了後には平然と
国旗をポイ捨てする。
スタジアム外の道路には、彼らが捨てた国旗で
赤く染まり・・・それを韓国サポーターが踏みつけながら
帰っていく・・・

国内でも・・・こんな状況です。
2002年の日韓W杯の試合終了後の写真だそうです。
★韓国人
 「大韓民国の市民意識をご覧下さい」

 カイカイ通信 2013年05月27日
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/28486708.html
 w236a328c.jpg

2002年W杯と言えば、
日本でも淀川に飛び込んだり、ケンタッキーおじさんを
盗んで川に投げ込む不届き者がいましたが
当時ソウルに住んでいた日本人の方によると
決勝リーグ進出に沸いたソウルでは試合終了後
サポーター達が街中で暴動状態だったそうで
興奮した男女が、停車していた他人の車の
ボンネットに乗りジャンプしてへこました挙句に
「本番」を始めてしまうという
日本では信じられない光景があったそうですわ・・・ 



さてさて、上記に「W杯での」と記載したのは
こんなエピソードが有るからです。

★胸を張れインドネシア、
 そして誇れ日本サポーター

 2007年7月21日
 http://www5.nikkansports.com/soccer/japan/asiancup/2007/column/umishima/umishima20070721.html
(略)
「我々インドネシア人が目指している
 サポーターのあり方は
 日本人のそれなんだよね。」

日本サポーターのマナーの良さが
こんな所にまで知られているとは。
(中略)
その昔、あるバーレーン人と話した時に
ドーハの悲劇の話題となった。
そのバーレーン人は
「おいケン、知っているか?
 あの時、日本のサポーターは
 (イラク戦のロスタイムの同点弾で)
 W杯出場を逃したにもかかわらず
 泣きながら(スタジアムの)
 ゴミを拾って帰ったんだぞ。」

と(どうだ、驚いたか)とでも言うように、
自慢そうに話すのだ。
負けて暴動が起きるのが珍しくないW杯予選での
この行動は、湾岸エリアの新聞に掲載され
大きな反響があったらしい。

(引用ここまで)



4年に一度、代表ユニフォームを着れば
誰でも「俄かサッカー・ファン」になる事ができます。
しかし、
こうした地道な活動を継続して行っている
「サッカーを愛するサポーター」になるには・・・
cleanSupporter.jpg
http://www.albirex.co.jp/guide/eco.html 
 アルビレックス新潟が誇るクリーン活動、
 「クリーンサポーター」。
 試合終了まではチームの勝利に貢献するために
 観客席で応援し、試合終了後はボランティアとして、
 デンカビッグスワンスタジアムの清掃を手伝う、
 新潟発祥のボランティア活動です。
 いまや日本代表戦や、他のクラブにも取り入れられて
 いる活動ですが、試合終了後にサポーターが
 自発的にゴミを拾う姿は、
 他のクラブからも賞賛の目で見られています。
 ご参加いただける方は、試合終了後に
 各スタンド募集看板前にお集まりください。
 皆様のご参加お待ちしております。



W杯「ゴミ拾い」エピソードのおまけ!

★連載 今という時代に
 /第6回(2002年9月号掲載)
 「2ちゃん」の力

 宮谷史子 ● ファッションライター
 http://www.izumito.com/sk/li_miya0209.html
(略)
●──国立競技場でドイツ応援するオフ

 ワールドカップの時には、
「韓国対ドイツ戦の時、
 国立競技場でドイツを応援しよう」という
オフ会が立ち上がった。

 対戦チームの国旗を競技場の前で焼いたり、
「ヒットラーの息子たちは帰れ」などというボードを出す、
韓国サポーターのナショナリズムの濃過ぎる
応援への抗議として。


 共催国だからと「韓国ガンバレ!」ばかりで、
そういう韓国サポーターの姿を一切報道しない、
日本のマスコミの報道の姿勢に対する抗議として。

 そして、審判買収疑惑やドーピング疑惑などが
持たれている、FIFAに対する抗議として。

「われわれは国立競技場で、
 共催国の赤い韓国でなく
 あえてドイツの白いユニフォームか
 白シャツ着て、ドイツ応援しよう!」
「そうだそうだ! ついでに白シャツや横断幕にも、
 「フェアジャッジ、プリーズ」と書いていこうよ」
「そして最高に紳士的な応援して、
 日本サポーターはナショナリズム丸出しの
 無礼な韓国サポーターとは違うんだってことを、
 しっかりアピールしよう。みんな集まれ!」
「おう! 国立競技場の入場券はコンビニで買えるゾ」
「国立へのアクセスはこう、地図はこれ」
「日本のマスコミは
 絶対に共催国の韓国サポーターしか写さない。
 我々が写されるとしたら外国のマスコミだ。
 横断幕も旗もFIFAに対する抗議は全部英語で書こう!」

 匿名のおしゃべりは、どんどん盛り上がる。

「英文は、こっちのほうがシンプルで
 どこの国の人にも理解しやすいんじゃない?」
「デジカメ持ってるヤツ、我らが白シャツ集団が
 何人ぐらい集まったか、しっかり撮っとけよ」
「韓国サポーターしか写さない、日本のマスコミの
 カメラクルーの立ち位置を、写すのも忘れるなよ」
「それ撮るには、国立競技場のこの場所と
 この場所が最適だネ」と、
別の誰かが国立競技場内の地図に印を付けてネットにのせる。

 匿名のままに、こういうきめの細かい情報交換が
行動に向けて進行していくのだが、
その行動のセンスはいい意味で抑制されていて
スマートで、知的なのだ。

 いやあ、したたかなもんだ! 
このオフ会の様子には、私もワクワクして注目していた。

 そして結果的に、真っ赤な韓国サポーターに対して、
「フェアジャッジ、プリーズ」という横断幕やTシャツを着た
白い集団は、国立競技場になんと1000人も集まったのだ。

 1000人が匿名性を脱いだって、ことでもあるね。

 それから、
韓国サポーターの前にはずらっと並んでいるが、
1000人いる白い集団の前にはひと組もいない
日本のカメラクルー達の様子も、画像で報告された。


 このカメラクルーの立つ位置を見ただけで……
ある意味で、日本のマスコミの在り方って? 
報道ってなに? 真実ってなんだろう?……
すべてが一目瞭然に、透けて見えてしまうような画像だった。

 大げさに言えば、私たちが
「どういう方向性に向けられているか」、
「どういう社会で生きているか」ってことまで、
わかってしまうようなネ。


 この私たちが普段決して見ることのない、
逆のアングルから撮った画像の訴えるものは、
強烈だったなあ。

●──湘南ゴミ拾いオフ

 その後、断然おもしろかったのは
「湘南ゴミ拾い」というオフ会。

 これは、ワールドカップの3位決定戦を
独占中継してたフジTVが、
表彰式のとき共催国の4位の韓国の表彰風景だけを
写して、3位のトルコの表彰風景を写さなかったことに
対する抗議だった。


 フジTVでは写さなかったが、
スカパー(スカイパーフェクTV)は全てを写した。

 トルコの選手達は一緒に入場した子供たちと
手をつないで表彰台に上がり、もらったメダルを
子供の首にかけてやったり肩車したり……
それは、とても心温まる素晴らしい表彰風景だったのだ。


「こんないい表彰風景をフジTVはカットしたぞ! 
 スカパー無いヤツ、NHKの夜のニュースを
 見てみろよ!」というネットからの情報で、
私も、これをNHKの夜のニュースで見た。

 スポンサーや広告代理店に都合の悪いことは
いっさい報道しない、TVというマスコミに対する不信感。
その上、アンチ韓国で親トルコムードの高まっていた
2ちゃんねるの世界では、これは猛烈な反感を買った。

 デジカメで写した、国立競技場での日本のカメラクルーの
立ち位置の画像を、みんなしっかりと見ているのだ。

 メディアに対して、
はっきりと一つの知性を持ってしまっている、若者たちなのだ。


「これって、偏向報道だぜ!」

 そして例の通り、匿名のままにおしゃべりは
盛り上がり、後日フジTVがやる「27時間テレビ」の中の、
「みんなで海をきれいにしよう! 
 湘南の海でゴミ拾いしよう」という番組に
ターゲットが絞られた。

「ゴミ拾いは○月○日の何時から。
 その前に海岸中のゴミを全部拾いつくして、
 フジTVを困らせよう!」
「トルコチームのユニフォーム着ていこう」
「偏向報道!とか偽善番組はやめろ!とか、
 Tシャツに書いていくのもいいかもネ」
「ゴミがひとつも落ちてない浜を見たら、
 フジは必ず番組前にゴミをばらまくだろうな」

「その、やらせの様子を写してネットに流そうぜ!」

 そして、番組が始まる前日とその夜中に、
たくさんの若者達がゴミ拾い会場の浜辺に集結し、
猛烈にゴミ拾いを始めたのだ。

(中略)
で、やはり後日「湘南ゴミ拾いオフ」の
すぺてが逐一報告される。

 ゴミを拾う若者たちの姿。
海辺のファミレスで、ノートパソコン持った若者達が
情報の中継をやっている姿。集められたゴミの山。
差し入れられた飲み物やお菓子。

「オイオイ君たち、リーダーは誰なの? 
 ゴミ拾いには許可がいるってこと知ってるの?」

いちゃもんつけにきたフジTVのディレクターの姿。
それに
「リーダーなんていませんよ。
 オレ勝手にゴミ拾ってるだけだから」と、答える若者の様子。
(そう、彼らは匿名同士なのよね。リーダーなんていう発想と、
 まったく無縁のところで集まった集団なのよ)

そして、ゴミがないから砂拾うところを、
遠景でしか撮れなかった番組の本番。

(このエピソードの続きはリンク先で!)



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 5

もうワンランク上(誰も見ていなくても)

これがニュースになる野蛮な惑星()地球のレベル

もう見慣れた光景ですね。
呼吸するようにゴミ拾い・・・ってぐらいw

真に強い者・実力者は力だけをひけらかさない。
むしろ「能ある鷹は詰めを隠す」のだ。
そして、強く思い遣りがあり優しく常識者。
それが「セット」になって初めて尊敬の域に達する。
(どっかの金髪青眼の国では、そういうボランティア精神を悪用されて「エセ人権」活動の駒になったりしてるが)

そのような尊い行動をもって、ひいては日本チームを応援しているのだ。
サポーターは、その名の通り応援チームのサポートをする人々なのであって、
悪評を立て、足を引っ張って邪魔をするようでは、本来、本末転倒なはずである。

心・技・体と言われるように、スポーツは肉体の力だけの発揮ではない。(共に闘うサポーターもだ)
スポーツマンシップを理解している人々の集まりこそ、民度の高い、洗練された先進国に住まう人種なのではないだろうか。
そして、世界中のお手本・リーダーに相応しい素養と言える。
「当たり前の行為」なのではあるが、どこぞの勘違いなヒトモドキに言ってやりたい。
ホルホルするなら、せめてこういう(マトモな)ことでしてみたら?と。

2014-06-17 (Tue) 08:45 | EDIT | REPLY |   

反日サヨク敗走

ニューズウィーク「「反ヘイト」という名のヘイト」しばき隊を特集 → 有田芳生先生が激怒

しばき隊支持者が発狂してますw

ニューズウィーク「「反ヘイト」という名のヘイト」しばき隊を特集 → 有田芳生先生が激怒
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1402940759/

ニューズウィーク「「反ヘイト」という名のヘイト」しばき隊を特集 → 有田芳生先生が激怒
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1402940759/

ニューズウィーク「「反ヘイト」という名のヘイト」しばき隊を特集 → 有田芳生先生が激怒
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1402940759/


@aritayoshifu 久びさに激怒しています。深田政彦記者のようなオウムよりも統一教会よりも
悪質な者とは徹底的に闘います。
https://twitter.com/aritayoshifu/status/478515227923718145

2014-06-17 (Tue) 10:55 | EDIT | REPLY |   

yamatoya*min

そりゃ、サッカーやスポーツ全般に対する愛着など無く
ただ、自国が勝つという事が観たい民族ですからね。
やはり、無意識の行動というものに如実に表れ、また整合性も取れてます。
そういえば学生時代に、自分達の学び舎は自分達で責任を持ってきちんと掃除しろとクラス全員が担任教師にお説教された事を思い出しました。
多分、大抵の日本人にそんな経験があるんじゃないでしょうか。
単なる格好つけだけでずっと継続できるもんじゃないでしょう。
特にあの民族達なら一度でもメディアに取り上げられたらそれだけでホルホル、1回で売り切れになるだろうに。
建設的であり、上手に昇華できる人達にありがとうと言いたいですね。

2014-06-17 (Tue) 16:30 | EDIT | REPLY |   

弓取り

ボランティアにイチャモンですか・・・

>>「オイオイ君たち、リーダーは誰なの?ゴミ拾いには許可がいるってこと知ってるの?」といちゃもんつけにきたフジTVのディレクターの姿。

「取材させてもらえませんか?」と、なぜ言えないのかねえ。情けないね。
2chを異様に敵視していたか、自分たちの偏向を暴かれつつあると知っていたんですね。
ここで特定テレビ局のエラいヒトたちが、若者たちを好意的に取材できる度量を見せられるようなら、日本ももっとよくなったのではなかろうか。
同時に特定の近隣国もまだマシだったかも。
残念な日本のマスコミ。

2014-06-17 (Tue) 22:35 | EDIT | REPLY |   

IVY

通常(プロパガンダで日本がやられてる時)、連合国は
マスコミの言うことを鵜呑みにして信じ切ってしまい、

オリンピックで※浅田選手が完璧な演技をしたり、日本のサポーターの
マナーが絶賛されると、(連合国は)何故か「日本人は泣かせることをする…」
などと態度を一変させるんですよね。 ←ホントのことを言い出す。

※浅田真央 海外の実況‐ソチ五輪
https://www.youtube.com/watch?v=7qhLwLrWspQ

2014-06-19 (Thu) 23:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply