fc2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

朝鮮人2人に騙された元慰安婦「日本人に騙された。謝れ」国際シンポで訴え

元慰安婦「謝罪受けるまで死ねない」 
シンポで訴え

聯合ニュース 2013/08/13 16:12
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/13/0200000000AJP20130813002100882.HTML
【ソウル聯合ニュース】
旧日本軍従軍慰安婦問題の解決を目指す市民団体
「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が13日、
ソウルで「世界慰安婦の日(8月14日)」を記念する
国際シンポジウムを開催した。

「世界慰安婦の日」は、1991年8月14日に
元慰安婦の故金学順(キム・ハクスン)さん(当時67歳)が
初めて自身の被害を公の場で証言したことを記念する日で、
昨年12月に
「日本軍『慰安婦』問題解決のためのアジア連帯会議」が制定した。

 太平洋戦争時に慰安婦として連行され、これまで中国で
暮らしてきた元慰安婦の河床淑(ハ・サンスク)さんはその席で
「日本が間違っていたと謝罪するまで
 絶対に死ねない。金は要らない。
 間違っていたという日本の謝罪だけを聞きたい」
と訴えた。

 また
「韓国が国もなく金もなかった時代に
 金を稼がせてやるという
 日本人の言葉にだまされ
 慰安婦として連れて行かれた」


「日本が戦争に負け、故郷に戻るものと思ったが、
 日本はわたしたちに船を出してくれず
 帰国できなかった」
などとつらかった日々を振り返った。

 河さんは1928年生まれで、17歳のときに
故郷の忠清南道・瑞山から中国・武漢の積慶里慰安所に
連れて行かれた。
日本による植民地支配からの解放後も
「どんな顔して故郷に帰ればいいのか」と思うと
結局帰国できず、70年近く武漢で朝鮮国籍者として
暮らしてきた。
2000年に開かれた
「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」
慰安婦の実態を証言した。

  20130813161800_bodyfile.jpg

 シンポには、慰安所への出入りが記録されている
父親の参戦日記をソウルの「戦争と女性の人権博物館」に
寄贈した日本の平和活動家、田中信幸さんも出席した。

 田中さんは
「中国・蕪湖の慰安所に行ったことを記した
 父親の日記と手紙が見つかり、
 日本が犯した戦争の真実に少しでも接することが
 できて幸いだ。慰安婦の被害者が生きている間に
 日本政府が正式に謝罪し、賠償することは
 日本の戦後世代が負うべき責任だと思う」
と述べた。


河床淑さん、
どうして嘘を付くかなあ・・・


★日本軍「慰安婦」制度について
 「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター

 http://vawwrac.org/?page_id=436
■徴集方法

*2<朝鮮人女性の連行事例>
河床淑(ハ・サンスク)・・・
 2人の朝鮮人男性に騙され、
 漢口の積慶里の慰安所に連れて行かれた。



「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センターに
記載されている金学順さんの事例は
彼女の裁判記録とは大きく異なる。
http://blog.goo.ne.jp/andoro-n/e/618b46d0259901e9c63a9c804a9e8f07

http://blog.goo.ne.jp/andoro-n/e/618b46d0259901e9c63a9c804a9e8f07
『金学順さんの裁判資料を見てみよう
  
 貧困のため学順は小学校を4年で中退、
 金泰元の養女となり、14歳からキーセン(妓生)学校
 に通った。
 1939年、「金儲けが出来る」と説得され、
 養父に連れられ中国へ渡った。
 北京を経て鉄壁鎮という小集落で養父と別れて慰安所へ

 (中略)

 平成3年8月の段階で朝日新聞は、
 元慰安婦として初めて名乗り出た金学順さんを紹介して
 いるのだが、韓国での証言に含まれていた「キーセン」
  (公娼)出身とは書かずに、
 「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され」たと日本に伝えた。
 これは悪質な、意図的な情報操作と言える。』

と、偽証罪が問われる裁判
金学順さんの貴重な証言を改竄して
北京の食堂を出たところで
 無理やり日本軍にトラックに乗せられた
。」

というコロコロ変わる証言を、物語風に創作し掲載している。
そんな、お仲間の人権団体でさえ

”2人の朝鮮人男性に騙され”
と、堂々と掲載しているってのに
国際シンポでは、平気で嘘を付くんだ・・・



さて、
自称日本の平和活動家、田中信幸さん
この人ですね↓
■日本兵士が韓国人女性慰安所の
 出入りを記録した日記を公開

 中央日報 2010年11月19日
 http://japanese.joins.com/article/051/135051.html?sectcode=A00&servcode=A00
 20101119085335-1.jpg


田中信幸さんは
あの立川反戦ビラ配布事件で有罪判決を受けた
『立川自衛隊監視テント村』のメンバーと
http://tentomura.web.fc2.com/aboutus.html
同様の活動をしていた
「自衛隊イラク派兵違憲訴訟の会熊本」の活動家さんです。
http://www.sensohoki.jp/haheiiken-k/tinnzyutusyo-tanakanobuyuki.htm
熊本地方裁判所御中

陳 述 書

原告 田中信幸
2006年(平成18年)10月3日

(引用開始)
私は仕事に就いてからも市民運動を続けました。
特に部落解放運動や、平和運動に参加してきました。
私が憲法と直接向き合うこととなったのは
カンボジアへの自衛隊派遣が問題になった頃からです。

戦争の反省が日本社会できわめて不徹底にしか行われて
いない状況下で、教育の方面では国家主義に梶を切ったような
文部省の「日の丸」「君が代」の押しつけや政権与党による
「靖国参拝」が繰り返されるなどの動きが顕著でしたから、
私が心配する軍国主義復活の方向へ日本が進むのは
間違いないという思いが強くなりました。

「『日の丸』『君が代』の
 押しつけはごめんダ熊本ネットワーク」
(1998年結成)や
PKO派遣が決まる頃には
「自衛隊の海外派兵に反対する熊本市民フォーラム」
(1992年結成)などの市民運動に参加しました。
特に熊本の第8師団からもPKO派遣部隊がでるということで、
様々な取り組みを行いました。
その中でも自衛隊に対する申し入れだけでなく、
自衛隊官舎へのチラシ配りにも相当力を入れました。
仲間たちと一緒に合計で5回くらいは熊本市にある健軍と
北熊本の官舎全戸へのチラシ配りと宣伝活動を行いました。
また自衛官ホットラインを準備し、電話での悩み受け付けも
行いました。官舎へのチラシ配りは各住居の新聞受けに
チラシを配るとともに、ドアをノックし話が出来るところでは
玄関で立ち話をすることもたびたびでした。
ただその時はこうした活動に自衛隊からの妨害もなく、
自由に立ち入ることが出来ました。
(中略)
その後私は96年に設立された「平和憲法を活かす県民の会」
の運動に参加して、憲法を日々の暮らしに活かす活動に
取り組みました。
(中略)
2004年2月27日、立川自衛隊監視テント村のメンバー
3名が立川の自衛隊官舎のポストに自衛隊イラク派兵反対の
チラシを配ったことが、「住居侵入罪」に当たるとして
逮捕・起訴される事件が起きました。
この結果、全国で、これまでできていた自衛隊官舎への
ポスティングが、事実上できなくなりました。

私はPKOの時のように熊本でも再び自衛隊官舎への
ビラまきを計画し
ていましたので、
この報道はほんとうにショックでした。
実際健軍の官舎へ確かめに行くと、「無断立ち入り禁止」
の立て札が立てられています。北熊本も同じでした。
その後東京では政党の議会報告をマンション内で
ポスティングしたとして逮捕されるなど
ビラ配布に対する弾圧が続きました。
この弾圧は露骨な憲法違反事件です。憲法21条が保障する
私自身の政治的表現の自由を侵害しているだけでなく、
自衛官及び家族の政治に参加する権利、知る権利も侵害して
いるからです。
(引用ここまで)


自衛隊監視や護憲運動、慰安婦問題に積極的にかかわる活動の他に
こんな活動もしている筋金入りのプロ市民・・・

★日本の独島領有権主張は不当、
 熊本からの訪韓団

 2008/8/21(木)
 http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/35274817.html
 img_832076_35274817_0.jpg

(引用開始)
韓国の報道では、
「田中信幸・熊本歴史交流訪問団長」
という奴がインタビューに答えていた。

田中信幸は、韓国人記者のインタビューに答えて、
「独島(ドクト)・竹島問題の
 研究の成果を踏まえるならば、
 日本政府の主張の誤りは一目瞭然です。
 問題は日本政府と日本社会の姿勢です。」

などと発言している。

で、「田中信幸」で検索すると、次のような奴だった。


・熊本朝鮮会館問題について再度のお願い
 全国のみなさんへ報告とお願い


昨日私たち熊本朝鮮会館問題を考える市民の会は
幸山政史熊本市長に対して、2月2日に福岡高裁が下した
減免措置取り消しの判決は不当であり、
熊本市に上告するよう求める申し入れ書を提出しました。
(申入書は末尾に添付)あいにく市長は不在で木村秘書課長が
対応しましたが、熊本市の対応は友好的で、
9日までにこの判決をめぐるメールやFAX、電話が
176件寄せられ、そのうち判決を妥当とするものが72件、
不当とするもの100件あり、
在日朝鮮・韓国人からの要請も多数あったと言うことです。
上告の期限は今月16日ですので、さらに熊本市長宛に判決の
不当性を訴え、上告を求める要請行動を続けたいと考えています。
この問題に関心をお持ちの全国の皆様に、
熊本市長へ要請のメールやFAXをさらに継続して頂くよう
お願いします。

熊本朝鮮会館問題を考える市民の会 
代表古沢千代勝
連絡先:田中信幸
http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-February/005626.html
注)リンク切れ

田中信幸

熊本朝鮮会館問題を考える市民の会
自衛隊イラク派兵違憲訴訟の会・熊本
「日の丸」「君が代」の押しつけはごめんだ熊本ネットワーク
熊本歴史交流訪問団長
住基ネットを考える会・くまもと
平和憲法を活かす熊本県民の会

1951年生まれ。熊本大学在学中、部落解放研究会に参加。
1985年より熊本植樹祭問題に取り組む。
「『日の丸』『君が代』の押しつけはごめんだ熊本ネットワ-ク」
「自衛隊海外派兵に反対する熊本市民ネットワーク」を結成、
熊本国体反対運動、教科書問題などにも取り組み、
韓国忠清南道との民間交流をも推進している。
http://kyushu.exblog.jp/

注)上記サイトは
  『日本基督教団九州教区のブログ』です。
 田中さんのプロフィールに関する記事は
 ■天皇制問題学習会のお知らせ
  問題あり! ”全国育樹祭”
  何だそれ?

 http://kyushu.exblog.jp/7297120/
(略)
 今回の「天皇制問題学習会」は、
 昨年11月に熊本県阿蘇市で開催された「第31回全国育樹祭」
 について、実際に現地で抗議活動を展開されていた
 田中信幸さん
(「日の丸」「君が代」の押しつけはごめんだ
 熊本ネットワ-ク)をお招きし、
 報告と併せて「天皇行事」の裏のウラまでお話し頂こうと思います
 (中略)

 ※参加費は無料ですが、田中さんの今後の活動のために、
  会場カンパを募りたいと思います。ご協力をよろしくお願いします。
 (引用ここまで)



日本基督教団九州教区の活動って・・・
定期的に『天皇制問題学習会』なんて開催して
「天皇」「皇太子」と呼び捨てにしながら
「問題あり! ”全国育樹祭” 
 何だそれ?
ですか・・・

イエス様は、信者に
そんな行いをしろと教えたのですか?

イエス様は、
「異教徒は徹底的に排除しろ!
 嘘を付いてでも、徹底的に陥れろ!」

と、キリスト者にお命じになられたのですか???


★日本聖公会 神戸教区
 2010年平和礼拝

 http://www.nskk.org/kobe/bishop/201009.html
 (引用開始)
「なぜ、脳は神を創ったのか(苫米地秀人著)」
と題する本で、苫米地氏は、次のように述べております。
 
原爆投下のためにエノラゲイに乗り込んでいた乗務員は、
正式には12名であり、全員カトリック教徒であった。
ところが、ニカラグアのデスコト氏は、
「日本人に謝りたい」として、
「エノラゲイにはもう一人乗組員がおりました。
 カトリックのチャプレン(従軍牧師)であった神父です。」

と告白した。
 http://www.unic.or.jp/unic/press_release/1260/
当時、アメリカの支配層はWASPと呼ばれていた。
これは、白人でアングロ・サクソン、プロテスタント
という意味である。
彼らは自分たち自身の手を汚さないために、
庶民の多くが属していたカトリック教徒を選び、
しかも、原爆投下を躊躇させないため
カトリック神父を乗り込ませた。


アメリカがなぜドイツに原爆を落とさなかったかは、
ドイツがキリスト教国であり、
同じキリスト者に残酷な行為はできなかったのが
その理由だと著者はいいます。
更に、白人キリスト者以外は人間以下の存在
という思想がそこにあったと断定するのです。

予断の域を出ない部分も多くありますが、
当時、日本においても、日本民族の優越性と、
鬼畜英米を標榜として戦争に突入しました。
戦争の大義名分については、どっちもどっち
ということでしょう。
「アメリカ大統領が、原爆を広島と長崎に落とした。」
という歴然たる事実だけは歪めてはならないのです。

(中略)

八代斌助主教は不治の病の床にあり、按手式説教に代え、
スピーカーを通し、詳細は覚えておりませんが、
「他者を赦し、自分も赦され、
 愛をもって互いに仕え合うことが
 キリスト者として
 最も大切なことである」

と訴える八代主教の声が聖堂に流されました。

(引用ここまで)


田中さんはこの他にも、
『教科書ネットくまもと』
事務局長もしているようでして

★<熊本>韓国から教科書問題訪問団
 2001年6月15日(金)
 http://www.jca.apc.org/keystone/K-ML200106/4007.html
6月7日、熊本県と姉妹関係にある韓国忠清南道から
「日本の歴史教科書要請のための忠清南道熊本訪問団」が、
熊本県を訪問しました。
同訪問団は、忠清南道地域市民社会団体代表、教育界代表、
宗教界代表、放送及び新聞取材陣13名(うち報道関係者3名)から
構成されています。一行は県庁や熊本市役所を訪れ、
知事・県議会及び市長・市議会への表敬訪問、県と市町村の
教育委員会への教科書問題に関する要請を行いました。
熊本市民でつくる「教科書問題歓迎実行委員会」では、
歓迎集会を開催。


■歴史歪曲を許さない
 アジア連帯緊急集会参加者のみなさまへ

              教科書ネットくまもと 田中信幸

 熊本県は「日本会議」の組織化が最も進んでいる県であり、
「つくる会」の教科書採択に関する議会請願が、3月議会時点で
採択数が全国一というありがたくない記録を背負ったところでも
あります。
その熊本で、4月22日に「教科書ネットくまもと」を立ち上げて、
県下11採択区全部に教科書ネットを立ち上げるために奮闘しています。
(引用ここまで)


★熊本”市民”団体が
 「韓国市民、日本の歴史歪曲阻止に
  力を貸して欲しい」要請文送る・・・

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1584.html 



★韓国政府、
 慰安婦漫画を国際漫画祭に出品

 2013/08/13
 http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2013/08/blog-post_13.html



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comments 4

トマト

田中、日本から去れ! 本当に怖いよ!日本に住んでおきながら日本が悪い妄想から離れられないのだから。 この人達結局甘えてるだけだよ、左翼は韓国で活動しろ!です

2013-08-14 (Wed) 02:36 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

陛下:「日の丸君が代は強制ではない。」

> 戦争の反省が・・・・・文部省の「日の丸」「君が代」の押しつけや・・・・

文部科学省は全国の公立学校に国旗国歌の指導の徹底を求めている。
に反し天皇陛下のご発言「日の丸君が代は強制になるということでない。」
これが何故なのかと物議をかもしているようです。

* 橋下さんに天皇陛下の日の丸君が代について「強制になるということでないが望ましい」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284136777

2013-08-14 (Wed) 05:02 | EDIT | REPLY |   

noga

The Tokyo Tribunal

従軍慰安婦問題は、法と正義の取りこぼしでしょうか。
米MIT (大学) の教授・ジョン・ダワーは以下のように述べています。

、、、、、よしんばこれ [東京裁判] が「代表的」指導者に戦争責任について説明責任を問うための発見学習的あるいはショウケース的裁判であると了解したとしても、ある種の集団、ある種の犯罪がそこから見逃されていることはいかにも顕著である。ひとびとにおそれられた憲兵隊は誰も起訴されなかった。超国家主義秘密結社の指導者も、侵略によって私腹を肥やし、「戦争への道」を拓くことに親しく関与してきた実業家も、起訴されていなかった。日本が植民地統治していた朝鮮人と台湾人を強制動員したことは「人道に対する罪」として追及されなかったし、何万人もの外国人の若い女性たちを狩りあつめて帝国軍人に性的サービスを提供する「慰安婦」として働かせたことも訴追されなかった。また、検察団を支配していたアメリカ自身が、残虐非道さにおいて疑問の余地のない罪を犯した特定の日本人集団を、秘密裏に、そっくり免責していた。満州の七三一部隊で、何千人という捕虜を実験台に使って生物兵器を開発していた将校や科学者たちである (研究成果をアメリカに教えることを交換条件に訴追を免れた)。中国における化学兵器使用の証拠についても、検察は真剣には追求しなかった。*

*増補版・敗北を抱きしめて 下 第二次大戦後の日本人 ジョン・ダワー 岩波書店 2004 p.261

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/



2013-11-19 (Tue) 01:12 | EDIT | REPLY |   

noga

disappointment

我が国首相の靖国参拝に同盟国のアメリカのみならず世界中の国々が失望している。

万世のために泰平を願わんと欲するのであれば、いかなることがあろうとも我が国の首相はA級戦犯の霊に敬意を表すべきでない。
この表敬は国際平和の根本を揺るがすものである。

追悼に当たり、我が国の政治は宗教にかかわりを持たないことを再確認しなくてはならない。
戦死者を追悼する適当な施設がないのであれば、政府は責任をもってこれを建設しなくてはならない。

政治家は、政治音痴と無為無策ではいられない。いつまでも迷走は許されない。早急に未来を拓く礎を築け。
我が国はリーズン (理性・理由・適当) による真理を追究する国家であり、’上とみるか、下とみるか’ の序列信仰からの決別を宣言しなくてはならない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/



2014-01-04 (Sat) 00:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply