FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国大統領、中国に伊藤博文暗殺の安重根の記念碑設置への協力要請・・・尊敬すべき人物nida

■韓国大統領 
 伊藤博文暗殺の安重根の
 記念碑設置への協力を要請 
「尊敬すべき人物」
 
産経新聞 2013.6.28 21:49 (1/2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130628/kor13062821540003-n2.htm
【北京=川越一】
中国を訪問中の韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は
28日、北京の釣魚台迎賓館で習近平国家主席夫妻と
昼食をとりながら会談した際、
初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を
暗殺した朝鮮半島出身の抗日運動家、
安重根(アン・ジュングン)の記念碑を、
暗殺現場の中国黒竜江省ハルビン駅に設置するための
協力を要請した

韓国大統領府が明らかにした。

 朴氏は安重根について、
「韓中両国民にとって
 尊敬すべき歴史的人物だ」

と述べた。習氏は
「前日(27日)の首脳会談は成果に富み、
 双方は多くの共通認識に達した」と強調。
安重根に関する朴氏の主張に同意したかは不明だが、
「関係部署に(記念碑設置を)検討するよう指示する」
と答えたという。

 暗殺事件の発生から100年に当たった2009年、
韓国では
安重根を「世界的な英雄」と
宣伝する動きが起きた。


その3年前の06年には、
韓国人企業家らが同駅近くの広場に
安重根の銅像を設置。
10日後、中国当局に撤去されたことがある。

当時は韓国の民間組織による活動に限定されていた上、
中国側も一貫して慎重な姿勢を保っていた。
それが今回、首脳同士の会談の中で言及された。
中国政府関係者も
「胡錦濤政権は
 中国国内の民間の反日活動を抑えてきた。
 習近平政権はむしろあおっている

と、政府の姿勢の変化を危惧している。

 両首脳は首脳会談後に発表した共同声明で、
歴史問題に絡む国家間の対立と不信の激化に憂慮を示す形で
日本を牽制(けんせい)した。
中国の最高指導者が2日続けて“首脳会談”を行うのは、
異例の歓待といえる。
習氏と朴氏が、
対日強硬姿勢を通じて
結束を深めた

可能性も否定できない。

 朴氏は28日、李克強首相らとも会談した。


  0d1bb788.jpg
 支持率低迷でスタートし、国家情報院の選挙介入や
 側近達の不祥事で危機に瀕していたクネクネ政権が
 日本に強気な発言と政策で、支持率大幅UP!
 困った時は「愛国無罪の抗日ネタ」だわ。


それにしても
殺人犯が「世界的英雄」で
尊敬すべき人物」とはね・・・

他に、誰も英雄と呼べる人物がいないんか???


★世界で一番間抜けな
 朝鮮人テロリスト安重根

 http://www.tamanegiya.com/annjyunnkonnbakatyousenn.html


★韓国「伊藤博文の玄孫・
 松本外相を○する在日同胞愛国青年急募!」
 ・・・狂ってる

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1064.html


★覚醒剤だけじゃない! 
 本当に病んでいる日本の大学!
 「テロリストは安重根ではなく伊藤博文」

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-62.html


★ドイツ古典哲学の創始者カントと
 安重根の思想を比較する研究が、
 日本の学界で盛んに行われている

 http://2chradio.net/?id=news4plus1269735698



初代韓国統監を務めた伊藤博文の側近に
閔妃(明成皇后)の血統をひく閔元殖がいた。
朝鮮総督府には、彼が三・一抗日運動後に書いた
朝鮮併合に関する論文が残っていた。

「朝鮮騒擾善後策
 -鮮民の求むるは斯くの如し」


この閔元殖という人物は、閔妃暗殺の時はまだ8歳だった。
その後、朝鮮で起きた
"東学党の乱"での閔氏門閥打倒の煽りを受け
朝鮮民衆に両親を殺害され孤児となった。
彼は半島にいられなくなって清国に逃げたのだが、
そこでも住みずらく再び朝鮮に戻ったのだが・・・
一般民衆は冷酷で、半島各地を転々と逃げ回ったのだという。

12歳の時に、意を決して日本に渡り、
運良く副島種臣と知り合いになった。
副島の手配により、福岡県知事の庇護を受けて8年間を
日本で過ごした。
恐らく、充分な庇護の下、閔妃(明成皇后)の血統にふさわしい
教育を身に付けさせて貰ったのだろう。
才能あふれる20歳の青年は、伊藤博文の目に留まり、
21歳で朝鮮統監府の衛生課長に抜擢された。
以後、内部書記官・事務視察菅を歴任し、郡守に任じられ
利川や高陽に赴任するまでに出世している。
彼が33歳で高陽の郡守をしていた時
三・一事件が起きた。
以下は、彼が書いた三・一運動後に書いた
長い長い提言書の論文抜粋

「このたびの三・一運動の近因は、米国大統領ウィルソンの
 提唱した民族自決主義を、欧州戦争と何ら関係のない
 朝鮮にも適用されるものとする誤解から起こった。
 もしくは誤解を装うて、ひょっとしたら上手くいくかも
 しれないと狙った在外朝鮮人の扇動に由来した。

 もっと言えば、初めから実現できないと知りつつ妄動を
 企てた感がある。
 常識的に見れば、狂気の沙汰と言えよう。
 しかし朝鮮人が、
 日本の統治政策に深い不満を抱いている事は確かである。
 この対策を考えねばならない。

 日本政府は併合以来十年近く、朝鮮人の生命財産を保護し、
 国利民副を向上させる点に於いて用意周到であった。

 運輸交通、金融機関の整備、農工各種の産業の発展等、
 旧韓国時代の悪政から朝鮮人を解放し、夢想もしなかった
 恵沢をもたらした。
 にも拘らず朝鮮人の性情が偏狭・我執に傾いているためか
 口では感謝しながら、心では淋しさを感じ
 朝鮮人の自尊心を傷つけるなどと思う者が多い。

 更に朝鮮人は米国を世界の自由郷、現世の楽園のように思って
 いる人が多い。しかしそこは白人の天国であって、有色人種の
 人権はほとんど認められない。
 (中略)
 日本統治下の朝鮮人は、米国に較べて遙かに幸福である事を認識し
 穏当な方法によって民事を拡大してゆくことを講ずるべきである。

 日本は国初以来、天皇あっての国家であって、元首が変わったこと
 がない。頼朝も足利氏も、秀吉、家康も、天皇の名に於いて政権を
 委ねられたものであり、それなくして民心を治めることが
 出来なかった。
 それに対し朝鮮は、国土あっての元首であって、元首が変わることを
 奇異と思っていない。
 朝鮮だったら秀吉も家康も国王になっていたであろう。
 だから朝鮮人は、統治者が変わっても、国号が変わっても、
 対して不思議に思わない。
 日韓併合も、慌ただしいうちに実現してしまった。

 当時の権力者たちは、国家の将来のことも民衆の留保について
 考えることもせず、何ら努力することもなく、簡単に賛成して
 今は貴族に列せられている。


現在韓国では、閔妃(明成皇后)は素晴らしい国母だった
褒め称えているが・・・
閔妃暗殺事件に、朝鮮人と共に日本人も関与していたとしても
その後の閔一族の抹殺は、
誰あろう朝鮮の人々がした行為です。
両親を殺された8歳の少年を冷たく見捨てたのも朝鮮の人々だ・・・

その彼を救い、国際感覚の優れた立派な青年に
育てたのは日本人だった・・・
祖国の人々に両親を殺され冷遇された閔元殖氏が、
三・一運動後に朝鮮総督府に提言した論文には
祖国を恨まず、愛国心に満ち、朝鮮国民の気持ちを理解し
日本は朝鮮を蔑むことなく、
朝鮮も日本を疑わず
双方が理解しあえる
新しい形での政策をして欲しい
と嘆願しているのだ。


伊藤博文が、そして総督府が
彼の意見を尊重したからこそ、
現在でもその論文が残っているのでしょう?

*因みに、
 併合後に朝鮮の様子を紹介しながら
 朝鮮を蔑むような記事を率先して書いていたのは、
 特に「朝日新聞」だった。
 朝鮮総督府は再三に渡って、この様な記事を掲載する
 新聞社に対して注意勧告をしていた!


 
「朝鮮近代文学の祖」とも呼ばれた親日派の李光洙
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E5%85%89%E6%B4%99
李承晩政権下で反民族行為処罰法により
検挙・投獄され、法廷で堂々と語った
『私の親日は祖国の為のものだ!
 たとえ本道ではなく邪道だったとしても、
 私のとった道は祖国と民族の為の物であり、
 其のことも理解してもらいたい』

古い儒教思想に凝り固まった事大主義の政治では
清国のように、欧米列強の侵略に遭い、
祖国は彼らの思うがままになってしまう・・・
実際、併合前の朝鮮には欧米各国の租界が存在し
鉄道の権利も彼らに売り渡されていた。
アヘン戦争以後の清国の惨状を目の当たりにした
朝鮮の政治家たちが
慌ただしく”朝鮮併合”に賛成したのも
清国のようにはなりたくないという
祖国と民族の為のやむを得ない行為だった。

それは大企業の乗っ取りを阻むための
中小企業同士が合併して対抗するようなものだったと思う。



韓国の教科書は
朴殷植『独立運動之血史』の記述に基づいて、
朝鮮総督府による三・一事件の弾圧を糾弾している。

その『血史』の内容とは、たとえば・・・
http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-10992024815.html
「女子高等普通学校(当時の女子中等学校の名称)の
 廬永烈は、裸体で十字架の上に仰臥させられた。
 日本人は、後列の十字架の傍に炭炉を置き、
 鉄線を真っ赤に焼いて廬永烈の乳頭を三、四回
 刺してからその縄を解き、
 刀で四肢を断ちおとし
 まるでまこも(菰)のように分切した
 血が雨のようにしたたりおちた。
 …が質問して、
 「お前はこれでもなお『万歳』を叫ぶつもりか」
 と言った。
 彼女はこれに答えて、
 「独立が達成できなければたとえ死んでもやめない」
 と言った。

 …数日間も食事を与えないで、
 三日目にふたたび拷問を加えた。
 しかし彼女は抗日を止めず『万歳』を叫び続けた。
 …やむをえず、衣服を抛(ほう)りかえしてよこし、
 きびしく警責を加えた後に釈放された。……」

 (231~2頁、212頁)

この後、彼女は衣類を着て自宅に帰されたらしいのだが
廬永烈という女性が、抗日運動で投獄され
釈放された後に死亡したのは事実であるが
何年か前の朝鮮日報で、当時彼女の葬儀に参列した
幼馴染だったという近所の老人の談話では
朴殷植の書いた『独立運動之血史』では
四肢を切り落とされ3日3晩食事も与えられずに
拷問を受けても朝鮮独立を叫び続けたという女性の
ご遺体には・・・「手足はちゃんと有った」という。

今でも、
朝鮮民族や日本のサヨクに信じられている
抗日運動の内容が如何にいい加減なものだったか・・・

歴史に、”~たら~れば”は禁物だが
安重根が伊藤博文を暗殺していなかったら・・・

やっぱり、何も変わらないだろうなぁ。
彼らのヒステリックな”恨”は、
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130523/wlf13052312230020-n1.htm
「韓国という国民性は
 『いくら国家間の仲が悪くてもこの発言は問題だ』
 という理論的な考え方ができない」

「伊藤博文を暗殺した活動家・安重根を
 英雄扱いしているが、
 実際は暗殺事件を機に日本の韓国への締め付けは
 厳しくなり、国勢はますます衰えた。
 そういった客観的な見方ができず、
 感情論でしか語れない


なのだから・・・

 20130413-247.jpg

よく知られる、一般的な安重根の写真
 dd1971e3ae.jpg

 20070708062714878.jpg

 c5cbd067.jpg

韓国が使用している安重根の写真
 img1909-01.png

何だか違和感・・・
安重根を美化するために
フォトショップなんかで画像加工していないか?
目元が別人なんですけれど・・・



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

兵庫

テロリスト

中国が許可するなら記念碑でも、
銅像でもなんでも建立すればよかろう。

いつまでも反日思想から脱却できないのは、
経済破綻を起こす度に、日本があたふたと
IMFにまで懇願して救済をするからだ。

在日朝鮮人の意向を無視し、大韓民国は
日本の属国ではない、一外国と言わなければ
この関係はいつまでも終わらない。

どうしても助けたければ、復興予算を食いものにする
電波会社、朝鮮菓子会社、パチンコ、金融、不動産
みんなで祖国を助けてあげれば良いではないか。

2013-06-30 (Sun) 20:30 | EDIT | REPLY |   

九官鳥のq

中韓関係を犬を主人公にした映画に例えると

「カンコク」と名付けられたワンちゃんが中国人の飼い主と生き別れ、日本人に拾われた後アメリカ人の手にわたり、現在、太平洋を横断して元の飼い主に再会したところ(全米が号泣)。

最後はお腹をすかした10億人の中国人が集まって盛大に犬鍋パーティー。
エンディング曲は「千の風になって」(再び全米が号泣)。

「二度泣けてくる映画」として評判になりそう。

2013-07-01 (Mon) 21:41 | EDIT | REPLY |   

弓取り

事件が起きてから考えようは、もう止めよう

>>歴史に、”~たら~れば”は禁物だが
未来の”~たら~れば”はよく考えたいですね。
そのために歴史は重要、情報は重要。対策は議員選抜と意見出しにて。
韓国が歴史を学んでいないことの想定は最重要。あの依怙地な妄言ぶりと経済没落を見れば確定と言うべきか。

2013-07-01 (Mon) 22:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply