韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国焼酎『真露チャミスル』から、また軽油検出・・・メーカーには責任ないnida!

★焼酎『チャミスル』から軽油…
 「製造過程に問題ない」=韓国

 中央日報 2013年04月03日10時35分
 
http://japanese.joins.com/article/052/170052.html?servcode=400§code=430
   t1.jpg

忠北道清洲(チュンブクド・チョンジュ)のチョンナム警察署は
2日、飲食店で販売された焼酎『チャミスルの瓶から
軽油成分が検出されたという結果を、国立科学捜査研究院から
報告されたと明らかにした。
警察は先月3日午後8時30分ごろ、清州市の粉坪洞
(プンピョンドン)にある飲食店で酒を飲んだAさん(44)から
「焼酎瓶から石油の臭いがする」
との申告を受けてすぐに捜査を開始。
調査の結果、回収した焼酎15本未開封11本、開封済み4本)
のうち8本の内外部から少量の軽油成分が検出された。

これに関して、製造元のハイト真露側は
「生産過程で製品に軽油が入る可能性はない」として
「揮発性の強い石油類に瓶が汚染されれば、
 未開封製品でも微量の揮発性分が
 ビンの中に入る可能性がある」

と説明している。


★絶えない'軽油焼酎'論議
 …また、ユ通商問題?

 聯合ニュース(韓国語機械翻訳) 2013-04-03 14:48
 
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Fhome.nhn&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_submit=+%E7%BF%BB+%E8%A8%B3+ 
3年前釜山(プサン)でも発生…
真露「製造工程問題なくて…捜査積極的に協力」

(清州(チョンジュ)=聯合ニュース)シム・キュソク記者
清州(チョンジュ)のある飲食店で販売した真露チャミスル
軽油焼酎波紋が簡単に弱くならない雰囲気だ。

この飲食店に保管された焼酎5本と販売された3本から
軽油成分が検出されたが、このような成分が流入した経路は
まだ明らかにならないでいる。

ハイト真露(株)側は、焼酎流通や保管過程で軽油成分が
流入した可能性を疑っている。

この業者のある関係者は
「ガソリンや軽油など石油製品と焼酎を密閉された空間に
 共に保管すれば焼酎でにおいがすることができる」

と解明した。

ビンのふたを封切りしなくても、空気中の微細な揮発性成分が
ふたの部分を通じてビンの中に入り込むことができる
ということだ。


しかし消費者はこのような解明を、さっさと受け入れにくい
という反応だ。

このような論理ならば、焼酎内アルコール成分も抜け出ることに
なることができて、密封状態が粗末だということを自認するのでは
ないかという話だ。

その上チャミスルの軽油焼酎論議は
今回が初めてでない。

2010年3月にも、釜山(プサン)のある飲食店で「軽油焼酎
問題がふくらんだ。

この時問題になった焼酎は、やはりチャミスルだった。

当時真露(ジンロ)側は
「卸売商で焼酎とともに保管した石油暖炉と石油カンのため
 であるようだ」
と明らかにした。
成分検査をしてみてこそ正確な原因を明らかにすることが
できるという立場も出した。

しかし、当時問題になった製品が回収されなくて
原因糾明はうやむや
になった。

当時真露側は「軽油焼酎」問題を提起した飲食店顧客が
焼酎瓶を出さなくて原因を明らかにすることができなかった
と明らかにした。

真露は今回の軽油焼酎発生原因も、流通・保管過程の
問題と見ている。
製造工程には何の問題もないということだ。

清州(チョンジュ)で問題になった焼酎瓶は、幸い回収されて
警察と食品医薬品安全処が調査を始めながら原因が明らかになる
可能性があるとみられる。

二つの機関は焼酎が出庫された工場はもちろん、これを保管した
物流センターと主流卸売商社、飲食店など製造・流通過程を点検、
軽油焼酎生成原因を明らかにするという計画だ。

真露側も原因が糾明されなかった状態で、消費者の不満・会社の
イメージ毀損などの被害が発生したとし、警察に迅速な捜査を
要請して出た。

真露側は、清州(チョンジュ)チョンナム警察署に出した嘆願書で
「すべての設備が自動化されていて
 工程も高温・高圧で自動洗浄されて
 軽油成分流入の可能性がない」として
「早急な原因糾明のために工場設備に対する捜査に
 積極的に協力する」と明らかにした。

警察と新薬処調査で軽油焼酎の原因が、流通・保管過程の
問題と明らかになって真露が名誉回復ができるのか、
でなければブーメランになって「毒杯」として作用するのか
関心が集まっている。


過去の事件

★斗山ジャパン、サントリー
 韓国焼酎「鏡月グリーン」
 黒色の小片の混入

 2007年 03月 09日
 http://chatarodev.exblog.jp/5297760/

★韓国酒は今まで食品衛生法規制無かった!
 異物混入事件年間250件

 2012-01-31
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1611.html

★韓国舞鶴(ムハク)焼酎に
 また異物混入事件。
 今度は長ネギや薬殻

 2012-04-17
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1772.html

★“グンちゃんマッコリ”
 中身が漏れる缶の不良で
 115万個リコール

 2012年03月09日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1694.html

★【異物混入】イオン、
 「TBチョコケーキ(韓国で製造)」から
 アレルギー物質の落花生成分検出

 2012/05/04
 http://hogehogesokuhou.ldblog.jp/archives/51904439.html

★韓国】工業用エチルアルコールで
 麺類製造した2社を摘発

 2009.07.19
 http://maokapostamt.jugem.jp/?page=3&cid=11


★韓国アルコール市場に大異変、
 外国勢に押される韓国企業

 東洋経済 2012年04月17日
 http://toyokeizai.net/articles/-/8950/?page=2
 これまで国内ではOBとハイトが15年ビール戦争を
繰り広げてきた。90年代、OBはビール市場の7割を
占めていたが、
91年に起きた工場での有害物質流出事故が打撃となり、
4年後の95年、ハイトにトップの座を明け渡した。
(以下略)


軽油焼酎か・・・
2度目じゃねぇ・・・

未開封の製品からも軽油成分が検出って、
アウトでしょ・・・


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 5

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-04-04 (Thu) 10:06 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-04-04 (Thu) 10:39 | EDIT | REPLY |   

一世田谷区民

買う方が悪いってことですね。

朝鮮企業の論理だと、製品には全く問題ないので
買った方が悪いんだということですね。

現代自動車の急発進、サムスンの携帯電話の爆発も
朝鮮食品の不衛生さも全部顧客の責任なんですね。
だったら、わかりやすいですね。
朝鮮製品は買ってはいけないし、朝鮮料理店には行ってはいけない
それを許す朝鮮にはもちろん渡航すべきではありませんね。

ですが、情報がなければ被害者となって泣き寝入りです。
日本企業はアイスクリームの包装がほんの少し破れても全部回収なのに。
チャミスルは日本でも売ってますね。
知らずに買って被害にあったら、運が悪かったと
諦めねばならないんでしょうか。
ハイアールの洗濯機が火を吹いても回収も修理も弁償もしませんでした。
シナも朝鮮は、そういう国だと勉強になりました。

2013-04-05 (Fri) 11:47 | EDIT | REPLY |   

弓取り

機械は性能評価  食品は安全評価

2度目? ありえない品質のありえない事業継続。いきなりアウトレベル。
日本で販売しているのは大丈夫だよ、とか言い訳にならないね。
商売して儲かれば品質も上がるから、それまで我慢してよ、彼らにも生活があるんだから持ちつ持たれつじゃない?日本企業にもそんなのいっぱいあるじゃん、あったじゃん、とかもダメですよね。
マスコミもいいかげん報道してくれよ。

2013-04-06 (Sat) 00:25 | EDIT | REPLY |   

mars

寧ろ「完全自動化ライン」が問題だと思います。
2年前くらいにようやく日本の焼酎工場を丸ごと買い取ると言っていた(実行にうつしたかどうか不明、マスゴミの期待に反して日本の焼酎ブームと言われたのは一過性の現象ではなく本格焼酎の復権だったので期待したほどに潰れたメーカーは無い)レベルなので、蒸留機自体がLG化学の他のプラントから持ってきただけの部品を繋いだだけかもしれません。
日本では本格(乙類)焼酎が主流で単式蒸留機を毎回綺麗にメンテナンスしたり、醪も腐造を起こさないように細心の注意を払いながら専用の麹で仕込みます。
一方で甲類(合成アルコール)は基本的に工業アルコールとほぼ似たり寄ったりの製造法で作られ、最終的にフィルターで有害物質を取り除きます。竹炭濾過方ってフィルターの性能はいいのですが交換頻度が十分に高くないと米露でやってる木炭(樺、糖蜜楓)より目詰まりし易いと思う。
おおかた大王艦や最強自走砲みたいにろくなメンテナンスもせずに新造時のカタログスペックで「問題無い」と言い張っているのでは?

2013-04-06 (Sat) 12:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply