fc2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

日本は強制連行された 子孫を保証する責任があるnida!無償化すろ~

北朝鮮「卑劣」と非難 
安倍政権の朝鮮学校無償化見送りで

2013.1.8 14:29
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130108/kor13010814300004-n1.htm
北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は8日、
安倍政権が高校無償化を朝鮮学校に適用しない
方針を決めたことについて
「(北朝鮮への)敵対意識と
 排斥主義が染みついた者の
 卑劣で幼稚な妄動だ」

と非難する記事を掲載した。

記事は朝鮮学校について
植民地統治の時代に
 日本に強制連行された
 朝鮮人の子孫が通う学校だ
と訴え、
「日本当局には在日朝鮮人学生の
 民族教育の権利を保障すべき責任がある」

と主張した。
下村博文文部科学相は先月28日の記者会見で
朝鮮学校は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と
 密接な関係があり、拉致問題が進展しておらず
 国民の理解が得られない

と適用見送りの理由を説明した。


★在日 強制連行の嘘 【歴史問題】
 http://roboukoishi.blog36.fc2.com/blog-entry-28.html

★在日朝鮮人による密入国の歴史
 http://tokua33.ninja-web.net/korea.htm

★1963年 衆議院会議録情報 
 第022回国会 法務委員会第23号

 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/022/0488/02206180488023a.html
〇小泉純也政府委員(法務事務次官)証言

「韓国人が、日本に生活をしたい、
 また戦争中疎開いたしまして、
 子供が日本に在留しておられる両親のもとで
 生活をしたいと申して、
 その手段方法を選ばず日本に入ってくる」
「最近においては、
 子供だけ三十人くらいの団体を連れて密航をして、
 大人だけは完全に逃げてしまっている

 
「六十万と推計をせられる朝鮮人のうち、
 日本から母国に帰りたいという者は一人もいない
 といっても大した言い過ぎではない。
 一方向からは、入れれば、それこそ手段方法を選ばず、
 命がけでも密航をして、方法さえつけば怒濤のごとく
 どんどん入ってくる。

 そしてこちらから強制送還をしようといたしましても、
 韓国の政府がこれを容易に受け付けないという
ところに、
 人道問題だけでは解決しない大きな国と国との外交問題
 と申しますか、
 もう入国管理局だけでは手に負えない大きな外交問題
 となってここに横たわっておるのは、
 私が申し上げるまでもなく、御理解をいただいておる
 と思うのであります。
 ですから、要するに、こちらは国際的ないわゆる紳士
 としての態度をもって韓国に接しましても、
 韓国の方は、紳士的でないとは申しませんが、
 御承知の通り李承晩ライン、その他漁船の拿捕の問題
 こちらから、密航した者を密航したという確証をあげて
 韓国に申し入れましても、その送還を容易に受け付けない、
 こちらは向うから出てきた者を受け入れっぱなし、
 不法入国であろうが何であろうが、
 返すことができない
で、
 大村収容所にはますます人員がふえていく、
 それをみな国費で、国民の血税で
 養ってやらなければならない

 その取扱いについても、きわめて懇切丁寧にしなければ、
 人権じゅうりんというような問題まで起きてくる。
 これを大まかに考えますと、
 一体日本のためにやらなければならないのか、
 日本国民の血税の犠牲において、
 韓国人をまず第一義として大事にしてあげなければ
 ならないかというようなところまで、
 考え方によっては行く問題であると
 私は思うのであります。

---------------------------------------------
★国会議事録より
■昭和29年7月8日
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/019/0932/01907080932001a.html
収容状況。昭和二十九年六月二十五日現在で
六百三十名の収容者があります。
うち韓国人が五百十名、中国人が百二十名であります。
収容期間の最も長い者は、二年に及ぶ者があります。
これは北鮮系の朝鮮人を送還したところ
釜山で受入れ拒否され、もどされてそのまま収容中の者
であります。本年度における収容者は六月までで約千名で、
開所以来の累計は約九千九百名であります。
(略)
給食について、昭和二十九年六月法務省令をもつて
被収容者の処遇規則の一部が改正されまして、
現在の給食実行単価は米食者八十円(材料費のみ)の経費で、
カロリー二千七百を下らず、
かつ韓国人はにんにく、とうがらし使用
中国人は油を主として使用、欧米人等、人種別の献立に基いて
調理しておるのであります。
すなわち食事の種類としては、
一般食、韓国人食事、中国人食、中国本土及び台湾人食事、
患者食、医師の診断による者の食事、特別食、欧米人等
米食しない者の食事。

次に衣類、
上衣、ズボン、スカート、ズボン下またはシユミーズ、シヤツ、
さるまた、ふんどし、ズロース、靴下、はきもの、
これらは貧困者に限つて給与いたしているのでございます。
さらに日用品といたしましては、歯ブラシ一箇月一本、
歯みがき粉一箇月一袋、手ぬぐいまたはタオル三箇月一枚、
手洗い石けん、洗濯石けん一箇月に一個ずつ、ちり紙一日五枚、
これは全収容者に支給、ふろしき、送還時のみ事情により支給、
その他日常必需品、通信用切手十円一箇月一枚、
はがき一箇月一枚、
入浴については毎週月、木の二回、十二時より十五時まで、
運動娯楽については午前七時から午後六時まで
棟付属の運動場で各自運動を許可しているのであります。
ピンポン台、野球用品、蹴球道具、ブランコを設備し、
映画も一箇月一回以上講堂で実施しております。

 次に作業状況について申し上げます。
作業はもちろん被収容者の希望によつてのみ行われている
ものでありまして、現在わら加工作業のかますの製造をやつて
おります。これも希望者が多いのであるが、作業場が狭いので
わずかに十五名ぐらいしか作業できない状況であります。
目下作業場の増設計画予算四百五十万円を立てております。
作業員の収益は一日約六十円になつているそうであります。

*外部においては民戦系諸団体
 対収容者工作を執拗に推し進めている

*食事、被服、日用品の支給、施設費、係官人件費等
 収容者一名につき
 一箇月約一万二千円の経費を要する


■昭和30年12月8日
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/023/0488/02312080488003a.html
非常に凶悪な悪質な犯罪者、たとえて申しますならば
殺人とか強盗とかいう種類の犯罪者、あるいはたとえば
麻薬関係、それからヒロポンの、これも単に媒介とか使用した
というのでなくして、製造をやっておるというような
非常に悪質な者、あるいは普通の犯罪者でございますと大体三犯以上
くらいの者で、われわれの観念からいたしまして犯罪の上に生活が
成り立っておるのではないかというふうに認めざるを得ないような
悪質者を退去強制処分に付しております。
そうしてそれを大村に送っておるのでございますが、
これは大村に収容すること自体が目的というわけでは毛頭ないので
ございまして、通常の場合退去強制処分に付しました者は
その退去の確保をいたしますために収容しておるのでございます。
従って、通常の国家の場合ですと、
ほとんど一月以内に相手の国がそれを引き取りますので、
収容生活というものはきわめて短期で済むのでございますが、
韓国の場合、これをなかなか引き取りませんために、
遺憾ながら収容が相当長期にわたってはおりますが、
しかし、それは収容そのものがあくまで目的ではないので
ございまして、従いまして、向うが引き取ると申しますならば、
きょうにでもみんな渡してやりたいと意味の収容でございます。
現在そうした種頭の人が約三百七十名ほどになっております。
韓国側は、これに対しまして、戦前からおる朝鮮人については、
日本にいわば永住権があると申しますか、これらの者について
日本政府が一方的に退去処分に付するのは妥当ではないという
主張のもとに、今日までその引き取りを延ばして参っております。
 
「密入国者の中にも、確かに、私の記憶しております限り、
 密入国をして来た上に犯罪をやったというのも数件でございます。
 しかし、ただいま三田村委員のおっしゃいますように、
 密貿が目的だというように認められます者には、むしろ逆に、
 日本に在留しながら密貿が目的で行って帰ってきた、
 あるいは密入国者を日本に連れてくるというような
 ブローカーのような立場で行って帰ってきた者などを
 この密入国というカテゴリーに入れておるものもございます

 向うから来た者でそういう者もあるかもしれないと思いますが、
 現在まで私どもが扱いました数回密入国をしておるという例を
 見ますと、これはむしろ、家族の大部分ではないにいたしましても、
 家族のある部分がこちらにおりまして、
 本人は一度帰っていったのだけれども、
 向うの生活があまりおもしろくないので、
 こちらの家族を頼ってやってくることが、
 われわれの方み密入国の現行犯ということでつかまってしまった
 ために帰された、
 やはりどうしても日本に来たいというのでまた来る、
 こういうようなことで二度三度になっておる実例
がございます」

■昭和31年4月6日
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/024/0488/02404060488022a.html
密入国者は先方で引き取る、
しかし、刑罰に処せられた者について
当方で強制送還をしようとする者に対しては、
強制送還を拒んで、内地で釈放せよと言う

(略)
前科一犯ないしは前科二犯で退命にしております
ような人々は、
殺人であるとか、強盗であるとか、
ヒロポンなんかを数万本も製造したとか、
そういう非常な悪質者
であり、
あとは大体前科三犯以上で、おおむねその人の
生活すべてを見まして犯罪の上に生活が成り立っている
と認定せざるを得ないような人々
なのでございます。
われわれとしては、そういった事情の者を
外国人である限り日本国外に追放するのは
当然の主権行為であると考えております。
(略)
「昭和三十年十二月三十日現在
 外国人登録面にあらわれた国籍内容」として、
朝鮮が四十三万三千七百九十三名、
韓国十四万三千八百八十九名となっておりますが、
大村へ収容されておる不法入国九百六十名、
刑罰法令違反四百二十三名

(略)
私どもも、刑罰法令に違反したような者を、
日本の漁師と引きかえに引き取るというのなら
わかるけれども、
国内で釈放せいということは、どうも筋道が立たぬ
思われるのです。
それについては向うはどういう理由でそういう筋道の立たぬ
ような主張をしているのであるか。
日本の漁師と不法入国した者と取りかえるということすら
おかしいと思うのでありますけれども、
それは、向うは向うとして、李ラインを越えたのだから
不法入国者だという主張はあるかもしれませんが、
日本の刑罰法令に違反したために強制送還になるような者を
内地で釈放せよという

(略)
一日も早く国交を調整して不法抑留されている
日本の漁夫を取り返したい、
それを取り返すために話の糸口をつける上においての
手段として考慮すべき点がありますならば、
われわれもできる限りのことは応ずべきだと思いました。
というて、それで日本の法律の権威をまげるわけにも
いきませんし、日本がもし今日まで抑留しておることが
間違いであったならば、これは不法監禁になるのであります。
日本は決して不法監禁はいたしておりません。
正当な収容をいたしておるのであって、断じて不法監禁しておる
のではない。ただ、従来の例としても、これを保護団体等が
責任を負うて預かる場合においては釈放したり仮放免した
事実もあるので、同じようなケースにおいて、
保護団体等ができて引き受けるというならば、それは話の糸口を
つける上においてもよろしかろう。
ただし、これには費用がいります。
ただではなかなか釈放ができないのであります。
というのは、あの人々は無一文であります。
着のみ着のままで、出た日からめしが食えない人たちであります。
これを釈放して、この人人の将来を処理するために、
また、向うに引き取ってもらうためにも、
あるいはその行き先を選ぶためにも
――中には、いやもうしばらくここにおると言う人が
北鮮側の人にはあるかもしれないという見通しが
その当時にはあったのであります。
(略)
今のような韓国のやり方では、
自分の主張を通すためには、
いつでも日本人漁夫を引っぱっていけば
日本側は人質外交にひっかかって
言うことを聞く

こういうことを繰り返されたのでは、
この問題は一時解決したがごとくに見えても、
ちっとも解決にならぬじゃないか、
そこで、われわれとしましては、将来こういう
刑罰法令違反の悪質不良な外国人をば退去させるような
ことは、もうほかの問題にひっかけることなしに
必ず引き取るという原則をはっきりしてもらいたい


■昭和31年4月12日
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/024/0488/02404120488014a.html
”実は大村におりますこの収容者の中に、
 現に北鮮に帰りたいというものは八十八人でございます。
 この人々は今千何百人おるうちの一部でございまして、
 よくその相互の間に北鮮系、南鮮系の争いも起りますので、
 刑に収容してありますが、この人々は北鮮に帰りたい、
 何とかして帰してくれということをしきりに言っております。
 私どもの方は本来あそこでとめておくべき性質のもの
 じゃない、一日も早くその国に帰したいし、
 また台湾籍の洪進山を中国に送り返した実例もありますので、
 これは本人の希望する北でも南でも日本政府としては
 直ちに送り返す意思を持っておりますが、
 道があかないのです。どうして送り返すべきか、
 送り返す道がない、
 これはまあ伝え聞くところによると、
 船を仕立てて送り出せば、それは李承晩政府の方では
 爆撃するといったようなことを言っておる

 どこまでほんとうだかうそだかわかりませんが、
 向うは乱暴でございまして、
 日本の漁船に発砲するのであります。
 そういう乱暴をいたしておるものでございまするからして、
 船を出して送り返す道もない、
 また北鮮の方とは日本政府との間に何ら話をつける道が
 ついておりません。赤十字のみがここに介在いたして
 辛うじて先般北からの帰還者を引き取るために参りましたが、
 これも道がなく、香港から遠回りをして参った
ようなわけで
 ございます。”

・(外国人)登録しておる者の数は
 朝鮮籍四十三万三千七百九十三名、
 韓国籍十四万三千八百八十九名、
 合計五十七万七千六百八十二名

・日本の刑務所では、二月末の調べでありますが、
 六万八千四百五十人の受刑者がおります。
 そのうちに朝鮮籍の者が四千五百九十七人
 総数八千万の国民に対しまして
 日本籍の者は一万分の八ぐらいでございますが、
 朝鮮籍の人々は一千分の八、十倍だけ多い

 六万八千人の受刑中の人々のうちで、
 朝鮮籍の人が四千五百、まあ四千六百人という
 事実から申しましても、この人々が確かな生産的
 生業を持っておらぬ、ここに非常に大きい悩みがある。

「大村収容所に抑留されておりまする人のうちには
 相当重罪犯人が多いんじゃないか、
 いわゆる悪質抑留者が多いんじゃないかと、
 こう見ているんですが、それを野放しに日本内地で
 釈放してしまって、
 あとの責任はなるほど韓国の人々の団体とか、
 いろんなそういう団体の代表者が保証人ということに
 なるでしょうが、しかしその保証だけで
 私ども国民というものは安心していいものかどうか
 ということは、非常にこれは疑問だと思う。
 それで、大体御承知の通りに、
 今、朝鮮人に対する扶助料
 というものは二十四億万円
 それが税金で私どもに
 かかっているんです。

 この二十四億万円の金がわれわれの税金によって
 まかなわれておる
ということにつきましては、
 相当の私は考慮を払わなければならぬ点であると思う。
 もしそういう悪質犯罪者が釈放されて、やはり要保護者
 という立場で私どもはこれにまでも扶助料を出すという
 ことになれば、ますます私どもの税金というものは
 高くなるということになる。」

■昭和38年2月12日
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/043/0488/04302120488003a.html
韓国から日本に密入国してくる者の取扱い、
大村収容所における取扱い等でデモ騒ぎが起こる。
大村収容所に収容せられておる者が、待遇改善要求暴動
・各棟間のバリケードを撤去し自由に往来させろ
・食事の量質を改善しろ
・寒くなってきたから毛布を増配しろ
・ラジオで日本放送ばかり聞かせるな
・売店の購入は直接卸業者から買わせろ
・週二回の入浴時の蒸気の放出時間が短い
・映画は月一回だけでなく、ダンス・パーティもさせろ、
 運動場の使い方も改善しろ

「韓国から日本国にいろいろの事情で密入国してくる。
 これは国法の違反になるわけでありますが、
 これを密入国者として全部処罰する、そうして
 大村収容所へ収容するというようなことから、
 密入国してきてもそのまま日本にもぐり込んでしまう。
 つまり登録しない外国人ということになるわけです。
 そういう者が相当あるやに聞いておる。
 これは日本の治安上からいっても非常に問題だろう
 と思うのです。日本の外国人登録にも来ていない。
 もぐっちゃって幽霊みたいになっている者がおる。」

「昨年の暮れあたりから、また集団的な密航者が
 ふえておりますが、こういう者の、
 言葉は悪うございますが、船ごとつかまったような
 場合には、数字は検挙人員と一致いたしますから
 すぐわかるのでございますが、
 そうでなくて密入国した者につきましては、
 何しろ顔、形から言葉まで似ておりますので、
 われわれずいぶん苦労しております。」




★日韓条約批准書交換に関する
 朴正煕韓国大統領談話

  7689.jpg
[年月日] 1965年12月18日
[出 典] 日本外交主要文書・年表(2),
     629-630頁 及
    「大韓民国外交年表 附主要文献」,
    1965年629-630頁
[備 考] 翻訳 玄大松
[全 文] 大統領談話文(韓日協定批准書交換に際して)
 
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19651218.S1J.html
親愛なる在日僑胞の皆さん!

 現在60万人以上と推算されている在日同胞の
これまでの苦労がどれくらいつらかったことかを,
私は誰よりもよく知っています。

 在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると,
ひとえにそれは本国政府の責任となる他ありません。

 したがって,これまでに在日僑胞の一部が
共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に
加担するようになったのも,実は大部分
本国政府が在日同胞をより暖く,より徹底して
保護できなかった責任であるといえます。

 これより本国政府は皆さまの安全と自由について,
より積極的に努力して可能な最大限に皆様の生活を
保護するつもりであります。

 これとあわせて私は,
一時的な過誤で朝鮮総連系に加担した同胞たちの
一切の前過を不問に付して,
本国政府の保護下に立ち戻ることを希望します。

 政府は最大限に彼らを暖く迎え,一つの血筋を引いた
同胞として,韓国民として保護するでありましょう。

 そうして私は,日本の空の下で韓国同胞たちが
再び分裂して相剋することなく,暖い同胞愛の紐帯の中で
互いに和睦して親近となり,また幸福な生活を営なむことを
希望してやみません。

 これとともに私は,
これまで分別なく故国をすてて
日本に密入国しようとして抑留され,
祖国のあるべき国民になれなかった
同胞
に対しても,
この機会に新しい韓国民として
前非を問わないことを
あわせて明らかにしておこうと思います。

 再びこうした分別のない同胞がいなくなることを
希望しながら,今日からわれわれは新しい気持と
新しい心構えで,栄えあるわが祖国を建設する
働き手とならんことを,訴えてやみません。

 親愛なる国民の皆さん!

 われわれは今,新しい民族史の門出に立っています。
この新しい民族史は外には互恵平等の位置から
胸襟をひらいて世界の舞台に進出し,
民族の栄光を占め,内にはわれわれの至上課題である
祖国の近代化作業を一日も早く成就することにより,
自立と繁栄に浴することができる統一された
福祉国家を建設するものでなければなりません。

 国民の皆さん!

 われわれは発展する民族としての矜持と自信と
勇気をもって,明日の栄光のために一
致団結して前進しましょう。

 1965年12月18日
 大統領 朴 正 煕


在日10世とか20世になっても
延々と言ってそうだわ・・・

★朝鮮学校―無償化で改善の回路を
 朝日新聞 天声人語
 http://www.asahi.com/paper/editorial20130109.html#Edit2
たしかに拉致に加え、事実上のミサイル発射実験
などから北朝鮮への国民の不信は強い。

朝鮮学校も教育のあり方が疑念を招いてきた。
北朝鮮指導者の肖像画を教室に掲げ、
独裁体制を肯定するような授業をしている
とすれば受け入れがたい。

ただ、制度の対象は生徒個人であって、
学校ではない。
卒業後は日本の大学に進学する生徒も多い。
日本社会の一員となる子どもたちだ。

生徒たちの学びを保障し、かつ日本や国際社会の
価値観をきちんと学んでもらう。
両立の手立てを探りつづけるべきだ。

これまで文科省は、無償化を認める場合には
「留意事項」をつけ、日本の政治・経済の教科書を
教材の一つとするなどの自主的改善を促すとしてきた。

無償化の対象にして回路を保ちつつ、
こうした改善を働きかける。
その方が、社会全体にとって有益ではないか。
-----------------------------------------------
マスゴミは、
「主要先進国は高校の授業料は徴収されていない」
と報道しますが・・・
イギリスの公立学校は原則として無料だが、
私立学校は年間数千~1万ポンドの学費がかかる!

ドイツは日本と違って、私立校が圧倒的に少ない。
公立校に通う場合は授業料は無料だが
私立校やインターナショナルスクールでは授業料が必要!

アメリカも、公立高校は連邦、州、住民税で
運営されている為、学費無料。
但し、私立高校は生徒の学費や寄付金などによって
運営されているので、私立高校の年間平均学費は
$15000~となっており、寄宿制の私立高校になると
年間平均$22000(学費+寄宿費)ほどかかる。
(この他に寄付金もね!)

カナダも義務教育期間の授業料は、政府が負担します。
ただし、これは税金を支払っているカナダ国民が対象で、
留学生は年齢に関係なく、規定の学費を支払わなければ
なりません。
永住権を持つ移民も同様で、公立学校は無償です。
私立は一部政府負担が有るが授業料は支払う。
カナダに住む子供全体の約95%は学費のかからない
公立学校に通い、約 5%の子供は学費を払って
私立学校に通っています。
 

一方、海外に点在する日本人学校の場合
http://www.mof.go.jp/budget/topics/budget_execution_audit/fy2008/sy200701/2007e_30.pdf
授業料の高い学校では100万円以上!
全学制の学校も少ない・・・

現実的に考えれば、
今更3世4世5世同士が
「強制連行の子孫だ」とか「密入国者だ」とか
ウリ達が被害者で日本は加害者だとか
言っている場合ではないでしょう?
将来を本気で考えるのならば、半島出身者も
例えば3世以降は”特別”を外して
一般外国人定住者と同じ待遇で
偽名(通名)での経済活動など廃止し
真の本名で堂々と生活する。
そして、日本政府も本気で移民政策を見直す。
ただ流入させるのではなく、就労・生活環境・教育など
欧米の失敗点を学び、政策を立て直すべき。

近い将来、恐ろしい少子高齢化と化す中国が
どういう政策を取るのかも重要。
2重国籍を要求し、都合良く母国と移民先を
両天秤にかけ、政治参加も当然、過激に要求するだろう。
サヨク人権屋も、
いい加減に未来的思考になって欲しいものだわ。
このまま民族間憎悪を煽り続ければ、
決して良い結果は生まれない!

共生社会とは、移民先の伝統文化を壊して
自分達の文化をゴリ押しする社会ではないでしょう?
移民先の民族の言語や伝統文化・歴史も大切にする心
それがあってこそ、相手の文化も尊重できる。
違う民族同士が仲良くやっていかねばならない時代。
子供達に、
ちゃんとした、平等な視点での歴史を教えようよ。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comments 5

名無しさん

押しかけ侵入者の居座り

強制連行ネタの強請り集りは、とっくに根拠が破綻していますね。

強制連行だと言うのなら、なおのこと「返せ。帰ってこい。」というのが普通の情愛で国家のプライドだろうに。まったく聞いたことがない。
それを根拠に強請るとは。 逆人質みたいなもんです。
こんなものに騙され続ける日本人は、人道主義者でもなんでもない。

2013-01-09 (Wed) 21:18 | EDIT | REPLY |   

国士=青山繁晴

特使派遣による韓国の非礼、米国での中韓ロビー活動、慰安婦問題糾弾

特使派遣による韓国の非礼、米国での中韓ロビー活動、慰安婦問題糾弾

1.9 アンカー ズバリ 青山繁晴 1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19788515
1.9 アンカー ズバリ 青山繁晴 2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19788666

2013-01-09 (Wed) 21:37 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

中国の習近平共産党総書記は8日、
北京の人民大会堂で中ロ間の第8ラウンド戦略安全協議に参加するため中国を訪問しているロシア連邦安全保障会議のパトルシェフ書記と会談した。

会談のなかで習総書記は、「中ロの全面的な戦略協力パートナー関係を確固不動に発展させることは中国外交が優先させる方向だ。
新年に中ロが戦略安全協議を行うことはタイムリーかつ必要なものだ。国際情勢が急速で複雑かつ深刻な変化に直面している現在、
中ロは国際情勢の健全な発展を推進し、国際戦略の均衡を守る建設的パワーとして政治分野での相互支持と国際・地域事務における協力をさらに強化し、
各自の発展と振興を実現するために平和・安全・安定的な外部環境を創り出して、
国連憲章の趣旨と原則を共同で維持し、世界の公平と正義を守り、国際関係の民主化を推進すべきだ」と強調した。

また、「中国は両国の経済貿易、エネルギー、投資、金融、
航空・宇宙飛行といった分野における協力の強化に関するプーチン大統領の提案に賛同し、ロシアとの実務協力を拡大し、共同発展を促進したい」と表した。

パトルシェフ書記は、「新しい年を迎え、ロシアは両国のハイレベル交流を引き続き強化し、重大な問題において密接な意思疎通を保つことを希望する。
各分野における実務協力と人文交流を推進し、尊重し合い、平等で相互信頼の上に、
ロ中の全面的な戦略協力パートナー関係を新たなステップへと発展させたい」と述べた。

http://www.asahi.com/business/news/xinhuajapan/AUT201301090082.html

2013-01-10 (Thu) 00:40 | EDIT | REPLY |   

一世田谷区民

神奈川県知事、新年の対談で

神奈川県はこれからも朝鮮学校に援助を続けると決定し、
既に昨年12月にも一部を支給しています。
元フジテレビのアナウンサーだった神奈川県知事は
新年のケーブル放送の対談番組で
「7年で福祉費用が2倍の異常事態」と仰っていました。

教育は福祉とは別と言う考えなのかもしれませんが
国と県民の血税を使ってまで外国人の、しかも反日国の
それも日本国民を拉致している国交のない国の子息に
なんで費用をだす必要があるのでしょうか?
異常事態ともいえる財政状況なのに。
批判を甘受するおつもりということなら「ハニートラップ」かな
と憶測が止まりません。

2013-01-10 (Thu) 12:51 | EDIT | REPLY |   

IVY

天皇陵が明らかにされれば日本のルーツが見えてくる。

「逆説の日本史①古代黎明編」井沢元彦より
一部抜粋

(読者からの質問)「イギリスの王室は外国(大陸)から来たことを隠してはいないのに
日本の天皇家が朝鮮半島から来たとすると、どうしてそのことを隠すのか」-中略-
もし天皇家が朝鮮半島から来たとするとそのことをはっきり言わないで隠すのは、何か
積極的な理由があるはずである。それは、なぜ日本と韓国は仲が悪いのか、その原因にもつながる。

◎日本の宮内庁は長きに渡り天皇陵の比定を頑なに拒否しつづけているらしい。
この著者は歴史書はありのままでなくおかしいと感じられ日本の通史(全体を通した歴史)を
唯一お一人で手掛けられたとのこと。
他「日本史入門」講座など日本史の真実に迫る興味深いシリーズが揃っています。


2013-01-13 (Sun) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply