韓流研究室

ARTICLE PAGE

福沢諭吉「脱亜論」 と現在

★中国外相「尖閣盗んだ」、
 日本は反論…国連総会

 読売新聞 2012年9月28日14時08分
 
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120928-OYT1T00572.htm
 【ニューヨーク=吉形祐司】
中国の楊潔チヤンジエチー(よう・けつち)外相は
27日夜(日本時間28日午前)、国連総会で
一般討論演説を行い、
日本政府による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化を
「不法かつ無効」と指摘したほか、
尖閣諸島は日本が盗んだなどと名指しで非難した。

 日本は直ちに反論し、中国側も再反論するなど
総会の場で両国が激しい応酬を展開した。

 楊外相は演説で、
釣魚島(尖閣諸島の中国名)とそれに付属する諸島は、
 古来中国固有の領土。
 争う余地のない歴史的、法的な証拠がある」としたうえで、
「(日清戦争後の)1895年に日本が盗んだ

などと主張した。
これに対し日本の児玉和夫国連次席大使は総会で
他国の演説に反論する権利として認められている「答弁権」を
行使し、中国の主張は
「最初から論理的に成り立たない」と反論した。

 その後、中国の李保東大使も
「中国には領土一体性を防衛する能力がある」と再反論。
児玉大使が「領土問題は存在しない」と述べると、
李大使は「盗っ人の論理だ」と言い返し、日中とも総会で
認められている2度の答弁権を使い切った。

★「紅衛兵向け中国地図でも尖閣は日本」 
 返還時、米CIAが報告書

 産経新聞 2012.9.28 21:56
 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120928/chn12092821580008-n1.htm
【ワシントン=佐々木類】
米中央情報局(CIA)が、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、
「領土問題は存在しない」とする日本の主張を裏付ける
内容の報告書を作成していたことが27日明らかになった。

 報告書は、日米両政府が沖縄返還協定を調印する直前の
1971年5月に作成。
当時の中華民国(台湾)が、米国の尖閣諸島を含む
沖縄の施政権に注文をつけたのを受け、
CIAが調査を行ったもので、米ジョージ・ワシントン大
国家安全保障記録保管室に保管されていた。


66年に刊行


 報告書は、中国で文化大革命の担い手だった紅衛兵向けに
66年に刊行された地図を例に挙げ、
尖閣諸島は中国の国境外に位置しており、
 琉球(沖縄)列島、
 すなわち日本に属している
 ことを示している」
と指摘。
67年8月に北京で刊行された一般向け地図帳でも
「尖閣諸島は琉球列島に含まれる」
と表記されていると報告している。

 台湾でも
「尖閣海域が中国側の境界内にあると
 表示する地図はなかった」
とした上で、
旧ソ連や無作為に抽出した欧州の地図にもそうした
表記はないとした。

 報告書は、
尖閣海域に
 埋蔵資源の存在が明らかになった後、
 中華民国が領有権を主張し、
 これに中国共産党政権が続いて
 問題を複雑化させた
と指摘。
歴史的にも国際法上も日本固有の領土であるとする
日本の主張について
「説得力があり、
 尖閣諸島の領有権の根拠を示す責任は
 中国側にある」とし、
「尖閣諸島への中国のいかなる行動も、
 米国を日本防衛に向かわせるだろう」
と結論付けた。
(以下略)




★戦後世代は歴史知らない
 竹島、慰安婦で日本批判―韓国外相

 時事通信 9月28日(金)12時39分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000095-jij-int
 【ソウル時事】韓国の金星煥外交通商相は27日、
ニューヨークの国連本部で韓国記者団と会見し、
島根県の竹島(韓国名・独島)や従軍慰安婦問題に
触れながら、
「かつての日本の政治家は、ある程度、
 自分たちがしたことに申し訳ないとの
 気持ちがあったが、
 戦後世代はそのような気持ちがない。
 これは歴史をしっかりと教えていないからだ」

と語った。聯合ニュースが報じた。

 金外相は、米メディアとのインタビューで、
「独島は植民地支配の最初の犠牲であり、
 韓国国民は(今回の日本の)言動を
 第2の侵略と見なしている」
と述べたことを明らかにした。その上で、

日本とは協力するが
 日本が歴史認識を変えなければ限界がある

と述べた。
 また、慰安婦問題をめぐり在米韓国系住民が
目指している国連での決議について、韓国政府も
協力する考えを明らかにした。 



★韓中通貨スワップの常設化、
 韓銀総裁が提案

 朝鮮日報日本語版 2012/09/28 08:54

中国を訪問している金仲秀(キム・ジュンス)
韓国銀行総裁は27日、世界的な金融危機の再来に備え、
中国に韓中間の通貨スワップの常設化を提案した。

 金総裁は同日、北京で開かれた韓中国交正常化
20周年記念の国際セミナーで
韓国で金融危機が起きれば
 中国に飛び火して悪影響が出る。
 両国の金融当局が緊密な
 対話チャンネルを維持し、
 通貨スワップを常設化する
 必要がある」

と述べた。

 韓国と中国は昨年、両国中央銀行間の通貨スワップの
規模を1800億元(約2兆2100億円)から3600億元
(約4兆4200億円)へと大幅に拡大した。

 金総裁はまた、韓中両国の実体経済の統合ぶりに比べ、
金融面での統合が遅れている点を指摘し、
両国間の金融協力の強化を提案した。
昨年現在で韓国の貿易に占める中国に割合は20.3%、
中国の貿易に占める韓国の割合は6.7%なのに対し、
韓国と中国の投資に占める割合は互いにそれぞれ
2% 前後にとどまっている。
金総裁は
「韓中自由貿易協定(FTA)交渉が進んでおり、
 金融分野でも両国の統合を加速化すべきだ」
と指摘した。
(以下略)

★「韓日海底トンネルで観光客誘致を」
 =経済団体

 聯合ニュース 2012/09/26 10:12
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/09/26/0200000000AJP20120926000700882.HTML
韓国の全国経済人連合会は26日、
ソウル市内のホテルで「観光産業特別委員会」を開催した。
朴三求(パク・サムグ)委員長は観光客誘致に向け、
韓国と日本、韓国と中国を結ぶ
海底トンネルの建設を求めた。


 朴委員長は
来韓客の50%を超える中国と日本人観光客を
 取り込むためには海底トンネル建設などに
 関する議論を再開すべきだ
と主張した。
その上で、
「観光産業は経済が低迷する際、
 内需を活性化し雇用を創出するのに最適」
と説明した。
(以下略)


★中国が韓国との約束反故? 
 カニ漁船の操業続行

 中央日報 2012年09月28日17時54分
 http://japanese.joins.com/article/446/160446.html?servcode=A00§code=A30
【ソウル聯合ニュース】
韓中外相会談で、中国政府は黄海上の南北軍事境界線と
位置付けられる北方限界線(NLL)付近で操業する
中国漁船を撤退させると韓国に約束したが、
中国漁船がNLL付近でワタリガニ漁を続けている。
韓国軍消息筋が28日、明らかにした。

 同消息筋によると、中国は24日の同会談で
韓国最北端に位置する白ニョン島付近で操業する漁船を
撤退させると述べたにもかかわらず

依然として約450隻のワタリガニ漁船が操業を続け、
旬を迎えたカニを大量に取っているという。

 韓国政府関係者は
「中国外交当局の決定が漁業当局に伝わっていないのか、
 漁船が当局の撤退要求を無視しているのかは分からない」

と話した。

 NLL付近ではこのところ、北朝鮮漁船による
韓国側への侵入が相次いでいる。ただ、ここ数日は北朝鮮警備艇が
取り締まっていることもあり侵入がない。

 韓国海軍は中国漁船がNLLに近づくたびに
高速艇を派遣している。このためNLL付近の緊張は
高まっている。北朝鮮は漁船の韓国側への侵入について、
「他国の漁船によるもの」と主張している。


◎福沢諭吉「脱亜論」 
 1885年3月16日 時事新報
 5476e08d.jpg
http://www.chukai.ne.jp/~masago/isa_datuaron.html

日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、
同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、
教育に差があるのか、
日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

地球規模で情報が行き来する時代にあって、
近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は
千年前と違わない。

国際的な紛争の場面でも
「悪いのはお前の方だ」と開き直って
恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を
身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として
その繁栄に与ってくれるなどという
幻想は捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、
欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで
特別な感情を持って接してはならない。

この二国に対しても、国際的な常識に従い、
国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と
絶交するものである


◎中国人が読んだ『脱亜論』
 http://kuyou.exblog.jp/2976772

★「賤民」の文化史序説
 ー朝鮮半島の被差別民

 http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/kwangde/kwangde.html
林思雲 「福沢諭吉の「脱亜論」を読んで」
原題:「読福沢諭吉『脱亜論』有感」


“興亜論”に対して、相反する思想を唱えたのは
福沢諭吉である。それが“脱亜論”である。  
 アジアを覚醒させ共同で西洋の侵略に立ち向かう
という“興亜論”の構想に、中国と朝鮮は旧套を墨守し、
改進を考えず、革新を望まない。
だから日本は中国と朝鮮の覚醒に希望を持つべきでは
ないと福沢は反対した。
(ただし中国・朝鮮に有識者が出現して大規模な
 改革維新を行うのであれば話はおのずから別になると、
 福沢は断っている)。
福沢は、時代遅れで昔ながらの伝統に執着する
中国と朝鮮は、日本にとってまったく助けにはならない、
それどころかこれら時代遅れで腐敗したこれら二国の
“醜”によって、日本までもが西洋人から同じように
時代遅れで腐敗していると誤解される、と。
福沢はこの理由によって、
日本はもはやためらうことなく、中国・朝鮮二国の
非文明国家(“悪友”)との交際を拒絶し、
ヨーロッパの文明国家と交流すべきだと説いた。  

 福沢が中国・朝鮮二国に将来の希望はないと見なした
核心の根拠は、両国が西洋文明を拒絶する態度である。
中国と朝鮮は、みずからを西洋文明から隔離し、
自身の独自の文明を維持しつづけようとしている。
ところが日本は西洋文明に対して積極的に摂取しようとする
態度を取り、みずからを西洋文明のうちに投じて、
運命を共にする道を選んでいた。

福沢によれば、西洋文明とは“麻疹(はしか)”の
ようなもので、伝染性を持つものであり、拒否すれば
列強に国を分け取りにされて滅ぶのであるから、
中国と朝鮮による西洋文明の拒否は到底成功しない。
そして後の歴史は、中国と朝鮮について
福沢の予見が正しかったことを証明した。
西洋列強が植民地主義思想を改めていなかったら、
中国も同じく分割されていたことはほとんど
疑いないからだ。  

  私は、「脱亜論」を読んで、近代において
中国が蒙ってきたさまざまな苦難や屈辱は
かなりの程度、中国人がみずから“選択”した結果
ではなかったかという思いを禁じ得ないのである。
 
(中略)
ところが外国人を追い出して自己を西洋文明の外に
置いて隔絶された中国で幸福にならないことを知って
中国人は驚くことになる。
反対に、もたらされたのは災難である。
だから文化大革命の後、中国人は深刻に反省して、
もう二度と排外はしないと決心し、今度は180度の
大転換を行い、外国人を中国へ招きはじめた。
まさに
既に今日を知れば、何ぞ当初を必せん
〔訳注・今日のことを知っていればあの時
 あんなことはしなかったのに。後悔の言葉。

 『紅楼夢』などに見えるせりふ〕”
である。

福沢諭吉は100年以上も以前に、中国を
「麻疹に等しき文明開化の流行に遭ひながら・・・
 其傳染の天然に背き、無理に之を避けんとして
 一室内に閉居し、空氣の流通を絶て窒塞するもの」

と批判した。
それから100年後の今日になって、中国人は自分の体で
「一室内に閉居し、空氣の流通を絶て窒塞する」
の苦痛を味わってから、
「西洋文明に抵抗したり拒絶したりするのは愚かである」
ことをようやく悟ったのだった。  
100年前に中国で福沢の文章が真剣に読まれていたら、
100年前に対外開放していたら、
100年前に自発的に外国人を招き入れていたら、
今日の中国はどうなっているだろうか。
(以下略)


>国際的な紛争の場面でも
 「悪いのはお前の方だ」と開き直って
 恥じることもない。
 もはや、この二国が国際的な常識を
 身につけることを期待してはならない。



福沢諭吉が『脱亜論』で言いたかったのは
日本は中韓と手を切って絶交しろと言うのではなく
中国・朝鮮の「過去に拘り続ける」その精神が
あなた方の為にはならないのだよと諭しても
メンツとか恨とかに拘り続けて

そんな精神のままでは、欧米列強の帝国主義の前では
自らの身を滅ぼしてしまう。
早く目を覚ませばよいのに・・・という
絶望にも似た嘆きだったのだと思う。

あれから100余年。
中国や朝鮮は変わっただろうか?
否・・・

韓国の金外相は
「かつての日本の政治家は、ある程度、
 自分たちがしたことに申し訳ないとの
 気持ちがあったが

 戦後世代はそのような気持ちがない。
 これは歴史をしっかりと教えていないからだ」

と言うが、
かつての政治家たちは、内鮮一体で
総督府でも軍部でも、内地の国会、地方行政でも
一緒になって働いてきた朝鮮人の姿を見ている。
日中戦争では、日本人の部下や部隊を率いて勇敢に戦い、
朝鮮民衆に万雷の拍手を持って褒め称えられた
朝鮮人の軍人の姿も見ている。
それは
自分たちがしたことに
 申し訳ないとの気持ち

ではなく、戦後は共産主義と共に戦う
かつての”同胞”への、経済支援や技術支援だったと思う。
韓国の政治家達も、”独立”前からの縁を頼り
国内的には「日本を批判しながら」
影では様々な支援を得るためにすがり付いてきたではないか・・・

福沢諭吉が嘆いた『脱亜論』の頃と全く変わらない
中国と朝鮮。

>日本との精神的隔たりは
 あまりにも大きい。


 この二国に対しても、国際的な常識に従い、
 国際法に則って接すればよい。
 悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
 私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と
 絶交するものである


福沢が中国・朝鮮二国に将来の希望はないと見なした
両国の変わることのない精神性。

「東アジア」の悪友に、いつまで幻想を抱くのだ?
政治家も経済界も「悪友との付き合い方」において
誠意を持って尽くし続ければ(謝罪と賠償と自虐で)
いつかはきっと
隣の悪友も理解してくれるに違いない

という幻想に・・・ウンザリしてしまう私。


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 5

兵庫

日本を憂いていらっしゃる

竹島も尖閣も日本政府が慎重にどこの国にも
帰属していないことを世界に呼びかけて領土とし
サンフランシスコ条約により、国際法で認められ
ています。中国は文句を言う前に提訴すればいい。
当時国家もなかった中国や半島がこんなことを
国連で叫ぶまでに、媚び諂いご機嫌を伺う民主党の
責任は重い。

売国奴たちは福沢さんを持つ資格もない。

国連での韓国の売春婦問題に反論もしない日本。
シナや上下朝鮮が日本に張り付いて金を無心しなく
なる日より、地球が無くなる日の方が早いと思います。




2012-09-29 (Sat) 19:38 | EDIT | REPLY |   

ニック

脱東亜論

福沢諭吉の「脱亜論」は実質的に

「脱東亜論」

ではないか?
或いは、

「脱特亜論」

ではないか?
本当に日本の周りはゴロツキ国家だらけで困る。

2012-09-30 (Sun) 13:29 | EDIT | REPLY |   

一世田谷区民

竹島で緊張する別の島

スレ違いで済みません。
今日グアム旅行から帰ってきました。
不思議で不愉快な光景‥

グアムヒルトンがバ韓国人で溢れていました。
バ韓国でもグアムが人気なのは知っています。
でもバ韓国人が泊るのはパシフィックアイランドクラブで、これまではヒルトンは米国人と米軍、日本人だけでした。

パシフィックアイランドクラブも日本人客が中心だったのにバ韓国人が真似して来るようになって日本人は泊らなくなりました

竹島で緊張度が増す日韓関係をグアムで実感しました。
お行儀の悪さは皆さんご存じのとおりです。
三世代旅行で子供が走り回る、立てひざ、肘つきの食事、ビュッフェで直箸の立ち食い。
同じ様に見えても全く違う日本人とバ韓国人。
ドアを開けておいてくれたり道を譲ってくれるのが親切国民日本人と判別できるようになりました。
日本語が聞こえると安心するおかしな海外旅行。
いつでもどこでも大声で「オッパー」「アッパー」って
来る来るパーですか?バ韓国人。

そのうち「グアムぬんうりたん」とかいいだしそうです。
グアムが好きなのに、もう行きたくな気持ちです。
免税店は無料のコーヒー試飲とプレゼントだけ群がるバ韓国人。
超ウォン安なのに、なんで?

2012-10-01 (Mon) 15:47 | EDIT | REPLY |   

大絶画

『脱亜論』文庫化にご協力ください

あや様

はじめまして大絶画ともうします。
復刊ドットコムに『脱亜論』の文庫化をリクエストしました。あや様をはじめブログをご覧の皆様の投票次第で文庫化される可能性があります。
URLから投票ページにアクセスできます。趣旨に賛同していただけるようでしたら投票にご協力ください。
なおこのコメントが不適切と判断されたら削除していただいてかまいません。

2012-12-06 (Thu) 06:24 | EDIT | REPLY |   

IVY

60年以上前、李ラインで日本人の漁民の方々に大勢犠牲者が出ましたが
その時の日本政府の対応は決して納得の行くものではなかった。
もしかして既にその国の人が潜伏していたのかもしれません。

◆通貨スワップは、
  隣国経済救済プロジェクトとしても良いし、

◆日韓〇〇条約、日中〇〇条約は、
  不平等条約とみなせる。

◆日中記者交換協定は、
  日本不利虚偽報道協定でCCTV VANKだってある。

みんな「日本が不利・不平等」なのでしょう。

  

2013-06-23 (Sun) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply