FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国「済州戦争歴史平和博物館」三島のNPOが経営救済へ

韓国「済州戦争歴史平和博物館」
三島のNPO、経営救済へ 館長来日、
30日にシンポ /静岡

毎日新聞 9月24日(月)10時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120924-00000000-mailo-l22
 第2次世界大戦中、旧日本軍が残した地下壕(ごう)
を保存、公開する韓国・済州島(チェジュド)の
「済州戦争歴史平和博物館」が経営難に陥り、
自然保護運動で日韓交流を続けてきたNPO法人
「グラウンドワーク三島」が救済に乗り出すことになった。

博物館の李英根(イヨンクン)館長が来日して
30日、三島市内でシンポジウムを開催。
博物館の経営基盤を強化し、世界文化遺産(戦跡遺産)
登録を実現するため、同NPOと覚書を締結する。
【野島康祐】

 同博物館は、旧日本軍による強制労働で地下壕を
掘らされた体験を父親から聞いた李館長が、
「悲惨な戦争の実態を埋もれたままにできない」
と私財を投じ04年、私営施設としてオープンした。
全長2キロの地下壕や旧日本軍の遺留品のほか、
10年11月に北朝鮮が韓国・延坪島(ヨンピョンド)を
攻撃した際に使われた砲弾2発などを公開。
年間30万人が訪れ、06年には韓国の登録文化財にも
指定された。

 ところが、地下壕の保存に巨額の経費がかかるうえ
韓国政府の援助はなく、厳しい経営が続いている。
希少植物「ミシマバイカモ」の保護運動などを通して
韓国との交流を続けてきた同NPOの代表団が
今月中旬に済州島を訪問した際、李館長から
支援の要請を受けた。

 シンポジウムでは、李館長の講演のほか、
済州島にある世界自然遺産の漢拏山(ハルラサン)と
富士山の自然保護運動などについての講演や
パネルディスカッションを予定している。

 シンポジウムは30日午後1時半、三島市大宮町1、
市民生涯学習センター3階講義室で開催。入場無料。
申し込みが必要で、問い合わせは
グラウンドワーク三島(055・983・0136)。


関連記事
★私設済州平和博物館、
 日本公明党とキリスト教団が購入希望だが・・・
 寄付金も欲しいnida

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1727.html
2004年に開館した済州平和博物館は私設博物館であるため、
政策資金支援を受けられず、購入を希望する韓国国内の企業・
団体もない。

最近、日本に75億ウォン(約5億5000万円)で売却する
交渉が進行中
だったが、世論の反対で保留となった状況だ。

博物館の関係者は、国の買い取りが可能な来年まで
運営を続ければ、日本への売却危機から抜け出せる
とみている。

(中略)
日帝時代に日本軍の地下壕を復元して作った
済州(チェジュ)平和博物館のイ・ヨングン館長は
このところ夜も眠れない。
日本軍の蛮行と平和の重要性を知らせるため
銀行からの借入金を含め75億ウォンをかけて作った
博物館が日本人の手に渡ることになったためだ。

「2006年に日本の国家記録院と財力家が
 2度博物館を訪ねてきて、
 価格はいくらでも払うから引き渡せというので、
 気分が悪くて彼らの名刺を投げて断りました。
 ところが最近経営難が深刻化し売却しなければ
 ならない状況なのに、韓国では立ち上がる人がなく、
 日本企業と財力家が買収の意向を明らかにしてきました。
 コンサルティング会社を通じて日本の3~4カ所と
 現在詰めの交渉中です。

 所有権を渡したとしても私が館長を務め管理しなければ
 ならないという条件を付けたが、これが変数です」。
(中略)
中央日報日本語版では、こんなインチキ博物館を
買いたいという日本人の素性を
「日本の国家記録院と財力家」
と報道していますが・・・

韓国メディアの「済州(チェジュ)=聯合ニュース」は
韓国語で、以下のように報道しています。
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Fhome.nhn&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_submit=+%E7%BF%BB+%E8%A8%B3+
済州(チェジュ)平和博物館は
博物館の資金難が激しくて
 開館初期から買い入れ意思を明らかにしてきた
 日本公明党と某キリスト教関連団体
 と3回売却交渉を行っている

と1日明らかにした。

と、はっきりと報道しています。
 日本公明党と某キリスト教関連団体
何故、中央日報日本語版では
 日本の国家記録院と財力家
 日本企業と財力家
偽装しなければならなかったのでしょうか?


韓国政府が認めていない、
オッサンの愛国ビジネスの私的なコレクション
収集施設(自称;博物館)を
開館当初から購入して、安定して保存したい
日本の団体の素性
が、日本人に知られては
困るのでしょうか?

(以下略)


いやあ~~~、
以前UPした記事の、素性の解らない団体が
なんと地元だったとはwww
「敵は本能寺にあり」だな・・・

グラウンドワーク三島HPより
★韓国・済州島
 http://www.gwmishima.jp/abroad/case/korea-jeju.html
 abroad_korea-jeju01.jpg
 金 済州特別自治道知事と握手する
 渡辺 グラウンドワーク三島事務局長。
 中央は、洪 済州特別自治道観光協会長
 (2009年3月済州島にて)

日本の高校の皆さんへ
(修学旅行先としての済州島)


海外からの観光客のうち最多は日本人で、
2008年には約18万人が訪れました。
80年代からはゴルフ、最近は「宮廷女官チャングムの誓い」
「オールイン」「太王四神記」など韓流ドラマのロケ地巡り
が人気とされています。

しかし、この島が、先の日中戦争では大陸進出、
太平洋戦争では本土防衛の拠点と位置づけられ、
人口20万人の島に、約7万5千人の兵力が結集して
いたことはまだあまり知られていません。
現在も、地下壕や飛行場など、数多くの日本軍の
軍事施設が残っています。

「日韓若者交流:済州島スタディ・ツアー2009」でも訪れた
「済州平和博物館」は、太平洋戦争当時に日本軍が駐屯して
いた地下要塞を保存した施設です。
過去の悲惨な戦争の歴史を学び、
いかに平和な世界を築いていくかを
考えるための未来志向の博物館
となっています。

グラウンドワーク三島では、
済州特別自治道(地方自治体)の全面的な支援の下、
済州島でのエコツアー、平和教育、そして地元の高校生
との交流など、様々な修学旅行プログラムの企画と
実施をサポートしています。
宿泊先についても、予算やニーズに合った施設を
紹介させていただきます。
詳細についてはお問い合わせください。

交流史

・2008年12月
 済州特別自治道の招きにより、
 GW三島の関係者ら3名が済州島を訪問した。

・2009年3月
 済州特別自治道の招きにより、
 GW三島の関係者と報道関係者ら11名が
 済州島を訪問した。

・2009年8月
 GW三島主催「日韓若者交流:済州島スタディ・ツアー2009」
 により、日本の大学生ら8名が韓国江華島を訪問し、
 現地の学生などと交流した。
 (日韓文化交流基金助成事業)
 「日韓若者交流:済州島スタディ・ツアー2009

★事務局長 渡辺豊博 プロフィール・ブログ
 http://www.gwmishima.jp/director/content/prof.html
農学博士 渡辺 豊博(わたなべ とよひろ)

1950年生まれ。東京農工大学農学部を卒業後、
静岡県庁に入庁して、農業基盤整備事業などを担当。
2007年に農学博士号を取得し、2008年より都留文科大学
文学部社会学科教授。市民活動論や富士山学などを
開講している。

本業の傍ら、グラウンドワーク三島を含め、
4つのNPO法人の事務局長職を歴任。

*静岡県庁時代には、
 静岡県生活・文化部NPO推進室長という
 お仕事をしていたようです。
 NPO業界ではむしろNPO活動家として有名だそうで
 有識者として永田町や霞ヶ関にも出入りしていたそうな。

★NPO法人「グラウンドワーク三島」理事・監事一覧
 http://www.gwmishima.jp/modules/information/index.php?lid=336&cid=4
理事
 北岡 和義
 日本大学国際関係学部 非常勤講師

◎憲法メディアフォーラム
 「直言26」在米ジャーナリスト 北岡和義さん

 http://www.kenpou-media.jp/modules/interview/index.php/26.html
●憲法問題がいよいよ政治の俎上に

 新聞記者、ジャーナリストは、起きたことだけを
書くのではなく、なぜこんなことが起きるのか、
そのためにはどうしたらいいのかと追及して
書かなければいけない。
そのときに初めて社会のゆがみや病根がえぐりだされる。
社会現象、システムの構造的な問題、外交、平和、
あらゆる問題について記者は物を言っていかなければならない。

 これから憲法問題がいよいよ政治の俎上にのぼってくる。
もう一度、平和憲法とは何なのか、
戦争責任とは、戦争が終わって60年を経て
日本の国はどうなったのかをきちんと検証し、
それを踏まえて靖国の問題、中国や韓国など
アジア諸国との関係、国連の常任理事国のことなど
しっかり論議をしていくべきだ。


◎政治家の人間力-江田三郎への手紙
 [編集を終えて] 北岡和義

 http://www.eda-jp.com/saburou/30-100/6.html
江田三郎が社会党を離党し、菅直人と社会市民連合を結成、
新しい政治運動を始めたとき、ぼくはある雑誌の編集長の
同意を得て、江田三郎に密着取材を始めた。 
(中略)

(「江田三郎の人間力」巻末追加
 http://www.eda-jp.com/saburou/30-100/1-1.html
参議院選挙で圧倒的な国民の批判票に晒された
安倍政権が居座りを決め込んだとき、
その対極に民主党がいて参議院で多数を制した。
しかもその参議院の議長の座に江田三郎の長男が
満票で指名された、という事実に目を奪われる。

 江田五月、横路孝弘、榊原英資、石井紘基……
ぼくらは“安保世代”と呼ばれた同時代人である。
現代史を紐解いてみれば、先述したが、
六〇年安保闘争こそ戦後史の分水嶺だったと想う。
そしてぼくらは
学生服でデモの隊列にいた。



>日本公明党と某キリスト教関連団体と
 3回売却交渉を行っている


このNPO法人は
「財政的には参加市民団体からの拠出金、
 企業からの賛助金・寄付金、
 行政からの補助金などが収入源になっており、
 また資材提供や機材供与、労力提供など、
 様々な形での支援を受けています。」
という。

行政からの補助金も受け取っている団体が
韓国政府も韓国企業も助けようともせず
韓国の高校生の修学旅行先からも不人気となり
経営難に陥っていた個人経営の私営施設
救済に乗り出すという・・・
しかも、日本の高校生の修学旅行先として
斡旋事業もしているとはねぇ~~~

日本の高校生に済州島で平和教育をしたいのなら
韓国政府がアカ狩りをし、自国民を虐殺した
済州島4・3事件についても勉強させるべきです。

★「アカ」狩りの白骨死体たち 
 ~朝鮮戦争下の集団虐殺

 http://blog.livedoor.jp/yorogadi/archives/50959420.html
おびただしい白骨化した人骨が、折り重なるように
散らばっている。
よく見ると、あばら骨や背骨の間にさびた銃弾がある。
手を骨盤の後ろで組み、頭を地面に押し付けている
姿勢が分かる。後ろ手に縛られ、ひざまずいて
後ろから至近距離で撃たれ、そのまま埋められたのだ。
20~30代の、無実の男たちだ。

 朝鮮戦争が始まって1、2週間後から、韓国全土で
韓国軍・警察などによるアカ狩りが始まった。
犠牲になった市民は100万人と言われる。
多くは行方不明のまま、遺骨も発見されていない。


★語られなかった大虐殺
 「済州島4・3事件」

 http://blog.livedoor.jp/yorogadi/archives/51029568.html
8万人もが犠牲になった太平洋戦争後の初めての
大規模虐殺と言われる「済州島4・3事件」とは何か。
韓国政府は2003年の真相調査報告書で
「4・3事件は1948年4月3日、南側の単独政府樹立に
 反対する南朝鮮労働党の済州島党の武装蜂起がきっかけ
 となり、鎮圧の過程で強硬な鎮圧によって、
 多数の人命被害が生じ、大勢の良民が犠牲になった」
と規定している。

 019dcca8.jpg
 済州国際空港の遺骸調査で見つかった遺骨。
 後ろ手に縛られている。

火山島と大阪

 韓国の南西、長崎県の西方に浮かぶ小さな島、済州島。
面積は1845平方㌔と、香川県や大阪府ほどだ。
今は観光地化されている。
米があまりとれない火山島のため貧しく、
日本の植民地時代には多くの住民が日本に渡った。
 植民地時代初期には20万人が渡り
5人に1人は日本暮らしの経験があると言われる。
済州と大阪を結ぶ定期船「君が代丸」が就航していたため、
多くは大阪・生野区を中心に集住した。

 1945年8月15日に朝鮮が日本から解放された後、
徴兵・徴用されていた人も含めて約6万人が島に帰った
朝鮮半島の政治状況が不安なことや、占領軍が日本から
朝鮮に帰る人に対して財産制限(1000ドルまで)・
重量制限を課したこと、大阪に生活基盤を持っていること、
済州島に働き口がないこと、
済州島でコレラや凶作が流行っているという噂などのため、
日本にそのまま残った人も多い。

(中略)
同年8月15日に大韓民国が成立する。
しかし創設された韓国軍は米軍の指揮下にあった。
韓国軍は済州島の焦土化作戦を決行、
敵性地区とされた中山間部の村々を焼き、
年寄り、女性、子どもも見境いなく殺戮していった。
難を逃れて山に入った人も、武装隊と見なされて
殺され、成年男子の多くも連行され殺された


1949年6月、武装隊司令官の李徳九が戦死し、
組織的な武装抗争が終わる。
しかし翌年50年6月15日に朝鮮戦争が勃発し、
4・3事件の関連者には親戚も含めて大規模な虐殺
が行われた。ハルラ山の禁足令が解除されたのは
1954年の9月で、4・3事件はこのときまでと
されている。武装隊の最後の1人が逮捕されたのは
57年の春だった。

 d6b6affd.jpg
 写真:殺された李徳九司令官の死体は
 見せしめに松の木に掛けられた
 松があった場所には今、
 在日経営のホテルが建っていた(済州市中心部)


4・3事件の犠牲者数を、政府報告書(2003年)は
2万5千~3万人としているが、
研究では8万人と推定されている。
軍警・右翼による犠牲者はこのうち80%以上で、
残りは武装隊側による殺戮と言われる。
このことが4・3事件を複雑にしている。
1948年当時28万人の人口を有していた済州島は、
4・3事件が終結した57年には3万人弱にまで
減っていた。

これは大規模虐殺と陸地への連行のほか、
多くの人が日本に密航して逃れたためだ。
戦後に帰島した住民らは再び
日本に渡らざるを得なかった。


 c791963b.jpg
写真:在日詩人の金時鐘は、
 日本に密航する前の済州でのパルチザン時代、
 この場所に潜んでいた。
 現・済州大学病院(済州市中心部)

韓国では反共の軍事独裁政権が続き、
アカの島と烙印を捺された済州島では、
4・3事件を語ることはタブーとなり、
陸地にも事件が知られることはなかった。

大阪など日本に逃れた島民も、
密航という事実も手伝って4・3事件や
出自を語ることはなく、事件は闇に葬られた。
 
(以下略)

>日本の高校の皆さんへ
 (修学旅行先としての済州島)

と、戦争の悲惨さを教えたいのならば
私営施設「済州戦争歴史平和博物館」だけではなく
済州島4・3事件も勉強するべきではないだろうか?
日本の戦後史においても、キーポイントとなる
済州島での虐殺事件と日本への密航という歴史を
日本の高校生も学んで来ると良いでしょう。




毎日新聞に報道された後、
『9月30日(日)に開催を予定しておりました、
 「日韓共同・環境と平和の絆を創る市民シンポジウム」
 でございますが、台風接近による航空便を含む
 交通の乱れが予想されるため中止とさせていただきます。

 参加をご希望されていた皆様におかれましては、
 深くお詫び申し上げます。

 グラウンドワーク三島 専務理事・事務局長 渡辺豊博』

素早いですな・・・


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comments 5

名無しさん

バカっじゃないの?日本人のくせにほんと情けない。お前らこそ老いるまえに自国の勉強しろ!です。

2012-09-26 (Wed) 07:11 | EDIT | REPLY |   

一世田谷区民

なんでも日本軍のせい

日本軍、日本軍、と日本を悪人に仕立て上げるバ韓国人。
当時あなたたちも日本国民だったのはお忘れかしら。
自分たちもその日本軍の一員だったり守ってもらったり
支えていたりした旧日本国民の子孫でしょう。

お金に困った時だけすり寄ってきて
恵んでもらえないと恫喝するのが
彼ら的韓日友好なんですね。

済州島は特に修学旅行には不適当な土地です。
日本人の捏造悪事を刷り込まれるは
バ韓国の赤狩りは無視するは、性的な銅像パークはあるは。
そして戦争とは無関係な若い生徒たちに土下座させるのが
目的なんでしょう。

修学旅行なんてもってのほか、日本からの済州島行きの大韓航空も廃止すべき。

2012-09-26 (Wed) 10:48 | EDIT | REPLY |   

弓取り

中韓は論外として

修学旅行は、震災に遭った日本の東北地方こそ最有力候補にすべきですね。
復興状況を目で見て被災者の生活を思いやることは、一生ものの経験になるでしょう。
復興の一助にもなるし。


阪神淡路、中越地震、東日本大震災で、天罰だの何だのと欣喜雀躍、喝采するような愚劣な韓国人の国に行くことはない。

2012-09-26 (Wed) 23:12 | EDIT | REPLY |   

DUCE

こうしてみると、日本のNPOにはますますいかれたやからが多いと言う事が顕在化していますね。今回のは、向こうの国での活動なのですから、お金が必要ならば向こうの国からもらえばいいのに、日韓友好の懸け橋なんてきれいごとにかこつけて、我が国政府からもらうんだろうな。外国を舞台とするNPO団体はこの手の手合いが多いのです。

2012-09-27 (Thu) 07:32 | EDIT | REPLY |   

とろ

やはり

初めまして

続編を、貼っておきます。
TB併せてさせて頂きました。

2012-10-10 (Wed) 16:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply