FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

<北朝鮮>ミサイル失敗・・・東シナ海ではフィリピンと中国が一触即発!

<北朝鮮>ミサイル失敗 
発射直後に爆発

毎日新聞 4月13日(金)11時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000035-mai-int
  
korea468810_c450.jpg
北朝鮮北西部・東倉里で、発射台に設置された
ミサイル(北朝鮮の主張は「ロケット・銀河3号」)
2012年4月8日、AP

 13日午前7時40分ごろ、北朝鮮は
「人工衛星打ち上げ」名目で事実上の長距離弾道ミサイルを、
同国北西部・東倉里(トンチャンリ)の西海(ソへ)衛星
発射場から発射した。
日本政府など各国政府が確認した。日本の防衛省や
米メディアなどによると、ミサイルは上空120キロまで、
飛翔(ひしょう)して爆発した。
ミサイル打ち上げは06年の時と同様、失敗したとみられる。
破片は韓国西方の黄海に落下した。
国連は日本時間の同日夜、安全保障理事会の開催を
決定するなど、国際社会の自制要求を無視して北朝鮮が
ミサイル発射したことに、批判を強めている。

韓国メディアが発射直後の午前7時50分ごろ、
「ミサイル発射」の一報を伝え、米メディアも報じた。
田中直紀防衛相が午前8時23分に記者会見し、
「7時40分ごろ、北朝鮮からなんらかの飛翔体が
 発射されたとの情報を得ている。
 飛翔体は1分以上飛行し、洋上に落下した模様だ。
 我が国の領域への影響は一切ない」と述べた。

 日本上空の通過にそなえて沖縄・石垣島など7カ所に
配備した地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」
(PAC3)は発射しなかった。

 米ホワイトハウスは報道官声明で、
ミサイル打ち上げは失敗としたうえで、
「地域の安全を脅かし、国際法に違反する挑発的行為」
と非難した。また、韓国の李明博(イ・ミョンバク)
大統領は13日朝、青瓦台(大統領府)で緊急の
外交安保担当閣僚会議を開催。
金星煥(キム・ソンファン)外交通商相は、
「北朝鮮のミサイル発射は失敗した。
 どのような発射も禁じた国連安保理決議に
 明確に違反している」との政府声明を発表した。

 韓国の国防省は会見で
「ミサイルは発射から1、2分後に空中爆発し、
 二十数個の破片が韓国京畿道(キョンギド)
 平沢(ピョンテク)から全羅北道(チョルラプクド)
 群山(クンサン)の西方沖の黄海に落下した」とした。
ミサイルは3段式で、弾頭部分に衛星を搭載すると
北朝鮮は主張していた。
韓国軍高官は、北朝鮮が発射したミサイルは第1段と
第2段が分離されないままバラバラになったとしている。

 ミサイルの航跡を追尾するため黄海に出動していた
韓国軍のイージス艦が探知したという。

 発射情報について、日本政府は、米軍の早期警戒衛星
(SEW)が熱感知によるミサイル発射の兆候を探知し、
ミサイルは北朝鮮西岸から南に向けて発射が確認された
としている。
日本政府は安全保障会議を開き、情報の分析を行っている。

 北朝鮮はミサイル発射について午前11時20分時点で、
一切報じていない。

 国連安全保障理事会は13日午前10時(日本時間13日
午後11時)に会合を開き、北朝鮮のミサイル発射を受けた
対応を協議する。


北朝鮮は
「あれは・・・3代目襲名披露の祝砲nida。
 打ち上げ花火であ~~る!」
などと言わず、「失敗」を認めたようですね。

★「軌道に乗らず失敗」北朝鮮認める
 NHK 4月13日 12時25分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120413/k10014422631000.html
北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、13日正午すぎに
臨時ニュースを放送し、
「人工衛星『クァンミョンソン3号』を
 午前7時38分すぎに打ち上げた。
 衛星を軌道に乗せることは成功しなかった。
 科学者、技術者、専門家たちが現在、
 失敗の原因を調べている」

と伝えました。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
さて、北朝鮮にばかり目を奪われていると・・・
★中国機が護衛艦に接近、
 東シナ海/50メートルの距離

 四国新聞社 2012/04/12 21:44
 http://www.shikoku-np.co.jp/national/international/20120412000748
 東シナ海で海上自衛隊の護衛艦に接近飛行した
 中国国家海洋局所属の固定翼機
 =12日午後0時10分ごろ(防衛省提供)

 12日午後0時10分ごろ、東シナ海の日中中間線
付近で警戒監視に当たっていた海上自衛隊の護衛艦
「あさゆき」に、中国の国家海洋局所属の固定翼機が
水平距離、高さとも約50メートルまで接近
2周して飛び去った。


 外務省は同日、危険な行為として、
中国側に再発防止を申し入れた。

 防衛省によると、現場は、日中双方が権益を主張する
ガス田「白樺」(中国名・春暁)近くの日中中間線より
日本側。固定翼機は1機で、機体には中国国旗とともに、
国家海洋局の海監総隊所属を示す「中国海監」と記されていた。

 あさゆきは通常の監視活動をし、北朝鮮のミサイル発射への
対処ではなかったという。

★フィリピン在住中国人が大量引き揚げか
 一触即発の南シナ海情勢

 Record China 4月13日(金)8時44分配信
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=60391
 cina0001.png
 2012年4月11日、環球網によると、フィリピンの
現地メディアは、フィリピン政府による南シナ海の
スカボロ礁(中国名・黄岩島)領有宣言以来
各地に住む中国人が大使館からの
「不確定要素が増加している」という知らせを受け、
秘密裏に帰国していると伝えている。

フィリピン税関の統計によると、ここ3日間で
3万人以上の中国人がフィリピンを出国している。


現地メディアは、中国はシナ海での戦力を拡充しており、
フィリピンに対し武力を行使する可能性も排除できない
と伝えている。

南シナ海の主権を巡る争いで、フィリピンの活動は
ベトナムを超える勢いで活発化しており
中国に対し強い反発を見せている。フィリピンは米国を
南シナ海問題に引きずり込み、
米国の手引きにより他の大国も南シナ海に口を出すようになった。

中国が抱える問題は複雑化し、中国もフィリピンに対し
強い反感を抱いている。

フィリピンは多数の島で構成され、防衛における優位性は低い。
中国は南シナ海とマニラの東側から挟み撃ちにすることもでき、
戦争が起こればフィリピンにとって大きな脅威となるだろう。

中国は経済的、政治的に大きな打撃を与えることができる。
例えば南シナ海で禁漁措置を採り、エリアごとに交代で
軍事演習を行い、強硬な態度でフィリピンを威嚇するのである。

フィリピンに対する武力の発動が功を奏せば、
中国と領土問題を抱える国に対しても同様の圧力を
かけることができる。

そうなれば、武力行使することなく
紛争を解決できるようになるかもしれない。

--------------------------------------------------
CNNでも、報道しています。
★Philippines shuffles ships
 in maritime standoff with China

 http://edition.cnn.com/2012/04/12/world/asia/philippines-china-naval-standoff/index.html?hpt=ias_c2
香港(CNN) 2012年4月12日
 120412100214-philippines-alexander-pama-story-top.jpg


東シナ海での不穏な動き・・・
そして中国の動きに対して・・・
★インド、弾道ミサイル実験へ…
 中国全土を射程

 読売新聞 2012年4月12日08時55分
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120412-OYT1T00003.htm
インド国防省当局者は11日、読売新聞に対し、
核弾頭搭載可能で中国全土を射程に入れる
弾道ミサイル「アグニ5」(射程5000キロ・メートル)
の発射実験を16~24日に実施すると述べた。

 アグニ5は、インドが昨年11月に初めて発射実験に
成功した中距離弾道弾「アグニ4」改良型。
アグニ4は、射程3500キロ・メートルで、
中国の一部しか射程におさめられなかった。

 アグニ5の発射実験は、潜在的ライバルである中国への
抑止力とすると同時に、米露といったミサイル大国の
仲間入りを果たし、国際社会での発言力を高めたい
狙いがあるとみられる。


 アグニ5は、射程5500キロ・メートル以上と
一般的に定義される大陸間弾道弾(ICBM)に近い能力を
持ち、インド国防省はICBMと称している。
3段式で固体燃料を使用するという。
  india_807233_29503581_1.jpg
  (写真は「アグニ3」)


何だか、アッチでもコッチでも
キナ臭い!


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comments 2

GD.SHOW

左巻きの連中に再教育

本日もブログ主さんの情報力に驚き。

平和を愛する諸国民...の憲法がいかに底浅いものかが
よくわかります。

第2次大戦も自衛戦争、人の良い日本人を各国が利用した。
我々の先人の皆さんは立派だった。身近では近衛兵だった祖父は実直だった、
親父も戦友会に皆勤だった、嫌な思い出だったのなら行かなかっただろう。
隣の元海軍士官のおじさんも心が温かい立派な人だった。
残虐な日本兵は同じ血を継ぐ俺にはいなかったと断言できる。

タダ欲を言えば戦略的外交でずるさが欲しかった。

チョウセン系日本人ではない、ただただ日本は悪い事をしたと
言い張る売国左巻きには再度日本の歴史を再教育させなきゃ。
例え東大、京大を出た連中も思想の入り口で間違い資料があり、
信じきる素直な性格はやはり日本人的である。




2012-04-13 (Fri) 14:29 | EDIT | REPLY |   

ヴィヴァーチェ

こんばんわ!

こんばんわ(^^

応援ポチ完了です!

当ブログも応援よろしくお願いします(^^
失礼します。

2012-04-14 (Sat) 00:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply