FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

結成20年のL'Arc~en~CielのNY公演

巨額の税金を投入した韓国国家ブランド委員会
のようなズルに頼らない、
L'Arc~en~CielのNY公演・・・
 

 

●L'Arc~en~Ciel、
 日本人初のMadison Square Garden
 単独公演大盛況。

 「今までのライヴ中で一番覚悟が違った」

 
http://www.barks.jp/news/?id=1000078221
 p1_20120330014052.jpg
 
L'Arc~en~Cielのワールド・ツアー
<L'Arc~en~Ciel WORLD TOUR 2012>の
ニューヨーク公演が、現地時間の3月25日に
アメリカ/ニューヨークにある
Madison Square Gardenにて実施された。

今回のワールド・ツアーは初日の香港公演を皮切りに、
アジアを中心とした地域で行なわれていたが、
このニューヨーク公演を機に欧州に移動。
ライヴの数日前に現地入りをしたメンバーは、連日現地や
日本からのメディアの取材に応じ意気込みを告白。
「日本代表としてがんばりたい」
「音楽に国境はない。今回はL’Arc~en~Cielの音楽の
 集大成にしたい。
 アメリカでも自分たちの音楽は受け入れられると思う」
と自信を伺わせた。

なお、ニューヨーク公演の会場として選ばれた
Madison Square Gardenは、スポーツ・アリーナとして
使用されているだけでなく、過去にエルトン・ジョン、
U2、ビヨンセなど世界的なミュージシャンが
コンサートを行なっている場所で、
日本人が同会場で単独公演を行なうのは
これが初めてとなる。

ツアーが決定した当初は約5000人を収容するシアター
(The Theater at Madison Square Garden)での開催が
予定されていたが、チケットの申し込みが多数寄せられた
ことを受け、約2万人収容可能なアリーナ会場に変更された。


日本国内の映画館27館ではライヴの同時生中継が行われ、
日本国内でも計1万5000人のファンが現地の熱狂を
リアルタイムで堪能した。

世界中の注目を集める中で始まったニューヨーク公演には、
現地のオーディエンスは勿論、ブラジルやチリなどからも
足を運んだ熱心なファンを含め12000人が参加。
ライヴは最新アルバム『BUTTERFLY』からの楽曲や、
新旧のヒット・ナンバーをたっぷりと演奏する充実の
セットリストで展開された。
(引用ここまで)

L'Arc~en~Cielのニューヨーク公演は
NYタイムスにも記事が掲載されていた。
●20th anniversary of his debut,
 in New York in the Making

 http://www.nytimes.com/2012/03/27/arts/music/larc-en-ciels-new-york-debut-at-the-garden.html?_r=1&ref=music
 CIEL1-articleLarge.jpg

記事の中で一番うれしかったのは
its guitarist, Ken, played the solo screech ,
zoom using the tips of more than Eddie Van Halen.
ギタリストのケンのソロに
ヴァン・ヘイレン以上のヒントがあった。

NYTのカメラマンが撮影した写真は
とても美しい・・・
http://www.nytimes.com/slideshow/2012/03/27/arts/20120327CIEL.html 

オープニングがとてもカッコよい!!!




L'Arc~en~Cielを知ったのは、
まだ娘が幼稚園の時。
役員仲間のママ達が大ファンだった・・・
結成20周年、未だにファンを惹きつけている。
 


2万人収容のMadison Square Gardenに
12000人かよ!などと嫌味を言いそうな国が
いそうだが、
NYタイムスの記事には
“L’Arc-en-Ciel, the band that
 sold out Madison Square Garden with
 its New York City debut on Sunday night,
 performed with all the trappings of an
 arena-rock band that’s 20 years into a
 million-selling career,”

と記者のJon Pareles氏が書いているように
sold out


以前、韓国の芸能評論家が
サザン・オールスターズを例に挙げて
「日本では、一度ファンになると
 10年でも20年でも応援し続ける。
 K-POPも日本で、10年20年と
 応援して貰えるだろうか・・・云々」
という懸念コメントを書いていたが、
あのね、10年20年とファンでいられるのは
アーチストが10年20年と変わらず活動しているから。
デビュー当時からのファンと
今現在のファンが混在して、応援できる。

20年後、一体どれだけの人が今のK-POPを
覚えているだろうか?
その前に、
彼らは絶対に、20年後には存在していないだろう。


芸能・音楽ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

名無しさん

Kーポップも寒国ドラマも、10年かけても20年かけても日本から追い出すわ。

勘違いしないで!!!!!!

2012-03-30 (Fri) 08:34 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

kポップ?日本馬鹿マスコミがゴリ押し宣伝しなくなればすぐに消えるでしょうね。それにしても韓国って国は本物がなにも無いですよね。世界で一番消えてほしい国、韓国。

2012-03-30 (Fri) 20:34 | EDIT | REPLY |   

トマト

日本のバンド

日本のバンドは地道に外国でライブを続けています。ファンもついてます。国家の後押しがなくても頑張っている日本のバンドの未来が明るくありますように

2012-03-31 (Sat) 03:21 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-04-01 (Sun) 17:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply