韓流研究室

ARTICLE PAGE

国歌不起立処分取り消し訴訟却下・・・闘う事だけが教育なのか?

国歌不起立処分取り消し訴訟、
元教諭の訴え却下

読売新聞 2月6日(月)16時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120206-00000800-yom-soci
 卒業式の国歌斉唱時に起立しなかったなどとして
大阪府門真市教育委員会から文書訓告処分を受けた
同市立中元教諭の男性(58)(退職)が、
同市を相手取り、処分取り消しを求めた訴訟の判決が
6日、大阪地裁であった。

 中垣内健治裁判長は、この訴えを却下した。

 元教諭は府教委が市教委に処分を指示したとして、
府と市に計200万円の慰謝料も求めたが、
中垣内裁判長はこれについては請求を棄却した。

 訴状によると、元教諭は2008年3月の卒業式で、
国歌斉唱時に起立しなかった。
校長や市教委から計3度事情聴取を受けたが、
それ以上は応じず、同年10月、聴取を受けるよう
校長から職務命令が出ても従わなかった。
市教委は09年2月、不起立と、聴取に関する職務命令
違反を理由に元教諭を処分した。

 元教諭は同年11月、不起立を理由にした処分は
思想・良心の自由を保障した憲法に違反する、などとして
提訴していた。

 市教委によると、
この卒業式では、卒業生(160人)が1人を除いて、
国歌斉唱時に起立しなかった。


●国歌斉唱不起立処分
 -大阪府門真市立第三中学校卒業式

 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1966.html 
・教諭たちは
 「起立、斉唱が方針ということは知っていたが、
  自分の内心に従って着席した」と話している
・教諭ら8人が
 「式の前に『自分は起立しないから』と
  生徒に伝えたが、強要はしていない」と主張
●大阪府・門真市立第三中学校
 「国歌」集団不斉唱事件。

  http://akiz-e.iza.ne.jp/blog/entry/533856/

サヨクさん側の意見も載せないとフェアではないので
大阪府門真市の戸田ひさよし市議会議員の意見も貼ります。
●【大阪門真市3中卒業式】
 産経4/2朝刊のデッチ上げ糾弾
 「担任達が不起立指導認める」とウヨ扇動

 http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/922.html

戸田ひさよし議員のプロフィールは
http://www.hige-toda.com/
両親とも教員

学生時代は、寮闘争、在日韓国人政治犯救援運動、
日韓連帯運動、三里塚闘争、対右翼闘争などに関わる。
卒業後は生野区に住んで釜ヶ崎支援運動、反原発反核燃運動
在日外国人支援運動 

連帯ユニオンに加盟。
1999年 門真市議選に初挑戦で当選。
会派に属さず無所属「鮮烈市民派」を名乗る。
辻元清美さんらと「市民の絆・大阪」を結成。
-------------------------------------------------------
筋金入りの革命戦士のようですね。

●子どもの人権を守ろう
 門真三中への「君が代」処分をただす会

 http://tadasu-renkon.net/
 共同代表
・戸田ひさよし(元門真市議会議員)
・三浦たけお(守口市議会議員)社民党系
・陶山喜代子(元守口市教員)

こんな活動もされているようで・・・
530-006.jpg
530-026.jpg
530-029.jpg
530-034.jpg

■公教育破壊の集大成
 教育条例案は、「日の丸・君が代」強制のための
処分条例といわれてきましたが、それを遙かに上回る
公教育破壊と新自由主義的な教育改悪の満展開です。
(中略)
 さらに条例案で強調されているのが、目標・評価・
マネジメント(管理)の3フレーズです。
 3年連続で定員割れしたら統廃合。学校評価の結果公表。
とりわけ学力テストの結果公表や、校長の目標・評価・
管理システムは、教育の目標が学校や教員の生き残りに
変わるという結果を招きます。
「選択の自由」の名の下で差別、社会的排除も一気に
進むものとなります。競争力人材を育成する「エリート校」
には人と金が集中する。
学校間競争の下で、学校は「優等生」を集めたがり、
「困難」を抱える児童生徒は敬遠されかねない。

 橋下は、教育に従事する人の専門的判断や行為の価値を
否定しています。教育の専門的自立性を認めない、
教育の専門的力量をないがしろにし、保護者との信頼関係を破壊し、
校長中心の学校管理体制をつくる狙いがここにはあります。
校長中心の管理運営に反対する意志決定は、いかなる会議・場所
でもしてはならないというのですから、教師の目は児童生徒の方を
向きようもなくなります。
まさに公教育の根本的破壊をたくらむものです。
**************************************************************
イギリスの教育改革でも、学力テストの結果によって
学校予算が決まるなどの方針に、教育労働者のストライキや
テストの平均点を上げる為に、成績不振の生徒を休ませるなど
問題が多発しました。
そんな中、全国平均TOPクラスになった公立学校が注目を集めた。
それは、ロンドン郊外の貧困層や移民が多く住む学校でした。
かつてこの学校は、校内暴力・学力低下など多くの問題を抱えていた。
そこで、民間の経営コンサルタントをしていた女性をスカウトして
校長に就任させました。

彼女が行った学校改革は、
・毎朝校門に立って、子供達一人一人に声を掛け観察する。
・1年生には副担任として元幼稚園の先生を付けて
 生活指導を行う。
・地元ボランティアに依頼し、授業で理解が困難な児童に
 指導のサポートをしてもらう。
・保護者一人一人に、教育のと家庭生活の安定が大切だと
 粘り強く説明し、保護者の協力を依頼する。
・退職した教員の中から、指導の上手い人をスカウト
・基礎学習を徹底し、子供達に学ぶ楽しさ、成功体験を
 味わえるようなプログラムを行う。
・週に2度、放課後に教師と副担任、ボランティアが一緒に
 なって問題点を話し合い、改善策を考える。

彼女の熱意の元、教員やボランティアも子供達の教育のために
どうすればよいのか、必死で試行錯誤を繰り返しました。
当然、ストライキもデモも集会も参加している暇なんかありません。

こうして全国最下位レベルの公立学校が、TOPクラスの学力を誇る
学校に変身しました。イギリスでは大きく取り上げられ
日本でも彼女の教育改革についての本も出版されました。

>学校間競争の下で、学校は「優等生」を集めたがり、
 「困難」を抱える児童生徒は敬遠されかねない。

「困難」を抱える児童生徒を敬遠してしまうのは
学校ではありません。そこにいる人間です。
プロ意識の欠如した、単なる労働者です。

イギリスは今も階級社会です。
お金持ちの子弟はエリート校に入って充分すぎる教育を
受けることができます。
貧困層に生まれ、移民の2世3世として生まれ、
社会格差・教育格差により道を踏み外してしまう子供達も
多い事でしょう。
しかし、貧困層の公立学校でも、教職員が熱意を持って
子供達一人一人に丁寧に丁寧に教育をすれば
全国テストの平均点が1位になることができたという結果は
教育者にとっても、嬉しい事でしょうが
何より、子供達自身が大きな自信と誇りを持って
今後の人生を歩める力となったでしょう。
努力すれば、「やればできる」という自信です!

●イギリス病を克服した教育改革
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h16/jog375.html

勿論、イギリスの教育改革が全て上手くいっている
わけではありません。
こんなご時世ですから・・・日本と同じような雰囲気。

●「学生運動過激化と分裂」
 イギリス大学改革 2011/2/1
 http://happy.ap.teacup.com/applet/okinier/archive?b=5
 29日の土曜日にマンチェスターで学生組合(NUS)や
教員組合(University and College Union)による
大規模な学費反対集会が行われて、
20名が逮捕されたようです。

この集会についてNUSの現在のリーダーである
Aaron Porter氏は批判的であったところ、急進派の
学生などからつるし上げられ、警察の保護によって
マンチェスター・メトロポリタン大学の学生組合
事務所に逃げ込めたとのこと。

急進派からは辞任が求められ、次期候補としては
昨年保守党の本部に突入した急進派の名前が
あがっている模様。

穏健派と急進派が分裂しつつあるのか、
TUCといった労働組合の猛者が運動に直接介入して
きているのか、不穏な状況になってきているようです。
-----------------------------------------------------
一方で、こんな調査結果も
●Tiger Mother
 いぎりすせいかつ
 http://blog.livedoor.jp/chichi_uk2002/archives/cat_25063.html
ガーディアン紙
「なぜ中国人家庭の子女が学業で秀でているのか、
 イギリスでは詳しい研究はされていない」より

 中国系児童の学業成績に関する統計は、昨年秋、
平等と人権委員会による英国における不平等に関する
報告で明らかにされている。
これによると、英国の中国系児童は、イングランドの
GCSEにおいて、最も優秀な成績を納めている民族グループだ。
これは長年知られている。
また、多くの教育政策立案者が目指している目標達成に
唯一成功しているグループでもある。
それは一番貧しい家庭と、その他の児童との間で、
成績の差があまりないことだ 
(中略)

これは中学校の話ですが、小学校でも同じ様な
結果になっているそうです。

最近日本でも、所得の差が子供の学業成績の差と
関連があるんじゃないかという調査がされているようです。
イギリスでは、必ずこれが学業格差の原因とされる訳ですが、
これを見る限り、所得の差が必ずしも子供の学校成績の差
とは限らない気もしてきます。

2005年に、80名の中国系児童、30名の中国系の親、30名の
教員を対象に行なった調査でわかったのは、
「中国系家庭は教育を民族の独自性の重要な柱として
 真剣にとらえている」こと。
まあ、驚くべき結果ではないような気もしますが、
この調査に参加した生徒さん達の約半数は週末に
「補習校」に通って、中国語と中国文化を学んでいたり、
放課後に家庭教師をつけている親御さんも。
これは階級に関係なくて、労働者階級とされている家族でも
家庭教師をつけるケースがみられると、中国人家庭の教育への
関心の高さが伺えます。

親が一生懸命に
子供達に教育の場を与えて、
勉強をさせる、
そして良い結果を得る。


Ramesh Kapadiaロンドン大学客員教授は、

"I think within Chinese society, there is an emphasis
on practice. Children are told:
'If you want to learn something, practise, practise
 and practise it again and you will get better'.
 It may be that this helps to motivate pupils
 when the rewards can seem a long way away."

(中国人社会では、練習を重視すると思います。
 子供達は
 「何か出来るようになりたかったら、
  練習を何度でもしなさい。
  そうすれば上手になるよ

 と言われます。
 報いがずっと先にある様な時には、
 子供達の動悸づけに役に立っているのかもしれません。)

--------------------------------------------------------------
そうなんですよね。
経済格差云々では無くて、労働者階級の親であっても
唯一子供に残せる資産は「教育」です。

大半の先生達は、頑張っていると思う。
一部の破廉恥な犯罪や政治活動が目立ってしまうけれど
熱心に取り組んでいる先生達も大勢存在する。

子供達は、今の大人達のゴタゴタを見て育って
幸せだろうか?
「反面教師」となって、自分達が大人になったら
もっと良い国にしようと思ってくれれば良いのだが・・・

●各地の在日朝鮮人教育実践(第2回)
 二十有余年に及ぶ「ウリモイム」の実践
 門真市の在日外国人教育のとりくみ

 http://kangaerukai.net/165Kadoma.htm
「考える会」旗あげから30周年を迎え、
大阪府内各地域の在日外国人教育研究組織を結集し、
大阪教組の協力を得て、大阪府在日外国人研究協議会
(大阪府外教)が結成されてからも9年が経つ。
門真(かどま)市外教は、その当初から地域での
「ウリモイム(わたしたちのつどい)」の取り組みを
継続して注目を集めてきた。
(中略)
(3)門真地域で特色ある学校といえば、
   どのよう実践が行われていますか。

 門真地域の特徴として、中国人の子どもが多いことが
あげられます。門真南小にはおよそ50人、水島小には
40人、脇田小にはおよそ20人ほどの子どもが
学んでいます。
これらの学校では、日本語の指導や日本社会への適応の
指導にとどまらず、「自立支援通訳派遣」制度によって
指導者を招いて、母語指導など
民族としての
アイデンティティの保持、伸長

を目指した取りくみをすすめています。
しかし、母語と日本語のバイリンガルはうまく行っている
わけではありません。むしろ、大変困難な状況と言える
でしょう。家庭内での親子のコミュニケーションに問題が
あるのも事実です。
(中略) 
(5)教職員組合、教育委員会などとの
   連携はどうでしょうか。

 門真地域では、ずっと以前から、教育現場、教職員組合、
教育委員会、人権教育研究組織、校長会・教頭会が連携を
密にして取りくんできています。
地道な実践ですが、積み上げによって今日の実践方法、内容が
共有されてきたと思っています。
門真市外教の事務局員や推進委員に加わって、ともに取りくみ
を担っています。
 一昨年、入管によるいわゆる「不法」入国、「不法」滞在・
就労の摘発で、保護者が子どもとともに入管に収容される
という事件がありましたが、この時にも緊密な連携を
取りあって、子どもの権利を守るために、可能な限りの
ことはすることができました。


門真市が、特殊な事情があって
>卒業式では、卒業生(160人)が1人を除いて、
 国歌斉唱時に起立しなかった。

生徒だけでなく、保護者も数十人立たなかったと
原告の元教師は言っていましたが
「自分の考えで」と言う中には
「日本人ではないから」と言う事情を抱えた生徒さん達も
いたことでしょう。

多文化共生社会。
色々な民族・宗教・イデオロギーが有るのだから
互いに認め合い、共生しようと彼らは言う。
ならば、
日本の子供達にも
民族としてのアイデンティティ
保持する権利も、誇りに思う権利も存在する。
お互いに認め合うということは、
日本の国歌や国旗も尊重して頂くことであって
隣の国のように気に入らないから燃やす行為など
多文化共生社会には存在しないはずだ。
お互いに理解しようと呼びかけるのであれば、
卒業式で、「自分で考えて」、誰にも流されずに
たった一人で起立して国歌斉唱をした生徒さんの勇気を
この元教師は褒めてあげるべきだと思う。
お互いに理解しようとするならば、日本で一緒に暮らす
仲間として、日本のルールに理解を示すべきだと思う。

互いの先祖が過去に憎しみ合っていたとしても
戦争で傷つけてしまったとしても
その子孫は永遠に罪を償えというのが
果たして、それが”正義”でしょうか?

互いに『リセット』して、未来を築いていく道標を
示してあげるのが大人の役割ではないだろうか?
闘うことが教育だろうか?

 わたしと小鳥とすずと

  わたしが両手をひろげても、
 お空はちっともとべないが、
 とべる小鳥はわたしのように、
 地面(じべた)をはやくは走れない。

 わたしがからだをゆすっても、
 きれいな音はでないけど、
 あの鳴るすずはわたしのように
 たくさんのうたは知らないよ。

 すずと、小鳥と、それからわたし、
 みんなちがって、みんないい。


金子みすずじゃないけれど
【みんな違って、みんな良い】
すずと小鳥を愛するばかりに
「わたし」を愛することを忘れていませんか?

 すずと、小鳥と、それからわたし、
 みんなちがって、みんないい。 
政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 8

名無しさん

頭の中の思想は自由。だが、現実の行動は制限あり ということが理解できないバカがなぜ教師か?その時点で悩みます。
左翼の図式でいくと
思想の自由

行動の自由を認める

やりたい放題

アホくさい奴らですね
(*´д`*)

2012-02-07 (Tue) 12:54 | EDIT | REPLY |   

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-02-07 (Tue) 18:51 | EDIT | REPLY |   

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-02-07 (Tue) 18:52 | EDIT | REPLY |   

DUCE

自分のエゴに子供を巻き添えにしているんじゃないよ。
はなから生徒も万事自分に同心していると言う前提で物を考えて、その思惑が外れれば、あたかも自分に対する人権侵害と言う主張を持ち込んで、異なる意見を弾圧する。こう言う教師に人権とか言う資格はありません!(# ゚Д゚)フザケルナー!!

2012-02-07 (Tue) 19:18 | EDIT | REPLY |   

protos3

国旗国歌へ敬意を払うことが侵略戦争へつながると日教組の連中は本気で考えてるんですね。
特亜3国による静かな日本侵略は確実に進行中なのに。
気がついたときには遅いぞ。

2012-02-07 (Tue) 21:16 | EDIT | REPLY |   

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-02-07 (Tue) 22:02 | EDIT | REPLY |   

すずめ

ちょっと前に、離島に自衛隊基地建設計画の話が出た時、「軍があるから襲われる、軍が無ければ大丈夫」なんて言って、反対していた左翼の人がいましたが、チベットや、ウイグルに軍が、有りましたか?無いのに何で、あんな悲惨な事になっているのですか?
あの方達の言っている事矛盾だらけ!!

フリーチベットを叫びつつ、中国援助には口をつぐむ奇妙さ
http://aoki.trycomp.com/2012/01/post-356.html

私の子供が通っていた、小中学校は、国旗・国歌斉唱当たり前で、運動会の時も国旗掲揚が有りました。中学校の時同じ学年に、中国人の子が2人いて、学校全体で5人ぐらいいたかと思いましたが、一度も「国旗・国歌斉唱についてクレームが付いた」という事を聞きませんでした。ただ、卒業式の時、出席したかどうかまでは、分かりませんけど。もしかして、国旗・国歌斉唱にクレームつけているのは、在日朝鮮人と、日教組だけ??

2012-02-07 (Tue) 22:28 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

日本だけでしょ国歌・国旗を軍国主義に結びつけるのは、なぜ…戦争に負けたからか。どこの国の人だって自分たちの国家・国旗を愛し国土を愛し家族を愛している。愛せない人達に教育者が多いとは嘆かわしい。少なくとも私の周りにいない事を祈る

2013-07-14 (Sun) 11:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック