FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

入国管理局Gメン、執念の逮捕劇60日『偽装結婚中国人を追え』

テレビ朝日『スーパーJチャンネル』の今日の特集
【東京入局管理局Gメン 執念の確保劇60日】
が凄かった。

偽名を使って入国し、日本人女性と偽装結婚し在留資格を取得した
疑いが有る中国人男性を潜入操作するGメン。

男には、日本国内で同棲中の中国人妻がいる事が解る。
男の住むマンションを見張っていると・・・
事前に入管の動きを察知した男は2日前に引っ越していた。

別のチームが、男の職場である東京郊外の飲食店に張り付いて
捜査していると、自転車に乗った中国人妻が現れる。
急いで尾行して、中国人妻の住むマンションを突き止めた。
職場から帰宅する男も尾行し、新たなアパートも突き止める。
別のチームも、偽装結婚に加担した日本人妻を尾行捜査中。

入念な捜査で確実な証拠を握ったGメンが、いよいよ
一斉摘発を実行する。
今回は、中国人男性・中国人妻・偽装日本人妻の3ヶ所を
一斉に強制捜査に入る。

午前8時30分、
中国人妻の住むマンションに捜査令状を持って入る。
女は、男との関係を否定。
*おや?
 壁にはチマチョゴリを着た女性のカレンダーが掛かっている。


家宅捜索すると、棚からは男名義の貯金通帳が発見される。
壁には、男と一緒に撮った家族写真がたくさん掛けられている。
(子供を抱いている写真も!)
中国人妻は外国人登録証を持っていなかった。
不法滞在だ!
彼女にパスポート提示を求めると・・・なんと韓国のパスポート!
女は「韓国に帰化」しているのだと言う。
*やっぱりだ!
 中国朝鮮族は2重国籍が認められ、韓国国籍を取得できる。
 きっと、この女も夫も朝鮮族なのだろう。
 朝鮮族が「韓国パスポート」で入国する事例は多い。
 あちらには専門ブローカーもいるからね・・・


日本人妻に強制捜査に入ったチームは、
女から【偽装結婚】だった事を認めさせた。
知り合いに頼まれて、戸籍を貸しただけだという・・・
(のちにみっちり捜査される。)
*この女性も半島系か、知り合いが半島系なのでは?
 今後の捜査結果が楽しみだわ。


後は、中国人男性を逮捕するだけ。
ところが、新しいアパートから男の姿が忽然と消える。
しまった・・・気付かれたか?
別チームから「男が羽田空港に向かっている」と情報が入る。
Gメン達は、急いで空港に向かう!
男は北京行きの飛行機に乗ろうとしていた。

間一髪、
中国人男性を確保する事ができた!

逮捕された男は、偽名で偽装結婚したことを認め
「妹の仲介」で今回の不法入国&不法永住権取得の
犯罪行為を行ったと認めた。

捜査開始から60日。
ようやくGメン達の地道な努力が実った瞬間だった・・・
しかし、
これで終わりではない。
また新たな情報を元に、入管Gメン達は次の捜査を開始する。


陳腐な刑事ドラマなんかよりも、緊迫する逮捕劇だった。
やはり、実際に起きている事件は凄い。
他にも
「偽造パスポートを売り歩くフィリピン男性逮捕劇」
も挿入されていて、入管Gメンの皆さんの多忙振りが
伺える、良い取材だった。

この取材チームは、過去にも
「偽造結婚韓国人妻の行方を追え」でも、
東北地方の韓国人妻斡旋詐欺疑惑から取材を開始し
札幌の風俗店~東京のマンションまで、韓国人女性を
追いつめて、彼女のインタビューを獲るという
素晴らしい取材活動を展開している!

●仕事しろ!永住権取得直後に保護申請、
 不正受給で3人逮捕

 ZAKZAK 2011.06.29
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110629/dms1106291251011-n1.htm
 生活保護費約350万円を不正に受給したとして、
大阪府警国際捜査課などは28日までに、詐欺の疑いで、
いずれも大阪市浪速区恵美須西の自称無職土井内浩文(45)、
中国籍の妻孫国珠(50)の両容疑者と、養女(20)の
計3人を逮捕した。

 孫容疑者は生活保護を申請する約1カ月前に
永住権を取得しており、同課は不正受給が目的だった
とみている。


 同課によると、土井内容疑者が
「妻に収入があると知らなかった」と供述するなど、
いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は、実際は孫容疑者と養女に収入があるのに、
浪速区に「収入がない」などとする虚偽の資産報告書を提出し、
2010年5月~11年5月、世帯として生活保護費
計約350万円をだまし取った疑い。

*******************************************************
こんな小さな小さな記事に、
捜査員達の血の滲むような地道な捜査があるのだと
改めて、彼らの努力を知る事ができる・・・

それにしても、彼らを題材にして「実際の事件」を元にしたら
凄いドラマが製作できると思うのだが・・・
何故か、日本ではタブーだよね。

某外国人団体や人権屋の抗議活動が怖いのかなぁ・・・
それとも、裏社会に余りにも入り込もうとすると
あの監督のように【謎の死】を遂げてしまうからなのだろうか?
アメリカのドラマでは、ガンガン登場する中国マフィアや
不法入国者やロシアのスパイや韓国系売春ブローカー・・・
日本のドラマが陳腐になるのは、リアリティが足りないからだな。

5時台に放送する事が多い、この手の特集・・・
アナログ放送でテレビ朝日を視聴できる日も、もうすぐ終了
地元ローカル番組では、暢気に
「ご近所スーパーのお得情報!」なんてやっているだけ・・・
地デジ化は、地方の人間から現実の日本の姿を知る術を
奪ってしまう・・・


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

チョセン人

売春宗主国チョセン

■「韓国は売春女性の供給国であり最終目的地」=米人身売買報告書

米国務省は27日、世界184の国や地域の人身売買の実態をまとめた年次報告書を発表。
韓国について、「強制売春や強制労働の被害に遭う男女らの供給地にも経由地にも最終目的地にも
なっている」と指摘し、韓国政府に取り締まりや法の整備を求めた。複数の韓国メディアが伝えた。

報告書は、人身売買に関連する各国政府の対応などをもとに分析し、4段階にランク付けした。
韓国はもっとも良い1番目のランクだったが、民間レベルでは相当な問題を抱えているとした。

報告書は韓国について、ロシア、ウズベキスタン、カザフスタン、モロッコ、コロンビア、モンゴル、
中国、フィリピン、タイ、カンボジアなどから就業や結婚のために入国した男女らが、実際には
強制労働や売春の被害に遭っていると指摘。インターネットを通じた性売買が未成年者まで蔓延していることや、
一部の韓国人女性たちが米国、カナダ、日本、オーストラリアなどで売春行為を行なっていることも明記した。

一方、北朝鮮を含む23カ国を、米政府の経済制裁対象になり得る最低ランクとした。北朝鮮について、
強制労働や強制結婚、性売買の被害に遭う男女や子どもたちの供給国家と非難した。

韓国メディアは、わが国の人身売買実態は恥ずかしい水準だと伝え、一部メディアは「南北で性売買が蔓延している」と報じた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0629&f=national_0629_055.shtml

2011-06-29 (Wed) 21:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply