韓流研究室

ARTICLE PAGE

国歌斉唱時の起立命令は合憲 最高裁が初判断

「国際常識を身につけるため、国旗、国歌に敬意を」 
 国歌斉唱時の起立命令は合憲 最高裁が初判断

2011.5.30 17:42
 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110530/trl11053017440005-n1.htm
    
sayoku681fcbdd.jpg
    上告が棄却され、支援者らとともに記者会見する申谷雄二さん
    30日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
 卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に、
退職後に嘱託教員として雇用しなかったのは違法
として、
東京都立高の元教諭が都に損害賠償などを求めた訴訟の
上告審判決で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、
起立を命じた校長の職務命令を合憲と判断し、
元教諭側の上告を棄却した。
都に賠償を命じた1審判決を取り消し、元教諭側の逆転敗訴
となった2審判決が確定した。

 最高裁は平成19年2月、国歌伴奏を命じた職務命令を
合憲と初判断したが、国歌斉唱の起立命令に対する
合憲判断は初めて。

 1、2審判決などによると、元教諭は16年3月の都立高の卒業式で
起立せず、東京都教育委員会から戒告処分を受けた。
19年3月の退職前に再雇用を求めたが、不合格とされた。

 同小法廷は判決理由で、卒業式などでの国歌斉唱の起立は
「慣例上の儀礼的な所作」と定義。
起立を命じた職務命令について
「個人の歴史観や世界観を否定しない。
 特定の思想の強制や禁止、告白の強要ともいえず、
 思想、良心を直ちに制約するものとは認められない」
と指摘した。

その上で、
「『日の丸』や『君が代』が戦前の軍国主義との関係で
 一定の役割を果たしたとする教育上の信念を持つ者
 にとっては、思想、良心の自由が間接的に制約される
 面はあるが、教育上の行事にふさわしい秩序を
 確保するためには合理的だ
」との判断を示した。

 判決は4人の裁判官の全員一致の意見で、うち3人が
補足意見を付けた。竹内行夫裁判官は
「他国の国旗、国歌に対して敬意をもって接する
 という国際常識を身に付けるためにも、
 まず自分の国の国旗、国歌に対する敬意が必要」

とした。

 1審東京地裁判決は21年1月、職務命令の違憲性を否定したが、
「起立しなかったのは1回だけで不採用は裁量権の乱用にあたる」
として都に約210万円の賠償を命じた。
2審東京高裁は同年10月、職務命令の合憲性を認め、
命令がある以上、元教諭は従う職務上の義務があるとして、
1審判決を取り消し、逆転判決を言い渡した。


憲法 第十五条  
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、
国民固有の権利である。

2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

地方公務員法
(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第32条 職員は、その職務を遂行するに当つて、
    法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の
    機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の
    命令に忠実に従わなければならない。

学校の先生が国を滅ぼす学校の先生が国を滅ぼす
(2009/10/31)
一止羊大

商品詳細を見る

 大阪府内の府立支援学校で起きた、入学式や卒業式の際の
国旗掲揚と国歌斉唱をめぐる校長と教師との激しい対立の
体験をまとめた『学校の先生が国を滅ぼす』が出版され、
反響を呼んでいる。
校長として、「日の丸、君が代」に反対する教師たちと
渡り合った著者の一止(いちとめ)羊大(よしひろ)さん(66)は
「国を愛せない教師が子供たちを育てている。
 学校でどんなことが起きているのかを
 知ってほしかった」と話している。

 一止さんは平成10年から3年間、知的障害を持つ子供たちを
教育する府内の公立学校で校長を務めた。
赴任早々、問題は起きた。職員会議の冒頭で着任のあいさつを
しようとしたところ、会議を仕切り、「議長」と呼ばれている
教師から拒まれた。
結局、あいさつをすることができたが、入学式で国旗を掲揚する
ことに触れたため、その後の教師たちと
国旗・国歌をめぐる闘争の幕が開いた。
 教師たちは障害児教育への意識は強く熱心だったが、
ひとたび国旗・国歌が話題になると反発した。
一止さんの説明に聞く耳を持たず、国歌斉唱の文字を省いた
式次第を式当日まで隠す、
国旗掲揚と国歌斉唱に反対し、
連日、校長室に押しかける…。
教師の反抗はエスカレートした。

「国旗・国歌を通して国を大切に思う心を
 教えるのは当然のこと。
 話せば分かるというのが私の基本スタンスだったが、
 そこまで猛反発を受けるとは思わなかった」
と当時を振り返る。

 一止さんは、その原因は戦後の教育にあるとみる。
日本=悪玉という考え方が、日本の良さを教えず、
 国に誇りを持てない子供や大人を作り出す。
 その教育が繰り返されている


 国旗・国歌は戦争につながるといって
抗議してきた女性教師がいた。
その際、一止さんは17歳で戦死した兄の写真を見せ、
「戦争をいやだという気持ちは私も人一倍持っている」
と諭したが、返ってきた言葉は
先生のお兄さんも侵略者」だった。


「戦後教育がここまで人の心を壊しているのかと
 愕然(がくぜん)とした。
 国のために命を投げ出した兄は
 どんな思いでこの国を見ているのだろうか」。

 しかし、一止さんの指導は決して無駄ではなかった。
3年目には数人の教師の共感を得た。
「私が国旗・国歌について言わなければ
 波風も立たなかった。
 先生が国民から国を思う気持ちを奪っている、
 それではいずれ国が滅びる。
 その意味を多くの人に考えてほしい」


 府教委によると、21年度の府立支援学校の入学式での
国旗掲揚・国歌斉唱の実施率は100%だが、
13・6%の小中・高等部で国歌斉唱時に教職員が不起立だった。
府教委は
「不起立の教師には校長による指導を続け、
 そのために府教委も校長を支援していく」としている。
***************************
2009年10月16日の毎日新聞記事

【閑話休題】
 
 卒業式の君が代斉唱時の不起立を理由に再雇用を
拒否されたのは違憲・違法として、元東京都立高校教諭の
申谷雄二(62)が都に賠償などを求めた訴訟の控訴審で、
東京高裁は15日、約210万円の支払いを命じた東京地裁判決
(今年1月)を取り消し、訴えを退ける逆転判決を言い渡した。
原田敏章裁判長は「都には広範な裁量権がある」と述べた。

 現在、申谷のケースを含め同種訴訟は計6県ある。
既に東京地裁の判決のあった3件のうち2件は原告勝訴、
1件は敗訴と判断が割れており、今回が初の高裁判決だった。

《敗戦後、共産主義者、左翼思想家らが中心となり、
 君が代を否定した。
 彼らは、新しく国家を建設した国に習って新生日本も
 新しい国歌、国旗を公募してでも創ることを提起できたはずだが
 ただ否定するだけで建設的な意見は民意とはならなかった。

 従来からの日章旗と君が代が、細々とスポーツ界に引き継がれて
 生き延びてきた。


《1996年ごろから、公立学校の教育現場において、
 文部省(当時)の指導で、日の丸の掲揚と君が代の斉唱が事実上、
 義務づけられるようになった。
 しかし、反対派は憲法の思想・良心の自由に反すると主張して
 社会問題となった。
 1999年には広島県立高校の卒業式に、君が代斉唱や日の丸掲揚に
 反対する公務員(教職員)と文部省の通達との板挟みになっていた
 校長が自殺する事件が起った。
 これを一つのきっかけとして法制化が進み、
 1999年8月13日、国旗及び国歌に関する法律(略して国旗国歌法)
 が交付、即日施行された。

 申谷は04年3月の卒業式で起立せず戒告処分を受け、
 07年3月の退職を前に再雇用を求めたが、処分歴を理由に拒否された。
 判決は
 「処分を理由にした不合格は相当性を欠くとは言えない」と指摘。
 国歌斉唱時の起立を命じる都の職務命令を合憲と判断した上で
 「教諭が心情や信念だけに従って行動したのでは
  教育を受ける権利に影響を及ぼし、
  厳粛な卒業式の場では重い違反行為に当たる」
と述べた。

《とはいいながら、国歌斉唱、国旗掲揚の行われる公の場に、
 若しもいま、私が居合わせたなら、私は起立しないだろうし、
 歌わない。私の戦争はまだ終わっていない。》



毎日新聞記者「私の戦争は、まだ終わっていない。」
大江健三郎 「私には、帰る朝鮮が無い。」
なんだか・・・頭の中身がそっくりですね。

>共産主義者、左翼思想家らが中心となり、
 君が代を否定した。
 彼らは、新しく国家を建設した国に習って新生日本も
 新しい国歌、国旗を公募してでも創ることを提起できたはず

平成11年成立の国旗国歌法に反対した菅直人
「もっと元気のいい国歌でもいいかな」


事前に「君が代 指導 実践例」などを使って
公務員である教職員が反国旗・国歌活動を、過激かつ組織的に
行っており、子供達の前で、集団ボイコット等の扇動する
政治パフォーマンスを行う”狂師”も存在するらしい・・・
  sayoku06d29575.jpg

君が代不起立DVD
  sayoku1400676.jpg
   
「他国の国旗、国歌に対して敬意をもって接する
 という国際常識を身に付けるためにも、
 まず自分の国の国旗、国歌に対する敬意が必要」

   hinomarukajiruossan.jpg
 子供達が、こんな異常者にならないように・・・
 国際常識を身に付けるためにも、
 まず自分の国の国旗、国歌に対する敬意が必要


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 6

Alicia

もやは教師と名乗る資格もないキチガイ

ウェーバー先生が日本のこの教育界の現状を知ったら卒倒されるかもしれません。学問の場に思想・政策を持ち込むな!と。
こういったキチガイ教師たちはことごとく資格剥奪・追放していただきたいです。

2011-05-31 (Tue) 02:48 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

写真に写っている全員が、半島顔なのは偶然でしょうか?

2011-05-31 (Tue) 04:26 | EDIT | REPLY |   

丸刈り4272

国旗・国家に反対するこの先生たちは、私にはもう理解不能です。
おそらく頭の中はカチンカチンに、何が何でも反対に凝り固まっているのでしょう。
説得は無駄です。
「バカは死ななきゃ治らない」といいます。つまり、死ぬまで治らないと言う事です。


2011-05-31 (Tue) 07:30 | EDIT | REPLY |   

あや

2011/05/31 04:26さんへ

一番下の方は、韓国の有名な"キ"の活動家です。

申谷雄二さんは、東京都同和教育研究協議会で
長年同和教育についての研究と実践をなさっています。

2011-05-31 (Tue) 11:13 | EDIT | REPLY |   

noga

hierarchy

日本人のことについて、もっとよく学ぼう。日本語しか知らない人は、日本についてもよく知らない。


言語は、考えるための道具である。言語が違えば、考え方も異なる。

日本人は、本当に礼儀正しいのか。
我々の礼儀作法は、序列差法である。序列なきところに礼儀なし。
日本語には階称 (言葉遣い) がある。
言葉遣いの意味を身振りで表わせば、序列差法になる。

日本人は、なぜ察し (勝手な解釈) を使うのか。
意思は、未来時制の内容である。
日本語には、時制がない。だから、未来時制もない。
日本人には、意思がない。
それで、勝手な解釈を利用する。

日本人には、恣意 (私意・我儘・身勝手) がある。
恣意は、文章に表わせない。アニマル・子供に共通である。
恣意は、相手により察しにより文章化される。
本人には、その内容に責任がないが、それは本人の意向とされることが多い。

日本語には階称 (言葉遣い) があるので、日本人は序列人間 (縦社会の人間) になる。
義理 (序列関係) がすたれば、この世は闇だ。
意思はなくても、恣意があるので、アニマル風に行動する。

意思のない日本人は、天の声により行動が定まる。自分自身で考える力はない。
問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力は持っている。
だから、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶ必要に迫られることになる。
これは、昔からある浪花節でしょうね。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

2011-06-01 (Wed) 15:26 | EDIT | REPLY |   

あや

nogaさんへ

言語は考える為の道具であり、他者を確認する道具です。
シュバイツァー博士は、ご存知ですよね。
彼はアルザス地方の出身です。
アルザス地方は、絶えず独仏の紛争地であり、領土争いをしていた場所です。
今までドイツ語で使っていた人々が、ある日突然フランス語を強要される。
シュバイツァー自身もドイツ語とフランス語両方に堪能でした。
彼は、ドイツとフランスの二つの言語を比較して、こう言っています。
 フランス語は論理的
 ドイツ語は音楽的
何故なら、
「フランスは平野の国だ。
 人は危険が近づくのを目でみようとする。
 だから、目が発達し、美術が発達した」と説いている。
フランス語は、見晴らしのよい平野のように明晰な言葉になった。
「外交文書でフランス語版を正本とするのは、
 誤読のしようがない程明晰だからだ。」と・・・
これに対してドイツは、森の国です。
南ドイツの黒森(Schwarzwald)で木に登ったリスは、
そのまま地上に降りることなく北海まで行けるらしい。
「見通しのきかない森で危険を察知するのは、耳による。
 そこで、ドイツ人は耳が発達して、音楽に秀でた民族となった。」
ドイツ語は、森の中の迷路のように不明解だ。
しかし、音楽的な響きは素晴らしいと彼は言っています。

抽象的な表現ですが、言語は環境によって変化します。
日本人が蝉の鳴き声や木立の揺れる音に敏感なのは、豊かな森の国だから。
その豊かな水と森を有した国に、大陸や半島から戦火に追われ圧制から逃れ
亡国の民となって流れ着く・・・終の棲家となれば良いと。

縄文人が争いを好まなかったのは発掘された骨からも顕著です。
>日本人は、なぜ察し (勝手な解釈) を使うのか。
相手の心を察し、自己中心的な行いを抑制する。
これは縄文の民と東南アジア経由で流れ着いた海人族など様々な事由で
流れ着いた他民族同士の紛争の愚かさから辿りついた知恵だと思います。
農耕民族は、集団で助け合わなけれ苛酷な環境では生きられない。
だからこそムラの掟が必要となる。
先祖の霊から老人、子供に至るまで、ムラの序列が起きる。
これは日本だけでなく、古代ヨーロッパでも同様です。
東北のナマハゲと同じ祭りがあるのは、ムラのルールを子供達に学ばせる為
羽目を外しやすい青年層に祭りの中心となる役を与える。
先祖の霊を敬い、過去の歴史を口伝する老人を尊敬し
ルールを守る事で食料を確保し、子々孫々安らかに暮らす。
そこに礼儀が生まれる。

未来時制のあるフランス語
平野で隠れるところの少ない場所では、敵の動きを見極め
常に危険を目で確認し、動きを察知しなければ生きてはいけない。
だから未来自制がある。
一方、森で息を潜め敵の動きを音で感じる。敵が過ぎ去るまで・・・
民族の特性は、生活環境と気候風土・・・それから紛争の経験値で決まる。
常に他国から侵略され、負ければ奴隷となって根絶やしにされる民族は
自己中心でなければ生き残れない。

日本人が自然と共存する為には、自然の声を聞かなくてはならない。
火山活動から学んだ生きる知恵であり、ムラを守る知恵。

どの言語が優れていてどの言語が劣っているかなんてナンセンス。
その土地の歴史に適合した道具なのだから。

2011-06-01 (Wed) 16:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply