韓流研究室

ARTICLE PAGE

ウィリアム王子ご成婚と、イギリス王室と日本の皇室の存在意義。

今夜、ウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンさんの
ロイヤル・ウェディングの生中継を見て過ごした。
チャールズ皇太子とダイアナ妃のご成婚を思い出しながら・・・
  20110429-687263-1-N.jpg

沿道を埋め尽くす熱狂したイギリス国民の様子を見ながら
日頃は色々な意見も出るイギリスも、王室の存在は誇らしく
やはり、イギリスという国になくてはならないものなのだ。

荘厳なウェストミンスター寺院で行われた結婚式は、
イギリスの持つ伝統の重みを充分に世界に伝える。

●両陛下東北へ 
被災者を励ます温かいお言葉

(4月28日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110427-OYT1T01247.htm
 東日本大震災の被災者へのお見舞いを続ける天皇、皇后両陛下が
27日、宮城県を訪問された。
 img825_img_614635_28550597_0.jpg
 
 震災後、東北地方に入られるのは初めてで、
近日中に岩手、福島両県の訪問も予定されている。

 被災地の人々、とりわけ避難所生活を送る人たちに、
お二人のお言葉は大きな励ましとなろう。

 両陛下は、津波で甚大な被害を受けた南三陸町と仙台市内の
避難所を訪ねられた。体育館の床に両ひざをつき、一人一人に
「お体は大丈夫ですか」「お大事にね」などと声をかけられた。

 宮内庁によると、お二人は早期の現地入りを望まれていたが、
被災地の状況を考慮し、1か月を過ぎて訪問が開始された。
14日に千葉県旭市、22日は茨城県北茨城市の避難所などを見舞われた。

 3月11日の震災発生以来、両陛下は被災地のニュースを見続け、
「人々の心の支えになりたい。困難を分かち合いたい」
という思いを強くされてきたという。

 5日後の16日には前例のないビデオメッセージを発表された。

「被災者の状況が少しでも好転し、
 人々の復興への希望につながっていくことを
 心から願わずにはいられません」
「苦難の日々を、私たち皆が、
 様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが
 大切であろうと思います」


 陛下の思いが滲(にじ)むお言葉と、穏やかな語り口に、
どれほど国民は勇気づけられたことだろう。


 計画停電が実施された際、皇居は対象外だったが、
夜の停電時間に合わせ、ろうそくなどの灯を頼りに
おにぎりなどの簡単な食事をとられるようになったという。


 栃木県の御料牧場の鶏卵などを、職員を通じて避難者用に
提供したり、那須御用邸の職員用宿舎の温泉を開放するなど、
優しい気遣いも見せられた。

「人々の幸せも、不幸も、
 我がこととして受け止め、
 考え、実践されている」

羽毛田信吾宮内庁長官の短い言葉の中に、
両陛下の胸中を察することができる。

 両陛下は1991年、雲仙・普賢岳噴火の被災地を
見舞われて以降、95年の阪神大震災、2004年の中越地震など
大災害のたびに現地へ足を運び、
被災者の話を聞き、励ましてこられた。

 陛下は77歳、皇后さまは76歳。
自衛隊機とヘリを乗り継ぐ被災地訪問はご負担だろう。
お二人のお体にも十分な配慮が必要だ。
(2011年4月28日01時06分 読売新聞)


ウェストミンスター寺院に響き渡るイギリス国歌
God Save the Queen
 神よ女王を護り賜え
1.
 神よ我らが慈悲深き 女王陛下を守りたまえ
 我等が高貴なる女王陛下の永らえんことを
 神よ我らが女王陛下を守りたまえ
 勝利・幸福そして栄光を捧げよ
 御代の永らえんことを
 神よ我らが女王陛下を守りたまえ

2.
 おお主よ、我等が神は立ち上がり
 敵を蹴散らし、潰走させ、
 姑息な罠をも打ち破りたもうた
 我等の望みは汝にあり
 神よ我らを守りたまえ

3.
 女王に注がれし天賦の才能
 御代の永らえんことを
 我等の原理を擁護し
 我等に大義を与えたまえ
 心を込めて謳わん
 神よ我らが女王陛下を守りたまえ
(5番までありますが、以下省略)

エリザベス女王も、天皇陛下と同様に激動の時代を生き
戦後から今日まで、王室の在り方を模索し続けていらした。
毎年恒例の女王のクリスマス・メッセージには
イギリス国民に寄り添うかのような工夫をされて
今ではYoutubeで配信するなど
伝統の重みを守りながらも
「国民と共に歩むイギリス王室」のスタイルを作り出した。
 queen.jpg

 * * * * * * *
日本では、共産かぶれのサヨク集団が
天皇陛下の存在が身分格差の象徴だの
「君が代」を悪魔の歌であるかのように批判する・・・
辻元清美は、「天皇制を廃止し」
「皇居をセントラルパークにし、
 アジア平和記念館とかをつくり、アジアの留学生をよぶ」
などと発言している。

何という愚かで下衆な連中だろう!

王室や皇室が存在しなくても身分格差も貧困も存在し
共和国の名の下に、独裁者が現れては消え、を繰り返す。
「君が代」よりも、過激で軍国主義を思わせる国歌も有る。
市民革命を起こし国王を断頭台に送ったフランスの観光資源は
ヴェルサイユ宮殿など王家の名残の伝統や文化だ。

天皇の御代が脈々と続いたからこそ、
古事記や日本書紀が今も古代の息吹を語り
正倉院の所蔵品が当時のシルクロード交易の凄さを語り
「源氏物語」という名作が生まれ・・・

良い時も悪い時も、天皇と国民、それがこの国の歴史。
脈々と続いてきた日本の歴史そのものだと思う。

サヨクの『日本の伝統文化の破壊と歴史捏造』工作は
もうウンザリなんですよ!
こんな連中が大手を振って、永田町を闊歩している日本・・・

南三陸町の避難所では、津波で自宅が流されたという女性が、
両陛下の訪問のお礼にと、自宅の庭があった場所に咲いていた
水仙の花を、皇后さまに贈りました。
阪神大震災の避難所ご訪問の際に、皇后さまが皇居に咲いていた
水仙の花を瓦礫の町に手向けられた事を、
この女性はきっと思い出したのでしょう。
朝早く、避難所から歩いて自宅があった場所に行き
庭の水仙の花を摘んできたのだという。
津波に飲み込まれた跡地に、奇跡的に咲いていた
希望の光のような花を皇后さまに贈ったのです。

水仙の花言葉は色々有りますが
ラッパ水仙の花言葉は、「尊敬」そして「心づかい」
三黄水~1
『仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、
 水にあるを水仙』
という中国の古典から
水辺で咲く綺麗な花を仙人にたとえて、その名が付いたそうです。

【水仙の花のみだれや藪屋しき  (維然)】
「荒れ果てた薮(やぶ)。
 そこに一群の水仙が群落を作っている。
 ここはその昔誰かの屋敷跡で、
 この水仙花はその主人が楽しんだ花なのだろう。」

この歌は、広瀬維然(素牛)(ひろせ いぜん/そぎゅう)の作。
本名広瀬源之丞。美濃蕉門の門人。
貞亨5年夏、芭蕉が『笈の小文』で美濃を通過した時に入門した俳人。

瓦礫だらけの荒れ果てた町になってしまっても
住んでいた家の庭に咲く水仙の花
きっと、あの女性が丹精込めて育てていたのでしょう。
津波に何もかも流されてしまっても
そこに自宅があった名残を教えてくれる大切な水仙の花。
その贈り物に、びっくりしながらとてもお喜びになったお顔に
皇后さまの素直で真直ぐなお心を感じました。

両陛下の慈愛に満ちたお言葉に励まされ
亡くなった方々の魂は癒される・・・

イギリスの王室と日本の皇室。
長い歴史と伝統と文化を育み、
国民に誇りをもたらせてくれる。
希望と勇気を与えてくれる。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply