FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

此処より下に家建てるな…先人の石碑、集落救う

此処より下に家建てるな…先人の石碑、集落救う
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110329-OYT1T00888.htm?from=main7
 「此処(ここ)より下に家を建てるな」
  20110329-080277-1-L.jpg
 東日本巨大地震で沿岸部が津波にのみこまれた岩手県宮古市にあって、
重茂半島東端の姉吉地区(12世帯約40人)では全ての家屋が被害を免れた。
1933年の昭和三陸大津波の後、海抜約60メートルの場所に建てられた石碑の警告を守り、
坂の上で暮らしてきた住民たちは、改めて先人の教えに感謝していた。

 「高き住居は児孫(じそん)の和楽(わらく)
  想(おも)へ惨禍の大津浪(おおつなみ)」


 本州最東端の●ヶ埼(とどがさき)灯台から南西約2キロ、姉吉漁港から延びる急坂に立つ
石碑に刻まれた言葉だ。結びで「此処より――」と戒めている。(●は魚へんに毛)
      20110330-086771-1-N.jpg

 地区は1896年の明治、1933年の昭和と2度の三陸大津波に襲われ、
生存者がそれぞれ2人と4人という壊滅的な被害を受けた。
昭和大津波の直後、住民らが石碑を建立。その後は全ての住民が石碑より高い場所で
暮らすようになった。

 地震の起きた11日、港にいた住民たちは大津波警報が発令されると、
高台にある家を目指して、曲がりくねった約800メートルの坂道を駆け上がった。
巨大な波が濁流となり、漁船もろとも押し寄せてきたが、
その勢いは石碑の約50メートル手前で止まった。


地区自治会長の木村民茂さん(65)
「幼いころから『石碑の教えを破るな』と言い聞かされてきた。
 先人の教訓のおかげで集落は生き残った」と話す。

(2011年3月30日07時22分 読売新聞)


次女が小学6年生の時の夏休みの自由研究で、当時住んでいた静岡県沼津市と周辺の
古い地名を調べた事があります。

きっかけは、私の実家に向かう途中で、娘達が道路端に建っている石碑に気付いた事です。
近くに車を止めて、その石碑に刻まれた文字を読むと
1854年12月23日(安政元年11月4日)に発生したM8.4の【安政東海地震】
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/aiiku/tokaizisin.htm

被害にあった村の被害者の魂を鎮める震災追弔之碑でした。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/sisei/kyouiku/bunkazai/shiseki/shinsai.htm
この石碑には
『安政元年(1854)十一月四日、駿河地方に大地震が起きた。
 このとき、ここ駿東郡大岡村南小林の約二ヘクタールほどの土地が一瞬のうちに、
 約六メートル陥没し、住家九戸がすべて埋没してしまった。

 時に午前十時余りにも急なことだったので逃げるひまもなく、土中に生き埋めとなり、
 泣き叫んで救いを求め、村人がかけつけたが、地震のため村の北側の用水路が決壊し、
 水が流れこんできたので、ついに救うことができなかった。
 死者十一名、死体が発見されたのはわずかに二人だけであった。
 陥没の跡は巨大な穴となり、数年経ってからようやく草が生え始めた後に、村人が樹木を
 植えたので、今は林となっている。
 大地震から五十年経った今日、村長日吉昌平が村人と相談し、この地に石碑を立て
 九人の霊に対し、永く哀悼の意を表わそうとするものである。
                               明治三十六年十一月』

と書かれています。
 toukaidou_A_17_1.jpg 安政大地震による小林村の被害図

図書館でこの地域の歴史を調べると、安政の大地震の際に村が丸ごと地盤沈下して
大きな地震窪ができた事が解りました。
地震発生時、大人達は近くの田畑で農作業をしていたので無事だったのですが
自宅に残っていた老人や幼い子供たちが、この地震窪によって生き埋めになってしまったのです。

静岡県には、この『安政大地震』の慰霊碑のほかにも、
宝歴1年(1751)に起きた山津波被害の慰霊碑【妙法横難死亡供養霊塔】などの
地震や台風・洪水、富士山の噴火まで、様々な慰霊碑や記念碑が存在します。
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-350/others/sekihi.html

また、沼津市には【要石神社】という、古い神社がありました。
海岸線の松林に、ひっそりと建つ小さな神社ですので、注意していないと通り過ぎてしまう。
http://www.c-walk.com/tokaido/shiseki/03hara/03kaname.html
   img_0668.jpg

   img_0676.jpg

 要石神社 由緒
 当区(沼津市一本松地区)の開祖大橋家の二代目五郎左衛門が寛永年間に創建した
 ものといい、現在の社祠は天保14年に再建したものである。
 水郷鹿島香取両神宮の要石と同じものであり、本社に一部露出する火山岩の大塊は、
 これより北300米の大橋家屋敷井戸まで続くといわれ、この為に安政の大地震にも
 この地方のみ害憂がなく、また聾疾者はこの社に祈願して穴明石を賽すれば平癒する
 との口碑あり境内には多数の穴明石が奉納されている。

 昭和61年5月沼津市一本松区氏子一同
 
   ********************************************************

宅地開発や市町村合併などで、多くの古い地名は改変されてしまい
先人達が残した、未来人への"警告"の痕跡が失われてしまうケースがあります。
縁起が悪いからと、明るい地名に変えてしまったり
音韻は同じでも、漢字を変えてしまったり・・・
しかし、古い地名からその土地の地盤や災害の痕跡が推理できる事もあります。

この機会に、先人達の『教え』を探索したり、その町の歴史を調べてみてはいかがでしょう。

他の県でも、先人達が「この惨事を永久に忘れない為に」様々な石碑を残しています。
例えば
■「碑文が語る土砂災害と闘いの歴史」
 NPO法人長崎県治水砂防ボランティア協会
 http://www.spchp.com/mapping/blog/42.nagasaki-pdf.pdf

■石碑の語る治水・利水・災害の歴史
 http://www.kasen.net/ishibumi.htm


私達には、今回の東北・関東大震災の惨事を未来の人達に警告する使命が有ります。
未来の人達が、同じ被害に遭わないように・・・
原発事故も、もしも過去の文献を想定して安全策を取っていたら・・・

●貞観津波想定を…
 産総研、09年に見直し迫る

 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110330-OYT1T00133.htm?from=main1
 東日本巨大地震が起きた震源域内では、約1100年前にも巨大地震が起き、
宮城―福島県沿岸部を中心に「貞観(じょうがん)津波」と呼ばれる大津波をもたらしたことが、
産業技術総合研究所などの調査で判明している。

 福島第一原発を襲った今回の津波について、東京電力は「想定外」(清水正孝社長)として
いるが
、研究者は2009年、同原発の想定津波の高さについて貞観津波の高さを反映して
見直すよう迫っていた。
しかし、東電と原子力安全・保安院は見直しを先送りした。

 869年の貞観津波が痕跡を残した堆積層が見つかったのは、
 宮城県石巻市から福島県浪江町にかけて。


海岸線から内陸3~4キロまで浸水していたことが分かった。
貞観津波の450年前に大津波が起きたことも判明。
貞観津波クラスが、450~800年間隔で起きていた可能性がある。

産総研活断層・地震研究センターの岡村行信センター長は同原発の想定津波の見直しを
迫ったが、聞き入れられなかったという。


●10m津波想定せず…全国54基、電源喪失恐れ
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110330-OYT1T00130.htm?from=y10

-------------------------------------------------------------------------------------
愚かで驕った現代人が、先人の過去からの警告に耳を傾けなかった人災です・・・ 

これから、被災地は復興に向けて徐々に動き出していきます。
急ピッチで進められていく中で、”その場凌ぎ”の復興であっては同じ過ちを繰り返す。
小さな市町村単位で、再生復興の防災デザインを描く事は困難だと思います。
万里の長城とも言われたあれ程の防波堤でさえも、いとも簡単に乗り越えてしまった
今回の大津波です。
今、出来得る限りの国内外の専門家の知能を結集して、国家レベルでの長いスパンでの
再生計画や防災デザインが必要だと思います。
首相が交代しようと政権が交代しようと、そんな事に影響されない復興計画が・・・

●88年前の復興院、後藤新平が主導 問われるトップの力量
 2011.3.28 22:58 (1/3ページ)
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110328/plc11032823000022-n1.htm
  plc11032823000022-n1.jpg
   後藤新平
   死の直前(1929年)に残した言葉

 「金を残して死ぬものは下だ。
           仕事を残して死ぬものは中だ。
                    人を残して死ぬものは上だ。」

 東日本大震災からの復興に向け与野党で「復興庁」や「復興院」を創設する構想が浮上
している。モデルは88年前の関東大震災で復興計画を立案した「帝都復興院」。
総裁は後藤新平(1857~1929)だ。
ただ復興院が機能したのは、組織もさることながら、力量ある後藤という政治家の存在が
あったからのようだ。

 大正12(1923)年9月1日昼の関東大震災で東京には焼け野原が広がった。
死者・行方不明者は10万5千人以上。
震災被害も収まらない2日夜に山本権兵衛内閣が発足し、救援と復興の責任者となったのが
内務相の後藤だ。

 教訓に富むのは、後藤がすぐに明確な方針を打ち出したことだ。
内相就任の2日夜、帰宅した後藤はただちに机に向かって復興根本策を書き上げた。
そこには「遷都はしない」「復興費は30億円」の項目とともに東京の改造が宣言されていた。

 「区画整理を伴う新都市計画実施のため地主に断固たる態度をとる」。
復興のためには決断が重要という後藤の考えがみえる。

 後藤の大胆さは「復旧」ではなく「復興」を掲げたことからもわかる。
12日には、「復興」を掲げた詔書が発せられた。

スピードも際だった。復興院発足(27日)は震災から1カ月かからなかった。

 復興院は、震災で再び大きな災禍を受けないよう東京を改造し近代的な首都を造ることを
目指した。震災で焼けた下町地区に大規模な区画整理を施す。昭和通りや永代通りなどの
幹線道路、歩道や公園、鉄筋コンクリートの小学校、同潤会アパートの整備も描いた。

 後藤は医師出身で衛生行政に詳しく、都市建設のエキスパートだった。
台湾総督府民政長官や南満洲鉄道初代総裁、東京市長、閣僚を歴任した後藤。
構想が大きく「大風呂敷」とも呼ばれたが、政官財界に「後藤派」と呼ばれる人脈が広がっていた。

 後藤の人脈も復興院を支えた。復興院建築局長は耐震論の権威で東京帝大教授の
佐野利器(としかた)、経理局長には戦後国鉄総裁として新幹線を推進することになる
十河(そごう)信二を起用。実力派の官僚、専門家を集めた。

 復興院の計画をもとに政府は大正12年12月に復興予算を提出。
衆院で多数派だった野党政友会が削減したものの復興予算は成立し、同年末から、東京市などの
協力で復興事業が始動した。
永田町では今、復興院論議が進むが、後藤のような人物がいるかどうかが問題だ。


●東京の骨格をつくった人 ~後藤新平が問いかけるもの~
 http://www.kankyo-info.net/machi/eco20070530.php 
 待望される後藤新平の精神

 彼の持論である「自治」という考え方も、検査と薬漬けの現代医学の中で新鮮に響いてくる。
 現在の地方「自治」とは意味が違うが、自分で自分の健康を管理し、自然治癒力を高める
 意味で、人間に本能的に備わっている能力であると説く。
 そして、「人のお世話にならぬよう、人にお世話をするよう、そして、報いを求めぬよう
 という「自治三決」という考え方を提唱した。
 さらに、「自治ができる人をつくろう」と、ボーイスカウト運動にも熱心だった。
 「金を残して死ぬものは下、仕事を残して死ぬものは中、人を残して死ぬものは上」と言い、
 継続的なまちづくりのために、人づくりの重要性を説いた。
 現在、あらゆる都市問題を抱えた世界有数の巨大都市、東京・・・・
 いまほど、後藤新平のような高い志と、雄大なプラン、強力な実行力を併せ持った人材が
 必要だと感じざるをえない

---------------------------------------------------------------------------------------
民主党は、この”後藤新平”の役目を

●全閣僚参加の復興本部設置へ…傘下に復興庁新設
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110329-OYT1T01122.htm
 政府は29日、東日本巨大地震被災の復興事業を総括する新組織として、
菅首相を本部長とし、全閣僚が参加する「東北地方太平洋沖地震被災地復興本部」(仮称)を
設置する方針を固めた。

 省庁横断の機動的な対応をする狙いがあり、関係法案を今国会に提出する。
担当閣僚として「復興相」を置き、
仙谷由人官房副長官か
松本防災相を起用する方向で調整している。


防災担当大臣の 松本龍 が「復興相」・・・
   matumoto0917_02.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E9%BE%8D_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)
福岡県福岡市出身。部落解放の父と呼ばれた松本治一郎の養孫。
実家は養祖父の代からのゼネコン・松本組。自身も顧問を務める。
部落解放同盟副委員長であり、人権擁護法案推進派。
日韓議員連盟常任幹事。


 高額所得者・国会議員編では
  2004年、2005年は2位 
  2008年は、国会議員でトップの8億4366万円(土地売却益など)
  2009年は2位・・・それでも8616万円

 http://hibikan.at.webry.info/201010/article_543.html
  *松本氏の総資産のほとんどが自身が所有する福岡市内の不動産で、7億3119万円に上る。
 このうち土地だけで6億7164万円を占め、大半は福岡県庁や福岡空港周辺に位置する。
 共有物件や貸地も多く、
 関係者は「親族からの相続で、本人が取引したものはあまりない」と説明。
 1億8100万円に上る借入金も「相続税支払いのため」としている。

 *松本氏は、部落解放運動指導者として知られる松本治一郎元参院副議長を祖父に持ち、
  父英一氏も元参院議員という世襲政治家。
  相続で得た土地が総資産の約9割に相当する。
  2008年の所得は国会議員トップの8億4366万円。
  土地・建物の売却で約7億7000万円を得た。
  売却がない年でも、貸地・貸家の賃料を4000万円前後計上している。

  松本氏の借入金残高は1億8100万円と、他の閣僚と比べてけた違いだ。
  同氏の事務所は、相続税支払いのため、りそな銀行から融資を受けたと説明。
  同氏は銀行の持ち株会社りそなホールディングスの株式を2万7609株
  (時価約1700万円)保有し、持ちつ持たれつの関係を構築している。
----------------------------------------------------------------------------------
養祖父の松本治一郎さんは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%B2%BB%E4%B8%80%E9%83%8E
 1907年(明治40年)に大連へ渡り、大道易者や偽医者として生計を立てる。
 1910年(明治43年)、日本総領事に強制送還されて帰国。

 1911年(明治44年)、土建業松本組を創業。
 配下には高松弥太郎などの九州きっての暴れん坊たちが揃っており藤田五郎の
 「九州やくざ者」では敵対した組の通夜の夜、殴りこんだ松本組が敵の家屋を瞬時にして
 「文字通りの」廃材の山としたとする記述がある。

●株式会社・松本組HPより
 http://www.matsumotogumi.net/outline/index.html
 株式会社松本組は、土木事業部、建築事業部、道路事業部、開発事業部の工事・営業部門と
 管理部門及び支店・営業所からなり、地元福岡を中心に各地で工事を行っています。
 お得意様は官公庁や自治体をはじめ、
 西日本高速道路(NEXCO西日本)、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)などの
 公的法人、九州電力、西日本鉄道などの民間企業など多岐にわたります

********************************************************************************
まあ!それなら松本龍さんは復興相に適任だわぁ♪
違う意味で・・・

「復興利権」なんていう新たな造語が生まれそうな気配・・・ 
              stick_figure_sitting_confused_sm_wm.gif
      真っ赤っか菅内閣・・・だめだ、こりゃ・・・

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 7

名無しさん

日本へ貸与されるタイ電力公社(EGAT)のガスタービン発電機(EGAT提供・共同)

 東日本大震災に伴う福島第1原発事故を受け、タイのエネルギー省と電力公社(EGAT)は29日、東京など首都圏での深刻な電力不足に対処するため、ガスタービン発電機2基と付帯設備一式を東京電力に5年間貸与すると発表した。発電施設を丸ごと移設する形で、2基で約24万4000世帯への電力供給が可能という。

 日本への搬送や施設の組立、点検などを請け負う三菱重工によると、ガスタービン発電機だけで1基約450トンで、これほど大がかりな設備を海外から移設するのは異例という。

 三菱重工の技術者らが29日から作業を開始し、4月末に搬出、5月中旬ごろ日本に到着する予定。設備は東京周辺に設置する見込みで、夏の電力需要の増加に対応できるよう、8月ごろまでの稼働を目指す



http://sankei.jp.msn.com/world/news/110329/asi11032918400001-n1.htm



タイと台湾の方角には足を向けて寝られません。

タイと台湾の皆様ありがとうございます

「語り部」として孫子の代まで語り伝えたいと思います。

2011-03-30 (Wed) 17:29 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

紙おむつを韓国人が買い占めて不足しているようですが韓国では口てい疫で水道水も飲料ままならない中、日本の水を買い占めて日本国内のペットボトル水不足になっている・・・ 
更に、韓国内でも飲料しない口てい疫汚染水を日本の東北被災地に送る。

被災地の皆様韓国産の水は飲まないで・

2011-03-30 (Wed) 18:04 | EDIT | REPLY |   

津波を逃れる為に

日本人は高台に住もう。

今度の震災で判明した事があります。

M9.0の地震でも、高台の家はびくともせず、海岸沿いの家は、たとえ鉄筋コンクリート製でも破壊された、という事です。

2011-03-30 (Wed) 18:24 | EDIT | REPLY |   

魚君

魚魚

南小林。
なつかしい。
xx年前、自転車で、門池の南側の道を、通って、
沼津高専に、通っていたぞ。
南小林の震災追弔の碑は、多分、見たことは、あっただろうが、当時、何の碑かは、気にとめなかったな。

要石神社のあたりは、小学校の時の遠足で、2回往復したぞ。

おいらが住んでいる沼津って。

魚魚。

2011-03-30 (Wed) 21:55 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

地震さえなければ、今頃はバ管直人は辞任、解散選挙でミンス大敗北のはずが、、
悔しいです

2011-03-30 (Wed) 22:51 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

新しい情報が入ったぜ!

前回、辻元の団体が被災地への救援物資を足止めしていた?の記事を書いたのだが

裏がとれていなかった。 

しかーし! たった今入った情報は現場に居合わせたと見られる人物orやり取りした人物からの投稿だ。

非常にリアリティがあり、つじつまがあう。 「慎重に」との声もあるだろうが載せます。



http://ameblo.jp/zero-one-neo/entry-10845955892.html

2011-03-31 (Thu) 00:12 | EDIT | REPLY |   

さくら

阪神大震災のあと、
復興事業を請け負ったのは、被災地外の業者が多く
その業者が下請けを連れてきたので、
神戸の建設業者の中には倒産した所もあります。
今回も同じことがおこるような気がします。
機械を流されたうえに仕事も回ってこないなんてことにならないように願いたいです。
小沢さんの奥様の実家もたしか東北のゼネコンだったのでは、、、
民主党の悪運の強さを断ち切りたい!。
佐々淳行の彼らが日本を滅ぼす、読みました。
日本人に与えられた試練を
次の世代のためにも乗り越えたいです。

2011-03-31 (Thu) 00:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply