大船渡市立猪川小学校、仮設住宅撤去終え自校校庭で念願の6年生最初で最後の運動会

★自校校庭で念願の運動会
 仮設住宅の撤去終え
 猪川小6年生

 Web東海新報 2616年11月26日 
 
https://tohkaishimpo.com/2016/11/26/139735/
(引用開始)
”最初で最後”思い出に/大船渡
(略)
現在の6年生51人は、
小学校に入学する年にに震災を経験。
入学以来、自校の校庭は使えず、学校の運動会は
近所の県立大船渡高校グラウンドで経験してきた。
 今回の親子レクは、そんな6年生に
小学校の校庭で運動会を経験させてあげたいと、
6年生PTA(小野寺政代表)が企画。
保護者らがこの日のためにプログラムの検討や
準備を進め、この日を迎えた。

(中略)
児童も保護者も、
自校の校庭で運動会ができる喜びにあふれ、笑顔。
”最初で最後”となる親子運動会を、
貴重な思い出としていた。


(続きはリンク先で)




★グランド復旧作業進む
 応急仮設住宅の撤去終えた
 5小中学校 大船渡市

 Web東海新報 2616年10月19日
 https://tohkaishimpo.com/2016/10/19/134801/




東日本大震災の甚大な被害と、
5年8ヶ月という歳月の重みと、
そこに生きる地元の人々の生活の営み、
復興への願い。
家族の大切さと郷土に対する思い等々・・・・

この記事から、様々な出来事が想像できて
深く、深く、考えさせられる良い記事です。
東海日報の、地方紙記者だからこそ可能な
地元の人々に寄り添う報道の意義を感じます。




5年8カ月、
私達は、薄れゆく記憶の中で3月11日を迎えるが
”フクシマ”というパラレルワールドではなく
福島という郷土の土を踏みしめながら
消せぬ記憶と哀しみと、希望の光を求めて
日々生きている人々の営みを忘れてはならない。












遠く離れた街で暮らす活動家が、
イデオロギーで、口先だけ心配した振りをして
福島に生きる人達の心を土足で荒らし、傷つける。

広島は”ヒロシマ”ではなく広島で、
長崎は”ナガサキ”ではなく、長崎で・・・
その土地で、生きて、守って、
復興に尽力した人々が創った歴史を、誇りを、
私は胸に刻んでいきたい。
その土地で生き抜いてきた地元の人達でなければ
解り得ない多くの事象や感情がある。

それを感じるか、感じないか・・・
ジャーナリズムの原点は、そこに在ると私は思う。










>今は24時間ニュースを伝えないと
 いけない状況になってる。
 ニュースがない日に
 ニュースが作れる人の才能が必要とされてる!
 今のマスメディアはそうなってる!


ニュースは作るものでは無く
ニュースが作れる人が
特別な才能を持っているのではなく
報道とは、
日々の営みの中で起きた事実を伝えるもの。
ただ真直ぐに、捻じ曲げることなく、
事実を事実としてのみ伝える。
それは、受け取る私達が必要な情報なのだから・・・

ジャーナリストだけが、
権力を監視する権力を持ち
特別な正義と使命を持ち
特別な才能を持っているのだと
勘違いをして奢っている人達よりも、


市井の人達の、
見たまま感じたままの呟きの方が
心を揺さぶる魂のこもった言の葉がある。






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

日本、ユネスコ分担金を保留、「南京」記憶遺産に反発か

★日本、ユネスコ分担金を保留 
 「南京」記憶遺産に反発か

 朝日新聞デジタル 10月14日(金)
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000016-asahi-pol
日本政府が、
今年のユネスコ(国連教育科学文化機関)の
分担金約38億5千万円の支払いを
「保留」している
ことがわかった。
昨年、中国が申請した「南京大虐殺の記録」が
記憶遺産登録されたことに対する反発が背景にある

とみられる。外務省は朝日新聞の取材に
「ユネスコの事業内容を精査し、
 適切に判断する」と説明している。

外務省の下川真樹太国際文化交流審議官が13日、
自民党の会合で、ユネスコ分担金について
「例年予算が成立するとすぐ支払ってきたが、
 今年はまだ支払っていない」
と明らかにした。

 ユネスコ分担金の支払いは加盟国の義務で、
各国の分担率は国連予算の分担率とほぼ同じだ。
2016年の日本の分担率は米国の22%に次ぐ
9・6%で、金額は約38億5千万円

米国はパレスチナの加盟に反発して
11年秋から分担金の支払いを止めており、
日本は実質的にトップだ。


  AS20161014000047_comm.jpg

 外務省によると、
これまではユネスコ側の要望も踏まえ、
おおむね当初予算成立直後の4~5月に支払ってきた。
分割して支払う年もあったが、10月になっても
支払っていないのは極めて異例。
世界遺産アンコールワットの修復費など、
任意拠出を約束している約5億5千万円も
支払っていないという。

(引用ここまで)




★ユネスコ分担金 日本拠出を留保 
 制度改善促す

 毎日新聞
 http://mainichi.jp/articles/20161014/k00/00m/010/070000c
外務省は13日の自民党の会合で、
日本が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対する
今年の分担金など約44億円を拠出していないことを
明らかにした。

昨年までは春ごろに一括で支払ってきた。
日本が反対する慰安婦問題関連資料の
「世界の記憶」(世界記憶遺産)への登録審査を控え、
日本が要求する制度改善を促す狙いがあるとみられる。

今年は分担金約38億5000万円、
任意拠出金5億5000万円を支払う予定だった。


日本の分担は米国に次ぐ2番目で、
2年間支払わないとユネスコ総会での投票権を失う。

昨年10月、中国が申請した「南京大虐殺」の資料が
日本の反対にもかかわらず登録されたことを受け、
菅義偉官房長官は
「政治利用されないよう制度の透明性を強く求めたい」
と述べ、ユネスコへの分担金や任意の拠出金の
停止・削減を検討すると表明していた。
慰安婦問題の資料は今年5月末に日中韓などの
民間団体が申請しており、来年審査される。

(引用ここまで)





★元社会党委員長の田辺誠らが創った
 南京大虐殺史がユネスコ記憶遺産に

 2015/10/10
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3815.html


★「南京大虐殺紀念館は日本人が建てた」
 に激震、「拡散しよう!」
 「歴史書の記述が覆る」―中国版ツイッター

 Record china 2013年12月17日
 http://www.recordchina.co.jp/a80643.html




>2年間支払わないと
 ユネスコ総会での投票権を失う


はあ?
毎年、巨額な分担金を支払っていても
中韓の政治利用の場になっているのだから
投票券が有っても、全く意味がない!
アメリカも、
2011年から支払いを停止しているのだから
日本も約44億円をドブに捨てる必要は無い。

日本の皇位継承に「女性差別」などと
口出しするような内政干渉機関に
大金を拠出するくらいなら、
サヨクさんは
「社会福祉に使え!」と叫ぶべきだが・・・

「アベシネ」や福島のデマを振りまいているこの人は



政権的エゴデモなんでも無いでしょ!
「やってもいない事」まで
「やった事」にされる記憶遺産なんてお断り。













>南京大虐殺紀念館に展示してる遺骨でさえ、
 記念館建設の当時は
 適当にどこのお墓で拾った、
 という噂があります。

 南京の友人から聞いたことです。
 例えDNA鑑定しても、何も検証できないから
 嘘がバレない。

 旧社会党(社民党)が捏造に出資した。
 そのお金は日本人の税金です。





日本人の税金を使って、反日工作をしてきた旧社会党。
「南京問題」だけでなく、「慰安婦問題」や「靖国神社参拝の
火付け役の片棒担ぎ
北朝鮮の日本人拉致問題では火消しに必死。


tanabef4550c2a.jpg

tanabe38b2ccff.png

tanabede5547a4.jpg

tanabe096579fd.jpg



★語られざる金丸訪朝団の謎 
 田辺誠死去

 反日はどこからくるの
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/tag/田辺誠









政治 ブログランキングへ

トランプ&ヒラリー夢のデュエット「Time Of My Life 」

米大統領選候補第2回テレビ討論会
トランプとヒラリーの画像が
日本では、まるでカラオケをしているようだと
Twitterで話題になっていたけれど・・・

皆さん、考える事は一緒でした。
それにしても・・・実際の討論会は
トランプの「卑猥な言葉」が問題になって謝罪
ヒラリーの夫のスキャンダルで応酬という内容に、
この曲で編集するとは、上手すぎる。



選曲が見事ですね
「The Time Of My Life」

和訳ブログさんから歌詞をお借りして・・・

トランプ
「いま俺の人生の最高の時を過ごしてるよ
 こんな気持ちになったことなんてなかったよ
 全て君のおかげだって本当に誓えるんだ」

ヒラリー
「それはあなたが同じ気持ちにさせてくれるからよ」

トランプ
「ずっと俺は待っていたんだ
 ついに俺のそばにいてくれる人を見つけられた」

ヒラリー
「私たちがこの魔法みたいなファンタジーを感じるように
 壁に描くのをみたわ」

二人で
「情熱に満ちた二人の瞳が
 二人の気持ちを隠せないことを物語ってる
 だからお互い手を取り合って
 もうすぐに起こることだってわかってるだろう 」







政治 ブログランキングへ

ノーベル医学生理学賞に大隅良典・東工大栄誉教授

★<ノーベル賞>医学生理学賞に
 大隅良典・東工大栄誉教授

 毎日新聞 10月3日(月)18時36分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000051-mai-soci
スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、
2016年のノーベル医学生理学賞を
東京工業大栄誉教授の大隅良典氏(71)に授与する
と発表した。
大隅氏は生物が細胞内でたんぱく質を分解して
再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる
現象を分子レベルで解明

この働きに不可欠な遺伝子を酵母で特定し、
生命活動を支える最も基本的な仕組みを明らかにした。
近年、オートファジーがヒトのがんや老化の抑制にも
関係していることが判明しており、疾患の原因解明や
治療などの医学的な研究につなげた功績が高く評価された。

 日本のノーベル賞受賞は、
14年に物理学賞を受賞した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏と
15年の大村智氏(医学生理学賞)と梶田隆章氏(物理学賞)
に続き3年連続の快挙となった。
受賞者数は、米国籍の故・南部陽一郎氏(08年物理学賞)と
中村修二氏(14年同)を含め計25人
(医学生理学賞4、物理学賞11、化学賞7、文学賞2、平和賞1)
となる。
授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、
賞金800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる。

 生物は飢餓状態になると、自らの細胞を作り替えたり
休眠状態になったりして乗り切ろうとする。
このことは、哺乳類の冬眠や、粘菌がアメーバ状態から
胞子を形成することなどを通じて古くから知られていた。
細胞の内部で自らのたんぱく質を分解する仕組みが
あることは1960年代に、
ベルギーのドデューブ(74年ノーベル医学生理学賞)が
マウスの臓器で見つけ、オートファジーと名付けていたが、
分子レベルでは未解明のままだった。

 大隅氏は東京大助教授だった88年、
微生物の一種・酵母を栄養不足で飢餓状態にすると、
液胞と呼ばれる小器官に小さな粒が次々とたまっていく
様子を顕微鏡で見つけた。
酵母が自らの細胞内にあるたんぱく質などを
液胞に運び込み、さまざまな酵素を使って分解する
オートファジーの過程だった。

 さらに93年、飢餓状態にしてもオートファジーを
起こさない酵母を14種類見つけ、正常な酵母と
比較することで、オートファジーを起こす遺伝子を突き止めた。
この遺伝子は酵母以外の動植物の細胞でも
相次いで見つかり、この分野の研究は大きく進展した。

 オートファジーは酵母のような単細胞生物から
ヒトなどの高等生物に至るまで共通して持っており、
生物が生き延びるための基本戦略となっている


近年はパーキンソン病やアルツハイマー病などに共通する、
神経細胞での異常なたんぱく質の蓄積を防ぐ働きを
していることが分かってきたほか、
がん細胞の増加や老化の抑制にも関与している
と考えられている。

 大隅氏の発見を機に、
年間数十本だった関連論文は今や同4000本にまで急増。
近年最も発展している研究領域の一つとなっている。

(引用ここまで)



★ノーベル賞  「苦労を見てきた」…
 大隅さんの共同研究者

 毎日新聞2016年10月3日 21時27分
 http://mainichi.jp/articles/20161004/k00/00m/040/053000c
















>80~90年代に基礎研究への支援が
 手厚かったから、今があるのだ


人気の”エース”的研究ではなく、
他人と違う事をやりたかったという大隅良典教授。
年間数十本だった関連論文が
今や年間4000本にまで急増・・・
如何に地味な基礎研究をコツコツとしてきたか
そうした研究にも、ご苦労が有っただろうけれど
予算が下りたということ。

「二番じゃダメなんですか?」と、うすら笑いを浮かべて
政治家が言い出すようでは、
 ren7400d9dc_201610040128229a9.jpg
一番どころか、
一生・・・二番にも三番にもなれないという事。




うちの旦那も、当初は基礎研究部門だったけれど
バブルがはじけて、円高が長く続くと・・・
儲からない会社は、徐々に体力は失われ
基礎研究部門の予算が削られていく。
夫と共同研究をしていた人は、見切りをつけて
会社を辞めてアメリカの大学に移っていったわ。

次世代の「種」は、儲けとは無縁な地味な研究に
落ちていることが多い。



勿論、芽が出ない種もある。
でも種を撒き続かなければ、花は咲かない。

そして、どんなに良い種を持っていても
土も水も栄養も無ければ芽は出ない。
手間暇かけてこそ、美しい花になる。

基礎研究の成果によって応用研究が産まれる。




★「科研費について思うこと」
 大隅 良典 東京工業大学 
 フロンティア研究機構 特任教授

 https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/29_essay/no78.html
平成27 年度に実施している研究テーマ:
「オートファジーの分子機構の解明と
 細胞生理学への統合」(特別推進研究


助手になって初めて科研費を貰ってうれしかった思い出も、
はるか昔のことになった。
もちろん、私も若い頃は研究費の綱渡りで苦しい思いをした。
自分では、いい申請書だと思っていても不採択の通知をもらい、
落胆していると秋に補欠採択の連絡が届き、交付申請書と
次の申請書をほぼ同時に書いたという経験を2度もしたのを
今もよく覚えている。
私の研究のほぼすべてが科研費に支えられてきたこと、
とりわけ近年は特別推進研究のサポートを頂いて
ここまで研究を進めることができたことに心から感謝している。


文科省、JSPSには、基礎研究を支えるべく科研費に
ついて様々な工夫をして頂いているが、
私が特に生命科学の領域の研究に関して、科研費の制度
について日頃思うことについて述べてみる。

 科学研究費“補助金”とは、
元来研究ができる環境が整った上で、さらに成果が
期待できる研究をまさに「補助」して支援する制度であり、
従って補助事業に資さない什器の購入などには使えない。
以前は講座費という形で研究費があったので、
科研費がなくとも最低限の研究を進めることができた。

これは研究の裾野が拡がるという大きな意味を持っていた。
しかし、昨今の国立大学法人等に対する
運営費交付金の削減と、予算の競争的資金化によって、
大学や研究所の経常的な活動のための資金が
極端に乏しくなってしまった。

運営費交付金はほとんど配分されないため、
科研費等の競争的資金なしには研究を進めることは
困難である。すなわち、補助金が補助金ではなくなり、
「研究費」そのものになっている。
さらに、研究科や研究所の経常的な活動の費用を
捻出するためには、競争的資金の間接経費が
重要な比率を持つようになった。


科研費の基本が個人研究であるという考えは、
一見妥当なように聞こえるが、実は問題点も多い。
例えば、競争的資金の獲得が運営に大きな影響を
与えることから運営に必要な経費を得るためには、
研究費を獲得している人、将来研究費を獲得しそうな人を
採用しようという圧力が生まれた。

その結果、はやりで研究費を獲得しやすい分野の
研究者を採用する傾向が強まり、大学における研究の
あるべき姿が見失われそうになっているように思える。


このことは若者に対しても少なからず影響があり、
今はやりの研究課題に取り組みたいという指向性が強くなり、
新しい未知の課題に挑戦することが
難しいという雰囲気をますます助長している

結果的に、次代の研究者はますます保守的になって
新しいものを生み出せなくなって
しまうのではないだろうか。


(続きはリンク先で)



昔、
何の種も蒔いていなさそうな自称科学者は呟いた・・・





暇そうだ・・・


トレンチコートを着て、電子レンジを使いながら
「軍事研究は悪魔の所業!」
とか言っていそう・・・





未来に種を撒くことを忘れたら、滅びていくしかない。

小学生レべルの学級崩壊状態の予算委員会では
研究者の嘆きの声は届かないのだろうなぁ・・・
この人達の給料を研究費に回したい!

下らない野次、
一人に付き1回50万円程を徴収して
各研究機関に寄付すれば?






どんなに困難でも
前に進もうとしなければ何も生まれない。
批判しているだけでは何も出来ない!
どうやってパイを増やすか、
どうやったら未来の人材を育てるのか、
そういう建設的な議論ができないのかね・・・






政治 ブログランキングへ

日本・ベルギー友好150周年、Le tapis de fleurs 2016のテーマ 【花鳥風月】

★2年に一度しか見れない
 ベルギーの『花の絨毯』 
 今年のテーマは・・・なんと日本だった!

 @Heaart - アットハート 2016/9/8
 http://heaaart.com/post/189312

 
j189312_ic.jpg

ベルギーの首都、ブリュッセルでは
1986年以降2年ごとにあるお祭りが開催されています。

場所はブリュッセルの中心地にある『グラン=プラス』
世界で最も美しい広場と言われており、
ヨーロッパの深い歴史を背負った場所でもあります。

この広場で2年に一度開かれるのが
『フラワーカーペット・フェスティバル』です。
80万輪以上のベゴニアで作られるのは、
横24m×縦75mものカーペットです。

(中略)
毎回、
様々なテーマを決めて並べられる絨毯ですが、
今年は我々に大きく関係するものがモチーフとなりました。

なんと、2016年の
フラワーカーペット・フェスティバルのテーマは…

日本 『花鳥風月』 です。

今年は、日本とベルギーが友好を結んで
150周年目の節目の年となります。

日本を表わす模様のカーペットは、
100名以上のボランティアによって作り出されました。
デザインは株式会社乃村工藝社のデザイナー、
鈴木不二絵さんが担当されています。

モチーフとなった『花鳥風月』は、
美しい自然の風景や、
それを大切にする風流などを意味しています


距離は遠くとも、
昔から関わりのある日本とベルギー。
これを期に、この国のことをもっと知ってみましょう♪


(引用ここまで)





★Le tapis de fleurs 2016
 arborera un design japonais

 http://bx1.be/bruxelles-ville/le-tapis-de-fleurs-2016-arborera-un-design-japonais/
tapis-de-fleurs-japonais.jpg


★日本・ベルギー友好150年、
 60万本のベコニアフラワーカーペット

 http://vipworks.net/interior/08-27-16-flower-carpet-brussels-grand-place2016.html
(引用開始)
巨大なフラワーカーペットのサイズは、
幅24メートル、全長75メートルにおよび、
一平方メートルあたり300本、
全部で60万本ものベコニアの生花が使用されています。

ベルギー出身のグラフィックデザイナー兼建築家の
Mark Schauteet 氏が実施設計を担当し、
鈴木不二絵さんのデザインに基づき制作が進められました。

四隅にデザインされているのは、
ブリュッセルの花「アイリス」と、「大天使ミカエル」の
マークだそうです。

belgium-flower-carpet-2016-designboom-02.jpg
 
■日本人デザイナー、
 鈴木不二絵さんへのインタビュー


鈴木さんは、ValuePress!でのインタビューで、
デザインの選出についてこう述べています。

”「花鳥風月」 とは、
 作品の中に美しい動植物や美しい風景など、
 自然に存在する美しいものたちを表現し、
 またそれらを愛し、重んじることを意味しています。
 このデザインで描いた、 ベルギーと日本で共通する
 「美しい自然」「美しい風景」を通して、
 ベルギーと日本の国交 150 周年の
 さらなる深い友好的なつながりと、
 今後の両国のよき未来を願い

 今回のために描き下ろししました。 ”


belgium-flower-carpet-2016-designboom-011.jpg

100人以上の園芸ボランティアが参加

カーペットの制作には、
100人以上の園芸ボランティアが参加し、
仕上げられたそうです。

鈴木さんのデザインをもとに、
グラフィックデザイナーが下絵を制作。

作業日の数日前に、ベコニアを埋めるための
穴が開けられた、原寸大の下絵付きのプラスチックシート
が広場に持ち運ばれ、その後、
100人以上のボランティアがいっせいに花が植え、
なんとこの巨大なカーペットが、
わずか4時間たらずで完成されたそうです。

(中略)
belgium-flower-carpet-2016-designboom-013.jpg

指示されたとおりのカラーのベコニアの花を、
一区画ごとに正確に、
パズルのような感覚で植えていきます。


        belgium-flower-carpet-2016-designboom-014.jpg

(続きはリンク先で)






★日本・ベルギー友好150周年
 http://www.be.emb-japan.go.jp/150jb/jp/index.html




こんな素敵なニュースを、
全く気が付かなかったなんて・・・トホホ。




★日本・ベルギー友好150周年、
 宮城・登米の神楽の舞

 http://giftstotheearth.com/?p=39089&page=2


今からでも間に合うイベント
★日本・ベルギー友好150周年 
 ベルギー近代美術の精華展

 http://www.museum.or.jp/modules/im_event/?controller=event_dtl&input[id]=86911
会期
 2016年9月3日(土) ~ 10月19日(水)

会場
 島根県立美術館


★ベルギー・日本友好150周年記念演奏会
 http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=35593&


★べルギービールウィークエンド東京 2016
 http://belgiumjapan150.jp/ja/events/belgian-beer-weekend-tokyo-2016
 六本木ヒルズアリーナ
 2016年9月16日〜25日


★美ベルギー・フォトキャンペーン
 http://www.ana-belgium.com/be_belgium/




来週、東京に行くけれど
ビールは飲めないからなぁ・・・
仕方があるまい、ダイエットしようと思ったが
【ひとり「日本・ベルギー友好150周年」イベント】
やることにしよう♪


 b1350971.jpg
 http://www.galler.co.jp/




政治 ブログランキングへ
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索