すかいらーくグループ魚屋路 「広島産」表示のかきフライ、韓国産使用でリコール

★魚屋路 「広島産」表示のかきフライ
 一部 韓国産使用

 リコールプラス 2016年12月16日
 
http://www.excite.co.jp/News/recall/20161216/Recall_31545.html
2016/10/20~12/12に回転寿司「魚屋路(ととやみち)」
24店舗で販売した「かきフライ」で、
それまで使用していた食材の情報に基づき
一部の表示で「広島産」としていたが、
食材の変更に関する社内の情報伝達に不備があり、
実際には韓国産かきを使用していたことが判明。

該当する利用者に返金する。(R+編集部)

【発 表 日】2016/12/13
【企 業 名】株式会社すかいらーくレストランツ
【 販売期間 】2016/10/20~2016/12/12
【キーワード】回転寿司、回転ずし、かきフライ、
 牡蠣フライ、カキフライ、かき、カキ、牡蠣、すかいらーく
【 ジャンル 】食品


★「魚屋路 」における 一部 食材 の
 原産地 表示 に関する お詫び

 株式会社すかいらーくレストランツ 2016年12月13日
 
http://www.skylark.co.jp/company/news/pdf/2016/161213.pdf





★【アメリカ】韓国産のカキを食べて
 3人が死亡 ノロウイルスによる食中毒

 2011/11/07
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-135a.html


★韓国産の牡蠣から人糞とノロウイルス、
 米FDAが市場からの排除勧告

 2012-06-21
 http://blog.goo.ne.jp/a3513866z/e/27a63a1c357ad723af481f0678976004


★牡蠣好きの人、要注意! 
 「韓国産カキの対日輸出、130%増 !」 
 海上トイレ効果か!?

 2015年7月 3日 (金)
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-135a.html




>一部の表示で「広島産」としていたが、
 食材の変更に関する社内の情報伝達に不備があり、
 実際には韓国産かきを使用していたことが判明。


産地偽装は昔も問題になった・・・

★カキと食中毒
 http://www.puni.net/~aniki/O157/patho/Sonnei.htm
2001年11月下旬から12月にかけて、
ソンネ型赤痢菌(Shigella sonnei)による全国規模の
diffused outbreakが発生した。
例年、海外渡航者を除く赤痢の感染者は夏場がピークで、
11月以降の冬場は毎月数人程度であった。
患者からの聞き取り調査の結果、「生食用カキ」が原因として
浮上し、厚生労働省は全国の自治体に対し、
生カキの流通状況の調査などを通知した。
2002年1月30日までに30都府県で160人の赤痢患者が
発生した。生食用カキから0.2 cfu/g(MPN法)の赤痢菌汚染が
確認され、110人の糞便由来株とPFGEパターンが一致した
ことから、原因食材は韓国産輸入カキであることが確定した。
2001年12月、韓国では、ソウル市内の業者が
納品した弁当が原因の大規模な赤痢感染事件が
発生しており、患者数も200名を超えていた。
この事件の原因となった株と、問題のカキ由来株も
同一のPFGEパターンを示している。
この結果を受けて、2001年12月28日、
韓国産生食用生ガキの輸入が禁止された。


 事件の発端となったのは、
山口県由宇町のカキ加工業者(川徳水産・かき芳)が
出荷した生ガキ
で、山口、広島、島根、鳥取の四県を
含む31都府県に出荷されていた。
2業者は同一輸入業者から韓国産生食用カキを
仕入れており、これを山口産カキと混ぜて、
「広島産」生食用カキとして販売していた。
 
1998年4月30日の韓国産生食用かきの輸入解禁後も、
2国間協定により大腸菌数などをもとに指定された
海域のものしか輸入できず
、それまで輸入された
生食用カキも指定海域で採取された韓国政府の証明書
が添付されていた。
カキ仲買業者らによると、生食用カキの卸値は
国産が20kgで2万6000円。韓国産は同1万6000円と
大きく異なる上、もともと国産カキから養殖されているために、
DNA分析でも区別がつかない。


 翌2002年3月、松島湾などで採れる宮城産生ガキに、
韓国産が不正混入されて販売されている可能性が
強まったとして、宮城県が流通ルートや不当表示などの
調査に乗り出すことを決定。
8月に結果が公表された。輸入カキは広島県や兵庫県
等の輸入商社を通じて、主に下関港等に陸揚げされ、
その一部が、宮城県に陸送されていた。
詳細調査を行った54業者中16業者が産地を偽装または
表示せずに販売を行っていた。
(引用ここまで)


★カキの産地偽装疑惑で
 農林水産省が調査に着手

 January 20, 2005
 http://chuchu.tea-nifty.com/foods/2005/01/post_6.html
カキ偽装疑惑 広島産の流通調査 近く宮城産も 農水省

韓国産カキを広島産と偽る産地偽装疑惑が
西日本で浮上している問題
で、
農林水産省は19日までに、JAS(日本農林規格)法
に基づき、広島産カキの販売実態調査に着手した。
偽装が疑われている韓国産を輸入している
広島県内の商社などから、
韓国産の輸入数量と販売先などについて既に
説明を求めたとされる。

韓国産を宮城産と偽装するため、宮城産の産地表示
レッテルが悪用された疑惑も指摘されており、
農水省は「宮城産」をめぐる疑惑についても近く調査に
乗り出すとみられる。  
商社は取材に応じていないが、取引先に
「韓国産を輸入販売しているだけだ。
 産地表示は加工業者の問題だ」などと話しているという。
(続きはリンク先で)


★「宮城産カキ」の出生地はどこ?
 January 01, 2005
 http://blog.livedoor.jp/wpj/archives/11638763.html
12月の初め、宮城県のカキ仲買業者から
「宮城県産カキ」産地表示レッテルが横流しされた
疑いがあるという報道がありました。
その後、宮城県側の自粛にも関わらず、
ナゾの「宮城県産カキ」が流通しているようです。

ここのところ、ノロウイルスによる食中毒が
流行っていますが、その原因として
しばしば挙がって来るのが季節モノのカキ。
本当の産地側から見ると、偽装表示のカキによって
濡れ衣を着せられるのはとても迷惑な話。
(中略)
■関東の業者も関与か 宮城産カキ
 産地偽装疑惑
(河北新報)[2005年1月1日]

 宮城産カキの産地表示レッテルが流用され、
韓国産の産地偽装疑惑が西日本で浮上したことに伴い、
宮城県内のカキ仲買業者の組合が原料のままの
県外転売の自粛を申し合わせた12月初旬以降も、
関東の水産加工業者によってパック詰めされた
「宮城産カキ」が大量に出回っていることが31日分かった。

この業者は
西日本の輸入業者を通して韓国産を仕入れており

組合関係者らは産地偽装の疑いを強めている。
(引用ここまで)


★韓国産カキ混入問題とその対応について
 http://tnfri.fra.affrc.go.jp/tnf/news64/akiyama.htm




2015年の韓国産牡蠣の対日輸出が130%増!
でも、「韓国産牡蠣」なんて商品は見たことが無い。
という事は・・・こうした「牡蠣フライ」などの
業務用加工調理食材に化けているのだろう。
http://www.tasucallshop.com/search/detail.php?prod=00000016618

でも、消費者は
「韓国産牡蠣フライ」なんて表示を見たことが無い。
不思議だよねぇ~~

以前、韓国産ミニトマトが輸入増となっているのに
スーパー等で「韓国産」の表示を見た事が無く
一体どこに消えているのだろう?????
という不思議な現象があったのだが、

それにしても・・・
株式会社すかいらーくレストランツ の「魚屋路」は
2016/10/20~12/12という牡蠣のシーズンに
「それまで使用していた食材の情報に基づき
 一部の表示で「広島産」としていたが 」

どのような理由で
韓国産牡蠣に食材変更をしたのかな????
2カ月近くも気付かなかったのはどうしてかなぁ?


   side_logo.png



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

「韓国産」を「愛媛産」に回転すし店チェーンの銚子丸が産地誤表記!? 腹痛で発覚

★「韓国産」を「愛媛産」に 
 回転すし店チェーンの銚子丸が
 産地誤表記

 産経新聞 2015.10.9 18:58
 
http://www.sankei.com/economy/news/151009/ecn1510090027-n1.html
1都3県で回転すし店チェーンを展開する
銚子丸(千葉市)は9日までに、
同社の回転すし店「すし銚子丸」の全88店舗で
韓国産ヒラメを「愛媛県産」と表記していた
と発表した。

 誤表記をしていたのは、9月27日~10月5日
同社によると、納入業者がこれまでの
国内産ヒラメではなく韓国産を納品したのに
同社に伝えず、「愛媛県産」などと書かれた箱で
納品したため
、そのままメニューに表記した。

 東京都江戸川区の「すし銚子丸南小岩店」で
食事をした客から5日に「腹痛になった」と苦情があり
提供した食品を詳しく調べたところ誤表記がわかった。

(引用ここまで)



「腹痛になった」と苦情があり
詳しく調べたら、韓国産ヒラメと発覚!
本当に、9月27日~10月5日の間だけ?


韓国産のヒラメから基準超の寄生虫 
 大分県が回収命令

 朝日新聞 2015年8月11日01時01分
 http://www.asahi.com/articles/ASH8B7KKJH8BTPJB01J.html
大分県は10日、同県豊後大野市の業者が
輸入した韓国産の生食用活ヒラメから
食品衛生法の基準を超える寄生虫
「クドア・セプテンプンクタータ」が検出された
と発表した。
県は輸入された3100キロ(2862匹)の
全品回収を同社に命じた。
県によると、食中毒を引き起こす一種だが、
今のところ健康被害の情報は寄せられて
いないという。

 県によると、ヒラメは5日に輸入。
検疫所が調べたところ、基準を超える
1グラムあたり170万個の寄生虫が含まれている
ことが10日に判明。
大阪、京都、福岡、長崎、佐賀、熊本、兵庫、奈良、
大分の2府7県の10業者に卸されていた。
詳しい流通先を調べている。

(引用ここまで)



★クドア・セプテンプンクタータ
 (Kudoa septempunctata) 
 粘液胞子虫類

 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/musi/29.html
(引用開始)
ヒトへの影響

クドア・セプテンプンクタータが多量
(およそ筋肉1グラムあたり クドア胞子数
 1.0×106を超えるもの)に寄生したヒラメを
生で食べると、食後数時間で一過性の下痢や
おう吐などの症状が起きます。
症状は軽度で、速やかに回復します。
(中略)

養殖場での対策

これまでの調査から、
クドア・セプテンプンクタータの寄生が確認された
養殖場等が存在する 海域は限定的であり、
養殖場等における寄生の拡大は、
クドア・セプテンプンクタータが寄生した種苗(稚魚)
の移動による可能性が 高いことが示唆されています。
(引用ここまで)


クドア・セプテンプンクタータ
 による食中毒

 http://nagata-s.jpn.com/blog/2015/08/12/%e3%82%af%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e9%a3%9f%e4%b8%ad%e6%af%92/
(引用開始)
日本でも食中毒の被害者を頻繁にだしている
韓国産ヒラメですが、
記事を見る限り、相変わらず汚染状況は
変らない模様です。

(中略)
5~6年前、魚類における食中毒事例の、
大半はヒラメが原因でした。

その状況を顧みて
、国立薬品食品衛生研究所が調査した結果、
クドア・セプテンプンクタータという寄生虫が
発見されました。

つまり、ヒラメに寄生している
クドア・セプテンプンクタータによる食中毒は、
10年前は日本に存在していなかった
(知られていなかった)わけです。

さらに、この寄生虫は
韓国の養殖ヒラメにしか存在していない
ことも判明しています。

こういった事実が明らかになったのが、
平成23年4月のことです。

(続きはリンク先で!)



「銚子丸」HPでは、簡単なお詫びだけ・・・
http://www.choushimaru.co.jp/shinchaku/index.html

でも、これって「誤表記」なんかではなく
「産地偽装詐欺事件」ですよね。
納入業者が、韓国産ヒラメを「愛媛産」の箱に
入れて納入したなら
「銚子丸」は納入業者を公表して、告訴するなり
法的責任を取らせるべき。

「誤表記でした!ごめんなさぁ~い」で済ませるなら
消費者は、納入業者と結託していたのでは?と
思いますよ!

そもそも、これだけ長期間に渡って
韓国産の養殖ヒラメから大量の寄生虫が
検出されているのに、
政府は、輸入禁止に出来ないのでしょう??

結局、民主党政権時のコレが原因


★日本政府が韓国産ヒラメの
 精密検査を免除、
 韓国は輸出拡大に期待

 サーチナ 2011/10/04(火)
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1004&f=national_1004_128.shtml
韓国農林水産検疫検査本部は4日、
日本政府が韓国産ヒラメに実施してきた
精密検査を、9月22日から全面的に
免除したと明かした。

複数の韓国メディアが報じた。

 韓国で採れたヒラメは日本に輸出される際、
精密検査が行われていたが、
通関に時間がかかり
検査待機費用が発生していた。

パク・ヨンホ本部長は、
輸出業界の負担が大きいことから
日本政府と話し合いを続け
検査緩和措置の合意に至ったと説明した。

 検疫検査本部側は、今回の検査免除で
日本にヒラメを輸出する時にかかっていた
年間49万7000ドル(約3800万円)の通関遅延料を、
削減できるとみている。

また価格競争の高まりにより、
日本国内で韓国産ヒラメの消費が増え、
輸出量が拡大するのではないかと
期待感を示した。

 パク本部長は、
「養殖水産物に対する管理を強化して
 国内養殖ヒラメの安全性を維持する」
とし輸出拡大に向け努力するつもりだと話した。

(引用ここまで)



納入業者は価格が安いから韓国産を仕入れる。
国内産と偽装すれば、価格差が丸々儲かる。
処分も甘いから、
やったモン勝ち・・・


例え症状は軽度だって
わざわざ嘔吐や下痢を起こす寄生虫入りの
ヒラメを食べさせられる消費者の身にもなれ!



TPPをやるなら、
相手国の輸出業者の負担軽減だの
輸入業者や業界の都合優先ではなく
消費者が安全な食品を選択できるように
輸入食品の徹底した検疫強化と
産地偽装した業者は営業資格はく奪とか
厳しい法的処分と罰金を課すべき。
1発レッドカードで退場でもいいよ!

消費者庁って、誰のために仕事してるの???


取りあえず、
「誤表記」なんて言葉は使うな!
食品偽装は、消費者に対する詐欺行為です。
被害者は「銚子丸」ではなく、
食べちゃったお客様。

回転すし業界全体が自浄しなさい!

これって、
偽装された愛媛県の養殖組合が
納入業者を刑事告訴出来ないの?
日弁連は、デモに明け暮れていないで
こういう事件に立ち無合うべきではないのかい?
日本の消費者の「人権」も守れっての!




政治 ブログランキングへ

中国アナゴ、国産と偽装・・・島根の会社に改善指示 

★中国アナゴ、国産と偽装 
 島根の会社に改善指示

 産経WEST 2015.10.1 14:37
 
http://www.sankei.com/west/news/151001/wst1510010054-n1.html
島根県は1日、中国産アナゴを国産と偽って
表示、販売したとして、食品表示法に基づき、
浜田市の水産加工会社「中村水産
表示の是正と再発防止を指示した。

 県によると、中村水産は少なくとも
今年8月6~31日に、中国産のアナゴ加工品
約886キロを「下関産」「島根県産」「山陰沖産」
「日本海産」と表示し、主に関西の問屋に販売した。

県の調査に対し
「要望が高い国内産が品薄だったので、
 中国産を入れてしまった」
と話している。

 商品は「穴子蒲丸2尾P」「穴子蒲焼M1尾真空」
「素焼穴子2尾P」などで、大半が業務用。 
7月13日に農林水産省の食品表示110番に
通報があり、偽装が判明。

県は中村水産が既に表示を改めたとして、
刑事告発はしないという。 

中村水産は取材に対し
「消費者に申し訳ない。関係先におわびするなど、
 今後適切に対応していく」と話している。

(引用ここまで)



処分が甘すぎると思う!

甘いから、食品偽装が後を絶たない。
発覚後表示を改めたからって
刑事告訴はすべきだわ。


★株式会社中村水産
 http://buzip.net/shimane/nakamurasuisan/president/
 代表 中村 勝平
 http://buzip.net/shimane/nakamurasuisan/president/


★穴子加工品の不適正表示に
 関するお詫びとご報告

 http://nakamurasuisan.sakura.ne.jp/nakamura/houkoku_01.pdf




★【あなごnews】
 穴子の価格が高騰しております

  2012年3月22日
 http://kobe-kaisho.jp/news/119
(引用開始)
今年は時化の影響と「上記の事由以外の事」から
価格が高騰しています。

「上記の事由以外の事」、
それは「韓国国内の需要の上昇」
「中国からの需要の上昇」

そして「うなぎの価格高騰による穴子への
代替え需要」が挙げられます。

韓国産穴子の供給傾向として、
まずは自国韓国内への需要を優先します。
近年、韓国の方も穴子を食べられる方が
増えたことにより
年々韓国内からの需要が
増加しておりますが、時化などの理由で漁獲高が
一気に減ると需要と供給のバランスが崩れ、
韓国内への供給で精一杯になります。

おのずと日本への供給がままならない
状況になりますよね。

これだけではありません!
中国の影響が更に拍車をかけているんです。

中国産穴子を中国国内で加工製造した
煮穴子(蒸し穴子)を日本へ輸入してくる
日本の業者さんが数社おられます。


ちなみに、この中国産煮穴子は
皆さんがよく食べに行かれる
回転寿司チェーン店でも出されています。


ところが、中国産、
最近中々漁獲高が上がらないようです。
こうなると韓国産穴子を求めてくる事は
当然の流れになりますね。
やがて中国パワーに圧倒されるのでは、
という危機感が日に日に増しております。
(引用ここまで)


★穴子の産地はどこでしょう??!!
  2015年6月29日
 http://kobe-kaisho.jp/news/520


★【回転寿司】5大チェーン店の
 原産地比較【中国産】

 http://matome.naver.jp/odai/2135749123000671901




★穴子(あなご)の生態
 Umidas 2012年8月26日
 http://umidas.net/true_story/ecology-of-conger/
(引用開始)
アナゴの輸入は、遠くはチリ、オーストラリアから
もありますが、
希少価値が高く高価な国産のものを省き、
ほぼ中国産と韓国産がシェアを占め、
これらは脂が乗っていて非常においしい。
中国産は昔「質の悪い加工品」と問題視されたが、
日本の高い加工技術により現在は非常に
質が高いので安心です。
また、
韓国との取引はあまり知られていませんが、
中国との取引よりも歴史が長く、
日本の指導などによりその品質は非常に高く、
水産業界の間では親しまれている。

(中略)
*日本産のおいしいアナゴもあったが、
  最近は輸入モノが大半


古く、昔からアナゴは日本の食卓に並んでいました。
昔は、東京、愛知、兵庫、島根、長崎など、
日本でもいろいろな地域でアナゴは獲られましたが、
採り尽くされてしまいほとんど流通して
いないのが現状です。
また、アナゴの稚魚は高知県では古くから
「のれそれ」と呼ばれ、お寿司の巻きずしや
土佐酢にくぐらせて踊り食いにするという
高級食材として親しまれてきたのですが、
これの乱獲で稚魚が激減したとも言われています。

(引用ここまで)



ほとんど流通していない希少価値が高く
高額な国産アナゴ。

中国産のアナゴ加工品 約886キロを
「下関産」「島根県産」「山陰沖産」
「日本海産」と表示して問屋に卸すって・・・


>品薄だったので中国産を入れてしまった

そんなレベルの話ではなく、
国産と偽装して、価格差を懐に入れるビジネス?
それとも、周りも承知の上のビジネス?




★岡山でアナゴの産地偽装疑い
 「栄光水産」 経営者夫婦を逮捕

 2013-11-09
 http://blog.goo.ne.jp/suisan_scandal/e/13d1e832cc66f92b25358c605405bbc1


★韓国産アナゴを「国産」、
 社長に罰金50万円

 2013年11月26日 
 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385456616/-100
韓国産アナゴを国産と偽って販売したとして、
岡山区検は25日、岡山県瀬戸内市邑久町
北島の魚介類販売会社「栄光水産」社長の
山下寿幸容疑者(57)と法人としての同社を、
不正競争防止法違反で岡山簡裁に略式起訴した。

同簡裁はそれぞれに罰金50万円の略式命令を出し、
山下容疑者は即日納付した。

起訴状などによると、
同社と山下容疑者は7月下旬~8月下旬、
瀬戸内市のJA岡山農産物直売所「産直市場おく」で、
韓国産のアナゴ2パックに「焼き穴子(国産朝焼き)」
などと 印刷したラベルを貼り、
計1160円で販売した、とされる。

一方、同法違反容疑で5日に逮捕された山下容疑者
の妻(48)については、区検は 「関与が従属的」
などとして、不起訴(起訴猶予)とした。
(2013年11月26日17時44分 読売新聞)



★偽装アナゴ「硬くて」バレた 
 韓国産を長崎産と表示

 朝日新聞 2009年11月29日
 http://www.asahi.com/special/071031/OSK200911280193.html




こんな事例も・・・

★月初に倒産。社長豪遊!?
 想像です アナゴ屋さん

 2015年03月17日
 http://fanblogs.jp/kachiyou8/archive/85/0


私は、
「国産〇〇」という表示ラベルを見ると
「国」の表記前に””とか””とか””とか
脳内変換してしまうクセが付いてるわ・・・



政治 ブログランキングへ

台湾に広がる下水油問題、有名油脂メーカーも・・・

★台湾に広がる下水油問題、
 235社が原料として使用―香港メディア

 Record China 9月8日(月)8時3分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000010-rcdc-cn
  t201109150230000view.jpg

6日、香港・大公網は記事
「台湾に広がる地溝油騒動、
 235社が毒油騒動に巻き込まれる」
を掲載した。
廃油や家畜の内臓から作った劣悪な油が
台湾市場に出回っている。
写真は安徽省合肥市の違法地溝油工場

地溝油(日本語では下水油)とは
使い古しの食用油の再利用、家畜の内臓や
皮革などから抽出した油、残飯などから抽出した
油の総称。
中国本土ではたびたび摘発され、
重大な食品安全リスクとなっている。


この地溝油騒動が台湾にも上陸した。
台湾では●水油(腐った油の意、●は飲の左に曳)
と呼ばれている。
台湾での●水油問題発覚は約30年ぶり。
強冠社は使い古しの食用油や家畜の内臓や
皮革から抽出した油をラードにまぜて水増しして
販売していた。

これまでに食品メーカー235社が原料として
購入していたことが発覚。
問題製品の流通量は700トンを超えると
推計されている。

騒動に巻き込まれた企業は
製品回収、返金などを進めているが、
世論は企業や行政の確認不足を指摘しており、
騒動はさらに拡大する勢いだ。
(引用ここまで)


中国・台湾
 数百トンもの「地溝油」を押収 
 知名な企業も巻き込まれた!

 新華ニュース(2014年9月8日07時20分)
 http://news.infoseek.co.jp/article/xinhuaxia_46103
(略)
台湾の警察当局は調査により、
郭容疑者ら6人が台湾・屏東、高雄などで
闇の食用油工場を経営し、
下水油などの廃食用油を原料に精製食用油を
加工していた。
同時に台湾の知名な油脂メーカー、
強冠企業
も市場価格を下回った価格で
郭容疑者から上記の粗悪な食用油を購入し、
「全統香豚油」に加工して販売していた
ということが判明した。

同日、台湾の食品医薬品監督管理機関の
関係責任者の話によると、郭容疑者らが生産した
粗悪な食用油のうち、242トンが強冠企業に
購入されたという。
強冠企業は約3:1の割合で782トンの
精製食用油を加工した。
高雄市衛生局は、強冠企業の問題ある
「全統香豚油」を2934瓶押収した。
  ta640_7976d5b4b1c77bc60b49ce716476cd81.jpg

強冠企業の葉文祥社長は
「サプライヤーが生産したのは
 粗悪な食用油であることを全然知らなかった」

ことを強調した。同社は、「全統香豚油」が
すでに4万8500瓶売り出されたと声明を出した。

事件が暴かれた後、
台湾の知名な食品メーカー、味全食品工業
「4月から、強冠企業が生産した
 『全統香豚油』を原料に加工された
 肉味噌、肉のでんぶなどの食品
を、
 進んで商品棚から下ろす」
と発表した。

台北市衛生局の報道官によると、
調査により、強冠企業が生産した問題ある製品は
まだ学校には流入していない。
しかし、軽食店や屋台に流れた可能性は
大きいという。
(引用ここまで)



中国本土ではたびたび摘発され、
 重大な食品安全リスクとなっている。


★え!中国では下水溝から
 食用油が作られる?
 大量の農薬も含まれ
 人体への悪影響必至

 北村 豊 2006年12月15日(金)
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20061214/115674/


★下水から作る「再生食用油」
 を根絶せよ!
 中国全土で年間200万~300万トンが
 調理に使われている

 北村 豊 2010年3月30日(火)
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100326/213635/?rt=nocnt
 

★中国で下水の廃油1万トンを
 食品転用騒動 
 報じた記者殺される

 NEWSポストセブン 2011年10月10日(月)
 http://news.nicovideo.jp/watch/nw127121


★中国での外食は危険!
 中国の地溝油がやばい 
 下水から作る「下水油」
(観覧注意)

 http://matome.naver.jp/odai/2134144889670935901



★台湾の“地溝油”騒動
 「日本ではあり得ない話」
 =環境省研究員

 中央社フォーカス台湾 2014年09月06日14時48分
 http://news.livedoor.com/article/detail/9225753/
 daf80_1290_87f5a429_e5a31f0f.jpg


★中国製猛毒食用油
 “地溝油”が日本にも上陸中!?

 2012/04/19
 http://www.weeklyworldnews.jp/?p=2466
 chinatimg_3.jpg
(略)
ところが、この脅威的な事件の影響は
中国国内にとどまらないのだという。

「今後は日本にも上陸していく、
 いや…もう上陸しているかも知れません。
 今回摘発された工房からは、食用油以外に、
 レトルト食品や火鍋用の調味料スープとして
 ビニールの小袋入り加工済みのものも
 大量に発見された。

 製品の大半は市場に出回っているらしく、
 一部は日本や韓国に輸出されている
 可能性もあると言われています」前出程氏

 何とその恐怖の地溝油が日本にも上陸すると!
でも、日本のキビシい食品検査を、
そんな毒油が通過できるとは思えないが…?
「甘いですねぇ(苦笑)。
 実は中国国内では、地溝油が最も恐ろしいのは
 油そのものより、加工された調味料となった
 状態のものと言われています。
 インスタントラーメンにフライ菓子。
 誰もが知らない間に毒油を摂取している
 となれば恐れられるのも当然でしょう」
前出程氏

 ステルス地溝油!
知らない間に国境を超えた日本人も
食べてしまうおそれが在ると!
「中国で一番深刻に論じられているのが
 原価の安いインスタントラーメンです。
 しかも危険なのは検査の目が入りやすい
 フライ麺等ではなく、ビニールの小袋詰めに
 された調味スープです。
 味の決め手となる調味スープはレシピの
 秘密もあって、大手メーカーでも内容物を
 詳細に示さないのが通例。
 ステルス地溝油の温床といわれています」
前出程氏
(引用ここまで)



2012年2月
中国の最高人民法院、最高人民検察院、
公安部が連合して、
「地溝油」関係者に対する最高刑は
「死刑」を適用する
、と決定したそうです。

★中国に深く広く蔓延する地溝油、
 ついに最高刑死刑の方針へ

 2012-03-06
 http://ameblo.jp/kawai-n1/entry-11184382331.html
 取り締まってもなくならず
中国の公共機関食堂、一般飲食店にまで
深く浸透していまっている「どぶ油」、
すなわち地溝油に、スターリニストどももついに
しびれをきらして取締りに乗り出すことになった。
(中略)
 最高人民法院(日本の最高裁に相当)、公安省
などが、去る2月24日、地溝油の製造、販売に対し、
最高で死刑を適用するとの通知を発表したのだ。
(中略)
この通知によると、
刑法第144条の「有毒、有害食品罪」を適用するなど、
具体的な法的根拠を明確化し、地溝油の生産・販売
だけでなく、
地溝油の疑いのある油を販売した犯罪
にも厳しい刑を科すよう定めている。

悪質性や生産販売の規模などから
「国家と人民の利益に重大な損失を与えた」と
判断した場合は、死刑を適用する
――のだそうだ。
(中略)
また、地溝油の取締りを行う側、
すなわち公安警察についても、収賄などの職権乱用
の犯罪行為に及んだ場合には刑事責任を問うことも
明記した。わざわざ明記したことからも、
違法な密造・販売業者らが公安や地方党幹部と
結託していることが読み取れる。
これほどスターリニストどもがしゃかりきに
なっているのは、
地溝油が放置できない規模にまで
広がっているからだ。
そしてそれが中国各地で社会不安を煽っている。

(中略)
買う方も売る方もボロ儲けの構図
(続きはリンク先で)



ta640_c4daf60018321eb639daf539be0ad753.jpg

まだまだ収まりそうにない
台湾の地溝油騒動・・・

味全食品って、
日本のスーパーでも置いてあるよね・・・
去年もこんな事件があった。

★台湾では食用油の表示偽装、
 詐欺容疑で食品大手会長を聴取

 2013.11.7  
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/131107/chn13110712550007-n1.htm



お花畑の皆さん、
「やっぱり、韓国旅行に行くわ♪」
なんて思っていませんか?
そうは問屋が卸さないwww

★輸入豚肉を踏んで伸ばして「国産化」、
 畜産業者を摘発

 朝鮮日報 2014/09/05 10:10
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/05/2014090501228.html
韓国農林畜産食品部(省に相当)傘下の
農産物品質管理院に先ごろ、京畿道の陸軍部隊内の
部隊会館で提供されている「国産」のサムギョプサル
(豚バラ肉)は、実際には輸入品のようだとする
情報提供が寄せられた。
部隊会館は面会に訪れた将兵の家族が
食事を取る食堂だ。

 農産物品質管理院の取り締まり担当職員は
この部隊会館にサムギョプサルを納品している
畜産業者に対し、立ち入り検査を行った。
職員がこの業者の事務所を訪れたとき、
内部では輸入もののサムギョプサルを
踏んで伸ばしている最中だった。
サムギョプサルの長さが韓国産の方が
輸入品よりも長いことを利用し、
輸入品を国産に偽装していたのだ。


 この業者は肉を伸ばしただけでなく、
包装する際に輸入品を下に、国産を一番上に
乗せ、消費者を巧妙にだましていたことが
明らかになった。

 農林畜産食品部は秋夕(中秋節、今年は
9月8日)を前に、先月半ばから今月2日にかけ
食品の原産地偽装を取り締まった。
1万6495カ所の食品業者・食堂を調査し、
原産地を正しく表示していなかった264の営業所と、
原産地を表示していなかった114の営業所を
摘発したという。

 摘発された業者の中には、
住宅街に機械関連会社を思わせる「精密会社」
という看板を掲げ、早朝に輸入豚肉を国産として
包装し直し、販売していた業者もあった。

孫振碩(ソン・ジンソク)記者



悪党ばかりだ・・・



政治 ブログランキングへ

イオングループのミニストップの弁当、国産に偽装の中国米混入か

★ミニストップの弁当、
 国産に偽装の中国米混入か

 読売新聞  8月30日(土)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20140830-OYT1T50040.html
 三重県四日市市の米穀販売会社
「三瀧(みたき)商事」(清算手続き中)による
コメ偽装事件で、
コンビニチェーン「ミニストップ」(本部・千葉市美浜区)
は29日、東海地方の店舗で国産米に偽装した
中国産米が混入した商品を販売した疑いがあると
明らかにした。

 同社によると、偽装米を使用した疑いがあるのは
愛知、岐阜、三重3県の全店舗と静岡県の一部店舗
2009年2月~13年9月に
販売された弁当やおにぎりなど。

(引用ここまで)


★中国産の偽装米混入の疑い
 =ミニストップ

 時事通信 8月30日(土)19時0分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00000071-jij-bus_all
 コンビニチェーンのミニストップが
愛知、岐阜、三重、静岡4県で販売したおにぎりなどに、
国産米に偽装した中国産米が混入していた疑いが
あることが30日、分かった。
 中国産米を混入させた疑いで元社長らが逮捕された
三重県四日市市の米穀販売会社、
三瀧商事(会社清算手続き中)の米を使用していた。
レシートがあれば該当商品の購入者に返金する。

 中国産米が使われた疑いがある商品は、
2009年2月から13年9月まで、
4県の約500店舗で販売された。

 ミニストップは13年9月、
偽装米を使っていないと発表していた。
しかしその後の調査で混入した可能性が
高いことが分かったという。
(引用ここまで)


★ミニストップ
 中国産の偽装米混入の疑い

 NHK 8月30日 19時35分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140830/k10014210501000.html
  K10042105011_1408301327_1408301328_01.jpg
(略)
精米作業を「三瀧商事」に委託していたことから、
精米された米が納入される過程で混入した
可能性がある
としています。
ミニストップは去年9月、
「三瀧商事」による産地偽装が発覚した際、
 使用していた米に問題はなかった
と説明していましたが、警察などの指摘を受けて
調べ直した
結果、疑いが分かったということです。
(略)
一方、名古屋市に本社があるコンビニエンスストア
「ココストア」も、
おととし11月から去年9月にかけて
愛知、岐阜、三重、静岡の4つの県の、
合わせておよそ90の店舗で、
国産米と表示して販売した、おにぎりなどの商品に、
中国産の米が混入していた疑いがあると発表しました。
「ミニストップ」と共同で
「三瀧商事」から米を仕入れていたためだ
ということです。
(引用ここまで)



関連記事
★【イオン偽装米】
 「三瀧商事」が”倒産”で逃亡

 2013年10月11日
 http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54635556.html
(略)
先月末ごろ、ショッピングモールやストアなどを
手がける大手流通「イオン」のお弁当やおにぎり
などに 「国産米使用」と表記しながら、
実際には「中国米」が多量に入っていたことが発覚。

イオンは
米の納入業者が「三瀧商事」であることを明かし、
混入時期は昨年12月から今年9月までで、
規模は西日本を中心に2府21県におよぶ
イオンやダイエーなど674店と

当初発表していました。

その後、農林水産省がにJAS法
(「農林物資の規格化及び品質表示の適正化
に関する法律」)に基づき、
「三瀧商事」に立ち入り検査を実施。

今月4日、同省は「三瀧商事」が
2005年から偽装米の不正を行っていた
と発表。
愛知、岐阜、三重、滋賀、大阪の5府県の
67業者(業者名は明かさず)に
偽装したコメを卸していたこと、

安価な品質の低い加工用米を袋詰めし、
「新潟魚沼産コシヒカリ」などの高級ブランド米
の名前を偽り、
この3年間で仕入れた加工米845トンの大半が
このように偽装されて流通していたとみられる
ことを明かし・・・
(引用ここまで)



ミニストップの公式HPより
★ミニストップはここが違う!
 http://www.ministop.co.jp/corporate/franchise/different/aeon_group.html
特長3:イオングループ

ミニストップは、
イオン株式会社を中心に
国内外180の企業で構成される。
小売企業グループ
「イオン」の一員です。


イオンのプライベートブランドである
トップバリュの取扱いをはじめとする商品戦略
物流網の活用などで、スケールメリット
追求していきます。


また新たな事業やインフラの開拓など様々な分野で、
グループシナジーを活かすことが可能となります。



★ミニストップ、ココストア、
 3000品目を共通化、
 イオンPBも導入。

 日本経済新聞  2013年2月13日
 https://messe.nikkei.co.jp/fc/news/120267.html
イオングループの
コンビニエンスストア、ミニストップと、
提携先のココストア
商品を共通化する。

ココストアは店内調理品を除く全3千品目を
仕入れ先も含めミニストップ側と統合し
イオンのプライベートブランド(PB=自主企画)
商品も導入する。
(中略)
 ココストアはまず4月までに中京や東北の
約140店で、弁当、デザート、雑貨、書籍など
約3千品目の仕入れ先をミニストップと共通化する。
これに伴いミニストップの仕入れ先である
15社の問屋・協力工場と取引を始める

2年以内に近畿、関東も含めたココストア全店
(傘下の「エブリワン」業態含め全750店)で商品を
共通化する。
(略)
4月までにイオンのPB「トップバリュ」(約150品目)の
冷凍食品や日用品も新たに導入する。
主婦層に人気のあるトップバリュを導入することで、
新たな客層を呼び込む狙い。

(略)
ミニストップとココストアグループは
2012年夏に資本・業務提携し、
互いに約10%の株式を持ち合う。

(続きはリンク先で)


■ココストア、共栄会秋の展示会開催 
 ミニストップとの提携を機に
 積極的に店舗展

 日本食糧新聞  2012/09/17 日付
  http://news.nissyoku.co.jp/Contents/urn/newsml/nissyoku.co.jp/20120917/YOKOYAMA20120911043126949/1?tw=%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2&fo=2&category=&industry=&1y=2011&1m=06&1d=10&2y=2013&2m=06&2d=10&g=on&h=on&n=on&k=on&mlc=20&si=0

■ココストア共栄会、春の商品展示会開催 
 イオン系PBの提案目立つ

 日本食糧新聞 2013/03/18 日付
 http://news.nissyoku.co.jp/Contents/urn/newsml/nissyoku.co.jp/20130318/YOKOYAMA20130312111420980/1



各社は中国産米混入時期を・・・

・ミニストップ
 (1980年5月21日 - ジャスコ株式会社
  (現:イオン株式会社)の出資により会社設立)
 2009年2月~2013年9月

・ココストア
 (1998年11月10日 -
   ミニストップはココストアの関連会社、
  イズミックと物流システム開発などで
  業務提携を締結
  2012年8 月にミニストップとの商品、物流、
  システム各分野の業務提携に基本合意)
 2012年11月~2013年9月

・イオン
 ダイエー

 (2007年3月9日 - 丸紅、イオン及びダイエーの
  3社間での資本・業務提携合意を発表
  2008年3月20日 - 『トップバリュ』の本格導入を開始
  同年12月1日 -業務提携後初めてイオングループの
  ショッピングセンターに入居
  2013年4月15日 - 同日付でイオンリテール株式会社
  代表取締役会長の村井正平が顧問に就任。
  同年5月22日に代表取締役社長に就任)
 2012年12月~2013年9月

と、発表している。
 
★リコール自主回収
 イオン&農林水産省
  「三瀧商事の中国産米お弁当」

 http://www.42partners.jp/リコール-自主回収情報/リコール自主回収-イオン-農林水産省-三瀧商事の中国産米お弁当/ 
 イオングループ674店舗のお弁当等に
中国産米が混入していた問題について、
農林水産省の立ち入り検査の結果、
三瀧商事がジャパンゼネラルに産地偽装を
指示していたことが判明。
さらに米国産米の使用、主食用では使用できない
加工用米の混入の可能性が判明

【毎日新聞 2013年10月05日 中部朝刊】

「三重県四日市市の米穀販売「三瀧(みたき)商事」が、
流通大手イオン(千葉市)の納入業者などに
産地や用途を偽装した米を納入していた問題で、
三瀧商事が主導した偽装の手口は、
関連会社や取引会社を巻き込んだ複雑で巧妙なもの
だったことが、農林水産省や三重県などへの取材で分かった。
犯罪組織が非合法に得た資金を浄化する
マネーロンダリングのように、
外国産米などを国産の主食用米に
書類上で変身させる「ライスロンダリング
ともいえる手口。

偽装米は国内で過去最大の約4386トンに
上るとみられ、県担当者は「極めて悪質」としている。
(中略)
 ionimage.png
(全文はリンク先で)


★幹部「イオンに指定された国産米が
 足りずに中国産を使った」
 ―5府県67業者に販売…
 コメ偽装の三瀧商事、05年から不正

 中国新聞 2013年10月05日
 http://www.watch2chan.com/archives/33677393.html
農林水産省は4日、外国産米が混じったコメを
国産米として販売していた 三瀧商事
(三重県四日市市)などが、愛知、岐阜、三重、滋賀、
大阪の5府県の 67業者に偽装したコメを卸していた
ことを明らかにした。
業者名は公表していない。

三瀧商事が菓子などに使われる加工用米845トンを
主食用米として販売していたことも判明した。
同社は農水省に不正行為を
「2005年からやっていた」と話している。

 三瀧商事の販売先のうち2社は
名古屋市の加工業者で、弁当やおにぎりなど
4477万個を大手スーパーのイオンなどに提供した。
イオンは西日本中心に約670店舗で
「国産米」と表示し販売していた。
そのほかの65事業者は主に小規模なスーパーなどの
小売店で、 三瀧商事から仕入れたコメを精米して
販売するなどしていた。

農水省は
「安全性に問題があるコメが流用された
 という事実は確認されていない」とし、
偽装米を食べても健康面の問題はないと説明。
一方で組織的で悪質な行為とみて、
不正競争防止法違反などでの刑事告発を検討している。

三瀧商事の幹部は4日
イオンに指定された国産米が足りずに
 中国産を使った
と述べ、
法律違反を認識していたことを認めた。
昨年8月に死去した前社長の指示で
偽装を続けていたことも明らかにした。

農水省は、三瀧商事と子会社が、偽装行為で
10~13年に少なくとも 計約1億2400万円の
利益を不正に得たとみている。
(引用ここまで)



イオングループのミニストップ
平成21年(2009年)2月から
平成25年(2013年)9月にかけて

愛知、岐阜、三重、静岡の合わせて
およそ500か所の店舗で販売したおにぎりなど、
国産米として販売した商品の中に
中国産の米が混入していた疑いがあると発表・・・

事件が発覚した直後、
イオングループのミニストップは何故
使用していた米に問題はなかった
偽装米を使っていないと発表したのだろう????



政治 ブログランキングへ
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索