中国公船・海警局2隻が青森沖領海内に侵入。中国にとって北極海戦略・核戦略において重要な津軽海峡

★中国公船が青森沖領海内に侵入
 海警局の2隻、海保初確認

 共同通信 2017/7/17 22:19
 
https://this.kiji.is/259639338465297909?c=39546741839462401
第2管区海上保安本部(塩釜)によると
17日、青森県沖の領海内
中国海警局の船2隻が航行しているのを
海上保安庁の巡視船が確認した。
2管本部は、この海域で中国公船の
領海侵入を確認したのは初めてとしている。


2隻は今月15日に九州北部沖で領海に
侵入したのと同じ船で、
2管本部が警戒を続けている。
 2管本部によると、17日午前8時5分ごろから
20分ごろにかけ、海上保安庁の巡視船が
青森県の艫作崎沖の領海に海警局の船2隻が
侵入したことを確認。
海保が無線で注意を呼び掛け、2隻はいったん
領海を出たが、約2時間後、
津軽海峡の竜飛崎沖の領海に再び侵入した後、
領海を出た。

(引用ここまで) 


chinzDE8OCdYV0AEmfBs.jpg


★中国海警局の船が
 九州北部の領海侵入、
 日教組「自衛権は許さない!」

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5019.html




★尖閣問題でも使われる
 中国が好む「サラミ戦術」とは?

 岡崎研究所  2013年9月2日
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3115
8月6日付米Washington Times紙にて、
地勢戦略家のBrahma Chellaney在ニューデリー
政策研究センター教授は、
中国は周辺国に対し、小さな行動を積み重ね、
いつの間にか相手国が領土を失わざるを
得ないような戦略をとっている

と述べています。
 すなわち、中国の好む国境戦略は
サラミ戦術である。
それは、小さな行動の積み重ねで、
時間の経過と共に、中国に有利な戦略的環境に
変化しているというものである。
中国の戦略は、密かな侵略によって
標的国の抑止計画を混乱させ、
有効な対策をとることを難しくして、
その国の選択肢を著しく制約することを
狙うものである。

 中国は、行動を幾つかの部分に分け、
それらを別々に追求し、最後には個別の部分が
一体となるように上手く図っている。
その結果、相手は不意をつかれ、
どう対処して良いか分からなくなる。
相手の抑止力を弱めるのみならず、
開戦の責任を相手に負わせてしまうこともある。
つまり、相手は損失を我慢するか、
台頭する中国との危険な戦争に直面するか
の選択を迫られる。

(引用ここまで)


★ゆっくり真綿で
 首を絞めるように攻めてくる中国
 海洋進出のための
 サラミスライス戦略とは

 JBpress 2014.9.8(月)
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41630


★中国による尖閣「サラミ」戦術。
 日本はもう戦争を仕掛けられている

 まぐまぐニュース! / 2016年8月16日
 https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_215930/
(引用開始)
中国の「サラミ・スライス」戦略
2012年頃から、中国は国境や海洋での対立を
軍事的・政治的に有利に進めるため、
サラミスライス戦略
つまり
「その一つずつは
 戦争原因にならないが、
 時間をかけることで
 大きな戦略的変化になる
 小さな行動のゆっくりした積み重ね」

を繰り返すことで、
初期の目標を達成する戦略であるが、
このサラミスライス戦略を南シナ海と東シナ海の
両戦線で実行している。

もう1つがキャベツ戦術であり、
キャベツが何枚もの皮でできているように、
中国の利益を守るために、
幾層もの守りで固めるということである。
中国の軍艦や法執行船、そして漁民を
海洋民兵として使い、中国の様々な組織が
緊密な統制の下で行動することである。


(続きはリンク先で)


★中国のサラミ戦術への対抗策
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4581 





さて、
先日の中国公船の対馬海峡領海侵犯に続く
今回の津軽海峡に対する領海侵犯。
この問題は、以前から指摘されている。


★津軽海峡に目を向けよ
 ~ホットスポットは尖閣だけではない
 中国の目は既に北に向いている

 小谷 哲男 2012年4月18日(水)
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120412/230899/
ちょうど1年前、北京大学で、
アジアの海洋安全保障問題について講演する
機会を得た。聴衆には同大学の学生と
北京内外の専門家に加えて、
現役の中国海軍の幹部もいた。
質疑応答でとりわけ興味深かったのは、
津軽海峡に関する質問だった。
中国海軍の幹部の1人が、
日本は津軽海峡において、
 なぜ領海を3海里しか宣言していないのか? 
 なぜ、中央部分(編集注:北海道と青森県
 の間)に公海を残しているのか

と聞いたのである。

 日本は1977年に施行した領海法で、
領海の幅を12海里と定めた。
しかし、津軽海峡、対馬海峡、宗谷海峡、
及び大隅海峡は「特定海峡」と定め、
領海を3海里しか宣言していない。
このため、中央部に公海が残っている


 政府見解は、その理由を
「国際交通の自由を保障するため」としている。
だが、冷戦期に「非核三原則」が安全保障上の
問題とならないようにするため公海部分を残した

というのが定説である。
米ソの艦船が核兵器を搭載したまま
これらの海峡を通過すれば、
日本の領海に核兵器が持ち込まれたことに
なってしまう。


中国海軍の現役幹部が津軽海峡に言及した時、
即座に二つの事例が脳裏をよぎった。

 一つは2000年5月のこと。
中国海軍の情報収集艦(砕氷艦)が
対馬海峡を数回往復した後に日本海を北上。
津軽海峡を2日間かけて1往復半し、
太平洋に抜けるという事例があった。


同艦はその後南下して大隅海峡を通過し、
東シナ海に戻った。
主に潜水艦作戦を想定して、
対馬海峡と津軽海峡、大隅海峡の
海底の地形を調査していた

と考えられている。

2008年10月には、
4隻の中国艦船が津軽海峡を通過して
日本海から太平洋に抜けている。
同海峡を通過したのは
ソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦1隻と
新鋭の江凱(こうがい)級ミサイル・フリゲート2隻、
そして補給艦1隻。

中国海軍の戦闘艦が同海峡を通過したのは
この時が初めてであった。
これらの艦船はその後、
太平洋を日本列島沿いに南下し、
沖縄本島と宮古島の間にある
宮古海峡を通過して
東シナ海に戻った。

 国内では、中国海軍によるこれらの
津軽海峡通過を示威行為ととらえ、
中国政府に抗議すべきだ
との論調が起こった。
だが、いずれの場合も中国艦船は
公海部分を通航しただけであり、
国際法に抵触したわけではなかった。


日本の南西シフトは正しい選択か?

 一方、日本の専門家の多くは、
中国艦船が津軽海峡を通過した
ことの意味について深く考える
ことがなかった。

しかし、これらの事例は実際には、
中国の海洋戦略が大きな転換点を
迎えたことを意味していた。
中国にとって津軽海峡は、
北極海戦略においても、
また核戦略においても、
きわめて重要な海峡なのである。


(続きはリンク先で)




安保法改正、特定秘密保護法、離島の自衛隊配備
いわゆる共謀罪成立などなど…

これら法改正、防衛戦略の一つ一つに意味がある。
野党連合やプロ市民達は
「アベは戦争をしようとしている」などと叫び
国会前に集結し、大規模デモを繰り広げたが
実際には、
サラミスライス戦略で
領土・領海を拡大する為に
戦争を仕掛けようとする中国
に対して
自衛隊も海保も、中国が狙う「偶発的な衝突」を
回避するために、24時間365日耐え続けている。

法律を整備して
戦争を回避する法律、自国防衛の法律の整備を
サヨクの徹底抗戦とメディアの偏向報道で
支持率低下の危険を冒しながらも
少しづつ、少しづつ、
現状の不備を変更しようとした結果
だと
私は考えている。
これは、長期政権でなければできないからね。

感情的「戦争アレルギー」で
平和を唱える政党こそ正義と勘違いしてしまうと
自衛権も許さない恐ろしさに気が付かない。
戦後の、一見平和に見える日常
水面下の様々な攻防によって築かれた
「見ようとしない」思考停止の砂上の城に過ぎない。
周辺国から聴こえる「軍靴の足音」に
冷静に耳を澄まして、
国民も目を向けなければならない時期。

9条を維持したままで、
自衛隊を憲法に入れる。
違憲状態の自衛隊を合憲にする案に
異常に反応して、モリカケ問題キャンペーンで
徹底的に潰そうとする勢力
こうした中国の海洋戦略に言及しないのは、
どうしようもない平和ボケか
中国の指示によって動く紅衛兵なのでは?


   sealdskyousan_201707181015377c0.png


★東大で民青・共産党活発に活動、
 そのわけは当然アレだw

 日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+
 2017年07月17日
 http://kinpy.livedoor.biz/archives/52189572.html 


★報道ステーションの内閣支持率
 インチキなトリックを発見

 http://twi55.com/ann2017718/ 


★加計問題を追及し続ける
 マスコミの「本当の狙い」を
 邪推してみた

 あまりに不毛な議論をなぜ続けるのか

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52319?page=3 
筆者がこの問題に興味をもったのは、
本件については、マスコミの報道のしかたが
あまりに通常のものとかけ離れていたからだ。

筆者がテレビに出演した際にも、
「キャスターに意見を遮られる」といった
珍しい体験をした。
そして本件に過剰反応しているのは、
たいてい安倍政権が嫌いな人々だ。
多くの場合、
憲法改正を嫌っている人々でもある。


安倍政権が憲法改正に取り組むと
明言した5月3日以降、
こうした反発が強くなっているような気がする。
もっとも、その俎上に上がっている
(1)憲法9条、(2)憲法29条の改正は、
彼らにとっても批判の筋道が立てづらいものに
なっている。
(続きはリンク先で)




政治ランキング
スポンサーサイト

中国海警局の船が九州北部の領海侵入、日教組「自衛権は許さない!」

★中国海警局の船が
 九州北部の領海侵入 初確認

 NHK 2017年7月16日 0時07分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170716/k10011060701000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002 
15日、長崎県の対馬沖と福岡県の沖ノ島沖の
日本の領海に、中国海警局の船が相次いで
侵入したことが確認されました。

第7管区海上保安本部によりますと、
九州北部の日本の領海に中国海警局の船が
侵入したのが確認されたのは初めてだ
ということです。

第7管区海上保安本部によりますと、
15日午前11時50分ごろ、長崎県対馬市南西
日本の領海に中国海警局の船1隻が侵入しました。

海上保安本部が領海から出るよう呼びかけたところ、
船はおよそ30分後、領海から出ましたが、
午後3時50分ごろ、福岡県宗像市の沖ノ島北側の
領海
を別の中国海警局の船とともに航行しているのが
確認されたということです。

海上保安本部の巡視船が領海に入らないよう
呼びかけ、監視を続けていたところ、
2隻ともおよそ1時間後の午後5時すぎまでに
領海から出たということです。

第7管区海上保安本部によりますと、
九州北部の領海に中国海警局の船が侵入した
のが確認されたのはこれが初めてだ
ということです。

外務省 中国に「関心の表明」

長崎県の対馬沖と福岡県の沖の島沖の
日本の領海を中国海警局の船が相次いで
航行した
ことについて、
外務省は、
日本の秩序や安全を脅かすものかどうか
定かではない
として、中国側に対し
関心の表明を行いました。

各国の軍の艦船などには、
ほかの国の秩序や安全を害さなければ、
その国の領海を通過できる「無害通航権」
国際法で認められていて、
外務省によりますと、
今回の中国海警局の船の航行がこれに当たるか
どうか確定的には言えないとして、
抗議ではなく、関心の表明を行ったということです。

(引用ここまで)




★中国が尖閣諸島を
 絶対にあきらめない理由
 海洋進出の目標と狙い、
 その背景にあるもの

 JBpress 2013.10.2(水)
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38820


★新発足 中国海警局とは何か
  ―“整合”の進展度と今後の行方―

 島嶼研究ジャーナル 第3巻2号(2014年4月)
 https://www.spf.org/islandstudies/jp/wp/wp-content/uploads/2014/08/3-2_sample_takeda.pdf


★中国海警局「2020年には世界最大」 
 中国紙、来年1千トン超巡視船
 50隻以上保有へ

 産経新聞 2014.1.22
 http://www.sankei.com/world/news/140122/wor1401220028-n1.html


★防衛駐在官の見た中国(その15)
 -国家海洋局と中国海警局-

 (コラム059 2015/02/25)
 http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-059.html


★中国海警局、
 尖閣の監視強化へ基地 
 浙江省に計画

 日本経済新聞 2015/6/13付
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H34_T10C15A6FF8000/


★中国が虎視眈々と狙う
 日本の海と空

 『Voice』 2015年6月号
 http://ironna.jp/article/1479


★中国海警局
 尖閣周辺で確認された海警船。
 (再編前後の新旧対照まとめ)

  (2017/02/07更新)
 https://matome.naver.jp/odai/2137506115195048601


★【中国海警局】
 尖閣諸島の日本の領海内で、
 中国海警局の公船が
 ドローン(無人機)を運用

 2017-05-18
 http://pelicanmemo.hatenablog.com/entry/2017/05/18/223000


★尖閣周辺に中国公船4隻 
 EEZでは調査船

 産経新聞 2017.7.1
 http://www.sankei.com/affairs/news/170701/afr1707010011-n1.html
尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある
接続水域で1日、中国海警局の船4隻が航行して
いるのを海上保安庁の巡視船が確認した。
尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは
10日連続。

 尖閣周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)では、
中国の海洋調査船「勘407」が
ワイヤのようなものを垂らして航行している
のも
確認され、巡視船が中止を求めた。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、
海警局の船のうち1隻は機関砲のようなものを
搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

(引用ここまで)




niimg_19_2017071702575779d.jpg


★日教組 憲法改正反対の
 特別決議を採択

 NHK 2017年7月16日 17時53分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170716/k10011061281000.html
K10011061281_1707161803_1707161804_01_02.jpg

日教組=日本教職員組合は、
都内で開いた定期大会で、
安倍総理大臣が憲法を改正し
2020年の施行を目指す意向を示している
ことを受けて、
「平和や人権、民主主義をないがしろにする
 動きを断固阻止する」として、
憲法改正に反対する特別決議を採択しました。
それによりますと、
安倍総理大臣が憲法9条の1項と2項を
維持したうえで、自衛隊の存在を明記する
ことを改正の具体的な項目としてあげている
ことについて

「どのような理屈を並べようと、
 憲法の平和主義を踏みにじることに
 変わりなく、9条を改正する必要はない」
としています。

(中略)
そのうえで、
「平和や人権、民主主義をないがしろに
 する動きを断固阻止するため、
 憲法の理念の実現を目指す取り組みを
 一層強化していく」として、
憲法改正に反対する運動を加速させる
ことを確認しました。

大会のあと、泉雄一郎委員長は記者会見し、
自衛隊が憲法に位置づけられると、
 自衛という名の下に戦争になりはしないか。

 教育の無償化を打ち出せば、
 国民の理解が得られるということだろうが、
 今、この時期に
 憲法を改正する必要はない」
と述べました。

(引用ここまで)


★【日教組教研集会】
 今年も“イデオロギー授業”報告
 「憲法9条は自衛戦争放棄」

 産経新聞 2014.1.25
 http://www.sankei.com/life/news/140125/lif1401250005-n1.html


   nikkyouimg20150508062402236_20170717025757517.jpg




選挙プランナーの松田馨氏
 https://twitter.com/km55ep/status/886362682063847424
 ④森友学園・加計学園や都議選の応援演説等
 での対応が響いている。
 ただ、民進党も発足以来の最低支持率となっており、
 批判票の受け皿がない状態。
 これまで安倍政権を消極的に支持していた層が
 「様子見」となっている状態と考えられるので、
 今後の対応次第で内閣支持率が持ち直す
 可能性は十分にある。

 https://twitter.com/km55ep/status/886363815087980544
 ⑥多くの選挙・地域において投票者数
 (有権者数×投票率)は女性が男性を
 上回っている。
 「支持政党なし」に占める割合も女性の方が
 多い。私の経験では世論調査の数字で
 負けていても、女性の支持率で勝っている
 候補が最終的に当選するケースも多い。
 女性の支持が離れることは
 選挙においてもマイナス。
  




TV局が、ワイドショーで恣意的に
閣僚の言葉狩りやスキャンダルを
延々とセンセーショナルに報道するのも、
もりかけ騒動も松居一代騒動もごちゃ混ぜなのも
野党が安全保障法案を【戦争法案】などと
ワザと印象操作するのも
安倍政権に対する女性の支持率低下を目論む!?

麻生政権時にも感じたが、
一国の首相がカップヌードルの価格を
知っていない事が国家の最重要項目か????

誰だって、戦争なんかしたくない!
でも…
こんな例え話にしないと理解できないのかな?

今の状態って、隣の家のオヤジが、
我が家の庭に我が物顔で頻繁に入って来て
家庭菜園で一生懸命作った野菜を盗んでいく。

隣の家の奥さんは近所中に
「あの家の土地は元々、うちの土地だったのに
 酷い事をして盗んでいったのよ」
と吹聴する。(プロパカンダ)
監視カメラを設置して(離島防衛の自衛隊配備)
ドア等のカギを最新式に替えて
警備会社と契約し(日米同盟)
同じ被害を受けている家と連携して(集団的自衛権)
自分の家を守ろうとしているのに、
カルト宗教に嵌っている親戚が
「そんな事をしたらご近所と関係が悪くなる。
 警備会社と契約したアンタが悪い!」

と批判ばかりして、
隣の家の子供達に食事も作ってやれ!という。

いい気になった隣の家が、
土地の境界線を移動させている。
家の周りをブロック塀で囲んで
隣人が入ってこられないようにしようとすると
「そんな金が有るなら、
 もっといいモノを食わせろ!」
と喚く。

そう言いながら、
向かいの家がお金に困っているからと
「助けてあげるのが当然の努め!」

我が子を誘拐したままの斜め向かいの家は、
頻繁に大きな岩を庭に投げてきていて
窓ガラスが割られたら危険だというのに
「アンタが悪いんだから、文句は言うな!」


そんな事よりも、
 松居一代が「事件なのよ!」


⇒今ここ! 馬鹿馬鹿しい…




政治ランキング

中国の使者・鳩山由紀夫と高野孟「石垣島に自衛隊は要らない」と島民を洗脳中

★「ミサイル基地いらない」 
 鳩山元首相、陸自配備に言及

 八重山日報 2017/06/28
 
https://www.yaeyama-nippo.com/2017/06/28/%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E5%85%83%E9%A6%96%E7%9B%B8-%E9%99%B8%E8%87%AA%E9%85%8D%E5%82%99%E3%81%AB%E8%A8%80%E5%8F%8A/

東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター
同実行委共催の講演会が27日夜、
大川公民館で開かれ、
元首相で同研究所理事長の鳩山由紀夫氏が
「東アジア共同体構想」を語った。
防衛省が進める石垣市への陸自配備計画にも
言及した。
中国人は石垣島が好きと前置きし、
ミサイル基地は中国を狙うもの。
 自衛隊はこの周辺にはいらない

と述べた。

 鳩山氏は石垣島に陸自配備された場合、
「(隊員)600人と家族で千人。
 経済が伸びるという人もいるが、話は別」とし、
「隊員は派手に食べ歩きしない。
 お金も使わないだろう。
 海外から石垣に訪れさせる環境を
 作ることが大事」
と指摘した。

(引用ここまで)


★東アの軍事武力など講話
 八重山毎日新聞 2017年06月28日
 http://www.y-mainichi.co.jp/news/31854/
hatotakano.jpg

鳩山氏と高野氏が持論展開
東ア共同体研究所


 東アジア共同体研究所琉球・沖縄センターと
同研究所講演会実行委員会共催の講演会が27日夜、
大川公民館で開かれた。
同研究所理事長で元内閣総理大臣の鳩山由紀夫氏と、
同研究所理事でジャーナリストの高野孟(はじめ)氏が
約150人(主催者発表)を前に、
東アジアの軍事武力に対する認識や共同体構築を
目指す思いなど持論を展開した。

(続きはリンク先で)


★品性無き田原総一朗に見る、
 「メディアの品格?、腐敗堕落」

 http://blog.goo.ne.jp/tsubasa99/e/302cf52f2292951c448c0c96a1b4eaed
田原とのコンビ役・高野孟
父高野実は、
(隠れ共産党員として、1950.7の)総評結成に参加、
事務局長役を得て、総評組織を急速な
左旋回にミスリードした。


労農党結成(1948.12)に潜り込み、社共両党との
統一戦線を画策した(隠れ共産党員)松本健二事務局長
とともに戦後の組織潜入の赤化政治工作として
特筆される両人である。

高野孟は父実と中国共産党による
一家まるごと招待の滞在旅行などを受け、
中共ベッタリから親子で共産党除名(1968)となる。


1996.9最初の民主党結成(鳩山・菅共同代表)で、
高野孟は理念・綱領執筆に参加したとされる。
共産主義・社会主義が染付いたDNAを
狡猾に織り込んで、思い半ばで旅立った
父実の革命思想を現民主党に期待しているようだが、
田原とコンビで、品性を欠いた
左翼偏向報道の尖兵
では困り者である。
(引用ここまで)

renho_takano091201_201706290101109fc.jpg


★蓮舫を北京大学に留学させた
 高野孟は中共の独裁・人権弾圧支持者

 https://ameblo.jp/michiru619/entry-12201942838.html


★日本がバスに乗らないと困る人達
 蓮舫氏の仲人をしたという高野孟氏
 反日はどこからくるの
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/tag/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%92%8C%E9%83%8E





  hato20150321194811dd8_201706282204512bc.jpg

  hato201306280820478c8_201706282202548d6.jpg


★誰も止められない?
 もはや反日活動ばかりの
 鳩山由紀夫元首相

 https://matome.naver.jp/odai/2133713261682544501


★鳩山クリミア訪問団御一行様、
 反米革命思想で国賓待遇!

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3542.html




  cina397938e7e5b28afdf53b8cd1c4f768a9_content.jpg

ミサイル基地は中国を狙うもの
 自衛隊はこの周辺にはいらない


自衛隊が配備しようとしているのは
中国を狙うミサイルではなく
中国が日本に向けて撃ってくる
長距離巡航ミサイルを迎撃するための基地!



★中国軍ミサイルの
 「第一波飽和攻撃」で日本は壊滅
 長距離巡航ミサイルを迎撃できない
 防衛体制の現状

 2013.1.8(火)
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36856
(引用開始)
日本は中国の長距離巡航ミサイルの射程圏内

 かつては、長距離巡航ミサイルの制御に
欠かせない衛星測位システムを独占的に
運用していたアメリカにとって、
中国軍の長距離巡航ミサイルはさしたる脅威では
なかった。ところが、中国は独自開発した
衛星測位システムである北斗システムを実用化し

2012年12月27日からはアジア太平洋地域に
限ってだが民間での試験サービスを開始する
までに至っている。
そのため、アメリカ国防当局は
中国の長距離巡航ミサイルに対しては
弾道ミサイル同様に深刻な脅威を感じ始めている。

 もっとも、中国の長距離巡航ミサイルでは、
現時点においては、アメリカ本土は直接攻撃することは
できない(例外的に、新鋭の攻撃原子力潜水艦で
接近して攻撃することは理論的には可能)。
しかし東シナ海、南シナ海、
それに西太平洋を航行するアメリカ海軍艦艇や、
日本や韓国の米軍施設は完全に射程圏内に
入っている。

そのため、アメリカ国防当局は重大な関心を
示しているのである。
(中略)

日本では、
中国や北朝鮮の対日攻撃用弾道ミサイルのみならず
中国軍が多数取り揃えている日本を射程圏に
収めている長距離巡航ミサイルに対して
関心が持たれていないという
摩訶不思議な状態が続いている。


 もちろん、
中国が弾道ミサイルや長距離巡航ミサイルで
日本を攻撃しても片っ端から自衛隊により
撃墜可能であるならば

取り立てて脅威に感ずることもなければ、
騒ぎ立てる理由もない。
しかしながら、現状は
そのようなミサイル防衛体制とは
ほど遠い状況である。
そのことを再認識し、
速やかに可能な対策を
実施しなければならない
危機的状況なのである。


(全文はリンク先で)


★中国は世界で最も
 弾道ミサイル開発に積極的な国

 海国防衛ジャーナル 2013年07月11日
 http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50706458.html


★弾道ミサイルで
 尖閣諸島を防衛する日本

 ロシアの声 2013.06.27
 https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_06_27/116727377/


★専門家による
 中国の巡航ミサイル分析

 海国防衛ジャーナル 2014年05月12日
 http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50727541.html


★中国保有の弾道ミサイルは
 1500~2000発、核弾頭は数百発=
 将来的には1万発に増える可能性も
 ―韓国紙

 レコードチャイナ 2015年5月30日
 http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150530/Recordchina_20150530045.html


★夜空の弾道ミサイルで
 米国がロシア、中国に警告

 これ以上の軍事的挑発は絶対に許さない!
 JBpress 2015.11.17(火)
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45284


★THAADミサイルは日本用?
 韓国で配備反対論の背景

 2015.04.10
 https://thepage.jp/detail/20150410-00000004-wordleaf




  chinaDCSqmX7VwAA9-dg.jpg

  chinaDCSqmX8VoAEtOyB.jpg




★中国海軍の
 新型の1万トン級駆逐艦の進水式

 人民網日本語版 2017年06月28日16:47
 http://j.people.com.cn/n3/2017/0628/c94658-9234447.html
chinaDDZfkIeUIAEBYks.jpg

中国海軍の新型の1万トン級駆逐艦の進水式が
28日午前、上海江南造船(集団)有限責任公司
により執り行われた。人民網が伝えた。

新型の駆逐艦は、現役の主力艦艇と比較すると、
その外観に大きな違いが見られる。
艦体はその全長と幅がさらに増し、排水トン数も
増したほか、外観もステルス化が進み、
総合的にも世界先進レベルの同類の艦艇の
レベルに達している。
(中略)
その装備には新型の対艦、対潜水艦の武器を備え、
強力な情報感知力と弾道ミサイル対処能力、
陸海への攻撃力を備えている。

同駆逐艦は今後計画に基づき、設備の調整テストや
航行テストを実施していく。

(引用ここまで)




日本のマスゴミは全く報道しないので
chinaDDX5-RAVYAApWvv.jpg

世界中の情報を注視している
ミリタリーおたくのTwitterは役に立つ。

鳩山は
「中国人は石垣島が好き」などと言っているのだが
それって、石垣島を中国経済圏に取り込んで
「いう事をきかせる」ということだよね。

戦争は、ドンパチやるだけじゃない。
情報戦・経済戦・サイバー戦…
韓国のTHAAD配備で、
韓国経済をメタメタにした中国の経済報復
石垣島の皆さん、
中国の犬、鳩山由紀夫に騙されると
取り返しのつかないことになりますよ!



★済州島を乱開発する中国企業
 投資規制の見直しが必要に
 日経ビジネス 2014年10月6日
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20141002/272032/


★中国人が土地を“爆買い”…
 韓国リゾート地・済州島の
 植民地化が加速

 デイリーニュースオンライン 2015.03.08
 http://dailynewsonline.jp/article/923686/ 


★韓国・済州に異変、
 中国人が次々と土地手放す―中国メディア

 Record china 2016年12月24日(土)
 http://www.recordchina.co.jp/b158687-s0-c30.html




  hato082bf0eb-s_20170629001446665.jpg

  hato201503211949017f0.jpg

基地反対運動を繰り広げる沖縄プロ市民や
本土サヨクの豊富な活動資金の中には
鳩山資金が投入されている可能性大。

マスゴミに騙されて、
こんな人間を総理大臣にしてしまった愚かさを
日本人は忘れてはならない!




政治ランキング

石垣島自衛隊配備 サヨクの住民投票案を反対多数で否決

★石垣島自衛隊配備 住民投票案否決
 RBCニュース 2017/06/27 12:12
 
http://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B3%B6%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E9%85%8D%E5%82%99%E3%80%80%E4%BD%8F%E6%B0%91%E6%8A%95%E7%A5%A8%E6%A1%88%E5%90%A6%E6%B1%BA/


 石垣島への自衛隊配備計画を巡り、
石垣市議会は26日、配備の賛否を問う
住民投票の条例案を否決しました。
 住民投票の条例案は、防衛省が進める
石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊の配備
について住民の意思を確認するもので、
野党議員から動議として提出されました。
 議員からは
「国防に関して一地域が
 住民投票で決めるのはそぐわない」

と反対意見が出る一方、 
「投票で民意を明らかにすべきだ」
と賛成する意見も出され、
採決の結果、条例案は反対多数で否決されました。
「安全保障は我が国全体に
 影響を及ぼすことですので、
 1地方自治体の住民投票で
 決めるのはそぐわない。
 適切な判断をしていただいたと思います」

(中山石垣市長)

 住民投票は配備に反対する予定地周辺の
公民館などが実施を求めていたもので、
中山市長は公民館との意見交換後、
正式な受け入れの判断を示したいとしています。

(引用ここまで)




★石垣島の陸自配備、2年前倒し 
 宮古・奄美と同時進行 
 尖閣への中国脅威にらみ

 2016.5.30
 http://www.sankei.com/politics/news/160530/plt1605300006-n1.html


★石垣島の自衛隊配備候補地周辺の…
 八重山日報 2016/01/27
  https://www.yaeyama-nippo.com/2016/01/27/%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B3%B6%E3%81%AE%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E9%85%8D%E5%82%99%E5%80%99%E8%A3%9C%E5%9C%B0%E5%91%A8%E8%BE%BA%E3%81%AE/
 石垣島の自衛隊配備候補地周辺の
3公民館が、配備反対を決議した。
当初は防衛省に説明を求める姿勢だったのが、
一転して説明も拒否することを決めた。

配備に関する具体的な情報がないまま、
なぜこのような重要な判断が可能だったのか。
性急な決議という印象は否めない

◆地域住民としての意見表明は当然あるべきだ。

それに反対だからと最初から対話の扉を閉ざして
しまうと、情報を得る貴重な機会を失い、
かえって地域の利益を損なう恐れもある
しかし自衛隊配備は一地域だけではなく、
八重山、さらには沖縄全体の安全保障にも
かかわる問題であり、本来「聞く耳を持たない」では
済まされない。


◆3地区は
「現在の候補地に反対。
 石垣島への自衛隊配備計画そのものには
 意見を表明しない」
というが、
配備反対派は3地区の決議を「追い風」として
勢いづいている

◆先日開かれた反対派の集会では、
自衛隊を「憲法違反」と公言する参加者もいた。
3地区の決議は、自衛隊の存在そのものを
否定する運動に政治利用されているのが現状だ


◆一方で防衛省の説明不足も否めない。
住民生活にどのような影響が出るのか、
あるいは出ないのか。
八重山を取り巻く国際情勢の厳しさも、
住民に十分理解されているとは言えない。
丁寧な対話を求めたい。

(引用ここまで)

反対派サヨクの言動を見れば
何故、安倍総理が憲法改正で
「自衛隊を合憲」にしようと急ぐのか解る!





★【沖縄が危ない】石垣島の
 自衛隊配備が足踏み 
 市議造反で脅かされる民主主義と領土

 (1/2ページ)
 2016.07.02
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160702/dms1607021530005-n1.htm


★「中国の脅威など難しくて分からない」
 「災害時にはまず自分が優先」
 石垣市で陸自配備めぐり公開討論会 
 反対派から飛び出す無責任発言

 産経新聞 2016.10.29
 http://www.sankei.com/politics/news/161029/plt1610290022-n1.html
尖閣諸島を市域とする沖縄県石垣市で28日夜、
石垣島への陸上自衛隊の配備をめぐり、
全国初の自治体主催の公開討論会が開かれた。
反対派登壇者からは安全保障を顧みない
無責任ともいえる発言が飛び出した。
市外からの支援もある反対派は
抵抗を強め
配備問題は大詰めとなっている。

一方、
現職市長が部隊配備受け入れを表明した
宮古島市では来年の市長選をめぐり曲折も
予想される。

南西防衛強化は正念場を迎えている。
 
■拍手や怒号飛び交う

 中国の回し者が!
 「島を戦場にするな!」
 
石垣市の公開討論会は、聴衆から拍手や
怒号が飛び交う、白熱した集まりとなった。

(中略)
尖閣周辺で挑発を強める中国への認識を
めぐり、反対派から「耳を疑う発言」
(保守系市議)があった。

「中国(の脅威)がどうのこうのと
 (言われても)難しくて分からない」
 
佐藤氏から中国の海洋進出への認識を
ただされた上原氏はこう答えた。
 佐藤氏は「無責任だ」と批判した。
 もう1つの論点である
自衛隊の災害対応についても、
上原氏は医師としての経験に触れつつ
「まず自分と家族の命。
 (医療で貢献するには)数日かかる。
 (だから自衛隊配備は)意味がない」と語った。

(中略)
■本土支援者も石垣に

 石垣島から東約80キロに位置する宮古島では
来年1月に市長選がある。保守系が分裂し、
革新系候補者と三つどもえになる公算で、
保守系が敗れれば陸自配備に暗雲が垂れ込める。
 これに対し、
すでに沿岸監視隊が配備された与那国町では、
住民投票にまで持ち込んだ反対運動は見る影もない。
配備反対派として25年の町長選に出馬し
落選した崎原正吉氏は
「もう配備されたから反対運動は何もしていない」
と話す。
 崎原氏は配備前の反対運動について
東京や大阪から
 教職員や鉄道系の組合員が
 (支援者として)応援に来た。

 横断幕とのぼり旗も作ってきてくれた」

と振り返る。
そうした支援者は普天間飛行場の名護市辺野古
移設や北部訓練場(東村など)のヘリパッド移設の
反対運動に加え、
石垣市の反対運動にも転戦していると明かした。
(引用ここまで)


★陸自受け入れ撤回求める 市民連絡会
 八重山毎日新聞 2016年12月29日
 http://www.y-mainichi.co.jp/news/30961/
陸上自衛隊配備受け入れ表明をめぐり、
石垣島に軍事基地をつくらせない
市民連絡会の上原秀政共同代表
らが
28日午前、市役所で中山義隆市長と
初めて面談、配備先周辺4公民の意見を
聞かずに表明したことに
「約束をほごにする行為だ」と抗議した。




★石垣島在住のミュージシャン
 「中国は尖閣に対し海上警察で
 対応しているが、日本は自衛隊を
 配備しようとしている。明らかな挑発」

 2017年03月24日
 http://netouyonews.net/archives/9515712.html
沖縄県・石垣島在住のミュージシャン、
ZAKIは中継映像で出演。
石垣島への陸上自衛隊警備部隊の配備計画に
関して、こんな見方を披露した。

「中国は尖閣(諸島)に対し海上警察と
 漁船で対応しているが、
 日本は陸上自衛隊を配備しようとしている。
 明らかな挑発行為だ。
 この地域で軍拡競争がどんどん進んでしまう」


 また、自衛隊が戦争で焼け野原となった
石垣島を奪回する米軍との共同演習を
日々実施しているとし、こう述べた。

共謀罪が、
 この戦争ができる国にするための
 布石であることは間違いないと思う


 あまりに論理が飛躍して、
正直、苦笑を禁じ得ないが、反対派の集会や
デモではこうした言説がよく聞かれる。

(引用ここまで)


★9条ネットのZAKI
 (ストリートミュージシャン)

 http://ankoku-mirai.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/9zaki_62c6.html
(引用開始)
仕事を続けるには、
当然、納得がいかないものを
引き受けなければならないこともあります。
いろいろ迷うこともありましたが、
10年ほど前に千葉県の九十九里浜近くに
家族で引越し、自給自足・有機栽培の
半農半漁の暮らしをしながらの
音楽活動を始めたんです。
(その後、拠点を石垣島に移した

◇自給自足のストリート・ミュージシャン

――子供もいるのに、自給はできるのですか。

 ええ、二時間ほど投網で漁をすると
夫婦、子供4人が食べられるだけの収穫はあります。
近くの150坪の畑は、草取りなどをすることを
条件に無償で借りて、基本的な野菜は全部
まかなえるんですね。  
このまま大量生産・大量消費・大量廃棄を
していたら、私たちの生活が成り立たなく
なることは明らかですよ。
人類は物質文明に依存し過ぎ、自然界の循環系
から逸脱し、壊し続けている。

(中略)
※その後、「9条ネット」から全国比代表区に
出馬することに決めた。





今回、石垣島などの離島防衛計画は
先祖代々石垣島に住む保守系島民
議員達によって、サヨクの目論見は阻止できたが

しかし…このまま、
本土からの移住サヨクが増えると
選挙では厳しくなる。
人口減少の離島は、彼らに乗っ取られてしまう。

私が安倍政権を支持する理由は、
彼が日本の安全保障について働いているから。
サヨクの「無防備都市宣言」というのが
如何に胡散臭くて無責任か解るでしょう?
離島に住む日本人の安全なんて全く考えない!
侵略されても、財産を奪われても、抵抗するな。

マスゴミや野党連合やプロ市民による
「アベ政治を許さない」というプロパカンダは、
こうした離島に住む日本人の生命・財産の
安全保障を無視した危険な行動

SEALs学生の
「敵が攻めて来たら酒を持って行って…」
などという馬鹿げた発言の恐ろしさ。

今、モリ・カケで安倍政権を潰したら
沖縄諸島だけでなく、台湾の安全保障も
危うくなってしまうのですよ。
尖閣だけでなく沖縄諸島まで堂々と侵犯する
このエリアを狙っている中国を前に
 cina397938e7e5b28afdf53b8cd1c4f768a9_content.jpg

China-lSKZrVYAEUERu.jpg

本土の日本人が呑気に
扇動に乗っては危険なのです。

マスゴミは、
北朝鮮の弾道ミサイルの事しか報道しないが
中国も、日本や台湾に、そしてアメリカにも
弾道ミサイルを向けている事を
日本人は危機感を持つべき!


  chinaDCSqmX7VwAA9-dg.jpg

  chinaDCSqmX8VoAEtOyB.jpg

 

政治ランキング

日本版GPS準天頂衛星「みちびき」2号機、1日午前9時17分に打ち上げ予定。

★日本版GPSを防衛利用へ 
 北朝鮮の妨害電波を防御 
 政府、1日に衛星打ち上げ

 産経新聞 2017.5.29 11:24
 
http://www.sankei.com/life/news/170529/lif1705290031-n1.html
mitibikilif17052911300004-m1.jpg


政府は日本版の衛星利用測位システム
(GPS)の本格構築に向けた第一歩となる
準天頂衛星「みちびき」2号機
6月1日、種子島宇宙センター(鹿児島県)で
打ち上げる。
緊迫した北朝鮮情勢が続く中、
自衛隊の利用への妨害電波を防ぐ
高度なセキュリティー機能を搭載。

本格運用時には米国のGPSに頼らなくても
任務を遂行でき、民間利用だけでなく
安全保障上も重要な役割を担う。

 みちびきは電波を使って
地上の位置を計測する衛星。

内閣府が今回の2号機を含め年内に
3基を打ち上げ、来年4月に
米国のGPSとの併用で24時間運用を始める。

誤差約10メートルのGPSをはるかにしのぐ
同6センチの高い位置精度が強みだ。

 米国のGPSは
民間のカーナビゲーションやスマートフォン
などのほか、自衛隊の航空機や艦船でも
利用されている。
平成35年度にみちびきが7基体制になると、
GPSに頼らなくても部隊運用が可能だ。
幹部は
「独自のバックアップ態勢を組むことは
 歓迎すべきことだ」
と話す。

みちびきは幅広い民間利用が期待されているが、
今回の2号機以降は高度に暗号化した特殊な
測位信号も発信する。
敵国の妨害電波や偽の信号による
攪乱(かくらん)を防ぐことができ、

内閣府は
「技術的には安全保障上の利用にも
 耐えうるレベルだ」と指摘する。

 GPSは
冷戦時代に米国が軍事目的で開発し
防衛省・自衛隊も部隊運用のほかミサイルの
精密誘導など多くの場面で活用してきた。
北朝鮮の弾道ミサイル対策として議論が続く
「敵基地攻撃能力」を保有した場合に
攻撃手段の候補となる米国の巡航ミサイル
「トマホーク」もGPSを使って命中精度を上げている。

 これに対抗するため北朝鮮は近年、
韓国に向けてGPSの妨害電波を繰り返し発信。
航空機や船舶の運航に広範囲で障害を与えた。

朝鮮半島有事の際、
日本に向けて妨害電波を
発信する可能性もあり、

自衛隊関係者は
「みちびきの信頼性が確認されれば、
 こうしたリスクは減る」と話す。
今後は装備品の改修に伴う費用対効果の
検証も必要になる。

(引用ここまで)




mitibiki384fe73fa9213894caa0aebbc483793d.jpg

★H-IIAロケット34号機による
 「みちびき2号機」(準天頂衛星)の
 打上げについて

 http://www.jaxa.jp/press/2017/04/20170410_h2af34_j.html


★H2Aロケットに「エヴァ」ロゴ…
 みちびき搭載

 読売新聞 2017年05月31日 12時26分
 http://www.yomiuri.co.jp/science/20170531-OYT1T50084.html


★準天頂衛星みちびき2号機、
 1日打ち上げ 
 ロケットが発射地点に移動

 産経新聞 2017年5月31日 20時22分
 http://news.livedoor.com/article/detail/13139601/


★JAXA、H-IIAロケット34号機の
 打上げ時刻
 6月1日9時17分46秒

 http://flyteam.jp/news/article/79868


★【韓国の反応】日本、GPS衛星
 「みちびき2号」の打ち上げに成功!
 北朝鮮電波妨害防御機能を搭載

 http://oboega-01.blog.jp/archives/1066254467.html




政治ランキング
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索